アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※注意 かなり妄想突っ走ってます。お気をつけ下さい。









1.プロローグ~花火大会に来ました~
2.さっきまで一緒にいたんですが
3.なかなか見つかりません
4.無事だといいのですが
5.見つかりました
6.エピローグ~花火を楽しみましょう~
7.キャストコメント



【キャスト】

小野賢章
小野友樹
斎藤千和
細谷佳正
野島裕史
浜田賢二
江口拓也
井上 剛
木村良平
保志総一朗
樋口智透
小野大輔
鈴木達央
諏訪部順一
折笠富美子
島﨑信長
鈴村健一
谷山紀章





アニメ2期に合わせたオールスター総登場といった感じの豪華な1枚となっています。
次は赤司様も出てきて下さい!


時期的には夏合宿後でウィンターカップ前。
夏のお祭りですからね~。
しかし、2回合宿に行った筈なので・・・本当にずっと一緒の仲良し誠凛バスケ部なんですね。


簡単に内容を書くと、1年生だけで祭りに来た黒子たち。
会場で2年生たちも待ち合わせして来ている事を知ります。
ただ、別々に来たので2年と合流せず別々に見る事に。

降旗たちが戻ってくるまでの間、待っていた筈が、一緒に連れてきた2号の姿が見えなくなってしまって。



必死に探す黒子達ですが、そこは2期ED同様、2号が移動する場所場所でキセキのみんなと出会ってははぐれて・・・を繰り返します。
最終的には見つかってハッピーエンドになるのですが・・・。



まずは陽泉組

ムッ君のご家族に既に嫁認定されてる室ちん(腐っ)
いや、綺麗なお兄さんの浴衣姿が見たい気持ちわかりますよ!
私もお代官様ゴッコを室ちんでやってみたいです\(^o^)/ヾ(ーー ) オイッ

お菓子と景品ゲットに花火大会を見に来た紫原と氷室。
室ちんはこういうのは初体験?

そしてムッ君は甚平で、室ちんはムッ君ママに着つけて貰って浴衣姿。
だいたい、秋田の学校に入ったというのに室ちんのお宅にお世話になってるって・・・!
もう、それだけで嫁認定されてるって事ですよね?(腐腐っ)

お祭りを楽しむと共に、アメリカ時代に友達(火神の事です)が持っていたあるモノを探して回る事に。



海常組

祝☆森山先輩の台詞量  でしょうか?(≧m≦)ぷっ!

アニメでもチョコチョコ喋ってましたが、やっぱりどうしてもね~(^^ゞ
その分を取り返すかのように熱く語る森山先輩(もちろん、女子の事)

その森山先輩に、今回はつっちーという師匠が付きます(笑)つっちー、彼女持ちだから~♪
そして森山先輩というか、樋口さんが褒めると全てエロい!事がわかりましたよ!\(^o^)/


そして安定の人の良さ満載の笠松センパイ。
しかし、ここで思わぬ秘密発覚☆

やっぱり、公式最強ですねっ!
笠松センパイって、女子苦手なんですか!
男同士がイイんですね?(ハァハァ/違っ)


そしてここでもさりげなく「オレ、モテるんス!」と自慢しちゃうきーちゃん。
そしてきーちゃんからすると、火神は黒子探査機扱い。
それだけ笠松センパイを抜かすと、黒子っちしか見てないんですね~(^^ゞ



秀徳組

2号が最初に出会ったのは高尾と緑間のチャリアなんですが。
2号とじゃれる高尾・・というかたっつんの声か可愛くてタマランっ!(鼻息)
そして、真ちゃんの頼みならどこにでも駆けつけるのね!(しかも、真ちゃんより早く登場)


そして安定のラッキーアイテムゲットに余念の無い真ちゃん。
しかし、今回思わぬ強敵現る?(笑)
ラッキーアイテムが絡むと盲目状態。
そして高尾を下僕扱い(^^ゞ



誠凛は・・・

黒子っちはピ○チューのモノマネが上手い?(笑)

火神は久し振りのお祭りにすっかり童心に(^^ゞというか、屋台に??

相変わらず顔色だけで全て理解してしまう小金井の水戸部スキル。

つっちーの彼女はお盆で帰省中。


誠凛メンバーは、つっちー以外彼女無し。
黒子っちは・・・桃井の一方的なアタック状態か(^^ゞ
しかし、誰一人として森山さんみたいに彼女を欲しがったり、羨んだりしていない辺り、ちゃんとパートナーあり?(腐っ)

いや、伊月は誰なんだろう?

