FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

鋼の錬金術師FA 第56話「大総統の帰還」



ブラッドレイ帰還で形勢逆転か?



公式HPより



お父様と対峙したホーエンハイム。膨大な時を使い、自らの中にある53万6329人の魂たちと対話を終えていたホーエンハイムは、彼らを使って、お父様の身体を内側より破壊しようとする。一方、中央司令部正面入口へ舞い戻ったブラッドレイに対し、ブリッグズ軍は一斉射撃を加えるが、ブラッドレイはたった一人でそれらを撃破。バッカニアも瀕死の重傷を負う。絶体絶命の状況の中、それでも一人、必死に大総統へ銃を構えるファルマン。そこへなんと行方不明だったグリードが立ち塞がった




フラスコの中の小人がやらずにホーエンハイムがした事


「落ちついて俺は君と話がしたい。とにかく話を聞いてくれ
そして君も話してくれ。君は一人じゃない」



砂漠の中で倒れるホーエンハイム
クセルクセスにいられず逃げてきたのだった
彼を助けたのはシンの商人だった


それは対話
自身の中に存在する53万6329人の人々との対話を死なない身体故に時間をかけて終えていたのだ
その事によって単なるエネルギー体であった筈の賢者の石が意志を持ったのだ。

そして今、なんとかしてホムンクルスに一矢報いたかった者達が先ほどホーエンハイムの身体をお父様が刺し貫いた際にお父様の身体に侵入したのだ

そして彼らは念願通りホムンクルスの体内で異質の存在として息づきやがて暴れ回る

額を突き破り、身体のありとあらゆるところを体内から突き破る意思を持った石たち

「生まれたところに帰るのだ。フラスコの中の小人、ホムンクルスよ」

入れ物を壊し、革袋を破れば塵となると考えたホーエンハイムだった・・・が!
なんと!ホムンクルス自体も進化していたのだ!
ホーエンハイムの肉体を捨て、更に食べてしまうホムンクルス

「完全な存在になると言っただろう?」




その頃地上では正面から向かってくるキング・ブラッドレイ
その力は半端無く、向かってくる砲撃を全て切り落とし、たった1人で戦車を潰してしまう。
そして正面を占拠していたバッカニア隊の所までやってきてしまう。

すかさず立ち向かっていったバッカニアだったが、ブラッドレイの敵にあらず
右腕まで破壊されてしまう。
そしてとうとうファルマンの前に立ち門を開けるよう指示する
しかし、ここで門を開けるわけにはいかない
ブルブルと震えながら涙を流しながら恐怖と闘いながらブラッドレイに銃を向ける
そんなファルマンに声をかけたのはボロボロのバッカニア

「男の意地ならこっちも負けてられねえんだよ!俺はまだ戦えるぞ!」

そんなバッカニアにくだらんと言うブラッドレイだったが、そこに頭上から声が
グリードだった

「だけどなんでかねぇ〜そういうの見捨てる気持ちになれねえんだよなぁ」


街中では大総統が戻ってきた事で中央軍に勢いが戻ってきていた
さらに大総統が無事だった事が夫人の元にも連絡が入る
夫人はホッとするが、問題なのは大総統が戻ってこないものとして大総統側に着いたと見せかけて進めていた作戦に支障をきたしてしまった事。
ロイ君を守る為、しかたなくオリヴィエさんを首謀者に担ぎあげる事になってしまった。
ケインとマリアは心を痛める

しかし、ブラッドレイが全権を掌握し直したら自分たちはひとたまりもない
これから彼らはどう動いていくのでしょうか?



「久しぶりだな、あのまま黙って逃げておればよかったものを」
「生憎底なしの強欲なんでね、おまえの命も欲しいんだよラース」


列車事故・・何故生きているのか?
グリードの問いに目が良いので瞬時に瓦礫の中から逃げ道を見つけて生き延びたと。
それを聞いて身体能力のピークは過ぎているのに無事脱出したラースに舌打ちするグリード。


グリードとブラッドレイの激しい戦いが始まる
リンとしてもグリードとしても個人的な恨みがある
さらに、リンが以前ブラッドレイと戦った時の情報を貰い、彼の死角に回り込む
しかし、それならばと普段眼帯をしてるのを外すブラッドレイ


死角無しとなった彼の強さはさすがのグリードすらも圧倒し、グリードに全く余裕が無くなる
助太刀のつもりで銃を撃つプリッグズ兵だったが、逆に倒されてしまう。
それに怒ったバッカニアが再度ブラッドレイに襲いかかるが、逆に剣で貫かれてしまう。
しかし、これで得意な剣術は使えないだろうとニヤリとするバッカニア。
それでもブラッドレイは殺した兵から探検を抜き取り、それでグリードと戦い始める
その強さは剣が変わっても変わらなかった


一方、後から乗り込んできた中央兵達。
正面門奪還の為、内部に侵入を試みる
しかし、ファルマンが指示を出し、たった二丁の機関銃で足止めをする
更に不死の軍団と強力なプリッグズ側の助っ人登場で正面の門を奪還できずにいた




フー爺さん登場☆


煙幕を張りその間に中央軍を次々に倒していく
そして目的の場所・リンの元に。
窮地に立っていたグリードを護ったフーさん

「やるなぁ〜爺さん
サンキュー、助かったぜ」

「貴様を助けたのではない。若の身体を助けたのだ
若の身体で気色悪い気を放ちおって」


でも、そのおかげで簡単に見つけられたと言うフー

「わしや貴様の腕を持ってしても傷一つつける事の出来ぬこやつはなんだ?」
「キングブラッドレイだよ」

その名前を聞きフーの目の色が変わる
口では軽口を叩きながらも手が震える


「こやつが我が孫娘の腕を千切りおった男か」



あああっ!フー爺さんに死亡フラグですか?!
こうなると戦いの上でしかたないとはいえ容赦なく主要人物が死んでいきますからね〜(>_<)
それにしてもブラッドレイの強さと影響力の強さに感心させられました!
1人帰ってくるだけでこんなにも人間って追い詰められた後でも盛り返せるんですねっ!


そして器を破壊すれば消滅させられると思っていたお父様が進歩していた
この想定外の事にホーエンハイムはどう戦っていくんでしょうか?
エドとアル、そしてロイ君はどうしたっ!!!
早く来てくれっ!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ


次回「永遠の暇」


ああっ!次回泣きそうな予感ですぅ〜〜





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 アニメ/鋼の錬金術師 Festival '09


 アニメ/鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10[5/26発売]



鋼の錬金術師FA 第55話「大人たちの生き様」



「この世を背負っていく若者に大人の・・我らの生き様を見せんでなんとする」



公式HPより



ついに中央司令部本部を占領したバッカニアらブリッグズ軍。その頃、生き残った中央軍の兵士らと共に大量の人形兵と戦うオリヴィエとアームストロングだったが、そこへ動きを封じていたスロウスが再び動き始め、彼らに瀕死の重傷を負わせる。それでも逃げず、その場にいる兵士たちのために戦おうとするアームストロング。そんな彼らの元に、意外な人物が助けに入った




今回は2人の筋肉の共演を見せられた気がした回でした(爆)
しかし無駄にキラキラ?と眩しかったですな〜Фあははっ




「迷子かね?鋼の」

お父様のもとに辿り着きたいのにどうやら道に迷ったらしいエド(笑)
それにしても煩い2人だ(爆)

そんな2人を見ながらリザはスカーにロイを止めてくれた事への礼を言う。
あそこで踏みとどまった事で以前の自分を取り戻せたかもしれないと
スカーもまた同じ思いに囚われていた者
同じものを抱えていた同士のやり取りが染みます



その頃セントラルでは砲撃が止んだ
フレミン中将を人質に作戦本部をブリッグズが制圧したのだ
そして戦車での砲撃の真の狙いは錬金術で地下を掘っている音を消す為だったのだ。


その頃、不死の軍団とスロウスと戦っているオリヴィエ達がいる部屋にも伝えられた。
それを耳にしたオリヴィエは緊急でバッカニアに東西南北の砦を固め、不死の軍団を市街に出さぬよう命を出す。

「アイ、マム!」


上層部の1人が大総統室を作戦本部と定める
憧れの大総統の椅子
しかし、そこにも不死の軍団が!!!



相変わらずアレックス達がいる部屋へとやってくる不死の軍団
いつかはこんな姿にさせられるぞ!と言われた事でやっとオリヴィエを銃殺しに来た兵士達の目が覚める
その間にスロウスも傷が回復し始めてしまう

何回殺せば死ぬんだ?


