FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

DARKER THAN BLACK 流星の双子 第4話「方舟は湖水に揺蕩う・・・」



契約者になった蘇芳
彼女に待ち受ける運命は?




公式HPより


ロシアを後にしたスオウは、日本へと渡っていた。たどり着いた先は、天国戦争の傷跡の残る街、札幌。そこでスオウは、ノリオという少年に出会う。「生きている実感」のようなものをスオウに感じ魅了されてしまったノリオは、彼女を執拗に追いかける。逃げまどうスオウは、寂れたおかまバーのママ レバノンに助けられ…。




ふと見ると目の前に鯨が!
でも、鯨を見る蘇芳の目は以前の彼女とは全く違っていた

カメラで撮らなきゃと一瞬考えながらもそれをしない蘇芳
どうしてそう考えたのかもわからなくなってしまったと。


契約者になってしまうと本当に感情みたいなものが無くなってしまうんですね。
以前の彼女なら、それを記録として残す事が必要かどうかなんて全く考えずに心のまま撮ったでしょうから。





斎藤に注意されていたにも関わらず黙って警察を辞め三号機関に移った未咲
肩書きは総務省統計局統計調査部第二捜査課第三係長補佐「一ノ瀬弥生」


鎮目達と挨拶を交わすも表情は固い。
その表情が崩れたのは鎮目が見せた蘇芳が作ったポスター
それは確かに未咲の知る黒

黒の現況
元の組織を離れ、一時CIAの仕事を請け負ってきたが、現在はCIAからも離れている

しかし黒の星は消えた
鎮目達と黒の間で何があったのか?

しかし、小林は細かな点には触れず、それを知りたかったら調査しろと言う
そして今の最優先事項は黒と紫苑の捕獲
(まだここでは蘇芳を紫苑と思っているのか?)



斎藤と電話しているところに現れた葉月
彼女は・・・百合担当?(苦笑)
なんか最近とっても多いなぁ〜百合設定☆
百合が良くてどーしてBLはダメなんだろう??


頭ではなく肌で感じてみろと未咲を挑発する


未咲を見て舌なめずりしてみたり、「あーあ、フラれちゃった」と言ってみたり





黒や蘇芳達は日本入り(札幌)した
そこは天国戦争の爪あとが色濃く残っていた


クライアントの依頼で黒達が下ろされた場所で初めて会ったオカマのレバノン
兄弟だと偽って蘇芳達を紹介するが・・・


「また国際色豊かな兄弟ね」 オカマの勘?スルドイわФ


「おまえたち、笑え」

「プログラムに無い」


なんか笑えるやり取りです



これから契約者としての訓練をすると言う黒に「訓練って?」と問うと

「口答えするな!契約者として生きながらえたければな」と言われてしまう


海に投げ込まれるビン
その中に入っているモノが光る
それは蘇芳の射撃の訓練用の的だった

しかし、黒は動く生きているものを的にしろと言う
それは子供の頃に失敗した鹿を思い出させた
あの頃は撃てなかった
では今は?   やっぱり撃てなかった蘇芳
でも、黒なら撃てる?


「東京へ行く。その為だけにあんたと来たんだ
もし変なまねしたら・・っ」



ここで黒に外に放り出されてしまう

「おまえはただ俺の指示に従っていればいい」





アーケードで踊るグループの1人ノリオ
そんな彼等の前を偶然食事の為に歩いていたのは蘇芳とジュライ
蘇芳に一目惚れでもしたのか?


「見つけたー!俺の生きてる実感ーー!?



ひとまず廃業したラブホテルに潜伏する蘇芳達
そこでマオを質問攻めにする蘇芳
しかし、監視も任されていない自分からどうして逃げない?と逆に質問返しされてしまう。

でも、逃げ出す気はあるのだ
金が無いだけ
ロシア大使館でウラジオストックでのテロ騒ぎの情報を収集する未咲
しかし、既に事件は揉み消されてしまって目新しい情報が無い

「これ以上探るなら、それこそマダム・オレイユにでも頼まなきゃ無理でしょう」


未咲は黒の情報を掴むために警察を辞めた
なのに、黒の情報はおろか自分が所属する三号機関がどういうものかも掴めないで焦っていた。
そして一番の気がかりはどうしてBK-201の星が消えたのか?




