FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

英田サキ:原作 山田ユギ:漫画
「愛想尽かし」 
ムービック





椹木恭介:森川智之
春日柊也:武内健
倉田泉巳:日野聡
高津戸真:遊佐浩二
倉田誠:石塚さより
羽隅:松山鷹志
曽根:岩崎征実
藤澤会の組員:興津和幸・坂巻学
羽隅の舎弟:小野友樹
看守:佐藤拓也
女性客:直木萌美・牧口真幸



「…抱いてよ。一度だけでいいんだ。いい思い出にするから」

ある雨の降る夜、椹木恭介は捨て猫と一緒にかつて自分が助けたことのある青年・春日柊也を拾った。その日から、ふたりと一匹の同居生活が始まった。他人を信じることができない柊也は、椹木とも寝ることで関係を築こうとするが、椹木は愛情や信頼のないセックスを拒絶する。ゆっくりと、少しずつだけれど、ふたりの関係に変化が表れ始めたある日、柊也が再び椹木の前から姿を消してしまい!?
愛想の悪い元ヤクザ・椹木×不器用な元ホスト・柊也の、わけありの過去を抱えたふたりの恋物語――「たかが恋だろ」のスピンオフ作品




「たかが恋だろ」の感想はコチラ




「愛想〜」は「たかが〜」のその後

自首して留置所に
現在は模範囚として仮出所間近

そんな彼の同室で同じく893の曽根が性欲処理にしていた相手が柊也
気になる存在ながら、ガキでダラしなくて無気力で。
こういう子供は相手にしてはいけないと・・・彼からモーションをかけられてもノラずに出所して忘れていた筈だったのに。
突然訪れた偶然の再会


成り行きで家に置く事になった
それでも飼えないノラを拾ってはいけないのと同様に、互いに心からと思えなければ身体の関係を含めて手を出してはいけないと、ただ同居だけの毎日

「おまえが本当に欲しいモノは手に入らないぞ」

柊也に言った言葉ながら、それは椹木自信にも課している事

そんな生活に変化が訪れたのは、やはり出所した曽根が今いる組の組員から椹木の名前が出た事から。
さらに曽根に柊也が見つかってしまい、椹木を脅しに使った事で柊也は椹木の前から姿を消す。



だが、これも偶然に柊也が泉巳親子と出会った事で居場所が椹木に知れる事となり、
椹木が893時代に先輩として頼っていた羽隅に
今一番大事なのは柊也で、自分がどうにかなってしまったら後は泉巳達を頼むと言って出て行った事から羽隅も手下を連れて共に乗り込んできた事から柊也は無事助け出される。

その際、椹木は曽根に斬りつけられてしまうもハッピーエンドです(^^)




母親にまで息子より男を取るような経験をし、顔とHしか取り柄が無いと思っている柊也。
そんな彼が気になりながらも、本気で相手にするなら丸ごと受け入れられるようになってからと手を出さない椹木

柊也は羽隅にキツイ言葉を貰った段階で自分自身の気持ちに気付き
椹木もまた羽隅とのやり取りでやっと今の自分の一番が誰なのか気付いたという形で、
とにかくこの何とも言えない中年オヤジが恋のキューピッドになったわけですね。

途中までは心の隙間をHで埋めようとしているような・・・
自分を大切にする事なんか忘れてしまってるかのような柊也をあしらう椹木にどこでどう気持ちが変わるのかな?と思ってましたが、
やはりギャップと、変ろうと努力している柊也の姿でしたね。


姿を消したまま連絡をよこさない柊也に一度は諦めかけていた椹木でしたが、泉巳が連絡をくれた事と、一緒に暮らしてきた中で見せてきた彼の様々な表情が椹木を動かしました。


本当に欲しかったものを手放さなくていいように柊也には頑張って欲しい。
椹木という男はその辺、決して裏切らない男な気がするので(^^)



こちらのCDも先日届いたと記事にしましたが、
こちらは主役のキャスティングがバッチリでした!

先々月でしたか?購入した「由利先生は今日も上機嫌」に引き続きモリモリ×武内さんの組み合わせとなりました。

モリモリは前回から引き続きのお当番だったので、声は掴めていましたが、
とにかく武内さんの柊也がよかった!
甘えん坊の様な可愛い部分と我儘な部分と、全て諦めてしまったような気だるげな態度を上手く表現して下さってた気がして。
買うと決めた時から「武内さんなら」と思ってましたが、予想どおりの出来栄えに大満足でした。


また良かったのが羽隅役の松山さん
たまにダカスコスボイスになるので、声質は低いですが椹木とのやり取りはまるでコンラッドとダカスコスで(笑)
これで柊也役が櫻井さんだったら大笑いしてたかもしれません。

だって、これが数年前の作品だったらあり得たキャスティングだったでしょうから〜(笑)



この2作品は松山さんだけでなく、本当に脇役までグッドなキャスティングだったんじゃないかと。
それだけに、人気声優さんを持ってこないと売れない大人の事情もわかりますが、CDを買う中には声優さんのファンだけでなく当然ながら原作のファンがいろいろ期待しながら購入しているのだ!というのも配慮宜しくお願いしまーす!(願)



そしてあとは小説「花片雪」ですね
これもCD化する事を切望です♪






追記記事はコチラ





にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


KISS×KISS collections Vol.13 「クライアントキス」 高崎 仁 (CV:森川 智之)
AIR LABEL

kk13.jpg




このシリーズ、2,4,5,6,7,9・・・そして今回Vol.13を聞きました

今まで聞いてきたお当番さんは

遊佐さん、中村さん、大川さん、小野さん、中井さん、神谷さん。
そして今回モリモリです?????