しかし、スロウスの本気の最速攻撃で吹っ飛ばされてしまう始末
慌てて駆け寄ろうとする隊士に自分達が狙いだから近寄るな!と言う
オリヴィエに向かって再び突っ込んでくるスロウス
しかし、隊士の機転で落ちていた鎖を結びつけ、全員でスロウスを一時的に動きを止める。
その間に逃げてくれと。

しかし、アレックスはイシュヴァール戦の時を思い出し

「吾輩にまた戦場から逃げろと言うのか そんな事出来るわけがなかろうがっ!」

そうこうしているうちにスロウスに鎖を破られてしまう。
自由になったスロウスが今まさに殴りかかろうとしたその時、スロウスは壁から突如生えたグーで殴り飛ばされてしまう。

現れたのはイズミ
バッカニアに言われ加勢に来たのだ


「いいねぇ〜逃げない覚悟。イイ男じゃないの。ま、うちの旦那の方が数万倍イイ男だけどさっ♪」

izumi2.jpg


めんどくせえと言いながら立ち上がるスロウス
しかし、相手が悪かった!(笑)
簡単にイズミに投げられてしまう
そしてバトンタッチで出てきたのはシグさん
ラリアットで投げ飛ばす
これにはアームストロング姉弟も口あーんぐりФ


アレックスさんに絶対引けは取っていないその筋肉
キラリと光る目
何か通じるものを感じたんでしょうか?互いに見せつけ合う互いの筋肉

ここから暫し筋肉の共演にФ

「勇気百倍!筋肉千倍!」 ・・ってどんなCM?(爆)

ここからはアレックスとシグさんの一体攻撃

alex&shigu.jpg

素晴らし過ぎて可笑しぃぃ〜Ф

これにはさすがのスロウスもとうとう消滅してしまう
(立木さん、お疲れ様でした)


さすがにスロウスをやっつけるとその場にへたり込んでしまうアレックスとオリヴィエ
しかし、目の前の女性がイズミである事。エド達もこちらにやってきている事を知ると再び立ち上がる


「これからこの世を背負っていく若者に今この世を背負っている大人の・・我らの生き様を見せんでなんとする」

オリヴィエの言葉に残りの不死の軍団を退治にしに前へと進み始める
しかし、イズミはエド達同様、人柱としてお父様に狙われている。
適当なところでトンズラさせて貰うと前置きする




そのお父様はホーエンハイムと対峙していた

「おまえ、つまらん奴になったな」

昔はもっと感情が豊かで面白い奴だと思ったのに・・・と
ホーエンハイムは問う。
人が持つ7つの罪、それらをどうして自分から切り離したのか?

それを聞かれた途端、ホーエンハイムに容赦なく攻撃してくるお父様

「どうしてホムンクルスを作り傍に置いて父と呼ばせた?!
おまえ本当は人間のように家族が欲しかったのではないのか?」



その言葉に反応したお父様は自分の身体を地面の下に隠してしまう。
もしやこのまま国土錬成陣が発動するまで隠れるつもりかと思われたが
なんと!ホーエンハイムの背後に移動し身体を貫いたのだ。
賢者の石を自分のモノに取り返す為に


「私は人間になりたいのではない。完全な存在になりたいのだ」

しかし、ここまでかと思われたが突然お父様はホーエンハイムの身体から腕を抜く

「おまえがしなかった事をしたまでさ」

ホーエンハイムは何をしたのか?


「わからんだろうな。おまえは感情と一緒に大切なものを捨ててしまったんだ」
「大切なもの?」
「簡単に勝てると思うなよ、俺たちに」




その頃セントラルに向かっていたアル達はタイヤが溝にはまり立ち往生していた(^^ゞ



バッカニアさんは女性兵を助けて熱い視線を受けてお顔がほんのりФ

別の上層部の人間は不死の軍団からはイズミさんに助けられ助かるが、そのイズミさんに上からの物言いをした途端、腹に一発☆a

己の欲の象徴である大総統の椅子の前で不死の軍団に殺された者といい、この人といい、実に見ていてスッとしました!

また、同じ椅子を見ても

「こんな狙撃されやすそうな場所に座る奴の気が知れんわ」

大総統の地位を欲しがらないオリヴィエさんがかっこよすきです♪


すると、大総統の部屋からどうやら地下に続いていそうな階段を見つける
そこへバッカニア隊が正門を制圧したという連絡が入る
不死の軍団のおかげか?ブリッグズはだいぶ簡単に中央制圧に成功
みんな勝ち時の声をあげわき上がる



「ただいま、諸君」


流れが上手く傾いていると思われたその時聞こえてきた声
キング・ブラッドレイだった
その声に皆が固まる

「私が留守の間にずいぶん賑やかになっているではないか」

大総統が生きていた
そして自ら指揮を取り反逆者を排除するという放送に今度は中央軍が勢いを取り戻す


「ちっ!キング・ブラッドレイ?


その大総統はもう正門前まで来ていた




エンヴィーに続きスロウスも退場
ブリッグズが中央を制圧しイイ感じに進んでいると思っていたら
想像通り戻ってきちゃいましたよ!>大総統

それにしても今回はいろいろイイもん見せて貰いました。
筋肉の共演
お父様とホーエンハイムの睨み合い
そしてラストのブラッドレイの登場による引き

いや〜面白かった☆


次回は姿が見えなかったグリードが!
ホーエンハイムとお父様との闘いとグリードと大総統の闘い
次回は2つの激しいアクションが見れそうですね




にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9(BD)



鋼の錬金術師FA 第54話「烈火の先に」


「今日ばかりはあえてこちらを名乗らせて貰おうか 錬金術師だー!!!」




公式HPより



エンヴィーの仕掛けた卑劣な罠を、絶妙なコンビネーションで乗り切っていくロイとホークアイ。ついに限界を越したエンヴィーは再び小さなトカゲのような姿になってしまう。そのまま何かに憑かれた様に、エンヴィーにとどめを刺そうとするロイ。しかし、その行為をホークアイは銃を向けて止める。同時に、ロイを心配しその場へ急行したエドとスカー。彼らは言う、「誰かのためではない、憎しみを晴らす、それだけのための復讐をしてはいけない」と。長年追い求めてきた仇敵を目の前に、果たしてロイが取った行動とは



イシュヴァール戦でロイとリザが受けた傷
ここまでの道のりを決めたは自分なれどその結果は一生をかけても償いきれない
リザが抱えた宿命・錬金術との連鎖
焼いて消してくれと断ち切ってくれと
新たな炎の錬金術師を生み出さないように・・・



ロイの後について歩くリザ
すると口元に頬笑みを作ったと思うとロイに銃を向ける。

「なんの真似だ、中尉」

その問いに2人っきりの時にはリザと呼んでくれるとリザが答えるとそういう仲かよ!と変身を解いてしまう
しかし、これはリザのウソ
後はとにかくエンヴィーに撃ちまくり

ダメージを与えたもののちょっとした隙をついてリザの足を捉えるエンヴィー
しかし、「ヤッター!」という表情をした次の瞬間ロイの炎がエンヴィーを襲う


「私の大切な部下に何をする」

roy.jpg

ホムンクルスも怯える修羅の如き形相のロイ
その形相に助けられた筈のリザも息をのむ


パッチン
パッチン
パッチンパッチンパッチン・・・


そしてとうとう人の形を保てなくなり、エンヴィーの本来の姿になってしまう
それを足で踏みつけ

「醜いな エンヴィーという名は『嫉妬』という意味か
なるほど。嫉妬とは醜いものだな」


ロイの足の下で死にたくないと涙を浮かべるエンヴィー

「私の視界から消え失せろぉーっ!」

この一撃でとどめが刺せる・・という時、それを止めたのはリザだった
さらにかけつけたエドが邪魔をする

「鋼の、そいつをよこせ!」

しかし、リザにもエドからも断られる

最低の死を与えると、言う事をきかないと右手ごと焼く!というロイに「上等だ!」とあくまで渡さないエド。
ガチで勝負してやると。
ただその前に自分の面をよく見ろと。それでこの国のトップに立つ気かと

エドの言葉にイシュヴァールでヒューズに語った理想を思い出す


「激情に任せ畜生の道に落ちるか」

憎しみに囚われた者が作る世界も見物だと。
さらにリザはロイにエンヴィーは殺させないと自分が始末すると言う
今しようとしている事は国の為でも仲間の為でもないからと。
憎しみ側に堕ちてはいけないと

しかし常に自分の理解者として友としていてくれたヒューズという存在
彼のいろんな表情を思い出すと怒りを鎮められない


その上で問う。
撃ちたければ撃てばいい。だが、その後どうするのだ?と
すると自分もこの闘い終了後、炎の錬金術をこの身体ごとこの世から消し去ると


それを聞いて身体を震わせ、最後に一度だけ違う方向に怒りの一撃を放つロイ
それでなんとか怒りを抑える

「それは困る。君を失うわけにはいかない」


子供に怒られ、敵と狙われている人間に諭され、リザにまた辛い思いをさせてしまった自分

「私は大馬鹿者だ」

そう言ってリザの銃を下ろさせる


その様子を面白くないと感じたのはエンヴィー
皆を憎しみで恨みで戦わせようと関連性を並びたてる
しかし以前ならともかく、今の4人にエンヴィーの言葉では動く者はいなかった
逆に憐れみのような表情で見つめられてしまう

「おまえ・・・人間に嫉妬してるんだ・・・」

ホムンクルスと比べてはるかに弱いのに諦めが悪くて何度でも立ち上がってくる人間
そんな人間に嫉妬していたとエドに見抜かれてしまった

「このエンヴィーがこんなガキに理解されるなんて・・屈辱の極みだよ」

その事にショックと怒りを覚え残り少ない力でエドの手から逃げ出し、そして自ら命を絶つ。


「バイバイ。エドワード・エルリック」

「卑怯者め」





後半はアレックスさんとスロースの戦い


傷がみるみる修復されていくスロース
自分を銃殺しに来た人間にここは私が取り仕切るから手伝えと命を出すオリヴィエ
スロースだけでなく銃で撃っても死なない軍団
とにかく顎を砕けと助言しとにかく不死の軍団を排除しにかかる。


一瞬、自分の目的がわからなくなるスロースだったが、オリヴィエの姿を見て思い出し再び彼女を殺そうとする
しかし足が動かない
アレックスが押さえているからだった

しかし、片腕が脱臼している今、片腕では抑えきれずボッコボコに殴られてしまう
だがオリヴィエは捨て置けと言う

「我が弟はあれしきでくたばるような鍛え方はしておらん」

そんな姉の言葉に応えるように逆にスロースのパンチを利用するアレックス

alex.jpg

「肩、入ったぁー!!!」

(しかし、脱臼って入れてすぐ動かしちゃって大丈夫なものなん?/笑)

両腕使えるようになったらこちらのもの?(笑)
アレックスさん反撃開始
芸術的筋肉+芸術的錬金術(トゲトゲで串刺し)のコラボレーション?