その頃黒と蘇芳は特訓に暮れる日々
内容はスパルタそのもの(^^ゞ
インナーマッスルが弱いって・・・コアリズムですか?Ф



そんな彼女らとバッタリ遭遇したのはノリオ達のグループ
すると黒は能力を使わずに逃げ切ってみせろと言う
反論は許さないと。


しかたなくノリオ達に近付く蘇芳

!Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ!いきなり腕の骨折るかー???
しかも折られた本人、なんでそんなにのんびりしてるのっ?a


そうやってわざと怒りを買って実地訓練開始☆(かなり荒っぽいけどね)


しかし、そこへパトカーがやって来てしまった
ちょっとこのままだとギャラリーが多過ぎる
ジュライは蘇芳へ逃げ道の指示を
マオは時間稼ぎだ!と黒に投げ飛ばされてしまう


マオが警察官にぶつかった事で出来た僅かな隙にバラバラに逃げていく蘇芳とノリオの仲間達
しかし、ノリオは気になる蘇芳を追いかける

ジュライの手引きでパトカーからは上手く逃げられたもののノリオに追いつかれてしまう蘇芳

ただ喋りたかっただけと言うノリオ
どいて!という蘇芳の言葉が聞こえなかったのか喋り捲るノリオにとうとう蘇芳は能力を出してしまう。


そこに通りかかったのは最初に挨拶をしたレバノン
しかし、ただニッコリと笑うだけがこんなに契約者にとっては大変な事なのか?
蘇芳の顔色は最悪だし、ジュライなんて指で口角を上げてるだけじゃん!Фあははっ


レバノンの店で折り紙を折る蘇芳
(やはり、彼女の対価は折り紙でしたか)

そして何故か渡される生理用グッズ
そこに入ってきたのはノリオ
もしかしてレバノンの息子・・とか?

その時の様子にノリオとニカを重ねる蘇芳


そして外ではかつては自分の姿もそうだった筈なのに・・・
猫に追いかけられるマオ(爆)


ニカがターニャに告白した時は他人の事でもキュンとなったのに、今回は自分の事なのに一向に心が反応しないと言う蘇芳
そんな蘇芳にマオは


「契約者だから・・いや、女になればわかる事だ」と答える

「私もう女だよ!」

「はい?」


なんかホテルの賞味期限切れのカップめんのやり取りといい、蘇芳とマオのやり取りが面白いです




しかし、注意されたのに能力を使ったと黒に頬を叩かれる蘇芳



一方未咲はダメもとで閉鎖された国立天文台に訪れていた
そんな彼女の背後から声をかけてきたのはマダム・オレイユ
彼女は未咲の本名も、今の名前も知っていた





「契約者になったら感情が無くなるんだよね?
僕はあなたが嫌いだ」


「そうか」


嫌いな男と一緒でも紫苑に会うために黒と共にいる蘇芳
いつになったら彼女は紫苑に会えるのか?







今回はほとんど内容的には動きはありませんでした。
でも、黒達が日本に入国した事でこれからの展開を想像するとワクワクしてきました!

それにしても今作の黒は前にも増して無表情ですね。
必要だからなのでしょうが冷酷なまでの徹底した訓練
そして言動
紫苑に辿り着きたい気持ちとマオが緩和する役を担ってるのでなんとかなってる気も(^^ゞ
2人が心を通わす時っていつなのかな?

そして黒と未咲が再会するのっていつなのかな〜?



しかし、今黒達に指示を出しているクライアントっていったい誰なのか?
それとどうしてジュライは蘇芳についているのかな〜?
まだまだ気になる事ばっかりですね。




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑ よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 初回限定:「イベント参加応募券」他封入!DARKER THAN BLACK-流星の双子- 1


 ツキアカリのミチシルベ(限定生産版)



DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第3話「氷原に消える・・・」



蘇芳の覚醒―――




公式HPより


ヘイによって隠れ家に監禁されたスオウは、冷酷な仕打ちに耐え続けていた。一方、ターニャを見つけ喜ぶニカだったが、知らないうちに巧妙な罠の駒として利用されてしまう。諜報機関に追われ、ロシアを抜け出そうとしたヘイとスオウの前に、昔と変わらない姿でかつての親友が現れた。しかしその再会は、スオウにとって二度と見たくない凄惨な光景を再び目撃することになる。そして、心が砕かれたスオウの中で、予期せぬ大きな変化が訪れた。




鎮目達の罠にかかってしまった黒
その装置によって苦しむ黒の過去が蘇芳のペンダントに流れ込む
すると何かが発動?
逆に装置は壊され、そしてまたも蘇芳の耳に囁かれる父の声

蘇芳は気絶している黒と共に海へ飛び込む。


そして案外キーマンとなるかと思われたオーガスト7は鎮目に殺されて退場してしまう
(死んだと思っていたら、それもマジックだった・・なんて事はありかな?)