そうそう!小野Dの「バトラーキス」を聞いた頃、確か「黒執事」が決まった頃じゃなかったですかね?
なんかとっても「タイムリー♪」と思った記憶が。

それと、このシリーズが始まった頃からずっと聞きたいと思いつつまだ聞けていないのがVol.1の藤原さんの。
これもそのうち・・とまだ諦めていません(笑)
しかし、BLCDとアニメDVDだけで手一杯なんですよね〜(>_<)




さて、今回のモリモリ演じる彼は・・・


とある大企業の辣腕社長。頭はキレるが案外天然。
強引で周囲を振り回しがちだが、それは自分に正直なだけ。
思ったことをためらいなく口にするが、お坊ちゃん育ちの為浮いた発言も多い。
そしてそんな自分を普通だと思っている。
真面目な顔で冗談を言って周囲を困惑させるのが得意。
生粋の犬派。弱点は虫



だそうです。
そしてなんたってコレコレ!
口癖は「冗談だ」

何回言っただろう?
数えておけばよかったです(^^ゞ




とにかく意中の女性=私?(笑)を射止める為なら、職権乱用だろうが何だろうが平気でやっちゃったり、
身に付いた喋り口調なのか?ちょっと偉そうな言い方をする男。

でも、一皮剥くと、相手に真面目で好きな相手の反応には過敏に反応する人(笑)

ま、最後のトラックでは結婚の申し込みをし、OKを貰えてのハッピーエンドとなるんですが・・・

やっと相手と一夜を共にするところまで持ち込む際の

「ホテルか俺の部屋だ」

断るのは却下だと言ったり、無理強いはしたくないと言ったり・・・
恋する男は矛盾さ〜♪といったところでしょうか?

しかし、モリモリの声でしかも息多めで「ホテルか・・俺の部屋だ」と言われたら転がるしかないでしょう キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー


こういった一方的に喋られて自分とは違う答えに沿って流れていくこの手のCDは、自分の好きな声に包まれるという特権を抜かすと、主人公達に感情移入がしずらくて、あまり萌えない性質だというのは以前にも書きました。
だったら、自分に話しかけていなくてもドラマCDで甘い台詞を聞いていた方が余程感情移入出来るというか・・・

でも、100%ダメなわけじゃなくて、たまに聞いていて最後まで楽しく聞けちゃうのもあるんです。
感情移入は相変わらず出来ませんが(^^ゞ


このCDもそういう意味では非常に楽しく聞けた1枚の方ですね。


今まで楽しく聞けたのって

スタスカの星座彼氏シリーズVol.3『Starry☆Sky〜Pisces〜』


お仕事男子 vol.6 職業 呉服屋


お仕事男子 vol.4 職業 警官


カレシ×レシピ Menu-1




これらは、展開があんまり突飛じゃなくて私は好きです〜♪



アニメを見ている関係で、ここのところちょっと怠けていたスタスカのCDをまとめて聞いています。
また機会があったら感想など書いてみたいです(^^)




にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります


ひちわゆか:原作 石原理:絵
「最悪」 B’
Atis collection





【キャスト】


橘英彦 : 神谷浩史
有堂京一 : 森川智之
柳井係長 : 松本保典
堤課長 : 千葉一伸
太田 : 阿部敦
寺山 : 前野智昭
小野田 : 小形満
小野田の妻 : 山口享佑子
小野田ミホ : 藤田咲
部長 : 星野充昭
従業員A : 小田久史
従業員C : 足立友
モモエ : 嶋村侑
女子社員 : 本多陽子




橘英彦は、同期の中でも異例のスピード出世を果たしたエリートサラリーマン。
その英彦が出張先で不本意ながらも再会してしまったのは、数年前に三くだり半を叩きつけた元恋人・有堂だった。
傲岸不遜で厚かましくて無神経で、そしてどうしても忘れられない男――。
別れた時と全く変わっていない有堂に、英彦は再び振り回され!?






うわーっ(>_<)
なんだかんだで感想を書けずにいたら、発売からほぼ2年経ってますか・・・
これは感想を書いていない方の摩天楼切り崩し記事となっております(^^ゞ





これ、毎度ながら未読で聞いたんですが、とにかく攻め様の有堂に腹が立ち、
そんな有堂を拒みきれない英彦に腹が立ち・・・
そうこうしてる間に今まできてしまいました(^^ゞ

本当に作品名どおり主人公(特に有堂が)「最悪」です
作品自体が最悪という意味ではありません(念のため)


私にはどうにも我慢出来ない男
なので、別れた英彦の気持ちはわかるものの、拒めずというか流されて別れた男と再び関係を持ってしまうのがわからない(>_<)


天才肌というんでしょうか?
恵まれた容姿だけでなく何か引きつけるものが有堂にはあるんだろうというのはわかるものの、それが愛情の対象になるかといえば別物で。

でも、その訳のわからない魅力に何度も引き寄せられてしまう英彦
そして以前と同じように怒って怒って怒りまくって・・・
何でそれでこれっきりに出来ないのか?