「エクセレント&エレガント」


アームストロング邸の地下で組み立てた戦車は現在中央司令部を攻撃中(爆)
それだけでなく作戦本部にブリッグズが入り込んだーーー!\(^o^)/

市民の安全より正門突破阻止を優先させる上層部の言葉
それもラジオで流して貰おうか?と
ここへの誘導係はもちろんファルマンさん♪
そして地下を掘ったのはこの方!!!

izumi.jpg

「誰だと聞かれりゃ主婦だと名乗る。それが私の作法だが
今日ばかりはあえてこちらを名乗らせて貰おうか 錬金術師だー!!!」




そしてエンディングに入るのですが、そこを上手く使ってホーエンハイムが単独でお父様の前に立つシーンへと繋げていきます
曲想がシーンと合ってましたね〜


「1人か あの兄弟を連れてくるかと思っていたぞ」
「おいたをしたガキを叱るのに何人も要らないだろう?フラスコの中の小人、ホムンクルスよ」
「私に身の一部を与えてくれた奴隷23号よ、今度は私の身体の一部となるがよい」


ジッと睨みあう2人・・・




エンヴィー・・・以前も敵キャラながらなんかどこか憎めないキャラでしたが、今回で退場
ちょっとキモくて悲しい最期でした

そしていよいよ残すところ5話くらいでしょうか?
ホーエンハイムがお父様の所に到着
いよいよクライマックス感漂ってきました!


しかしエンヴィーの死の描かれ方は凄かった・・・


※ 次回は放送が30分遅れです



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 アニメ/鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9




鋼の錬金術師FA 第53話「復讐の炎」



不死の軍団にピンチだったエドのもとに駆け付けたロイとリザ
ヒューズの仇のエンヴィーと対峙したロイは・・・



公式HPより


セントラルのラジオ局を占拠したブレダたち反乱軍一派。彼らはそこで、大総統へクーデターを起こそうとしているのは実は軍上層部のほうであり、自分たちはそれを阻止するために動いているのだという、でっち上げの大義名分を国民に伝える。一方、中央司令部地下で大量の人形兵たちと戦うエドやスカーたちの元に、ロイとホークアイ、そしてメイと彼女を追いかけてきたエンヴィーが現れる。初めて会ったエンヴィーに「ヒューズを殺したのはおまえか」と尋ねるロイ。そんな彼に対し、エンヴィーが見せた答えは……。





突然起きた暴動に市民の不安が募る
そんな中、ラジオキャピタルで大総統夫人が語り出す。

「ええ。中央軍は私を殺そうとしたのです」

マスタング大佐の部下共々撃ち殺していいと言われたと語り出す夫人。
息子とも連絡が取れないと泣き出す
この事が市民の同情を呼ぶ。

「本当にマスタング大佐に助けて貰わなければ私もどうなっていた事か」

おー!これはかなりマスタング隊に有利に走り始めましたよ!
それを聞いていてニヤリと笑うハボックさんがイイ♪

突然、ブースに入ったブレダはここで突然大総統の乗った列車が襲撃され現在行方不明と知らせる。
そしてすかさず、マスタング大佐が以前から上層部に疑いを持っていたと
そこに列車の爆破と夫人への発砲許可。これらからハッキリした事

「上層部に閣下を排除する一派が居ると」


こんな放送をされ、当然、軍の方はこの放送を止めさせようとするが、軍を入らせないようバリケードを作っているだけでなく、上層部の電話には演技で強引に電話を切ってしまう

いや〜この局のトップの人、役者ですなぁ〜Ф

「こんなすげぇネタ、逃してたまるかっての!」

わははっ!報道魂に火が付きましたか(笑)

さらに今度はマリアが市民の心に火を付ける

「正義の名の下、卑劣な輩に全力で立ち向かう覚悟であります」

このラジオによりロイを誤解していたデニーの誤解も解け、さらにマリアが生きていた事で嬉し涙を流す

その放送を東方から聞いているグラマン中将も実に楽しそうです

「国民が食いついてくれればいいけどね」



しかし、まだ混乱している市民もいた
そこに現れたのはイシュヴァール人
これが決定打か?!
一気に大総統の行方不明は信憑性を帯び憶測が飛び交った

ブリッグズもまた大暴れしているようです。

セントラル本部も大騒ぎ
戦車でも無い限りここは落ちない・・って戦車が発砲してきてるし(爆)





「手を貸した方がいいかね?鋼の」

のんびりと話しかけるロイだったが、仲間の中にスカーがいる事に驚く

「しかし、懐かしい場所だな、中尉
君の泣き顔が思い出される。またああいう素直な涙を見たいものだ」


「水分は大嫌いなんじゃないですか?無能になるから」

出た━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!! 無能発言♪

無駄話は後にしろ!というスカーに俺に命令するな!と言うロイと「了解!」と言うリザ
わはは〜こういうロイ君を立つ手がない状態にするリザさん大好きっ?????

「無理だ!中尉。こいつらは銃弾じゃ倒せない!」
「またぁ〜?そんなのばっかり!」

わははっ!お気持ちはお察ししますよ(^^ゞ

辺りを見回したロイはホムンクルスのように再生しないのを見て賢者の石により動いているのを即座に理解する。

(指)パッチン☆

味方は綺麗に避けて不死の軍団のみ焼き尽くすロイの炎
炭になり崩れる軍団

「これは敵だ!鋼の」

息をのむエドの気持ちを察してあくまで相手は敵なのだと言い聞かせるロイ



一方、エンヴィーと追いかけっこをしているメイ
気配の強さも感じるし、エンヴィーはこちらに行って欲しくないようで
戦っているうちに下に落ち、そこでエド達とやっと合流するメイ
(早速スカーに叱られますが(^^ゞ)

ここでエンヴィーが元の姿に戻っている事に驚くエド達

「さて、どいつから片付けてやろうか」

エド、ロイ、スカー、そしてキメラ達の前でこう言うエンヴィー
すると

「おまえがエンヴィーか。確か変身出来るホムンクルスだったな」

ここでエンヴィーはロイとスカーを対立させようとするが失敗(爆)

「もっとドロドロしたものを見せてよ〜
あんたらゴミ虫がギャーギャー言ってるのが面白いのにさぁ」

だったら、昼メロドラマをお薦めしますわぁ〜Ф

そんなエンヴィーを下衆扱いするロイに人間だって他人の不幸とか愚か者が躍るのを見てるのが大好きなんじゃない?だから戦争をするんじゃない?と笑う

envie.jpg

うん。確かに愉快・・特にホムンクルスとかいう愚か者が踊り狂う様を見るのは最高と笑うブラックロイ君の表情がイイですね!

「今度は私の質問に答えて貰おう
マース・ヒューズを殺したのは誰だ?
さっさと答えろ!この馬鹿!」


最初はマリアだとすっ呆けるエンヴィーだが、全てわかった上で質問している事を理解したエンヴィーは

「おめでとう、マスタング大佐。やっと辿り着いたってわけだ」

しかし、証拠が欲しい

「貴様のような馬鹿にヒューズがやられるとは思えん」

ロイの鎌かけにエンヴィーはグレイシアへ化けてみせる

「馬鹿?馬鹿っていうのはさ、こういう手に引っ掛かるヒューズみたいな奴の事を言うんだよ」

さすがのロイも驚愕を隠しきれない
そしてウットリとその時の状況を話し出すエンヴィ

「決まりだ。貴様がヒューズを殺した
その事実さえわかればよい」


roi2.jpg

友の仇を目の前にしたロイの顔はこ、恐いっ


「スカー、鋼の、ここは私に預けろ。コイツは私の獲物だ!」

そして問答無用で口を炎で攻撃するロイ
エドはそんなロイの姿に躊躇したが、リザ他、皆に説得され先に進む

「行け!エドワード・エルリック!おまえにはやるべき事がある筈だ」

エド達が先に行くとエンヴィーは本来の姿になりロイを倒そうとする
しかし、大きくなるという事は的を大きくしてくれるという事。

「デカければ勝てるとでも思ったか。馬鹿が!」

ここまでダメージを食らってようやくラストを焼き殺した男だったと気付くエンヴィーは煙幕に紛れて逃げ出す。

リザを残し1人エンヴィーを追うロイ



その頃、先に進むメイ達
だんだんと大きな気の塊に近付いているせいかとても嫌な気分にさせられていた
その背後でメイ達を追う足を止めてしまうエド。
スカーに声をかける
ロイが気がかりだったのだ。

「あの男、あのままでは憎しみの炎に己の心までも焼き尽くすだろう」

かつての自分がそうだったからロイの今の状態がわかるスカー
その背後で大きな爆発音と炎が!


物凄い形相でエンヴィーを炎で攻撃するロイ
再生も追いつかない勢いだった

そんなロイの背後に立ったのはヒューズ・・・に化けたエンヴィー
しかし、その行為は返って日に油を注ぐようなものだった。
躊躇いなく攻撃するロイ
ピンポイント攻撃が可能なロイは再び目を攻撃する

「私の技を見くびるなっ!」


心配そうに立っていたリザだったが

「大佐、命令に背きます」

そう言ってロイの後を追う


圧倒的なロイの攻撃に逃げ出したエンヴィーだったが、追ってきたリザを発見しニタリと笑う。


迷路のような建物の中で再会するロイとリザ
「命令違反だぞ、中尉」

謝るリザにここまできてしまったからには手伝って貰うと言うロイに従うリザだったが、そのリザが突然ロイに向かって銃を向けた



うわぁぁぁーーーっ!
とにかくロイ君の怒り大爆発が凄過ぎますっ!
あのエンヴィーがイイとこ無しです!
それにしてもあの形相。修羅のようです!
仇打ちの鬼みたいです!

