FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021/02

携帯からこんばんはです…



仮面ライダー電王 第46話「今明かす愛と理(ことわり)」




先週、イマジンの声が大川さんだったというのは大喜びでしたが、
内容的にはあまりの混乱と理解不能な内容に感想を書くのを止めてしまった電王でしたが、
今回の話もハッキリとした点以外はまるで理解不能な世界。
いや、かえって頭グチャグチャ?
ここにきて急激に難しくなってしまった電王です(^^ゞ



ハッキリした点



・時の分岐点は桜井さんではなく愛理だった

・未来を救うことが出来れば過去も救える

・桜井さんと愛理の前にゼロライナーが現われたことで桜井さんはゼロノスになった




過去にカイによって破壊されたにも関わらず、過去に影響を受けない特異点(=良太郎)の記憶が始点となって繋がり未来に影響が出ない。

どうやら、未来を守るのにとても重要な鍵が良太郎の記憶のようなんですが、その良太郎に今回の冒頭に出てきた過去の記憶がごっそりと抜け落ちてしまっていて、そこら辺がどうもキーポイントになっているような気がします。



出来事に対してショックで記憶を奥底に閉じ込めてしまったのか?
敵の策略で無くしてしまったのか?


もしかすると、世界を救うのに、あまりに代償が大きい場合は大事な記憶と引き替え…とか?侑斗みたいに。

記憶によって救われる事ってあるじゃないですか!だとすると侑斗同様辛い代償ですよね。





またカイはせっかくゼロノスを敗ったというのに、今の時間と結び付かなかったり、それ以上にどんどん記憶が無くなってきている模様。
カイは本当に何者なんでしょうか?
不思議な力を持っているのは確かみたいですし、自由にイマジンを使うことも出来るみたいなのに、時間は自由に扱えないようで。
特異点ではないってことですかね?
とにかくカイとはいったい何者で、何を成し遂げようとしているのか。
自分の居場所を探しているんでしょうか?


また、電ライナーに乗り込んできた愛理は過去の愛理なんですよね?
全てを理解している様子の愛理の言葉もあえてその時間に戻っていった行動もまだちっともわかんないのが現実です!
ただ、あったことを無いことにしちゃいけないのだというのは薄ぼんやりとはわかりますが。

そんな状態で二週間お預けですか…キツイなぁ。




しかも、本編よりショックを受けたのが次回の予告!a


なに?
あれってキンちゃんが消えちゃうってこと?
もしかして、順番に消えていってしまう…なんてことはないんですよね?
違いますよねぇーっ(号泣)
キンちゃんだって消えないのよねぇーーっ!(叫)



こんな心配でならない状態のまま放置プレーされるのはマジにキツイですっ!




でも、救いだったのはデネブと侑斗の2ショットシーン?????


良太郎同様、動揺していた(らしい)侑斗にデネブママが毛布を片手に走りより肩からスッポリと毛布で包んであげます。
(…ってか、相変わらず屋外でのサバイバル生活(?/笑))


侑斗に自分が知っている情報は、一緒に戦っている仲間として話すべきと語り(愛理が分岐点ということだと思います)、
さすがの侑斗も事がややこしくなってきているので、デネブの提案に素直に気持ちを語ります。

そして、どうしてデネブが桜井さんと契約したかの告白と
「これからも一緒に戦え!消えるな!」と言う侑斗。
これってかなりの熱烈告白だと感じてしまったんですがo(^-^)o





そしてそんな侑斗にデネブは嬉しさを隠さずに「うん」と応えそれに対して少し恥ずかしそうに、それでいて嬉しくて少しくすぐったいような感じで笑う侑斗のほほ笑みにズキュンとしてしまったのですよぉ (〃▽〃)テレッ



そんな侑斗にデネブが少しずつ距離を縮め、挙げ句


「懐いちゃう…かな」


グハッ!
…かな の後にハートマークが見えた!(爆)



それと、愛理さんの秘密等のショックで沈む電ライナー内を明るくしようと思ってか?リュウタを先頭にイマジン達が食堂車に入ってくるんですが、そのコスプレにまたまたグハッ!と(笑)
特にウラのギャルソン姿に胸キュン(死語?)してしまったのは言うまでもなくですが(〃▽〃)テレッ

キンは鯛のお造りでしょうか?