今回、リコは浴衣姿。しかも、日向母に着つけして貰っている。
(床屋さんだから、日向母が着つけが出来てもおかしくない。決して嫁認定ではないぞっ!怒)

木吉は天然タラシさん。
リコの事を天然で褒めちぎり、日向をイラつかせてます(笑)
でも、やっぱりこの人ってリコとはあり得ない感じなんだよな~言う事全て父が娘に言ってる感じ?(^^ゞ

日向は、珍しく幼馴染が浴衣姿だからちょっと勘違い(うん)
幼馴染として褒めたいと思ってただけ。
怒ってばっかりだったのは、木吉がリコばっかり褒めるから!(〃∇〃) てれっ☆

私が思うに、木吉って天然タラシさんで、相手の気持ちにちょっと疎いトコあるんじゃないかな~?
今回のCDも無意識に日向を嫉妬させて・・・罪な男(*/∇\*) キャ
本当は第一印象から日向が気になって仕方ないくせにっ!!

でも、真面目だから告白されるともうその人しか見えなくなっちゃって。
きっと、花火大会の後に日向は告るんだ!
そしてそこからきっと木吉とラブラブなんだー!(叫)(´;ω;`) エーン



桐皇組

今回、同棲生活しているくせに、学校が違うからという理由だけで黒子と火神に置いて行かれてしまった青峰。
途中で2号と遭遇するわけですが、2期EDでも、1期DVD特典CDにもあるように青峰と2号は既に遭遇済み。
2号がテツ君にソックリなのに気付かない辺り、この人も天然入ってますか?(ニヤリ)

しかし、中の人・諏訪部さん自身犬を飼われているせいか、青峰の2号に対する声音が優し過ぎてそれだけで「萌え」(笑)
黒子にソックリだから余計に優しくなっちゃったとか裏設定があったら余計に萌えそうです。


桃井はおばあちゃんお手製の浴衣。
そして待ち合わせしていた桜井くんがとにかく異様に女子力が高い
(中学時代に課題として浴衣を作った。しかも、着つけは帯結びまで含めて全て自分)


「僕の方が絶対上手いもん!」

キタコレっ!

緑間と金魚対決する事になった桜井君。
ってか、決闘を申し込んだのは桜井君か(笑)




さて、結局2号を連れてきてくれたのは青峰。
やっぱり愛は強し。黒子と火神が困ってる時は青い王子様が救ってくれるのですね(腐っ)
2号が青峰に懐いているのは・・・当たり前ですっ( ̄^ ̄)えっへん

そして何も知らない桃井は青峰が2号を連れてきてくれた事で黒子には礼を言われるし、会うきっかけも出来たし大喜びですか、
既に失恋している事を誰か教えてあげて下さい!(願)


そして氷室と火神が忘れてしまっていて探していたモノは 水笛


黄瀬が走ると笠松が怒っていたのはきーちゃんの足を心配して

「俺って愛されてるんスねぇ」

そりゃもう、愛されてるっしょ!
だから、もう黒子っちの方余所見しちゃだめですよ!


そして2号事件でゆっくり屋台や花火を楽しむ事が出来なかった黒子と火神。

「来年また」

ええ。これから何年でも毎年行けばいいですよ!>3人で!!\(^o^)/






キャストコメントですが・・・人数が多い関係で時間が決まってました。
そのせいで、余っちゃう人。足りなくてぶった切られる人様々(笑)

なんと小野ピンテイク4(^^ゞ
しかも、チョコバナナってなんか卑猥(笑)

ブレる事なくダジャレを入れてくる野島兄様。

小金井は水戸部と上手くいってて?嫉妬してませんでしたが、中の方はイチャイチャしたいそうです(^^ゞ

「俺の方が上手いもん!なのだよ 人事は尽くしたー!」な小野D

ずっとバイトをしていたというたっつんは、支払いの際に必ずと言っていいほどしゃがむ女子のヤバイトコを眺めていたそうです(笑)

昔は水道水にかき氷のシロップを混ぜたのを飲んでいたという諏訪部さん。今はシャンパンで乾杯だそうです。
さすが、跡部様(笑)

木村君が異様に桜井君のモノマネが上手い(笑)

なぜかチョコバナナを被せてきたきーやん。いつかチョコをホワイトチョコにしてくれ!だそうです。
私も異論無しです!「しろいの」いいわぁ~(〃∇〃) てれっ☆

浴衣姿を褒められたという斉藤さん。しかし、それはこけし体型だとお母さまからツッコミが入ったそうです(笑)

お土産で買って来て貰ったりんご飴でお腹を壊した浜田さん。

浴衣や着物を着る女性は線が出ちゃうので下着を付けるな!と主張する樋口さん。

「2号を探しにGO! こないコレ!」な井上剛さん

お化け屋敷で友達と楽しんだケンショー先生。
出てきた途端に「小野賢章さんですか?」と話しかけられて恥ずかしい思いをしたそうです。




こんな感じでございました。






にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ にほんブログ村 アニメブログ ドラマCDへ

↑よろしければ1クリックお願いします


スポンサーサイト
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/10183-979f1642
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。