それにしてもラストのロイとリザ
ロイがエンヴィーですよね?!
さてどうなりますやら。
そして続いているアームスロングVSスロウスの闘いは?



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST.9 【Blu-ray disc】


 アニメサントラ/鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 2




鋼の錬金術師FA 第52話「みんなの力」



アルVSプライド+キンブリー
オリヴィエ+アレックスVSスロウス
エド達VS不死の軍団
メイVSエンヴィー


各々の闘いの行方は?






公式HPより



ハインケルの言葉で、ついに賢者の石の力を使うことを決意したアル。石に閉じ込められた魂たちの力を駆使して、プライドとキンブリー二人を相手に、アルは互角かつ怒涛の戦いを繰り広げる。一方、アームストロングの参戦でオリヴィエ側に微かな勝機が見えかけたスロウス戦。だがその直後、スロウスが怠けるのを止め“本気”の力を出した。その隠された力とは……。





賢者の石を使ったアルは凄まじかった
プライドとキンブリーの2人を相手にして一歩も引かない状態。
次から次へと繰り出される攻撃に、再びプライドは土のドームに閉じ込められてしまう

とにかくめまぐるしいまでの激しい闘いとアルの強さに驚かされました!


その様子を見てほとほと感心するキンブリー
しかし、それ故にどうしてその力を自分の身体を取り戻す事に使わないのか?と問う
その問いにアルはそれではみんなを救えないと返す
そしてキンブリーの選択にどうして自分の身体を取り戻し、かつみんなを助けるが入っていないんだと。

「等価交換の法則は?」

「原則に縛られずに可能性を求める事も人類の進歩に必要だと思うよ」

アルの言葉になるほどと返した上で

「ならばもう1つの可能性。あなた方は戻れずみんなも救えないという選択肢も用意しなさい」

そう言って、口の中に隠し持っていた賢者の石を見せニヤリと笑った
そして賢者の石を使い、せっかくアルが閉じ込めたドームを壊しプライドを救出してしまう。

アルはというと相変わらず土煙の煙幕で身を隠そうとする

「また目くらましとは芸がない。無駄です」


匂いで居場所がわかる今のプライドはあっさりとアルを見つけ捕獲してしまう。
しかし、この煙幕の本当の意味は別にあったのだ!


「どうかな?ここからが人間のしぶといところさ」

握られていたアルの手の中にある筈の賢者の石はそこには無かった
そして土煙の本当の意味は風向きを知るため
1人じゃない!というアルの言葉通り嗅覚の効かない風下からハインケルがいきなりキンブリーの喉笛に噛みついたのだ!
そして土煙の中から見える赤い光
そこには賢者の石を持ったドクターマルコーの姿が!

影をハインケルの方に伸ばすプライド。
しかし、ハインケルがキンブリーを突き出すと何故か攻撃を止める

「なるほど。君の言うとおり人間はしぶとい。しかし、君たちは勝てないのです
あそこに我らの父上がいる限りね」

そう言って、今度はマルコーの方に影を伸ばす
そこに突っ込んできた一台の車
それがプライドの方に突っ込み、プライドとアルを跳ね上げる

運転していたのは  ヨキ
号泣しながら運転してるしФ

「私にはかっこつけさせろ!チクショー!」

よくやったぞ!ヨキっ


とにかくその車に乗り込みプライドから逃げる
行く先はセントラル。エド達と合流してお父様をやっつけようと

「勇気ある逃げない人間というのは本当にのせ易い」

という事はわざと逃がしたというのか?
そしてプライドは喉笛を噛み切られ、声も発せない瀕死のプライドをグラトニーに続いて食ってしまった(>_<)

音が恐いぃーっ?a
キンブリーもとうとうここでリタイアです
しかし、プライドはどれだけ能力を蓄えるの?(当然、その為にあの時攻撃を止めたんだし、食ったわけよね?)





その頃、セントラルではアームストロング姉弟がスロウスと激しい戦いを繰り広げていた

「チョー、面倒くせえよ、本気出すの」

なんと!今まで全く本気を出していなかったのだ
『怠惰のスロース』彼の本気の力・・・

2人の目を持ってしても追いきれない彼のスピード

「そう。俺、最速のホムンクルス」

なにぃぃぃーーっ?aこの体躯で最速ぅ〜?


この身体でこのスピード故にアームストロング少佐ですら掠っただけでふっ飛ばされてしまう
そのスロースがとうとうオリヴィエを捉えた?
・・と思われたが、寸でで少佐が姉を守る
だが、これで少佐は肩を脱臼。オリヴィエも骨折してしまう
まさに満身創痍

そして一度は少佐に落されたスロースが再び戻ってきた時の衝撃でオリヴィエは気を失ってしまう
その姉を前に立ちはだかる事で庇う少佐


「さっさと殺して寝る!」


気絶していたオリヴィエが意識を取り戻した時、少佐の一撃で串刺し状態になっているスロウスを見る

これもなかなかグロかった(^^ゞ


死んではいないが動けない
しかし、この状況でまだ兵士はオリヴィエに銃を向ける
銃殺命令が出ていると聞いた少佐はアームストロング家は自分が継ぐから手続きしてから死んで欲しいと言ったり、
ロイに譲ると約束したから安心していいとかФ

しかし、差はミジンコ一匹ですか(^^ゞ

だが、スロウスを止められたのは一瞬。
また動きだそうとしている
そして扉の外からは不死の軍団が入ってきた
次々やられていく兵士たち

どうすべきか?

「どうする!我らを撃ち殺してその後にこの化け物の餌食になるか
それとも我らと協力して化け物を討つか
自分の頭で考えろっ!!!」




街中を走る肉屋のトラック
実は錬金術でアイスクリーム屋から肉屋に変えてしまっていたのだ。
アイスクリーム屋のマークだけにしぼっている軍は全く気付いていない。
しかし、司令部への門は閉じられていて容易には中に入れそうもない。
強行突破は避け、ここでマリアに夫人を託してロイ達は二手に分かれる事に



一方、エド達は不死の軍団に苦戦していた

この時OP曲がBGMとして使われてましたが、イイ曲だしすごく気に入ってますが、正直この場面にはあまり合っていない気が
なんで無理にこの曲を入れてきたのかな〜?


スカーに言われて足への攻撃に集中する全員
しかし、あまりに敵の数が多過ぎる
針も唾液も尽きかけている



メイとエンヴィーは
前にはエンヴィー、後ろには不死の軍団という状況
チョコチョコと不死の軍団の間を縫うように動く事で上手く先に進めたメイ
しかし、この作戦もそう長くは持たないと思うし
しかし、賢者の石によって死なない身体を持つ人形が生み出された
不老不死と賢者の石
複雑な表情でそれでも部族の為に先に進むメイ



エドがとうとう捕まってしまう
囲まれた上に飛びかかられるエド・・・!!!


そこに颯爽と登場したのはロイくん?????


「君のいる場所はいつも騒々しいな
手を貸した方がよいかね?鋼の」


roi.jpg

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
かっけぇぇーー?????





そしてとうとう「戦国BASARA弐」のCM開始☆
待ってました!筆頭&小十郎?????




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 8【Blu-rayDisc Video】


 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 9(初回仕様)(BD) ◆20%OFF!



 レイン(初回限定B CD+DVD)


 RAY OF LIGHT(鋼の錬金術師FA盤)



鋼の錬金術師FA 第51話「不死の軍団」



いよいよ最終クールに突入です☆

そして死なない軍団登場!



公式HPより



軍上層部により、ついに解き放たれた大量の人形兵たち。死をも恐れぬ不死身の一群は、本来従うべき軍上層部の人間をも食い殺し、エドたちの元へ一斉に襲い掛かる。一方、公然と軍上層部に反乱を起こしたオリヴィエの前にも、彼女を始末すべくスロウスが立ちはだかった。その頃、ドームに閉じ込められたアルと共に、カナマの集落付近に残っていたハインケルは、ドーム内でアルの頭部を叩き続けるプライドの行為に、ある意図が込められている事に気づく。だが時既に遅く、彼の背後にはキンブリーが現れ…。





今回からOP、ED共に変わりました

OPは「レイン」歌 - シド
EDは「RAY OF LIGHT」 歌 - 中川翔子

シドのOP曲がイイ!
彼らは実に毎回好み曲がくるなぁ〜
それは「黒執事」で初めて彼らを知って以来CM曲も含めてどれも大好きです。
ただ、なんかちょっとEDっぽいかな?
それと怒り狂ったような表情のエドからホムンクルス達が出てくるシーンとテンポが合っていなかったような
また雨なんでしょうが、涙にも見えるロイくんのカットとリザの涙に鷲掴みになります!


そしてしょこたんが歌うED
正直、「グレンラガン」の時ほどのインパクトはないですが、映像ととても合っているんじゃないですかね。
OP映像がこれからの厳しい戦いを表してる風なら、EDはその後に待っている平和っぽくて、正直曲より映像が心に残ってしまいましたが(^^ゞ







大量の賢者の石
そしてついに動き出す不死の軍団たち

「痛い」「助けて」「お腹すいた」
見た目は人形なのに石にされた人間たちの様々な声が聞こえる

実権は成功だ!と早速命令を出す司令官に「パパ」と言っていきなり首筋に噛みつきそのまま食べてしまう
(このシーンはグロ過ぎっa

次に狙われた研究員は慌てて銃を発砲するが不死の軍団に効く筈がなく



嫌な雰囲気を感じ取りつつ、エド達がいる場所はロイがラストを倒した場所
そこにある大きな扉
どう開けていいかわからないその扉が開いた時、中から出てきたのは不死の軍団a
(恐いぃぃー!)