食べさせてぇー!
惚れさせてぇー!(爆爆爆)



それと、電ライナーで愛理さんが良太郎と侑斗と話してる間のモモ達が立ち聞きしてる近所の奥さん方に見えてしまってなんか可愛い♪
それとは逆に、不貞腐れているリュウタがなんとも抱き締めてやりたくなる雰囲気で。

さらに、
「仲間がいるんだ…」
という良太郎の言葉に『ううっ』と込み上げるものを押さえているモモ・ウラ・キンが可愛くて可愛くて

泣けるで!




しかし、こんな緊迫した時に不謹慎かもしれないけど、今回、アルビノレオイマジンと戦うんだけどコイツが無茶苦茶強くて2人では倒せそうにない。
そんな時に颯爽と登場したのが桜井さん。

そして初めて目元だけ映るんですが、もちろんその顔は優一くんの顔!
(やっと桜井さんのお顔が拝めたー!)

しかし、愛理が過去の時間に戻り、その後ろに映っていた桜井さんは全くの別人(爆)
その場面に優一くんは映ってなかったんだし、今回顔出ししたならせめてこの時くらい桜井さんは優一くんでいっちゃダメだったのかしら〜(あはは)



まさかこの方でブログを書く日がこようとは!(笑)



  


仮面ライダー電王のキャラクターソング
「PERFECT ACTION」と「Action ZERO」を聞かせて頂きました!

あちこちで騒がれていたのと、良太郎とモモタロスバージョンの「Double-Action」が2週?3週??連続でベスト10入りしていたのも興味を持った理由の1つでした。




関さんが歌がお上手だというのは有名でしたし、私も以前聞いて「上手いなぁ」と思っていたので、今回聞いて「うん!やっぱりお上手!」という感想。
曲の感じも好みでとにかく聞いていて楽しいです!

そして台詞が入っているバージョンの時の楽しさったら!(爆)

正統的な甘い歌声の合間に入る台詞が可愛かったりかっこよかったり?
特に「プリンだプリンだ!ワーイ\(^o^)/♪」
なんて倒れそうでしたよ(爆) _(_”_;)_バタッ


あとは鈴村さんの歌声も聞いたことがあるのでこちらも安心感いっぱいに聞かせて頂きましたvvv
リュウの台詞は「銀魂」の沖田の時とはまた違う甘えん坊だったりブラッキーだったりな台詞の連続に一々「おおーーーっ!」と声を上げちゃいました!(笑)



逆にお初だったのが遊佐っちとてらそまさん。
お上手でしたよ!
特にてらそまさんのキンタロスなりきり歌声には萌えました(爆)
遊佐さんはたまに甘えてるっぽく聞こえる箇所に悶えました(爆)

しかし、他の3曲は今どきな感じの編曲なのに、キンタロスだけは演歌調な編曲(笑)
ここら辺のこだわりがニクイです! (≧m≦)ぷっ!
そしてウラの台詞入りバージョンではやはり「釣られたい・・・」と切に願ってしまったアフォ〜な私でした(^^ゞ



ライダーの佐藤くんと中村くんもお上手ですねぇ♪
中村くんは特に高音域が上手い!と思いました。
佐藤くんは4パターンの曲想+モモ&ウラ&キン&リュウとのデュエットという難しい役回りながらそれぞれの雰囲気に上手く合わせてたですよ(笑)





そしてとにかく歌がお上手だと聞いていた「Action ZERO」のデネブこと大塚芳忠さんがとても楽しみでした♪



大塚さんは3人いらっしゃるので私は以前から芳忠さんと呼ばせて頂いてるんですが、とにかく洋画吹き替え中心に昔から大好きなお声の方なんですが、
特に1993年から4年間放送された海外ドラマ「フルハウス」のダニーや1991年放送の「新スパイ大作戦」(映画ではありませぬよ!テレビドラマの方です/笑)のグラント役で決定的に!