そして有堂もどうしてこうもトンチンカンなのか(笑)

英彦に出ていかれてしまってそのまま数年音沙汰なくても、自分と別れたとはこれっぽっちも考えもしないんだろうか?
ご都合主義ですか?!ヾ(ーー ) オイッ(爆)




そんな2人を神谷さんとモリモリ



神谷さんはとにかく英彦らしさ万点。
ちょっと融通がきかなくて、なんとなく貧乏くじ引いちゃってる感じだけど、任されれば自分が出来る精一杯をやっちゃう男を熱演。


有堂を本当に酷い男とフリトで言ってしまうモリモリも、さすが帝王
有堂の軽くてお調子者で、でもやる時は一生懸命で、そして英彦の前ではある種、とことんズルイ男らしさムンムン(爆)


このお2人の好演あればこそ聞けた1枚じゃなかったかと。
いや、逆にいえば上手過ぎたからキャラにハマれなかった?(^^ゞ
あと、このCDに何か賞を上げるとしたら『無駄に脇が豪華で賞』でしょうか?Ф




私の場合、最近は未読のまま聞いてしまうケースが増えてきているせいか、
逆輸入でドラマCD原作というケースも少なくないんですが、
これに関しては全く食指が動かず・・・
布教してくれた萌え友には本当に申し訳ない事をしましたが、現在もこれは好きボイスを楽しむだけに留まらせております(^^ゞ

ただ、キャラがハマれなかっただけで、内容やキャスティングに関しては文句なしだったのでB’という評価にしました。


しかし、こういうのがあるからひちわ作品はすんなり作者名だけで購入出来ないんですよね〜(>_<)
この方の作品はハマるのとそうでないのが激しすぎるのがちょい難点です(^^ゞ




にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


木下けい子:原作
「由利先生は今日も上機嫌」 
ムービック




【キャスト】


六車太郎:武内健
由利京一郎:森川智之
平蔵:倉富亮
川上編集長:保村真
湊:川島悠美
丸子:溝邊祐子
六車の姉:佐藤聡美
六車の叔母:喜代原まり
編集者:吉開清人
通行人:箭内仁




私を好きだと言いたまえ――由利先生の男嫁・六車君の幸せとはいかに?
創幻堂出版に勤める編集者・六車君の担当は我が儘で気紛れで、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎だ。
真夏に焼き芋を、真冬に西瓜を所望されても、たとえいきなり刀を突きつけられても、尊敬する由利先生の作品のためならと今日も今日とて奮闘する六車君だったが、戀にはとんと奥手で……。
着流し姿で気難し屋のミステリ作家・由利先生×サスペンダーが似合う純情可憐でひたむきな編集者・六車太郎君の波乱万丈な日々の物語――昭和初期の情緒あふれるレトロな雰囲気をそのままドラマCD化!





正直、どこまで入っているんだろう?と思ってました。
今回は1巻丸々1枚です。
2巻目の「愛しき日々」の方が好きだったりするので、是非こっちもCD化してほっすぃ〜〜〜?????







これ、CD化決定とキャスト発表があった時に「ピッタリじゃね?」と書きましたが、聞いてみて本当にピッタリФ
特に、武内さんの六車君が良いです?

厳しい事を書けば、効果音その他ですごく頑張って作ってくれていますが、どーしても絵で見せる可笑しさまでは表現しきれてるか?と聞かれれば「イマイチ?」としか答えようも無い感じですが、それでも総じてカット部分は少ないし(実は、原作をしまい込んだばかりなので、原作片手にチェックは出来ていませんが)、お2人がとにかくキャラとピッタンコ!という個人的にナイス・キャスティングなので、CD聞きながらパチパチと手を叩いてました(笑)


とにかく編集者として日々由利センセに尽くし、振り回され、また尽くし、グルグルしながらも頑張っている六車君に武内さんの声が、とにかく可愛くて可愛くて・・・
これじゃ、由利センセじゃなくても苛めて可愛がりたくなります(笑/Sの血が・・・爆爆爆)


そうだな〜木下さんの絵の関係か?たまに、由利センセの絵よりモリモリの声が若干落ち着いてる?と思わないでもない箇所もあったんですが、
トボけたキャラだったり、我がままだったり、意地悪だったり、超絶二枚目ボイスだったり・・・というその場、相手によってクルクルと変わる由利センセを演じ切れるのはやっぱりモリモリしかないかな〜?と(〃∇〃) てれっ☆


特に、六車君はあまりギャップを感じませんが、由利センセの口調はこの時代ならではっぽい感じな言い回しなので、その辺もモリモリは絶妙でした?????



ただ、この2人を喰ってしまいそうな伏兵が!Ф
それが保村さんの川上編集長!
あまりの絶妙さに大笑い。

今まで、保村さんって意地悪キャラとかが多い印象で、今回「こんなに大人で穏やかな声初めて聞いた!」と思っていたんです。
ところが、温厚な川上編集長もキレる時はキレる!(笑)
そのシーンになると声の感じまでガラッと変わるんですから!!!

いや〜実は全く川上編集長をどなたが演るのかノー・チェックだったんですが、ひたすら拍手しちゃいました。




そうそう!フリートークで由利センセのイメージはアイドルと言ったお2人。
モテモテとかいう意味ではありませんことよ(爆)
ワガママっぷりがちやほやされてるアイドルのようだ・・・とそういう意味です(笑)



といった具合で出たばかりでなんですが、続編希望です☆
そして佐倉をどなたがやるのか?
是非私が好きな声優さんがやって下さる事を切実に希望しつつ・・・(^^ゞ















さて、そうこうしているうちにDVD「おお振り」7巻が届きました。




これでラストです。
いや〜やりくりが大変だった(>_<)
今回、特典の関係上メイトさんにしたので高かったし(^^ゞ

でも、無事特典CDもゲットで♪
これから聞いたり見たりします。




やっと日が出てきましたが、夜中から降った雨。
一度出たお日様も出たり入ったり・・・
変に暖かいし。



正直、こういう天気の日は気が滅入り気味(>_<)

変にかったるくて眠いです(>_<)



そして今日はチビの終業式の日・・・・・・・・(ため息)
明日からデッカイのがニョキニョキと家にいるのか
しかも、明日は祝日ときたもんだ


これからちょっとだけふて寝するかな?(≧m≦)ぷっ!






にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

↑ よろしければ1クリックお願いします 励みになります


2010-11-12 20:05:42




【キャスト】


広瀬克実:千葉進歩
御室由孝:堀内賢雄
シェリク・アスマ:森川智之
今井隼人:野島健児
若林正宏:大川透
高嶋成樹:平川大輔



到着した際に大騒ぎした全サです。

着た日に聞いていたのですが、なかなか時間が取れず、今更ですが感想など。





★ よかった点

やっぱり、トールサイズのCDブックになっていたのでCDだけでなく、ショートながらコミックと小説の作品が読めた点
それと関わったキャスト陣のコメント
これは読んでいてとても面白かったです(^^)

今回でようやく隼人の声を聞けた点。
しかもノジケンさんだったし♪



☆あまりイイと感じられなかった点

正直、ストーリーの選択ミス?




話の流れは、スイスで開催される「スノー&シンフォニー音楽祭」に招待された克実と由孝。
正直、由孝は気乗りしていなかったものの、その辺は克実に弱いので渋々(笑)

しかし、行けば甘い時間が過ごせるどころかシェリクの年の離れた弟王子相手を克実が任される始末


明け方、目を覚ましてしまった克実はホテルの廊下に出ると、1つの小さな人影がコッソリと部屋を出ていく姿を見てしまって・・・



実は、弟王子の1人がとても大事にしている友人が病院に入院してしまい、コッソリと見舞いに行こうと抜け出したのだった。
下手に騒がず連れ帰ろうとした克実

ところが、攫われ癖?がついている克実の姿が見えないと由孝が大騒ぎ
全員で探してみれば上記の理由でホテルから抜け出したとわかってホッとするという内容。



このシリーズにしては大変ほのぼの系なお話
特にドラマチックな展開があったわけでもなければ、Hシーンも無し(>_<)

別にそういうのばかり求めているわけではないんですが、
オールキャスト持ってきて、この展開はいかがなものかと(^^ゞ
ファンはやっぱり3組の甘甘シーンを聞きたかったと思うんですよね!

もちろん、ブックの方は甘甘な内容になっていましたけど、やっぱりこのシリーズだからこそ甘甘シーンを耳で聞きたかった _(_”_;)_バタッ


特に、このシリーズのCDを制作していたのが先日記事にしたインターさん
今回の全サはインターさんは絡んでいないのですが、それでも、インターさんに絡んだ作品だけに、当然、今後CD化はほとんど可能性が無くなってしまったようなものなので(それともどこかが拾ってくれるかしら〜?)、ここは完結記念にふさわしく、あっまあまな3組を聞きたかったです。



ただ、後半のフリートークは絶妙?????
どうして賢雄さんが入るとこんなに面白くなっちゃうんでしょうか?


「カミカミの千葉進歩です」

まず、いきなりタイトルを噛んだ千葉さん
もうここから場が和やか〜(^^)

しかし、前回から3年半ぶりという話でしたが、第一作目からすると5年経っているわけで・・・
声が年取ったというダメ出しが一番多かったみたいです。


そして何があろうと誰がいようと、賢雄節に持っていってしまう、相変わらずの賢雄さんの力技Ф
もう、この辺はアッパレだし、誰も逆らわないし(≧m≦)ぷっ!


そして「そうか!」と思ったのと思わず笑ってしまったのは

この組み合わせだと一番年下になるから嬉しい♪と本気で嬉しそうだったノジケンさん。
最近では下手すれば一番年上になる事もあるからと。

そうか!言われてみれば最近よく活躍されているのは近藤さんとか前野さん羽多野さんとか・・・
確かに若手の方ばかりですものね〜


ただ、残念だったのはモリモリと平川さんがフリト、別取りだった事。
モリモリと賢雄さんが揃ったら楽しさ倍増したんじゃないかと思うので・・・





でも、本当にこれで終わりなんでしょうか?
このシリーズは本当に長かっただけでなく、同人誌もかなりの冊数出てるのと、
同人でドラマCDまで作っちゃった程、両先生方の力の入ってた作品だけに本当に残念だったり寂しかったり。。。

先日も書きましたが、今回のでオールキャスト出揃ったのですから、シェリクと隼人の話だけでもいいのでCD化してくれないですかね〜
欲を言えば小説も全て音で聞いてみたかったです。






にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



コミックか行烈華の雫 凍る灼熱シリーズ

コミックか行烈華の雫 凍る灼熱シリーズ

価格:610円(税込、送料別)



↑ シェリクと隼人のお当番編 これが音で聞きたいんです!


薄桜鬼の最終回のレビューを書くにおいて、土方ルートの復習をしようとして気付きたくない現実に気付いてしまいましたー!!!





現在使っているマイPSPの液晶が破損してるっ
な、なんという事 _(_”_;)_バタッ

しかも、修理費を聞いたら10000前後かかるという _(_”_;)_バタッ




土方ルートの復習が出来ないだけでなく、
実は、毎日こんなにあくせくレビューをあげてる状態だというのに、実はまた性懲りもなく「ゲーム始めます」宣言をしようと思っていたのですよ


やりたいのは


 PSP 維新恋華龍馬外伝【初回生産版】

 PSP 維新恋華龍馬外伝【初回生産版】

価格:4,284円(税込、送料別)





これ、結局イベントのレポを書いていないんですが、
9月に行った「VitaminXtoZ」のイベント内でCMが流れた商品。
正直、「また幕末か・・・大河の影響だな」などと思いながら見ていたんですが、
CM作りが上手い(爆)
CMを見終わる頃には「やりたいーーーっ!」とФ

これね、イベント終わって一緒に行ったお友達の中でも「やってみたいね!」という話になっちゃう程だったんですよ!