銀に向かって走っている黒

「さよなら」と涙を流す銀

そこで黒はハッと目を覚ます


一方鎮目はお灸中
いったい彼の対価は何?Ф

そして彼等が探しているのはイザナギ
そして失敗に終わったあの装置はロバート・シュレーダーの論理に基づいて行った模様。



一方、気付いた黒に後ろ手に縛られている蘇芳
どうして父親を殺したのか?再び問い詰める蘇芳

でも、本当は黒は殺していない。
なら何故そう言わないのか?

「憎ければ俺を殺せばいい」だなんて・・・


蘇芳から恋人でも肉親でも躊躇わずに殺すんだろう!と言われて蘇芳の頬を引っ叩く黒。


「僕は嫌だ!人が死ぬのも殺されるのも!」



今回の紫苑(蘇芳)捕獲に失敗した軍。
ターニャを取り返すべく外で見張っているニカを見つけ、何故か将棋に例えニヤリと笑うレプニーン

ニカ、かなりヤバくない?a



「泣き寝入りか・・・」

え?ええ?!この声ってマオ??a


「記憶が体の外にあるって言ってたのは本当だったんだな」



どうやらマオはある女性の下にいる模様
そして今回指令の変更を知らせるためにコンタクトしてきたみたいです。



ターニャが軍の建物の中から出てきたのを見つけ後を追うニカ
自分の事がわかり、謝るターニャに嬉しそうに抱きしめるニカ
でも、そのターニャの目は以前の彼女の目ではなく


蘇芳の携帯が鳴る
しかし、黒が壊してしまう。
するとカバンから投げ出された本に鯨の形の折り紙が挟まっているのを見つける。

「待っているよ」  それは紫苑のメッセージ
そして挟まっていた場所は日本の池袋
ヘルズゲート付近で立ち入り禁止区域の一角だ。
紫苑はそこにいるというのか?


「日本に行きたいか?連れて行ってやる」


先ほど、蘇芳に電話をしてきたのはやはりニカ
そしてそれは巧妙に仕組まれた罠。ニカも気付いていない。
レプニーンがニカを利用して蘇芳の居場所を特定しようとしたのだ
特定したところでターニャが本当の姿へとなる
髪を引き抜き、目が赤くなる

そして軍は先ほどまでの場所に突入するが、既にもぬけの殻
急いで日本に向かうためロシアを脱出しようとするが潜り込もうとした列車の所に居たのは軍の格好をしているターニャ

「取引をした。おまえを捕らえれば十分な報酬と今後の地位が保障される」


ニカは?という蘇芳の問いに答えず、紫苑の行方を聞くターニャ
答えない蘇芳に攻撃を仕掛けるターニャ
しかたなく逃げるしかない黒と蘇芳

「出遅れたな
ま、ドカーンと派手に仕掛けますかね」
 人ごみに紛れて見ている鎮目たち。



「マオ、彼女を頼む」


そう言われて飛び出してきたのは猫・・・じゃなくてペーチャ?a
ま、マオ!そんな所にいたのか!!!


マオの誘導に従って列車に乗り込む蘇芳
黒は敵の目を欺くために囮に
しかし、その後方からこっちに向かってくる一台の列車


「発車オーラーイ!」 鎮目だった


サポートは葉月
停車していた列車と鎮目の乗っていた列車が派手に衝突し炎上する
葉月や黒が倒した人々と炎上する列車
むごいその姿を見てガタガタと震える蘇芳

黒を追うターニャ
それを見て止めてと叫ぶ蘇芳
しかし、目の前のターニャはもはや以前の友達のターニャではなかった。

そしてそんな2人の前に現れたのはボコボコされたニカ
そして蘇芳の目の前で止めるのも聞かずにニカを殺すターニャの姿に悲鳴を上げる
するとその声に反応するようにペンダントが光る