実はCDを聞いて「上手いなぁ〜」と感想を漏らしておりましたら、同居人が興味を示したので、声優名を出してもわからないと思い、同居人がよく見ている「バンキシャ」のナレーションをしてる人で、あとは「スパイ大作戦」で私が大好きだった黒人の人の声をやってる人がね、歌が上手なの!」と説明しましたら声がわかったみたいで、

「あの人イイ声だもんなぁ」・・・って (* ̄m ̄) ププッ


上の子にはもちろんNARUTOのエロガマ仙人で説明しましたよ(笑)
あ!すかさず「自来也と言いなさい!」とクレーム付けられましたけど(笑)



いい人声の時はそれこそ身体を預けたくなる(え??)程で、悪役の時はゾッとするほど恐い声と以前から見事に声を使い分けしてくる方。
最近のアニメだと「最遊記」のニイ・ジェンイーとか、「BLOOD+」の宮城ジョージ、「NARUTO」の自来也辺りになるんでしょうか?
洋画は多過ぎてどなたを挙げたらいいのやら・・・(爆)
BLCDでは遠野さんの「美貌の誘惑」で主役のナリケンさん演じるファイサルの兄アブドラ役で思いっきり悪役を演じてらっしゃいます。


そうそう!「BLOOD+」のDVDの特典キャストトークで本当に久しぶりに芳忠さんのお顔を拝見しましたっけ!
私の記憶にある芳忠さんからずいぶん年月が経つせいか「ちょい老けましたねぇ〜」という感じでしたが、「美貌〜」のフリートークでも「BLOOD+」のキャストインタビューでもとにかく真面目な方で。。。

電王のデネブをはじめとして面白いキャラも多くこなされているだけに、相変わらずこのギャップが好きです(笑)




さて、話を電王に戻しまして・・(やっと・・だな/苦笑)



歌声の方ですが、予想以上のお上手さにビックリ☆
若手声優さんだったらきっといろんなキャラクターを演じてキャラソンとかたくさん出されたんだろうなぁと思うとかなり残念です
また、中村くんとのデュエットだから余計に萌えたんでしょうね(笑)

デネブの台詞が入っているバージョンの方もデネブ母って感じで、それに対してゴネている侑人の「デネブ!?」が毎度のお約束で微笑ましいです。



ああ、聞かせて頂きながら運動会の後片付けを始めて、既にこの時点で6回目?いや・・・7回目に突入状態(爆爆爆)
ヤバッ!
これは絶対に次回、レンタルDVDに飛びつきそうですよ!(笑)
(まだ見ていなかった最初の頃のが特に見たい! (≧m≦)ぷっ!)


声優さんに惹かれて途中から見続けている「仮面ライダー電王」

以前、2回ほど感想を書きましたか・・・?(笑)
本当なら良太郎役の佐藤健くんや侑斗役の中村優一くんの話題でも書きたいとこですが・・・

(あ!某所でも書きましたが、この2人実写版の「プリンセスプリンセスD」でも共演していたんですよねぇ。
あまりにアニメと差があったのと、漫画の実写版はあまり好きじゃないこともあって2、3話見てすぐ止めちゃったんで全然記憶にはないんですが(^^ゞ
なのでどの程度絡んでいたかはわかりません!(爆)

佐藤さんの方は残っていないのかな?
でも、中村さんは当時のインタビュー記事を見つけました(笑)

コチラ


あ!そういや、放送当時連載されている月刊ウィングスの付録に実写版の子たちの小冊子が付いていたなぁ。。。
中村さんの方はどうだったかまでは覚えていませんが佐藤さん位は河野 亨役で主役クラスだったから載ってたんじゃないかしら?
まだ家に残ってるかな?(爆)



 プリンセス・プリンセスDオフィシャル写真集






さて、大幅に話が横道に反れてしまいましたが(笑)、ナオミ役の秋山莉奈さん。
この夏、3回くらいお姿をテレビで見かけましたよ(笑)
どうやら劇場版の「仮面ライダー電王」の宣伝の為と思しき出演が2回。
いずれもテレビ朝日で。
深夜番組では人気お笑い芸人さんと楽しそうにトークしてました!
テレビ朝日だったのでもちろん服装はナオミちゃんのいつものスタイル。


でも、日付が変わったので昨日になってしまいますが、DウンTウンさんの冠番組に秋山莉奈さんとして出てらしたのはいつもの服装とも髪型とも違っていたので、「誰かに似てる・・・」というあやふやな反応だった私(爆)
あ!でもすぐに気付きましたけどね。

隣にすわっていたのがハリセンボンの春菜さんで、顔の大きさの違いにビックリ!