まずね、キャストがイイのね(笑)


メインキャラ


坂本龍馬:森川智之

高杉晋作:鈴村健一

沖田総司:日野聡

中岡慎太郎:檜山修之

河上彦斎:野島健児



サブキャラ

桂小五郎:平川大輔

土方歳三:前野智昭

伊藤俊輔:岸尾だいすけ

伊東甲子太郎:鈴木裕斗

藤堂平助:下野紘

伊達小次郎:阪口周平




どうです?
本当はサブキャラも攻略出来たらイイのに・・・とは思ってしまうんですが(^^ゞ


ま、理由はおわかりでしょ?
モリモリの土佐弁にヤラれたんですわФわははっ



そうそう!
一昨日?久しぶりにモリベルのブログを見ましたら、なんと!着物姿のモリモリの写真が!

モリベルブログ

なんでも公式ビジュアルファンブックが出るそうで、その為の衣装らしい


なんか盛り上がってる?(笑)
だけど、こう書かれちゃったらどうしてもプレイしたいじゃないですか!





・・・・・・・・・・という事で

現在、大学でお勉強してる(筈)の上の子に帰りに買ってきておくれよぉー!と頼みました(爆爆爆)


いや、出費はイタイですよ!
でもさ、修理に10000円かかって数日待たされるよりイイでしょ?
ボーナスが出た際にいつも貰ってる特別お小遣いを先日貰ったばかり。
買うなら今なんですよ!

絶対間を置くと目減りしてる(≧m≦)ぷっ!
まだ、先日劇場版ブリチを見た帰りに衝動的に洋服を買ってきただけだから・・・
今ならまだ買える!


色は一応指定したけど・・・
何色を買って帰ってきてくれるかな〜?
早くやりたいよぉーーーっ!!!(叫)


だが、またこれで一歩、BLCDに割くM費が(イタタタタッ)





にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります


久しぶりにBLCDの感想など

※ 新作CDではありません


市村奈央:原作 志野夏穂:絵
「媚薬な教師に愛の手を」 B’
リブレ出版


リブレ出版CD媚薬な教師に愛の手を

リブレ出版CD媚薬な教師に愛の手を

価格:2,900円(税込、送料別)





【キャスト】


鴻原:森川智之
近本:岸尾だいすけ
桃宮:宮田幸季
春川:鈴木達央
矢野:羽多野 渉



秘密の多い、問題教師と恋v
リブレ×がる★パラ!×森川智之のレディオベル共同プロジェクトがドラマCD化!

わるいおとなに、捕まった。
近本の担任は、怠惰な数学教師・鴻原。
すごい美声で端整だけど、からかうように「チカちゃんはいい子だね」と、子猫扱いされたりして、第一印象は最悪。
教師で、大人で…悪い男のはずなのに――。

オリジナルミニドラマ『妄想教師に合いの手を』&キャストフリートークも収録!





未読作品です。
CDではなく本の方の説明を読みましたら、元はWEBで掲載された作品のようですね。


内容は第一志望の高校は落ちてしまった近本
東京とは名ばかりといった感じの田舎の高校に決まり今日は入学式
しかしつまらなくて抜けだした彼が出会った『立っているだけで存在感のある美声の男性』

担任の鴻原

しかし、周りが騒ぐほど最初はどうとも思っていなかったのに、何故か自ら壁を作り生徒を遠ざけている様子の先生がだんだん気になってきて

試験で鴻原の担当の数学だけ赤点を取ってしまった近本
夏休みの間、寮で先生と2人っきり
ところが、突然家に帰らなければならなくなったという先生の実家に一緒に連れてこられた近本はそこで春川という人物と出会う。
春川に会った途端、先生の様子がおかしくなって・・・



こんな感じで話が進みます。
実は、教師になりたての時の生徒が春川で、その春川が付き合っていた相手が1つ年下の矢野。
この学校は男子校なんですが、何故か校内の恋愛禁止という規則があったので、2人はバレないように気を付けていたんですね。
なのに何処かで2ショットの写真を撮られてしまって・・・
問い詰められている時、鴻原が「2人を認めてあげて欲しい」と言ったが、結局2人とも退学し別々の学校に分かれてしまった
この事があって、鴻原の心の傷となってしまい、その後二度と生徒に深く関わらないと決めての言動だったわけですね。

でも、好きと気付いちゃったらどうにもならないーーー

近本の告白、そして実は自分のせいで別れる事になってしまったと思いこんでいた矢野からの手紙で、初めて近本に会った頃から気になっていたという気持ちを素直に告白する事にした鴻原


卒業式が終わったら何があっても抱くよ


近本が2年生になった時にした約束
その通り卒業式を終え、友人たちと遊びに行こうとしていた近本をそのまま攫うようにして熱海へと連れて行って・・・





もうね、ダメ!(笑)
モリモリの声が超絶素敵過ぎて・・・

いつものように寝ながら聞いていたんですが、シーツを掻きむしって破りそうでしたФ

だいさく先生も可愛かったんですが、とにかくこの鴻原が常に淡々とした話し方をしているのと、台詞があやすような口調が多かった事と相まって、最初から最後までモリモリの声の中でも一番好きなトーンの声のままなんですもん?????