「まさか・・・」 何かに気付くマオ


「目覚めたよ」
「始まるね」
「終わりが」「始まるね」

蘇芳に関係しているのか?
呟く金髪の双子の少女たち

そんな彼女達を微笑みながら見つめるマダム・オレイユ


「始まるね」そう呟いたのはジュライ


「契約者なんてみんな死んでしまえばいい!」


なんと!蘇芳も契約者?
蘇芳の目が赤く光り、光るペンダントから蘇芳の武器が出てくる

すると今までの蘇芳が嘘のように感情も無くターニャを攻撃していく
そして蘇芳にターゲットポイントを知らせているのはジュライ

葉月に、鎮目に撃っていく蘇芳が最後に狙ったのは倒れているターニャ
しかし、狙い定めるその目に涙が。
そして発砲を止めたのは黒
すると蘇芳の目に今までの光が戻ってくる


そのまま気絶した蘇芳を抱き上げ移動する際、マオに止められたにも関わらずジュライに名を聞き、ついて来いと言う黒
そーいや、黒がジュライと対面するのは初めてでしたか!

そしておとなしくついてくるジュライ



フランスではマダム・オレイユとジョン・スミスが
ジョンは黒を探していた
そしてオレイユのビジネスは情報

「早いお返事をお待ちしていますよ」




そして日本
香那美と携帯で話すのは未咲
流れるのではなく消えた星について話していたのだ

その未咲は現在八丈島勤務(飛ばされたんですね!)

星が消えた事が気になり斎藤と連絡を取る
しかし、契約者絡みには答えられないと断られてしまう
しかし、未咲を慕っている斎藤から三号機関という言葉を聞く未咲
彼等と接触があっても何も聞かないでと斎藤は言う

そんな未咲のもとに総務省の小林という男が訪ねてくる
この小林の口からも出てきた三号機関

どうやらこの小林は三号機関の人間らしい。
そして三号機関の目的は残党の排除


「BK-201は死んではいない」

自分等と一緒に来ればBK-201に会えるとそう言って手を差し伸べてくる小林

その言葉に自分を呼ぶ斎藤の声を遮断するように未咲は携帯を切った



その頃、黒たちは船上に
マオに銀の事を聞かれると

「俺は銀を・・・あの女を殺す!」

一体黒と銀の間で何があったのか?

そして蘇芳は契約者になった 対価は・・・折り紙?




蘇芳がどうやら能力に目覚めてしまったみたいですね。
そして新たに出てきた三号機関という組織
黒と繋がりが強い事を知って未咲に近付いてきたのでしょうが、この先未咲を巻き込んでどう展開されていくのか?

逆に、能力が使えなくなってしまったような黒が気になります


そしてマダム・オレイユとは敵か?味方か?
新たに出てきた金髪の双子は?


池袋にいるらしい紫苑とは蘇芳は会えるのか?


ひゃあぁぁぁ〜〜〜ますます目が離せませんね!


それにしてもマオが蘇芳のペットの中に存在していたとは!!!(笑)
今回はマオだけでなく、香那美や斎藤まで声のご出演〜♪
今後、姿は見せるのかしら?

またもや日本に舞台を移しての展開になりそうですよね。
見せ方も面白いし、やっぱりこの作品は面白いです!!!



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします。励みになります





 初回限定:「イベント参加応募券」他封入!(DVD)DARKER THAN BLACK-流星の双子- 1



DARKER THAN BLACK 流星の双子 第2話「堕ちた流星・・・」




蘇芳の試練の時

逃げる蘇芳と紫苑と思い込み追いかける面々
いったい蘇芳の運命はどうなるのか?





公式HPより


パブリチェンコ博士研究所をめぐり、さまざまな諜報機関の契約者がスオウたち家族に襲いかかった。父を殺され、たった一人逃げのびたスオウだったが、ME(記憶操作機)によってクラスメイト達の記憶は消されて、孤独に逃げ惑う。しかし、ニカに励まされたスオウは、シオンと流星核を奪うため研究所にやってきた黒(ヘイ)をおびき出す決意をする。そしてニカも、行方不明になった恋人ターニャを探しはじめるが…。




蘇芳が初めて銃を持った時
どうしても引き金を引けなかった蘇芳

でも、いつかやってくる試練の時。その時は引き金を引くのをためらってはいけない


「大丈夫だよ!蘇芳は僕が守るから」


それが紫苑の最後の本当の笑顔
その夜、東京エクスプロージョン事件が起こったのだった
そして紫苑は契約者となり両足の自由を奪われた


でも、それが試練だと思っていたが、蘇芳の本当の試練は父やベルが殺されたこの瞬間からだったという事を。




今回からOPも流れました


ステレオポニーで「ツキアカリのミチシルベ」

悪くはないんですが、どうもこの手の作品のOPに女性ボーカル曲というのは慣れるまで時間がかかる奴らしいです(^^ゞ
多分、今回の主役が蘇芳だから彼女目線で作られた曲なのだとは思うのですが



映像はラストで空を見上げる銀が印象的☆

それにして蘇芳の武器って戦車砲???(どうやって持ち歩くの?)