顔が・・・ち、ちっちゃーーーい!!!



小さい顔だとは思ってましたが、電王に出てる子たちってみんな小さいから・・・(* ̄m ̄) ププッ




「これって私だけ?」というコーナーでは

お料理しても絶対に後片付けしないと答えてHまださんに「それじゃダメやろ」と突っ込まれてました(笑)


穿った見方かもしれませんが、着々と電王終了後の自分の居場所作りが出来てきているなぁ・・・と思っちゃいました(^^ゞ





昔から戦隊ヒーローモノの主役とかになっちゃうと、良いにつけ悪いにつけそのキャラが強く定着し過ぎて他の役がなかなかこない俳優さんを昔から何人も見てきているだけに(たとえ出てきても何故か敵キャラが多い気がする。。。/苦笑)
オダギリJさん以降そういう意味では子供達だけでなく母親も巻き込んでだいぶ変わってきたなとは思っているんですが、私が知ってる限りではそれ以前の方というと「スカイライダー」の村上弘明さん「オーレンジャー」のオーピンク役のさとう珠緒さん位しか大活躍された方って知らなくて(^^ゞ
私だけが知らなかったのなら本当に申し訳ないんですけど。。。


でも、せっかくだからテレ朝でも良いし、他のテレビ局でももちろん良いので佐藤さんや中村さんの良太郎や侑斗じゃない時ってどんな感じなのか見てみたいわぁ?????
どこかに出てくれないかな〜〜〜?(希)


仮面ライダー電王 第23話「王子降臨、頭が高い!」



デンライナーの車内で動物の鳴き声が聞こえる、との苦情が報告された。
これは実は動物好きなリュウタロスが勝手に子犬や子猫を拾ってきた為。
しかしそのリュウタロスの拾いモノの中に白いイマジン・ジーク+赤ちゃんを拾ってきてしまって大騒動に。
しかもこのイマジン、なんとも態度がデカイ。
そして赤ん坊では嫌だと良太郎に憑依してしまうのだが、他のイマジンたちなら簡単に憑依をとけるのに、ジークに乗っ取られると身体を独占できるらしい。

とにかく赤ん坊を母親の元に返そうとジークの記憶を頼りに屋敷へと辿り着くが・・・




「プリンスと呼んでいいぞ!」と終始王子様というより王様気取りなジークの声を三木さんが。
そして赤ちゃんの母親を攫おうとしたスコーピオンの声を神奈さんが・・という私にとっては夢の様な回でした(笑)

関さんの「俺、参上!」も聞けたし言う事なし・・・かな? (≧m≦)ぷっ!


とにかく、三木さんというのもディズニーアニメの吹き替えとかで王子役はやっているし(あまりきちんと聞けてはいないんですが、確か朝のディズニーアニメでちらりと聞いたことはあります)、なんか真っ白な身体にバサバサの羽、そして王様口調もなんかピッタリで聞いていて思わず(* ̄m ̄) ププッ でした。

また今回の敵キャラスコーピオンは神奈さん。
私が知らないだけかな〜?
「NARUTO」のカブトとか、無いわけじゃないけど案外少ない敵キャラ。
それゆえ楽しんで聞かさせて貰いましたよ

ライダーの方も関さん、遊佐さん、てらそまさん、鈴村さんと全員揃っていてそれに三木さん、神奈さんと揃うと声優好きにはたまりましぇ〜ん(爆)



しかし、侑斗くんの出現で一気に話が進むかと思いきやそうでもないんですねぇ。
(毎週見れているわけではないので(^^ゞ)
今日もデネブが憑依した姿で買い物してたし、イマジンの気配を察知して尾行する際、「せめて大根だけは持っていこう」というデネブと喧嘩してるし(笑)

まぁ、相変わらず私が弟に付き合って見ていた子供の頃のライダーとはずいぶん毛色の違うライダーたちであります・・・はい。


私の周り(特にミラ方面で)話題になっていたライダーさん、ようやく見れました(笑)

本来なら今日は乙女の街に行く予定でしたが、上の子が卒業式に出なきゃならないって出かけてしまったんで(ということは、来年の上の子の卒業式も日曜なのか??)、チビを見ていてくれる人がいなくなっちゃったんで行けなくなってしまったんですよぉ
残念ですが、本日はチビと2人でお留守番です。
でも、上を起こして叩き出さなきゃならん!ってことでようやく念願が叶ったというわけです(≧m≦)ぷっ!