一方、セントラルでは人質を取ったオリヴィエ
しかし、背後からスロウスが!

「邪魔、ダメ」


第三研究所のエドたちは相手が死なないとわかり驚愕する
しかも膨大な数

「まさか! 人形に魂乗せてるのか?」


こんな者達が外に出てしまったら・・・
慌てて扉を閉じるエド
しかし、これは自分達も外に脱出出来なくなるという事で
相手は死なずなのに・・・どう戦う?!


「悪ぃ、出口塞いじまった」


しかし、皆気持ちは一緒
これで腹がくくれた!と


「髭野郎をぶっ飛ばすにはコレ突破しなきゃならないのかよっ!
キッツイなーおいっ!」




街中ではロイのクーデターに軍が駆けずり回っている
そしてロイたちを包囲しろと指示を出す者の背後から出てきたのはバッカニア
その様子を傍受していたロイ達
これでは容易に街中に入っていく事が出来そうにない
アイスクリーム屋の車を見てロイは何かを思い付いたようですが



プライドと共に残っているハインケル
昨日からひっきりなしに聞こえてくる音を訊ねる
音の主がプライドとわかり立ち去りかけるが、その音がトン・ツーと気付き慌ててアルに止めさせる
しかし時既に遅し。ハインケルの背後にキンブリーが!!!

いとも簡単にハインケルごとふっ飛ばし入口を作ってしまう

「余計な仕事を増やさないで下さい」
「大目に見て下さいよ。もう油断しませんから」


一方、メイも不死の軍団と遭遇し追いかけられていた
必死に戦うメイだったが、その間にエンヴィーを取られ食われてしまう
すると!!!

「ヤッター!」

エンヴィーを食らった1人がどんどん仲間を食らっていく
そして取り込んだ賢者の石によってとうとうエンヴィーは元の身体を取り戻してしまったのだ!

あああっ(>_<)メイったらなんて事を_(_”_;)_バタッ
不老不死の情報を得たいばっかりに失態だわっ!どーすんのよっ?

「生き返ったー!
ここまで連れてきてくれてありがとな」




カナマにとどまっているマルコー達
ここにまで軍がやってきた事で手助けをしたいが、ここでマルコーと気付かれアルの足かせになってはとヨキに言われ動くに動けない
そのアルは・・・



外に出られたプライド
そしてそこには辛うじて生きていたハインケル
アルは必死にハインケルのもとに行こうとするが影に足を捕まえられてしまう。
すると戸惑う事なく自分の両足を切り離すアル



一方、オリヴィエとスロウスの闘いはこちらも壮絶
しかし、とうとうスロウスに捕まってしまう
そんな姉のピンチにアレックス参上!

「姉上ぇぇー!ご無事かぁーーっ!」

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!


「誰にものを言っている」
「ご健勝でなにより」

スロウスの正体と強さを知り、自分の得意分野だから自分に任せてくれと言うアレックス



足を失ったアルは必死にハインケルを引きずって逃げていた
自分を捨てていかないと共倒れになると言うハインケルに嫌だと拒絶するアル
生きる事だけ考えて!と言いつつ動かない足に苛立つアル
そんなアルに兄弟そろってどうして自分もボロボロなのに他人も助けようとするんだと問われ

「兄さんと誓ったんだ。もう誰も死なせないって」

そう答える
その言葉にハインケルはキンブリーの言葉を思い出し、さらに以前見つけてずっと持っていた賢者の石の欠片を思い出しアルに見せる
たくさんの人の魂で作られている賢者の石を足を直す為に使いたくないアル
しかし、自身のためでなく世界の人たちを守るために使うんだと思えとハインケルは言う
石になっても尚人だと認めているアルだからこそ頼むのだと

「こいつらにも戦わせてやってくれ!」

その言葉にやっと使う決心をするアル

「ぶちかましてやれ!アルフォンス」

賢者の石を見つめ

「一緒に戦おう」

外にいるプライドとキンブリー
どうせあの足なら逃げられないと話していると土煙の中で赤い光が
そして土煙の向こうから足を直したアルが出てくる
それを見て苦々しい表情のプライドに反して

「これはこれは・・逃げるどころか
イイ!非常にイイですよ。アルフォンス・エルリック!」



aru.jpg






もう!あっちもこっちもそっちも緊迫した闘い
しかもエンヴィーまで復活しちゃってどうしましょうa
それに不死軍団の数が半端無い!
エドはどうやってお父様のもとにたどり着くんでしょうか?
アイスクリーム屋の車を見て何かひらめいた感じのロイ君
これから更に彼の手腕が問われますよね!
今回、活躍シーンが無かったので次回に期待しつつ・・

しかし、今回はハインケルがとにかくかっこよかった・・・
そしてそれに応えるアルのアップがかっこよかったです!


次回のタイトルは「みんなの力」

迷いの時はもう過ぎた・・・
自分の信じる道を信じて突き進め!ってとこでしょうか。

オリヴィエさんの額にピッタリと突き付けられてる銃口
彼女は何を叫んでいるんでしょうか?気になります






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります




 PSP 【あみあみ限定テレカ付き】鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 約束の日へ


 ■初回限定盤A■シド CD+DVD【レイン】10/6/2発売


 RAY OF LIGHT(CD+DVD)



鋼の錬金術師FA 第50話「セントラル動乱」



いよいよ、約束の日
まずはロイ達が動いた!
動乱が始まった





公式HPより


ブラッドレイ夫人を人質に取り、ついに中央司令部へ反逆の狼煙を上げたロイ。すぐさま鎮圧されると思われたその反乱は、ロイ一派の巧みな攻撃、そして予期せぬ所から出現したチャーリー隊やブリッグズ軍らの加勢により、セントラル全域を巻き込んだ激しい市街戦へと突入する。そんな中ロイたちは、反乱の協力者として思わぬ人物と再会。その者から、自分たちの計画を影ながら支援する意外な協力者の存在を知る





ロイ以外の射殺許可を出した軍
そして発砲音が鳴り響く


しかし、実際に撃たれたのは軍の方
実は5人だけと見せかけ、建物内に仲間が隠れていたのだ
しかし、建物の事もあり全力が出せないロイ。
ロイ達は殺しはせずあくまで戦力を削いでいく事を徹底する


「主人は国に捨てられたのですか?それとも主人が私を捨てたのですか?」

ロイとしては夫人を自分たちがしている行為の証人になって欲しい為、聞かせたくはあった言葉
しかし、当の本人には実に残酷な言葉
その質問にはあくまで「わかりません」と答えるロイ
しかし、とにかく全力で夫人の命は守ると誓う。



ロイはまだ夫人に大総統が行方不明である事を知らせていなかった

「気絶でもされては移動が困難になる」




その後も殺さない程度に軍を倒していく
しかし、それが手を抜かれていると感じた軍側はますますイライラが


上層部もイライラ?

「マスタング大佐も甘いですな」

その中で落ち着き払っているのはオリヴィエ
そんなロイ達を倒せない中央軍も情けないと容赦ないФ

さらに、以前アイザックに氷漬けにされた事を持ち出し、今まで大きな戦いの経験が無い事が弱点なんじゃないかと。

「攻撃が上手くても防御がド下手」

おや?嫌に攻撃的な発言になってきましたね
いや〜やっぱりオリヴィエさんが何か発言するとカッコイイですね〜♪

自分に中央軍を少し預けてみませんか?と提案するとオリヴィエに怒りをあらわにする
実力ではなく拘束の為にここに留まらせているのだと
ブリッグズ兵との結束の強さを知っていからこその拘束

しかし、ブリッグズ兵の事を何もわかっていなかったのは上層部!
オリヴィエが障害になる場合は見捨てろと言ってあると。


ブリッグズの掟は弱肉強食
頭である自分が死んだとしてもそれに怯む事なく動くそれがブリッグズ兵


「上っ面で私の育てた兵を語るなっ!」


そして動乱で混乱が生じているのを待っている者たちがいた

「出るぞ」

briggs.jpg


何が恐いって奥の赤く光る眼が恐いФ
1人だけサンダル履いてる人が!(爆)


突然警報が鳴り響く

「ほら、来たぞ
あなた方自慢の人形とどちらが・・強いかな?」


olivie.jpg

くうぅぅぅーーっ!この表情がタマラン!(爆)


どうやらバッカニアの言う穴倉とはアームストロング家の屋敷だった模様。
屋敷の修理に紛れて兵士と武器を運び込んだ

そう説明するロイだったが、どうやら味方側に徐々に弾切れが生じてきた

「私にもしもの事があったら私を置いて逃げろよ」

間髪入れずに「了解!」と返事され

「そこは最後までお供しますじゃないのかね?」というロイ君が可笑可愛い♪

奥さんが待ってるし男と心中はまっぴら!と即答する味方兵達もサイコーです



敵にも弾不足が知られてしまったロイ隊ですが・・・
するとそこへ猛スピードでやってきたのはアイスクリーム屋のトラック?
中から出てきたのはレベッカさん
届けてくれたのはもちろん武器の補充
そしてそのトラックを運転していたのは・・


マリア・ロス!!!

「マリア・ロス少尉。ただ今勝手に帰還しました!」

おーーーっ!おかえり〜♪\(^o^)/


さて、武器も補充出来てまた銃撃戦に
しかし、レベッカが撃ち込んだのは・・・シン製の催涙弾!唐辛子増量Ф


さて、これだけの武器や弾をマリア1人でとは考えられない

「話してみますか?本人と」

さて〜相手は誰かな?