「紫苑・パブリチェンコ、流星核をよこせ」

黒はどうやら蘇芳を紫苑と勘違いしたようです。
蘇芳は逃げる為にカメラのフラッシュをたいて隙を作り駆け出します。

追おうとした黒ですが、そこに黒髪の女の契約者・葉月水無による邪魔が入ります。
そして蘇芳の耳に父の声が
その声に導かれるように逃げるとまた新たな男・鎮目弦馬が

おとなしく付いてきて欲しいという鎮目の顔に張り付いたのはモモンガのペーチャ
そのおかげで鎮目からも逃げ出せた蘇芳



遠くまで逃げおおせた蘇芳だったが、彼女の前に突然普通に歩いている紫苑の姿が。
信じられずシャッターを切り続ける蘇芳
その紫苑は蘇芳に気付き走って逃げてしまった



さて黒から逃げるきっかけをくれた葉月、そしてその後話しかけてきた鎮目はどうやら同じグループらしい。
そして葉月の対価は異性にキスをする事
(これはかなり厄介な対価ですね(^^ゞ)

対価を払うと即座に水で口をすすぐ葉月 これは相手は結構ショック?(笑)



運び出されるパブリチェンコ、エイプリルとゴランの死体
契約者など兵器としても兵士としても中途半端という者と人間の兵士を弾除けにせよと言う者といて、どうも軍も足並みが全く揃っていない雰囲気。

「死体は全てMEスクイーザーにかけておけ。新鮮なうちにな。
もちろん作った本人も。
彼の脳は国家の貴重な財産だからな」




その頃必死に逃げ回る蘇芳
やっと友達の家にたどり着くが、既に彼女はMEによって記憶を消されてしまっていた


その頃やっと意識が戻ったニカ
しかし、彼にも軍の手が伸びようとしていた
それに気付いたニカは寸でで病院から逃げ出す


なんか1話といい今回といい、黒猫がやたらと効果的に出てきますね(^^ゞ
ついついマオだと思ってしまう自分(^^ゞ


そして偶然合流した蘇芳とニカ
自分の事をわかってくれる事に嬉しくて抱きつく蘇芳



場所はエジプト

カフェにたたずむマダム・オレイユに話しかけてきたのはCIAのジョン・スミス
協力を仰いでいるようですが



小屋に身を潜める蘇芳とニカ
どうやら周りの友人達は蘇芳とターニャの記憶を綺麗に消してしまったようです。

しかし、何を話しかけても膝を抱えたまま何も話さない蘇芳
心配になって手を伸ばしたニカがもう少しで蘇芳に触れそうになった瞬間、突然蘇芳は吼えた


「あー!もうグタグダ考えるの止め!
見てろよ!真っ黒オヤジ」



こ、これってもしかしなくても黒の事? (≧m≦)ぷっ!
あ〜でも黒の顔、無精髭生えてたもんなぁ〜
このくらいの年頃の子からするとオッサン・・・なのか?


その黒は氷上にいた。

「俺が着いた時には博士はもう死んでいた」


え?じゃあ、殺したのは黒じゃないんだ!?a

そして介入してきた奴等の情報は今は無い


「穴だらけだな」

「こういった事態の対処も含めて我々CIAはおまえを雇ったんだ
従ってもらうぞ、黒の死神」



それにしても、今回の黒は今のところ疲れた顔はしてるわ、無精髭だわ、酒飲んでるわでどこぞの落ちぶれたオッサンにしか見えないよФ

そんな黒が目にしたのは蘇芳がパソコンで作ったらしき手配書


結婚詐欺師
私の姉の純潔と貯金を奪って逃亡中のさいっ低男
見つけた方は以下にご連絡を



どうやら黒を誘き出す作戦にしたらしい蘇芳(しかし黒、酷い言われよう?