仮面ライダー電王
第6話 「サギ師の品格」


さて、どういう場面になったら聞けるんだ?と思ってましたら、番組が始まったらいきなり関さんの声だったんでビックリ!
結構最初から最後まで喋ってるんですね!?a

「おおお〜〜〜関さんだ!しかも三蔵バリに怒鳴ってる声じゃん?????」なんて思ってましたら、その次には遊佐さんの声が???????
ひゃ〜〜〜こりゃまた私にとってはなんとも嬉しい番組じゃわい。と1人ほくそえんでしまいましたよ。
でも、仲間なのになんか仲良くないのね?この2人(笑)

でも、モモタロスのキャラと関さんの声が合っているかは別として、遊佐さんがやっているウラタロスの素直じゃなくてでも1人は嫌でやや腹黒でというキャラは遊佐さんにはピッタリだーーーー!(失礼)ナイスキャスティングだーー!と個人的には手を叩いてしまいました(笑)

しかし、この電王の前の「ゲキレンジャー」っていうのも見ちゃいましたが、私の子供の頃のライダーって助けてくれるおやっさんや仲間は確かにいましたが、本人そのものはどちらかというと孤高の存在というイメージがあって、その分レンジャーものは徒党を組んでというイメージでしたが、最近のってここら辺のイメージの垣根がなくなってきているんですね。
1人で何通りものライダーに変身出来たり、私の中でのレンジャーはゴレンジャーから始まって5人で1つのイメージだったのに、今のは3人だったり。

これだけいろんなパターンで作っていくとネタも尽きてきているんでしょうが、制作側の苦労がちょっぴり見えたような気がしました。
先日ちょっと感想を書いたウルトラマンメビウスも過去のウルトラ兄弟をとっかえひっかえ出していますしね。
まぁ、このウルトラマンに関してはシリーズ誕生40周年ってこともあるんでしょうが。
(ちょっとHPを見たら、40年間謎になっていたウルトラ兄弟の長男ゾフィの人間体がこの番組見ていると明らかになるんですって? うん。個人的にはこっちの方が興味あるわ/爆)


さて、話は横道に逸れましたが、

関さんが声をやるモモタロスは名前から見ても想像がつきましたが、桃太郎の赤鬼タイプ。
強くかっこよく戦うことをモットーにしているらしく、ちょっと俺様っぽいとこもあるけど根は単純。

「俺、参上!」、「俺は最初から最後までクライマックスだぜ!」が口癖なんだそうな(笑)


そして遊佐さんが声をやっているウラタロスはこちらは浦島太郎の海亀。
モモタロスとは対照的にあまり戦いは好まず、女性には調子のいい台詞をはいたりちゃっかり要領のいいタイプ。
ただ全体的には、他人を見下したような態度が鼻につく自信家タイプなんですって。

「僕に釣られてみる?」が決め台詞なんだそうで、今朝も確かそんなようや事を言ってましたよ(笑)


ウラタロスに釣られたいか?って言われるとビミョーですが(爆)声だけ聞いている分には

「釣られたい〜〜〜〜〜〜???????????????爆爆爆


でも、なんか主人公の良太郎くんというのはイマジンによってずいぶん雰囲気が変わるみたいなんですが、HPみているだけでも結構いろんなパターンがあるみたいで・・・。
そうなるとこれからもっと昔話にちなんだような名前のイマジンが良太郎くんと関わって力を貸してくれるのかしら?
この1話だけでは全く話が見えていないんですが(爆)毎週は見れないと思うんで(笑)また機会があったら見てみたいと思います。
(いや〜休日は早起き出来ない体質なんで(爆)どれだけ見れるかわかんないですけどね (≧m≦)ぷっ!)

イマジン:未来からきた侵略者で、実体がない為、現代人の身体を借りてようやく実体化出来る