「畏まっちゃって・・まぁ〜
いつもの調子でいきましょうよ、大佐!」


habbok.jpg

ハボック キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!

や〜ん(*/∇\*)  なんか一気に勢揃いしちゃったじゃないですか!
面子だけで嬉しくてタマランです!


「あなたの町のハボック雑貨店!」

なんて心強い!
こういう形でのハボックの復活に多分一番嬉しかったのはロイ君だよね!

「んで?支払いは?」

「出世払いだ ツケとけ!」 Фわははっ!さすがロイ君♪



という事で前半はロイ君中心に続々と仲間が集まってくる様が実にテンポも良く、
そしてオリヴィエさんのかっこ良さに痺れてましたa






さて、そんな街をかき回しているロイ君達の様子を遠くで見ているエド達
そんなエド達もいよいよ動き出す
ホーエンハイムは何か既に仕掛けているようですが、発動させないに越した事はない

「アイツの中に縛られている人々の魂も解放してあげられる」


地下に入るのは以前スカーが入った所からという事で
怪我人とマルコー、ヨキはここに残る事となりその他はセントラルに向けて出発


「アル、ちょっくら行って地下の髭野郎ぶっ飛ばしてくるから」

そう声をかけて出掛けていく
しかし、気になるのはずっとアルの頭を棒で叩いているプライド
何か信号みたいにも聞こえるんですがa



一方、エンヴィーを持って走っているのはメイ
そして以前スカーと共に入った入口から中に入ってしまう。
不老不死の情報を得る為に

メイってばっ!(>_<)


兵を引き揚げさせるようにと銃を突きつけられているオリヴィエ
しかし、自分から指揮権を奪ったのはそちらだと動く気配なし

だが、自分たちを「選ばれし者」と言い、勝手に高みから痛みを神聖化する上層部にとうとうオリヴィエは反旗を翻す。


「もうダメだな
ぬくぬくと安全地帯から戦場を眺める貴様らのような者が痛みとかいうものを崇高であるかのように仕立て上げ利用する」


1人の腕を剣で貫き、1人の頭を撃ち抜いた


そしてオリヴィエの反乱はすぐにアームストロング少佐の耳にも入る
その会話を唇から読み取るフー
予定より早く事が動き出している事にリンの事を急ぐフー
すると地下の大きな気の流れが先日よりも大きくなっている事に気付く

その地下ではお父様が何かを聞いている
その音の元は・・・・・プライド!!!
やはり棒でアルの頭を叩いていたのは理由があったのですね!

目を開くお父様a



スカーの提案した場所から入れない事がわかると、エドは第三研究所へ皆をつれていく。

そして二手に分かれる事に
以前の事も考えてエドとスカー、そしてキメラ’S。
そしてホーエンハイムはランファンと。

どんどん進んでいく父の後ろ姿を見つめているエド


最初は自分1人でと言っていたのにホーエンハイムがランファンを伴ってきたのはランファンをリンの所に行かせる為だった

「ありがとう ございます」

そう言って向かうランファンを見て優しく微笑むホーエンハイム


一方、セントラルではいいようにブリッグズ兵にやられている事で、まだ魂の定着実権はまだ済んでいないというのに勝手に動かしてしまう

「今、使わんでいつ使う!」

目覚める人形兵たち。
この時に一斉に上げた不気味な悲鳴が不気味a

その声に地下にいる全員に緊張が走る







いや〜今回はロイ君を堪能した〜?????
やっぱりロイ君大好きだ!!!(笑)



いよいよ賢者の石を使った人形兵士達が動き出してしまいました
また、やはり音でお父様に何かを伝えていた様子のプライド
それを聞きとったお父様は?

今回はなんとなくロイ君達の活躍もあって上手く運べていたように感じられましたが、
次回はいよいよセントラル+ホムンクルス側も盛り返してくるみたいですね!
オリヴィエさんはスロースと戦ってたし、ハインケルもアルが中にいる球体を叩いてたし!!!
不気味でとんでもない戦いが待っていそうです(>_<)


こうなったらひたすらロイ君の活躍を期待したいけど、もしかしてオリヴィエさんにみんな持っていかれる?(笑)





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 PSP 【あみあみ限定テレカ付き】鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 約束の日へ



鋼の錬金術師FA 第49話「親子の情」



「オレの息子を馬鹿にするな!」


情け容赦ない方法でグラトニーを手に入れたプライド
今の彼をどう封じるのか?
アルがホーエンハイムに話した戦法とは?



公式HPより


非情な手段でグラトニーの能力を手に入れたプライド。その力の前にエド達は成す術なく、あっという間に追い詰められてしまう。その頃、別の場所でようやく息を吹き返したアルは、自分のせいで兄たちが窮地に陥っている事を知り、ホーエンハイムに一計を提案する。その提案を持ってプライドと対峙するホーエンハイム。彼がプライドに攻撃を仕掛けようとした瞬間、プライドの背後より彼を抑えこもうと、アルが必死に走り寄った。だがすんでの所で、逆にプライドに捕まってしまい……。




やっと今回で長かった「約束の日」前夜が終わりました!
とうとう決戦の日
今回もかなりの動きがあり、見ている側は全く気を緩める間が無かったです(苦笑)



プライドはホーエンハイムを引っ張り出す為にエド+グリードと戦いを繰り広げ始めます。
すばしっこいエドに難儀していますが、この編の早い動きも見せてくれましたね〜!
凄まじさがすごく伝わってきました!

リンを守りたいランファン
今はグリードに乗っ取られている事に怒りを感じつつも必死
しかし、やはり腕はまだ自由に動かせない模様

「今は自分自身の事だけに集中しろ!
この先、頼りにしてるんだからよ!」



つい憎まれ口をきいてしまったランファンですが、このエドの言葉には感じるところがあったようで。
頼もしかったでしょうね。


怪我をしたハインケルはフーに肩を貸されながら安全な場所へ
その頃、やっと意識を取り戻したアル

「全てゴリウスさんに聞いたよ」

相手の名前に対して適当なのはDNAですか?Ф

「何だか魂に干渉されたみたいで気持ち悪かったな」

ホーエンハイムは自分の分身のそのまた分身みたいなものだから干渉しやすかったのだろうと答えます
そこにやってきたフーによって現状を聞くアルとホーエンハイム

それを聞いて、自分がプライドに捕まったりするからと悔む
それはエド達だけでなくスラムの人間にも被害が及びそうで・・・

するとアルは突然、ホーエンハイムに歩み寄る

「父さんはやり手の錬金術師でしょ?」
「ん?あぁ 半端ないぞ!」

やっぱスゴイんだФ
その腕を見込んで頼みがあると
さて、何をしようというのか?


周りにあった木も無くなり、戦いの場はかなりプライド有利な状態に。
物陰に隠れても、グラトニーの能力を身に着けた今のプライドには隠れた事にならない。
するとそこへ堂々と出てきたホーエンハイム
だが、闘うつもりは無いと

「いや〜無理無理!おまえおっかないもんなぁ」

あまりにのらりとした態度のホーエンハイムに伸ばしていた影を自分の近くまで縮め、ホーエンハイムの攻撃に備えるプライド
すると!

そこに駆けてきたのはアル☆
しかし、アッサリ捕まってしまう

「なんだ・・つまらない作戦ですね」

それを見たエドは慌てて駆け寄ろうとするが、それを止めたのはホーエンハイム
父の真剣な表情に何も返せない
ホーエンハイムにわざわざ自分から人質になるために戻ってくるとはとせせら笑うと

「俺の息子を馬鹿にするな!」

そう言っていきなり錬金術を!
地面が裂け、盛り上がり、まるでドームのようにプライドをアルごと包んでいく
慌てて逃げようとしたプライドはアルが抑え込む
なんとか割れ目からホーエンハイムを攻撃しようと試みるが、寸でで影が届かない

それを見て我に返ったエドはアルが巻き込まれている!とホーエンハイムを責めるが、これはアルの立てた作戦なのだと
エドに相談したら絶対に反対されるからと。

さすが・・よくわかってますね

彼なりにみんなが生き残れる事を考えた末の作戦だからわかってやれと。


中では
「上手くいった!これでおまえの能力は使えない!」と大喜び

しかしプライドはここからすこしでも出ようすればその隙間からと言いかけますが、それに対して出る気は無いよ!と言います

「今日一日、約束の日が終わるまでおまえは僕とここで一緒におとなしくしているんだ」

なるほど!これはこの作戦は確かに今のアルじゃなきゃ出来ない作戦です!
アルの身体ならグラトニーを取りこんでいたとしても食べられないし・・・


ドームに駆け寄るエド

「ごめんね、せっかく再会できたのに
でも、今回元々僕が原因だったから
大丈夫だよ、兄さん」



その頃、セントラルに向かって駆けるグリードの姿が

「今セントラルにいるのは親父殿とスロースだけだ」

中で慌てるリン

「言ったろ?世界の王になるってよ」

手薄になったセントラルを乗っ取る気のようですね



その頃セントラルではイシュヴァール人が西の廃ビル辺りに最近増えてきていると噂に
ついでにスカーも(笑)

マモちゃんの低音ボイスがなんか可笑しい(笑)

するとそこに本当にスカー一行が
カナマを探していた
カナマの場所とここにメイが舞い戻ってきた事
そして東部での列車爆破事故の事を聞く

運昇さんの声も思わずニヤけてしまいました

しかし、イシュヴァール人はそんな行為をせず、テロ以外で世の中を変えようと集まっているのだ!と誤った噂を打ち消すスカー
しかしそのイシュヴァール人がいる廃ビルでは大量のイシュヴァール人の死体が
犯人はキンブリー