そしてそんな蘇芳を見て「強いな」と呟くニカ


「守るって決めたんだ」


そんな蘇芳にターニャを取り戻すために行動を開始すると言うニカ
そしてそんな2人を遠くから見ている男


その男は密告者。そしてその情報は契約者を化け物扱いした上司に報告されます。


また一方で動き出しているオーガストとジュライ



まだせっせと張り紙をしていた蘇芳
彼女を後ろから押さえつけたのは黒

「紫苑・パブリチェンコ、流星核を渡せ
そうすれば命は取らない」



またも同じ事を言う黒
そして身体検査をして胸に手が触り、相手がようやく紫苑じゃないと知る黒


「痛みも感じないってのかよ!契約者って何だよ!何が楽しいんだよ!」


疑問を繰り返し、感情の薄い黒を責め続ける蘇芳


「なんであんた達みたいなのがいるんだよ!!!」

蘇芳の言葉に銀を思い出す黒


そこに現れたのは軍
しかし、ターニャを連れ去った軍は信用できない

そこへ現れたのはオーガスト

「待ちたまえ諸君。
そこの少年を手に入れるのは私だよ」



マジシャンだから観客がいないと調子が出ないと一輪のバラを出すオーガスト
(キザぁぁーーー/笑)


彼の能力は飛んで来た弾をはじき返す能力・・・?
対価はマジックの種明かしをしなくてはならない


とにかく隙をついて逃げ出そうとした蘇芳を狙う軍
飛んで来た弾から守ったのは黒
そしてそのまま黒は蘇芳を抱えて逃走する


「ショーはこれからだよ」


黒を追うオーガスト
軍も追おうとしますがそこに邪魔が
全身岩で包まれたような男

仲間かと聞かれて「ハッズレー」と言うその声は鎮目???
彼も契約者だった


逃げる黒を先回りしたオーガスト
マジックの種明かし後


「そのおかげで本物のマジックを使えるんだけどね」


種も仕掛けも無いオーガストの能力
懐から剣を出して黒に斬りかかる
そして剣を銃に変えて撃つ

黒は蘇芳を抱えたまま、先ほど鎮目の仲間たちが何やら地面に埋めていた場所へと足を踏み入れてしまう。

そこで蘇芳に1人で逃げろと言い、追いかけてきたオーガストと戦い始める黒

そして屋根の上から2人の戦いを冷静に分析している葉月


自分の周りの空間を歪めて相手の攻撃から身を守っているオーガストに自分のコートを投げつけ、顔を押さえて点ではなく面で電撃攻撃する黒
どうやら見事気絶させた黒
そのオーガストに剣を向ける

(え?これで退場???)


しかし「ダメぇぇぇーーーー」と殺させまいと飛び込んでくる蘇芳

その隙に何やら作動させた葉月たち。
突然、電撃のようなものが黒を苦しめる

そしてその電撃みたいなものが首から下げているペンダントに当たると
黒の記憶が蘇芳に流れ込んでくる



「さよならヘイ・・・」


必死に銀を止めようとする黒と黒に別れの言葉を言い、涙を流す銀の顔


やっぱり銀って死んだの?
だからこんなに落ちぶれた風なの?>黒a
髪を縛るより髭を剃ってくれっa




エンディング、前回と映像が違いますね。
そして新たな契約者

葉月には斎賀さん
鎮目には三宅さん
耀子には吉住梢さん

まだ鎮目の対価がどういうものかはわかりませんが・・・
また個性的なメンバーが出てきたものですね。
しかも、新たな契約者は対価も変わったのが多過ぎる/爆


そして今回のペンダントの力
紫苑が持っていろと言ったペンダントですが、いったい何の力があるものなんでしょうか?
そしてこの後、蘇芳はどうも黒と行動を共にするみたいですね。


エンディング後
これはまた懐かしい!!!

星を眺める霧原未咲

「BK-201号  消えた」

えええーーー!誰が死んだの?a




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければポチッとお願いします




 初回限定:「イベント参加応募券」他封入!(DVD)DARKER THAN BLACK-流星の双子- 1



今期放送第12弾です




DARKER THAN BLACK -流星の双子- 第1話「黒猫は星の夢を見ない…」



とうとう今期大本命・DARKER THAN BLACK -流星の双子-の放送開始です!
黒の活躍が見れますねぇ〜♪
今回の話はどう展開されるのか?
謎だった「組織」の事は今回明かされるのか?
いろいろ本当に楽しみです


しかし、黒の契約者の時はレビューを書いていなかったので、かなり記憶が曖昧
これは断片的に残っている記憶との勝負になりそうです(苦笑)





公式HPより


「トーキョーエクスプロージョン」があった夜・・・ロシアのシベリア平原で、パブリチェンコ博士とその双子の子供、蘇芳(スオウ)と紫苑(シオン)は隕石の落下に遭遇した。2年後のある日、親友ターニャとの学校生活を楽しんでいたスオウの周辺で突然、異変が起り始める。契約者たち、そして『黒の死神』と呼ばれた男BK201がシベリアに現れたのだ。が、全てはこれから起こる、もっと大きな変化への前触れに過ぎなかった


キャストを


黒:木内秀信
蘇芳・パブリチェンコ:花澤香菜
紫苑・パブリチェンコ:桑島法子
パブリチェンコ博士:堀勝之祐
オーガスト7:松風雅也
鎮目弦馬:三宅健太
葉月水無:斎賀みつき
霧原未咲:水樹奈々
沢崎耀子:吉住梢
エイプリル:本田貴子
その他








一面雪の高原で3人の親子が流れ星の伝説について話していた
そしてその日はトーキョーエクスプロージョンが起こった日。

突然その親子の頭上に隕石が落ちてきた


「紫苑!紫苑!」

傷付いた子供に必死に呼びかける父
そしてその日、紫苑は契約者になった・・・



2年後のウラジオストック
ある酒場にいたのはエイプリル
そしてそこへ現れたのはオーガスト7 別名、マジシャンと呼ばれる男


うはー!いきなりエイプリルです!
懐かしい〜〜〜♪
でも、彼女を見るとノーベンバー11を思い出してちょっと切ないですわぁ??
酒を飲んでいるという事は一仕事終えてきたようですね。

それと今回から出てきたオーガスト
松風さんを使ってきてるし今回の話の中心の1人になるのかな?



オーガストの情報でガサ入れがあると聞いたエイプリル
ジュライもこちらに来ているという話だがいつ出てくるのかな〜?(わくわく)






「好きなんだ!」

いきなりの告白タイム
木の上で鳥の写真を撮ろうとしていたのは蘇芳

親友のターニャにニカが告白していた
OKを貰った事ではしゃぐニカ

しかし、蘇芳に見られていたのを知って慌てるターニャと
ベストショットを見せる蘇芳


おー、なんか今のところほのぼのしてますねぇ



13年前のある日から世界は大きく変わった
ゲートの登場で本物の星空は消えてしまい、今見えるのは偽者の星空

そして戦争の影響もあまり受けなかったこのターニャの住む辺りにも変化は訪れようとしていた



家に着いた蘇芳を迎えたのはベラはどうやら蘇芳父の助手


ん?このベラはエイプリル?



「僕は知っている。この星空は契約者そのものだって事」


夕飯を持って入っていった部屋にいたのは紫苑

「夢を見られる君が素敵だと思ってね
ただ夢は覚めるものだ」



うーん、やっぱりこの対応は紫苑が契約者だから?
かなり冷めた対応ですね。



パパは研究に夢中
ママはどうやらカメラマンのようで、途中蘇芳が買っていたのはママの写真集
そしてママは日本に住んでいるみたいですね。
そして蘇芳のカメラ好きも母親の影響みたいですね。

いつか一緒に日本に行こうと誘う蘇芳
しかし紫苑の答えは「なんで?」

今の自分には必要ない人間だからと


その言葉に黙って部屋を出て行く蘇芳
そんな彼女に父親は紫苑の部屋に長居してはダメだと強く叱る
また妻の写真集を見ていつまでも夢を見るなと



世界が一夜にして変わる事はある
何の前触れも無く

遅刻してきたターニャの様子がおかしい


ランセルノプト放射光 そう、ターニャは契約者になってしまったのだ
そして彼女の対価は髪の毛をむしる事


契約者への転生は兆候が無く、契約者の能力が現れた者は国家機関に収容されてしまう
そしてその契約者と関わった者たちの記憶も消される
それは蘇芳父の研究しているME(記憶消去)によって

それを紫苑から聞かされていた蘇芳は後を追うが、ターニャは国家機関の車に乗り込むとこだった



その頃家では博士の背後に近付く紫苑

「時間だよ、パパ
対価は払い終えたんだ」


そう言って車椅子から立ち上がる紫苑


対価とは何?
車椅子での不自由な生活?
彼の能力とは一体??


博士や紫苑に何が起こっても脱出出来るようにしてある秘密の通路
その秘密の通路を知っているのは蘇芳も一緒だった
7番倉庫から入り込み、そこから秘密の通路へと入った蘇芳

蘇芳の家に乱入してきた国家機密員
銃音に怯えていると紫苑の声が

僕の部屋においでと


これが例のガサ入れか?


ベラは機密員が入ってくる前に逃走


紫苑の言われるままに着替えをする蘇芳
そして落ちたペンダントはお守りだと言う紫苑
無くさなければきっとまた会えると

その場にいなくても見えていて、頭の中に呼びかけられる・・これが紫苑の能力?
そしてそのペンダントにはどんな秘密が?


研究所の方へ逃げろと言う紫苑
逃げ道はベラが示してくれるからと


どういう事なのか質問すると


「質問は無し。さよなら蘇芳」



ベラ・・エイプリルはオーガストへガサ入れが始まった事を知らせる
優先順位は紫苑・博士・データの順

しかし紫苑は脱出した後
博士の所には・・・・・・仮面を付けた東洋人とジュライは知らせる

そしてそれを盗聴している者たち


仮面というワードに激しく反応するエイプリル
盗聴に気付いたオーガストは無線を切らせる


そして逃げ出そうとしていた蘇芳は自分の父が誰かと言い争っている声を聞く


「流星核は何処にある
紫苑か?紫苑は何処だ!」



ここにはもういないと答えると、それでは用は無いと電撃のような音がして父の叫び声が扉の向こうに響く
恐々蘇芳が扉の向こうを見ると父の死体
そして飛び込んできたのはエイプリル

すると着ているものが紫苑のものだった為に蘇芳をすっかり紫苑と勘違いして自分の身分を明かすエイプリル
しかし声で蘇芳とわかり、紫苑の行方を尋ねるエイプリルだったが、追っ手がそこまで来ていてゆっくり話している時間が無い


慌てて蘇芳を連れて駆け出すエイプリルだったが・・・
そんな2人の前に突然現れたのはロシア連邦保安局のゴラン
彼も契約者。対価はハンバーガー?(笑)

すごいスピードで移動可能のようで、弾の速度を越える


隙を突いて逃げ出そうとした蘇芳は難なく捕らえられてしまう
しかしエイプリルもゴランが蘇芳に意識がいっている間に能力を使う
能力と銃弾の二段構え
弾は難なく避けていたゴランだったが、とうとう彼女の能力の前に倒されてしまう


うん。この弾が飛んでいく様子をスローにしてあるのはなんかマトリックスみたいでカッコイイです!


弾んだ呼吸を整えるように酒を飲むエイプリルだったが、
彼女の首にワイヤーが絡みつく
彼女の背後には仮面の男
銃を撃ってもコートが防弾になっている

仮面の男に向けて再び能力を使うエイプリル


そして少し離れた場所にジュライの姿が・・・・・
そしてまた1つ流れ星


うきゃーーーっ!このくだりからのEDへの入りカッコイイ!!!
そしてED担当は今回もabingdon boys school
前回の「HOWLING」と違ってスローナンバーです♪



倒れたのは・・・エイプリル


「BK-201・・」


そう言って彼女の目の光がなくなる


そして落ちた仮面の下から現れた顔は黒(ヘイ)




エンディングの名前の位置もトップではないので、今回の主役は黒じゃないのは明らかなんですが、
とにかく出だしから見せてくれましたーーー!
面白いーーーージタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

これからの蘇芳と紫苑も気になるし
黒との関わりも大変気になるところ

紫苑はいったい何処に消えたのか?とか。

絶対にこれから黒は紫苑の行方を探す筈だし。
蘇芳からすれば自分の好きだった父とベルを殺した相手が黒なわけだし・・・


また新たに出てきた契約者達と今までの契約者達
わぁ!これから半年楽しめそうです!

出だしを見る限り、やっぱりDTBは裏切らないなぁ〜♪





にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 ←よろしければポチッとお願いします 励みになります





【送料無料選択可!】【初回仕様あり!】DARKER THAN BLACK -流星の双子- 1 / アニメ


 DARKER THAN BLACK 黒の契約者 Blu-ray BOX【Blu-rayDisc Video】(初回生産限定)