それで「イイ子だね」とか「愛してるよ」とかとかとか・・・

巷に出回っている※BLCDではありませんでイッパイ愛の言葉を吐き捲ってくれるヤツあるじゃないですか!
あれを女性じゃなく男子生徒に囁いてるバージョン?(爆)
相手がいるのに自分に囁かれてる変換しちゃいましたー!!!Ф

しかも、女性へのは台詞が入ってませんが、こちらはちゃんと会話が成立しているから、聞いていてより感情移入出来るというか(〃∇〃) てれっ☆

やはりドラマCDはそのストーリーの中に入り込みやすくてイイですね!


しかも、途中途中に鴻原視点の心の台詞が入るので2人の気持ちがわかりやすく、それがまたキュン?????



とにかく私の中ではこのCDはモリモリの1人勝ち状態で
私は彼の声に悶絶&転がり&掻きむしり状態でした。



ただ、↑にも書いたようにだいさくさんもすごく可愛かったんですよ!
志野さんの絵とも違和感無く感じましたし、この年齢の必死さもすごくよく伝わってきました。


宮田さんはもっと近本に絡む役なのかな?と思ってましたが、残念ながらCDではそんなに出番が無くて残念(>_<)


ここのところBLCDによく出て下さるからか?またこの作品でも恋人同士だわ!とププッとしてしまったたっつんと羽多野さん
この2人はキューピット的な役割だったわけですが、出番的にはやはり少なく、2人で絡むシーンも無くという残念さ(^^ゞ
ほとんど主役2人だけで話が進んでいきました。




ここまで褒めたたえたこのCDでしたが・・・
残念過ぎるのが脚本
場面がぶつ切り過ぎて唐突感満載(>_<)

だから最初はコミックのCD化なのかと思ったんですよ。
だとすると余韻を絵で見せてるから・・・という可能性がありますから。
でも、これ原作は小説ですよね?
どちらにしても月日が流れる際の運びが上手くないため、わかるんだけど・・・上手く言えませんがなんかとてもガッカリ感が


なので、キャスティングと声だけだったらA’すら付けてもイイ!と思うくらいよかったと思えるのに。
というわけで、内容と加味してモリモリの声の効果でちょっぴりオマケしてB’という点数にしてみました


相手が教師なのはいいとして、相手が高校生という事で多分原作は今後も読まないんじゃないかと思うんですが、モリモリの声を堪能したいならこのCDだけでも十分かな?

やっぱり私は叫んだり低音だったりのモリモリボイスも好物ですが、
こういう淡々とした喋り方が一番好きなのだと実感しました。




にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります





4月に発売された直野さんの「恋愛年齢」の全サCDが今日の夕方届きました!


2010-10-09 19:07:45



届いた時には何が届いたのかすぐわからず、袋を開けて中を見て大笑いしました!(何故?/爆)

「ああ、これだったか」という気持ちと「なんでこんなに豪華?」という気持ちと(^^ゞ
でも、高かった諸費用を思えば当然なのか?Ф

ちなみに、右は小冊子。左はCDです


さて、内容ですが


簡略感想はコチラ


コチラを読まれた方はわかるかと思うんですが、倉本が風邪をひいてしまう話です。
そして小冊子はその後。
倉本の風邪を貰ってしまった北斗部長が風邪を押してでも会社に出ようとしているのを止める倉本君の話が入ってました。


もう1つはこの全サを申し込む際に購入した雑誌に載っていた話だったでしょうか?
パンツで喧嘩してる2人の話でした(笑)


【キャスト】

北斗:森川智之
倉本:前野智昭



あのね〜〜〜〜〜
このキャストだからこそ申し込んだんですが・・・・・・・・・

やっぱりかぁーーーっ!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

倉本の前野君はイイんですよ。
若干優しく聞こえたけど(え?/笑)

しかし!モリモリがね・・このオヤジより声が若くて素敵ボイス過ぎるんですよっ!Ф
そうなるだろうと予想して申し込んでるんですから、思ったとおりなんですが、実際に聞くとますます・・ね(^^ゞ
直野さんの描かれるオヤジがいかにもな絵な上に、今までの直野作品の中でもかなり年上に見えるキャラだったからモリモリの声との違和感を感じてしまったのかもしれませんね。


フリートークではパンツの話になり、
モリモリは「俺は履いてます!」 
前野さんは「トランクス派だったのに、最近ボクサーパンツを履いて、こんなにイイものがあったのか!」と思ったんだそうです。
この日はグレーだったそうですよ(≧m≦)ぷっ!


しかし、よく考えると四号×警備の逆バージョンなんですよね〜?????
同じ事務所の先輩後輩同士。
四号〜の時は前野を守りたいと言ってたモリモリでしたが・・・その後、守り守られてるんでしょうか?(≧m≦)ぷっ!



しかし、これもしかたないのか?
最近、モリモリのおじさん役が増えてきましたね〜(>_<)
先日聞いて、まだ感想は書いていないんですが、

「草の冠 星の冠」
7月新譜☆草の冠 星の冠

7月新譜☆草の冠 星の冠

価格:2,999円(税込、送料別)



これでもまさに死にそうなおじいさんの役でしたし・・・
年は声に出ますしね〜
しかたないんですが、やはり好きな声が脇役になってくると寂しさを感じます。


にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


2010-08-27 12:59:47



ひちわゆか:原作 如月弘鷹:絵
「KEEP OUT」の全サCDが昨日届きました♪
申し込む当初は、原作コミックと雑誌と諸経費合計するとCDを1枚買えちゃうじゃん!とかなり悩みましたが、原作買っちゃったし・・・と結局悩んだ末に申し込み

理由は、門倉達中心だからという(≧m≦)ぷっ!