お久しぶりのキンブリーでしたが、こんな所で密かに暗躍していたんですね(>_<)


懸命に木の棒を使ってドームに穴を開けようとしているプライド

「あんまり人間の事をバカにするからこんな目に会うんだ
例の計画だってずさんそのものだ」


人柱と言っても、自分たちが己可愛さに逃げ出したら失敗に終わったじゃないかと
しかし、それに対しラースの妻など自分の身を挺してまで助けてくれた話をする
そして人柱として選ばれた限りは強靭な精神を持っているアル達が国を捨てて逃げ出す筈がないと。
現に戻ってきたアル
だから我々の計画にずさんなど無いと。



ヒューズの墓の前にロイが
そこにやってくるリザ

「そろそろ時間です」
続けて何か言いかけたリザだったが振り向いたロイ

「行こうか、中尉」
その顔は晴々としていた


一方カナマ近くの森に到着したスカー一行
辺りの様子にビックリ

そこにやってきたのはガリウス
元キンブリーの部下だったガリウスに身構えるが、エドが現れた事でやっと誤解が解ける
キンブリーの下にいても使い捨てにされるだけだからと。
激しく頷く一同が可笑しいやらしみじみしちゅうやら

しかし、お互い同行しているメンバーは自分たちを見捨てないから日陰の身になっても今がイイと。


そのエド達。
ようやく動き出す
まずはフーが面が割れていないのは自分だけだからとリンを含めてセントラルの方へ偵察に。


「作戦は決まった」


そしてアルも一緒に閉じ込められているドームを見上げながら赤いコートを拾い上げるエド。

「アルが踏ん張ってくれてるんだもんな
あとは俺たちがやるだけだ!」


気合を入れて上着に袖を通すエド
そのエドの目の前を朝日がのぼっていく

「約束の日の始まりだ」



さて、セントラルでは・・・

あらまっ!お久しぶりのデニー君です
妹?に起こされてます
日食を楽しみにしているのだ

すると望遠鏡を覗いていた弟が町のあちこちに煙が上がっていると教える
その煙を出している張本人はロイ御一行様
派手に指パッチンしてますФ

そして見せびらかすように後ろにはブラッドレイ夫人の姿が
そのせいでなかなかロイ達に手を出せずにいた軍でしたが

上層部はロイ以外は殺せと
大総統夫人ですら利用価値が無いと斬り捨てたのだ

その言葉通りロイ達を取り囲み銃を向ける軍

「撃つかね?」

だが、夫人の命すら関係ない射殺命令に夫人の目が驚愕で見開かれる
そして廃ビル内で鳴り響く数発の銃声・・・




果たしてロイ達はどうなったのか?
次回「セントラル動乱」

かなり激しい交戦状態に陥るセントラル
またオリヴィエまでもが銃を向けられていたのも気になります

まずは日蝕でどうなるのか?
日蝕までに何が起こるのか?
消えたメイは何処に?
そしてお父様の所に乗り込んでいったグリードは?
イシュヴァールの民を殺していたキンブリーのその後の動きも気になりますし

とにかくみんなの動向が気になりますね!





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 PSP 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 約束の日へ 【・特典付き・】



鋼の錬金術師FA 第48話「地下道の誓い」



「死ぬな!以上だ」

約束の日前夜、それぞれが仲間と集結していく



公式HPより



見事な復活を遂げたランファンの手助けで、一挙に形勢逆転を果たしたエドたち。だがその頃、別の場所ではハインケルが、どんなに攻撃してもいっこうに倒れる気配のないプライドに苦戦を強いられていた。やがて周囲に明かりが灯され、封じていたプライドの影が復活してしまう。一方、マダム・クリスマスの手助けでセリムの正体を調べ上げたロイ。しかしそんな彼の後を軍の密偵が忍び寄ってきていた




オートメイルの腕で復活したランファン
リンと共に付け入る隙を与えないほど集中攻撃を繰り広げる
暗闇なのにシン国の王族、そしてそれを守るものが身に着けている気を読む力。
それ故に的確に自分の動きを察知して連係攻撃を仕掛けてくる2人にさすがのグラトニーも涙目

このシーンは久々にスカッ!としましたね〜a
動きも良くて闘いの凄まじさを見せつけてくれました!


当然一緒に来ていたフー
暫くセントラルにいたようですが、気を探れる2人は大きな気が2つ移動し始めたので追ってきたのだった。
そして暗闇にも関わらず、的確に居場所を把握していくフー
それだけでなくスラムの方にいるとてつもなく大きな気=ホーエンハイムも
その人物がエドの父とわかると「人間ではないのか・・」と

そこまでわかってしまうんですね〜


エドはオートメイルの腕を装着してまだ半年のランファンを心配しますが、彼女はそれだけでなくちゃんと武器も携帯していて。
それを身を持って体感するエドФ
他に持っている武器を教えて貰い何か作戦を思い付くエドはフーに援護を頼みます。

エドに「油断するな!」と言うガリウス
プライドって奴は・・と何かエドに言いかけていましたが何を話したのか?


「いい加減死んでくれよ!」

先ほどからずっと攻撃しているのに息が上がってるのはハインケルの方
これでは攻撃を仕掛けている筈のハインケルの方がヤバそう?



その頃セントラルではロイがマダムクリスマスからセリムの情報を得ていた
いつの時も常に要人の傍にいたセリム
そして更にブラッドレイの事も調べてくれたマダム
ブラッドレイの故郷で彼が生まれ育った記録はあるものの、家もダミー
ブラッドレイファミリーを見た者もいない

いつの時代も今と変わらぬ姿で写真に写っている事からも人間でない事を物語っているセリムの真実




その頃、町に少しずつあかりが戻りつつあった
それだけでなくハインケル達の背後にもあかりが・・・
そして驚いた村人がランプを落とし辺りに火が

周りが明るくなればプライド絶対有利!

ニッと笑ったプライドから突然影が伸び、ハインケルに襲いかかる!!!

「さよなら、キメラさん」


だが、間一髪で駆け付けたエドが救う

「しっかし、こんなガキがホムンクルスだったとはね。騙されたぜ!セリム・ブラッドレイ!」

「外見など記号に過ぎません。そうでしょ?小さい錬金術師のお兄さん」


エドはムカーーーッФ



当然、ロイには監視がついていた
そこへマダムがロイの養母であるという情報を持ってきた
慌てて店に乗り込もうとする軍の人間。
しかし突然店は爆破してしまう。


地下道に逃げていたロイとマダム
店の女の子は既に海外に逃がし、今回の爆破で足跡を辿られる証拠も消した


「今は自分とこの国の事を考えな」と言うマダム

大きい人ですね。
さすがロイの養母ってとこでしょうか?
ロイをロイ坊と呼ぶのも大好きです(^^)

そこで別れる2人
次会う時は反逆者で死体袋の中だったじゃ許さないよ!とカラっと去っていくマダム
新たな店も礼もいつもの出世払いという事で♪

マダムを見送り、自分も動き始める

「さて、こちらも動くか!」


ロイが向かった先には当然みんなが!
ロイ・マスタング隊勢揃いですね!
これでファルマンとハボックが揃ったら言う事なしですね!

後を付けられていないか?
それに関しては微かな事でも察知してくれるブラックハヤテ号がいてくれるから安心

それにしてもグラマンの今回の行動はロイ達にとって吉と出るか凶と出るのか?


「命令を!」



リザの言葉にロイは

「今、我々が持っているのは戦場への片道切符だ
勝っても負けても後戻り出来ない
何故なら私の下、国家を建て直すという大仕事が待っているからだ。
となれば、諸君が守らなければならない命令はただ一つ 死ぬな!以上だ



とうとう、本格的にロイ達は動き出した
後戻りの出来ない闘いに



今度はエドVSプライド

しかし、動きが良い上に北方仕様のままだった事がグリードと同じ効果をもたらし幸いするエド。
ならば・・・とプライドが次に行ったのは再びアルを自由に動かし兄弟対決をさせようというもの。

アルとは戦えないだろうエドの心理を上手く突いた攻撃と思われたが―――


まるでそれを待ってたかのようなエドの表情

フーに閃光弾を頼むエド
辺りを包む鋭い光
あまりにも強過ぎる光がプライドの影を引きちぎっていく

先ほどのグラトニーの闘いでも、本人の身体から離れてしまうと霧散し消えてしまう。
これでアルを支配していた影も消えた
ガリウスにアルを託すエド

上手いa
その手がありましたか!



しかし、当然逃がすわけがない!
再び影を伸ばすプライドだったが、更にエドは閃光弾を
プライドの頭上で凄まじく光る閃光弾にプライドの影さえも消されてしまい、これはかなりのダメージを受ける

そこへ「もうやだぁー!」と逃げてきたグラトニー
暗闇でも自分の居場所を把握出来るシン国の人間と、同じ力を持つリンの力を得て有利に戦うグリード
そして自分もグラトニーもボロボロ

なのにグラトニーの姿を見たプライドは何故か舌舐めずりをする

「ボロボロですね、何回殺されましたか?」

何回殺されたかわからないと答えるグラトニーに自分もかなりやられてこのままでは不利だと言うプライド。
すると突然影を伸ばし始めるプライド
「じゃあ、お父様に治して貰って・・」と言いかけたグラトニーをすっかり影が取り囲む

「止めて!食べないで!」と懇願するグラトニーを容赦なく影がグラトニーの賢者の石を食い始める

「仲間を食いやがった!」


このシーンはグロかったー(>_<)
初めてプライドの顔が恐いと思いましたよ
舌舐めずりするとこなんか本気でヒョオォ〜〜〜aとなってしまいました。

そして仲間思いのエドとリンにとってこのシーンはかなり血が上ったんじゃないでしょうかね?


しかし、グラトニーを取りこんだ事で本来の力+グラトニーの力を身に着けてしまったプライド。


「この匂いは・・近くにいるんですね?ホーエンハイム!」

その時、ホーエンハイムはアルを診ていたのだ!

新たな力を得たプライドとの闘いはどうなる?!




ロイの動きが上層部の人間の不安を煽っていた
奴が次どう動くかわかるだろうとお父様に言われて考える一同
そこで同席していたオリヴィエが自分ならブラッドレイ夫人を人質に取ると言う

「無駄な事を。
使えん人質を取って自ら逆臣の汚名を着るか」



そう言うお父様だったが、本当にオリヴィエの言葉通り、ブラッドレイ夫人の車を押さえたロイ達

「ご一緒に」

大人しく一緒に来てくれれば危害は加えないと約束し、夫人に手を差し出すロイだが・・





うーん、今回はいろいろ見せてくれましたね〜
しかし、津波に引き続き、今回は地震
最近本当にまともにハガレンの画面を見れていない気がします(>_<)


タイトルの割にプライド戦の方が多いじゃん!と思いつつ見てましたが、それでもあの僅かな時間のロイとリザ達とのやり取りはかなりキメてくれたし、
その前のマダムとのやり取りを考えても今回は立派にロイ回でしたね!
戦い、始まるな!という気にさせてくれました。

そしてやっぱりロイ君はカッコイイ?????
そうでなくちゃ!ですa


気になるのはやっぱりエド達
新たな力を得たプライドとどう戦っていくのか?
そして駆けつけてきたホーエンハイム
予告でエドの前に立っていたホーエンハイムはプライドとどう戦うのか?

「親子の情」

エドとホーエンハイムの距離が少しは縮まるんでしょうか?



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST.8 【2010年3月24日発売】


 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST OP3 「Period」 CHEMISTRY



鋼の錬金術師FA 第47話「闇の使者」



約束の日の前日―――


アルはホムンクルスに捕えられた
エドは父・ホーエンハイムとの再会を果たす

ピナコより頼まれた母・トリシャの言葉にホーエンハイムは・・・






公式HPより


カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。エドはホーエンハイムより、彼の身体の秘密や、お父様が翌日起こる“日蝕”を利用して、真理の扉を開けようとしている事を聞かされる。その後、エドはホーエンハイムに、ピナコより頼まれていた母トリシャからの遺言を伝える。それを聞いたホーエンハイムの反応は……。休息後、セントラルへ向かおうとするエド達の前に、突然アルが現れる。再会を喜ぶエドだったが、そのアルに対し、グリードの中にいるリンが異様な気配を感じ取る






「アルフォンス・・しっかりしなさい、アルフォンス」


聞こえてくる声
しかし、目を開いたアルの前にいたのは


「いくのはまだ早いよ。まだまだ君は利用させて貰わなきゃならい」

プライドの声だった





カナマという町
やっとエドとホーエンハイムは再会を果たす
しかし、会う早々エドの右ストレート?(笑)


「あー!スッキリした」

「いきなり殴るなんて酷いじゃないか!しかも右で!」

なんとなくここでご挨拶?(笑)

「変わった入れ墨だねぇ」

「ああ、これね。隠してもしゃーないか。オッサンも隠さず喋れよ」

「明日が約束の日なんだろ?」

「ああ。全て話すよ」


アルに話した事と同じ事を話すホーエンハイム
皆、さすがにショックは隠せない
特にエドは・・・アルのようには受け入れられなかったようです。

「やはりアルフォンス程には素直には受け入れられないか
おまえが欲しがっていた賢者の石だ。使うか?」


「ふざけんなっ!関係ない人たちの命だぞ!自分のせいで身体を無くした俺たちが使っていいわけないだろ!」

その言葉を聞いてフッと笑うホーエンハイム

「そう言える息子でよかった
明日、日食が起きる。アイツはそれを利用する気だ」


「日食?利用する?」

「アイツの野望を阻止するのを手伝ってくれるか?」

「手伝う?勘違いするな!てめえなんぞと組まなくったって俺はあの髭野郎をぶっ飛ばす!」

今は手を組んだ方が確実に勝てるから利用してるだけと言うエドにニヤニヤと笑うグリードとガリウスとハインケル
そしてエドはその場を立ち去る

「よかった。理由は何であれ一緒に戦ってくれるんだな」

すると突然立ち止まるエド

「ピナコ婆っちゃんから母さんの遺言を頼まれた
『約束守れなくてゴメン。先に逝く』って」


トリシャの言葉を聞いたホーエンハイムの目から涙が流れ落ちる
空を向きながら静かに泣く父の姿に驚くエド

食事の最中、いろいろ言われてイラつくエド

「心の整理がつかないんだろ?」

人の形を成した賢者の石。しかもそれが自分の父親なんだからと言うグリード
しかしエドのイライラはそれだけではなかった

「アイツがちょっと意外だったから」



「私だっていつか皺くちゃなお婆さんになるわよ
でもね、どんな姿になっても一緒に笑っていたいの」


思い出す。妻、トリシャの言葉を

ずっと家族でいて
待っててくれという自分の言葉に「はい」と答えた彼女の言葉と笑顔を

一緒に老いていくのは叶わなかったが、後からきっと来てくれると信じてる妻の最後の言葉。


「明日だ。トリシャ」



エドは赤い生地を購入し、以前来ていたモノと同じ上着を錬成するエド




「多分、奴らと最後の戦いになるだろうからよ、気合い入れていかねえとな」


そしてカナマを離れるエド達一行
森に差し掛かった際にある人物の気配を感じる

アルだった・・・

嬉しさに駆け寄ろうとするエドだったが、グリードが異変に気付く


「エド!そいつから離れろ!」青ざめたリンが叫ぶ

するとアルの身体から真っ黒クロ助が!(違うっ!)


「そちらについたのですか?グリード」


声はアル。しかし実態はアルの身体を乗っ取られてしまったプライドだった


「またそんな人間に乗っ取られるなんて・・
魂が弱過ぎる!」





一方、東方ではブラッドレイ他数名を探している
グラマン中将が率先して指揮を取ると言う
ここでグラマン中将

ここで改めてグラマンさんの腹黒さが露呈する事にФ


「予定通りセントラルを狙わないのですか?」というマイルズの問いに

「しょーがないよ。セントラルの美味しいとこはマスタング大佐にくれてやる」

まずはロイとオリヴィエに事を起こし悪者になって貰い、自分は正義の味方グラマン中将として颯爽と乗り込む腹積もり。


「少ないリスクでこの国の実権をわしが掴む為に若い者に火中の栗を拾って貰おうかの」

油断出来ないと思うマイルズ



「プライドだ
俺たちの一番上の兄ちゃんってとこか」



「グリードはここで始末させて頂きます」

容赦なく攻撃を仕掛けてくるプライド
明日の為に必要なエドは生け捕りにしたいらしく、触手のように影をエドに向かって伸ばしてきます

それから逃げるエド
スラムの方に逃げるわけにはいかない

まずはグリードがプライドに捕まってしまう。
それにさらに言う事を聞いて貰う為にスラムの人間を捕まえましょうか?と言うプライド

「そう毎度やられっ放しではいられねえよな」

ニッと笑ったエドは電撃を電線に流し、強制的に停電にしてしまう。
月も星もないこの夜
スラムの町の明かりも消えると影が消えグリードも戒めから解かれる

プライドからの攻撃は避けられた
しかし今度は真っ暗で何も見えない

暗闇の中合流したグリードとハインケル達
そこでプライドの本体は森の中にいると話をする
そして夜目がききやすいハインケルがその本体であるセリムに襲いかかる


「プライドめ、どうして俺たちの居場所が分かった・・」

そう考えるグリードの傍に戻ってきたガリウスだったが、何故か恐怖したような表情で固まってしまう

そして森の中から姿を現したのはグラトニーだった
プライドは嗅覚が発達しているグラトニーの力を使って調べたのだ。

暗闇で全く見えないエド達に対して嗅覚で正確に香華を仕掛けてくるグラトニー
どう考えてもグラトニー有利

ここでグリードが送りこんだのはガリウス
しかしどうも今一歩上手く戦えない
困り果てたグリードに前に一度戦っているホムンクルスを察知出来る力があるからとリンが交代を要求する

しかたなく交代したリンとグリード
すると気配を察知してリンはグラトニーをぶっ飛ばす
すると怒ったグラトニーは以前同様、お腹の擬似・真理の扉を開く


ヤバイ感じ
しかし、誰かがエド達のわきをすり抜け、グラトニーを一撃で倒す
倒したのは・・・?

「息災で何より
待っていたぞ、ランファン」








せっかく合流できたかと思ったら残念な再会になったアルとエド
プライドの影が無くなっても動く気配が無いし・・・
ああ!アルはどうなってしまうんでしょうか?


しかし、逆に嬉しい&頼もしい者との再会も
オートメイルの義手を付けて戻ってきましたね!
リンも嬉しそうです♪

しかし、グラトニーはぶっ倒しましたが、予告を見るとプライドの方は炎によって影が復活してましたし・・・
ハインケルは大丈夫なんでしょうか?



それにしても今回はやはりトリシャさんの言葉に男泣きするホーエンハイムが印象的でした。
トリシャとの思い出
最後まで自分を信じてくれていた妻のもとに行く為にも約束の日に勝利せねばですね!>ホーエンハイム









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります




 リン ヤオ (Cv: 宮野真守) / 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Theme of Ling Yao by THE ALCHEMISTS


 ラン ファン (Cv: 水樹奈々) / 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Theme of Lan Fan by THE ALCHEMISTS