本編CDの感想はコチラ

原作の簡略感想はコチラ


【キャスト】

シェンイー:近藤 隆
門倉:森川智之
冬姫:武内 健
各務:小西克幸




さて、内容は確か申し込みの雑誌の方に載ってましたかね?媚薬入りチョコのお話です。

せっかくだから原作を取り出して読もうと思いましたが、本箱の戸が開かない(爆)
もう、本箱の前は大量の本を詰めた箱が塞いでいて声だけで諦めました(^^ゞ

近藤さんの演技は・・・ふふふふふっ?????濃かったですよ♪
モリモリの声も色っぽく耳を十分に楽しませてくれました。

今回は主役を門倉達に譲った形になった2人も相変わらず
各務もどうして自分と歩く時には人目を気にして、門倉とは全く気にしないのか?
その辺の違いがわかる男になって欲しいものですが、その相変わらず仕事は出来るクセに恋人の事となるとてんで子供になっちゃう可愛らしさ
また、そんな大きな子供をイマイチ掌で転がせない不器用な冬姫も可愛かったです。
そんな2人を今回も好演して下さってたコニタンと武内さんも素敵でした。



ただね、本編CDでも書きましたが、やっぱり今回聞いてみてどうしても門倉の絵と声がね(^^ゞ
慣れたつもりでいましたが、やっぱりモリモリでは声が若い気がするんだな〜
モリモリだから「よし!」なんですが、やっぱり私の中の門倉の声は和彦さんが良かったな〜!
和彦さんの声で一度門倉を聞いてみたい(願望)

とはいえ、色っぽいシーンでのモリモリの声の破壊力はさすが帝王
近藤さんも張りきって(?)喘いで下さったので台所で盛り上がっちゃったシーンと、各務との関係を勘違いした門倉が野獣と化しちゃったシーンは聞きごたえありました(〃∇〃) てれっ☆






さて、来月発売のCDですが・・・


「恋を知る日」

9月新譜☆ 既発売商品・7月、8月発売商品と一緒のご注文・同梱はご遠慮下さい【9/24】●恋を知...




「タナトスの双子1912」
9月新譜☆ 既発売商品・7月、8月発売商品と一緒のご注文・同梱はご遠慮下さい【9/28・コミコミ...




この2作品でまだ悩んでます
上の作品は正直マジー狙い?(爆)
ただ、2作品とも未読なんですよね。タナトスなんか未だにゲット出来ずで(^^ゞ
もう読まないで聞いちゃおうかな?とも思ったり
(未読で聞いちゃうケース増えてきちゃってるし・・・)
でも、2枚組だしなぁ




それと、今だから告白ですが
ギリギリまで覚えていたのに、「ターニングポイント」をミニドラマCDが貰える期間内に申し込むのをミスりましたー
もうこれは買うのは止めれ!という天の訓示?(^^ゞ
原作好きだし、キャストは申し分ないな〜と思ってたのに(しくしく)


今後、購入決定させているのは「二重螺旋4」だけですかね
清澗寺シリーズは悩んでます(^^ゞ


とにかく今は、お友達の感想を読んでポチっとな!しちゃったのがコレ(^^ゞ



ジャケだけでも買っちゃおうかと思ってたんですが、マモちゃんの歌も非常によかったらしい(^^)


それにしても、4でキャラソンを歌うのがホッツー(小野D)だと書かれているアフェリもあるんですが、次回はてっきり黒刀(神谷さん)と千紫郎(日野さん)の組み合わせと思ってたので、どっちが歌うの?と思ってたんですが・・・いったいどんなCDが出来上がるのか?

とにかく今は3の到着が楽しみです(^^)





にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


受けのイメージのある近藤さんの攻めCDを2枚続けて聞いてみました。



いや、今までも攻めキャラ担当のBLCDは聞いた事あるんですけどね、この2枚特にこれから感想を書く「野獣で初恋」を聞いていて、受けも良いけど攻めもいいなぁ〜いや、むしろ攻め役の方が好きかもと感じてしまいました。




大和名瀬:原作
「野獣で初恋」 B’
マリンエンタテインメント


4月新譜☆野獣で初恋

4月新譜☆野獣で初恋

価格:2,940円(税込、送料別)




【キャスト】


桧垣叶:野島健児
鷹田正邦:近藤隆
重村:井上悟
名取:金野潤
学生:名村幸太朗
学生:小松史法
学生:川上貴史
学生:島崎信長
同級生:中村水希
女友達:高橋陽香


エリート体育会系(!?)猪突猛進ラブ!

私立大学前で整体治療院を営む桧垣は、運動部のヤンチャな学生たちの中、ただひとりマジメな新入生・鷹田に好感を持つ。
ストイックに練習に励む鷹田の力になろうと、治療にも気合いが入る桧垣だが、気づいたら鷹田の身体は桧垣目がけて熱暴走!?




これ、読んでいたつもりでしたが読んでなかったです(^^ゞ

面白かったですね〜
私立大学・・・って体育大学?と思えるほどこのCDにはスポーツやってる男の子しか出てきません(笑)
その前で整体治療院を伯父から譲り受けて営んでいる叶先生。

でも、彼は正式な医者ではありません。
でも、すごく勉強してある種選手達にはトレーナー&アイドル的存在?(笑)

とにかくこの大学生達、なりは大きいけど中身はお子ちゃまな連中ばかり。
運動もどれだけ真面目にやってるの?な感じで。

しかしある日、スポーツ特待で入学したというバレー部員・鷹田が治療に訪れる。


周りが周りなだけに真面目な態度で接してくる鷹田に好感を持つ叶だったが、徐々に鷹田の方は叶に対して男同士の垣根を越えた思いに支配されるようになって・・・



こんな感じで話は進みます。

とにかくこの鷹田君、恋に目覚めちゃったのはいいんですが、迫り方がイノシシみたいФ
気持ちも下半身も我慢出来ません!という感じで、迫って迫って迫って・・・
叶も真剣な思いについ流されてしまうんですが、それでも過去の自分の終わりになってしまった恋と同様、いつかは鷹田も目が覚めるだろうと冷たく拒絶します。

しかし、こういう時に限って同窓会が行われる事になって。

実は叶は過去に同級生の男の子と付き合っていて、彼の役に立ちたくて今の仕事に繋がる勉強を始めます。
しかし、その彼は志し半ばで怪我でバレーボールを辞めなくてはならなくなって・・・
そして常に彼の横は自分だったのに、久しぶりに会った彼の隣には女性がいて。

だから、今まではわざと避けていた同窓会でしたが、鷹田に刺激されここで本当にけじめをつけようと出席する事に。


そこで彼が既に結婚していた事
さらに、普段なら絶対に来ない酒の席に鷹田が現れ、なれない酒を飲んでその彼に絡んだ事がきっかけで、一度は拒んだ筈なのに惹かれていた事を叶は鷹田に告白
鷹田もまた嫉妬して酒の席に現れるほど叶が諦められない気持ち、そして叶が別れた彼と自分では違う!と思いを再び告白してハッピーエンドとなります


近藤さんですが、声のトーンはそんなに受けの時とは変えていないです(大学生の役だからかな?)
しかし、叶と出会うまではストイックだった・・・という割に声が色っぽいのは近藤さんのせい?Ф
それでいて必死な思いがすごく伝わってきて、ついついもう1回最初から聞き直しちゃいました(^^ゞ

また何事にもすごく真面目な叶ちゃん役にノジケンさん
野島さんもイメージに近いんじゃないでしょうか。
これは名瀬さんの絵の印象が全く無い状態だったので、叶ちゃんという人はきっとこういう声なんじゃないかな?と思えるほどキャラと合ってました(^^)

他の生徒さん達を演じられた方々も聞いていて可愛いやら可笑しいやら。
必死な鷹田には悪いですが、すごく楽しくスイスイ聞けちゃった1枚でした。





鳩村衣杏:原作 祭河ななを:絵
「アダルト・エデュケーション〜紳士調教〜」 B’
フィフスアベニュー





【キャスト】


巴響市:森川智之
伏見成:近藤隆



巴響市はデザイン会社社長として仕事に追われながらも、気楽な独身生活を謳歌していた。
だが今、響市は部下であり、取引会社の社長子息でもある伏見成に組み敷かれ、ベッドの上で拘束されていた。
しかも「あなたの身体に一目惚れしました。なので、自分好みに調教します」と宣言されてしまう。
激しく抵抗する響市だったが、立場を利用した脅しと、男を知り尽くした成の巧みな愛撫に屈するしかなく……!?




うわーっ!モリモリ受け?と思いましたら、42歳の取締役社長役です!
そして近藤さんは大学院卒業予定で、巴の会社と取引のある大手製紙会社の長男
外で武者修行させたいと言う父親から頼まれてNOと言えなかった巴が暫く預かる事に。
ところが、実はこれは成が仕組んだ事。

スポーツジムで密かに巴の腰からお尻のラインに一目惚れ(それってどーなの?(^^ゞ)した成が、その後父親の会社で巴の姿を見かけ、このコネを使わずしてどーする!というわけでかなり用意周到に入り込んでくるわけです。

最初の印象はすごくよく、自分の立場をよく理解した上で熱心に仕事に取り組む成をすっかり気に入った巴。
でも、当然下心があるので、成は自分のマンションで酒に薬を混ぜて意識をなくさせ、ベッドに縛り付けて告白(苦笑)

巴はノンケさんなので思いっきり拒みますし、止めますが一切聞かず。
結局は脅されるような形で徐々に調教開始。最後までしてしまいます。


ところが、仕事を通して成の抱えている問題や彼の本来の性格
知れば知るほど惹かれていく巴は同等になるにはどうすればいいかを考えるようになっていきます。
そこに成の父と姉が絡んでいきますが、最終的には適材適所、成の姉が会社を継ぎ、長男なんだけど社長というより右腕としての方が能力を発揮出来る成はそのまま巴の会社に残れるようになり、2人の関係もやっと本当の恋人同士に・・・





基本、モリモリは攻めの方が好きは好きなんですが、岩城さんファンとしては受けもOK
43才のモリモリの42歳の役という事で、非常に興味深かった1枚。

それにしても、とうとうモリモリも調教する側ではなくされる側になってしまったか・・とФ

そしてモリモリとは主役では組んでいない?という近藤さんがいきなり攻めで調教で(笑)
でも、お2人ともとても楽しそうなのが特典CDのトークでとても感じました。
本当に面白くて何回も聞いていて吹いてしまいました!(^^)

でもね、どちらも偶然青いキャラだった近藤さん
調教と言いつつあまりに必死過ぎた成と初恋の必死さをぶつけまくった鷹田
そんなキャラだったからか?
とにかく可愛くて素敵でカッコイイ近藤ボイスでしたよ♪




にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります