アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金田一少年の事件簿R 第1~4話 「香港九龍財宝殺人事件 File.1~4」


Rが始まって1つ目の事件が決着を見ました。

あらすじはコチラ



この作品はHey! Say! JUMPの山田涼介君主演で2013年1月12日にドラマ放送された作品ですね。
ただ、残念ながらドラマ版は見ていません。


唯一、アニメより先に連ドラとして放送していた堂本剛くんののみ見ていました。
アニメ放送が始まった1997年以降は、原作とは大きく違ってハンサム過ぎる一ちゃんについていけなかったのと、以前から何回か書いているように、実写化が苦手な私は刷り込みの無かった時期は推理物大好きなので見れましたが、どうやらその後はダメだったみたいで(^^ゞ

ジャニーズファンや歴代のドラマ版一ちゃんのファンの皆様すみません(各々趣味があるという事で(^^ゞ)


それと、少年誌モノで長期連載している作品は、冊数の多さで買えないで未読のままアニメを見ているモノ多々な中、この作品だけは原作持ちです。
特に気に入っていたとかではなく



OVAが付いた特装版目的でした。

OVAの感想はコチラコチラ

この20周年記念3巻に「香港九龍財宝殺人事件」が収録され、発売してすぐにドラマが放映されたと記憶してます。


読まなきゃ!と思いつつ、積んであるという・・・すみません(^^ゞ






jikenbo

以前とどっちが見やすいでしょうか?
でも、基本変わってませんよね。

そしてアイキャッチも、一ちゃんの顔から波紋が出るという違いはありますが、曲も全て一緒です。






さて内容は、偶然出会った東京ガーリーモードの瀧川龍太という男にファッションショーに出てくれないかと頼まれた美雪。
理由は美雪ソックリのモデルが行方不明となり、その代わりを務めて欲しいというものだった。

香港に渡った一と美雪。
ところがそこで美雪の服に飲み物を引っかけた男性が、弁償すると連れて行かれた服屋で、まんまと美雪を目の前で攫われてしまった一。
咄嗟に自分のスマホを美雪に放り、偶然、家族旅行で香港に来ていた佐木と合流していた一は佐木のスマホのアプリで追跡。九龍寨城公園まで辿り着くが、ここで見知らぬ少年から一のスマホを手渡され、警察に喋ったら美雪の命は無いと脅される。

その後、美雪を見つけホッとするも、その少女こそ美雪が代役をする予定だったヤン・ランだった。

ランに美雪を演じてくれと頼み、ショーの会場であるホテルへととりあえず向かった一たちはレセプションパーティに関係者という事で出席するが、その場所に現れた美雪を攫った男が毒殺されてしまう。


これがFile 1で、この現場に駆けつけたリー・パイロンと共に事件解決と美雪探しを並行して行う事になります。



最終的に犯人である毒龍はヤン・ラン。

そして父である王龍が部下であるシン・リー、チャン・ヨングー、リュウ・アイビーに殺された後、家族がバラバラとなった三兄弟が瀧川龍太、リー・パイロン、キム・ロンドンである事も明かします。
そしてランこそ、当時母が身ごもっていた三兄弟の実の妹でした。
さらに第3話で一が集めたメンバーには不可能と思われた殺人が、実は可能である事を含めたトリックを暴いてみせます。


そして第4話でランの口からどうしてこの3人を殺したかの理由が開かされます。

まず、美雪だと思われたのがランであると見抜いたのは「ハジメ」と『ちゃん』を付けて呼ばなかった事。
美雪が一をどう呼んでいたかまでは知りませんでしたからね~(^^ゞ

そしてお決まりの謎解き。
それが終わって理由へと移っていきますが、

父である王龍と暮らした記憶も無いランとしては父は家族をばらばらにした張本人という気持ちなので、父の敵打ちが理由ではありませんでした。
むしろ、兄たちが無事バラバラに逃げた後、自分を生んだ後母と2人でアイビー達3人から逃げ回るという苦しい状況下で生きてきた事。
逃げ回る生活で鬱屈していたのが爆発し、母の命令に従わず夜まで街を彷徨ったせいで、父の部下でずっとランと母の逃亡を手伝っていたハンは殺され、ここまでと覚悟した母は娘を逃がす為に焼身自殺を。
目の前で焼け焦げていく母を見てる事しか出来なかった自分。

母は、娘のタトゥーを知られていない事を利用し、自分が焼け焦げる事で完全に娘の安全を守ろうとしたわけですね。
そしてその時ハッキリとランはアイビー達の顔を焼き付けます。


その後、タトゥーが見えるグラビアの一件で滝川はランが妹だと知り必死に守ろうとしたわけですが、やはりそのグラビアを見たチャンとアイビーが仕事を通じてだと言ってランの目の前に。
しかし、ラン的には見つかった!というより、逆に「見つけた」的な気持ちが芽生えます。


幼くして母と生き別れで暮らしてきた三男のキムは、ずっと母と一緒のランを羨ましく思っていたが、この事実で自分よりずっと辛い思いをしてきた妹の身の上を知りその気持ちを消すと共に、「一人ではなく、俺たち家族がいる」と主張。
3人の兄が待っててくれる。その思いから抵抗も無く、兄のリーに伴われて警察に行きます。


そして攫われた美雪は、その先で逆に匿われていると説明を受けかなりの高待遇でポッチャリするほどの状態に(笑)
まぁ、無事でよかったです(^^)


その後、美雪の好意で美雪としてランが兄・滝川の主催するファッションショーにモデルとして出る事が出来、無事ハッピーエンドちなりました。




さて、今回は滝川さんが浜田さん。リー刑事が千葉一伸さん、そしてキムが森訓久さん、佐久間さんが奈良徹さん、チャンが梅津さんとR出だしという事もあるのでしょうがかなーり豪華。
浜田さんには耳が大喜びでした(〃∇〃) てれっ☆

ただ、今回事件が香港だった事もあって楽しみにしていた明智警視と剣持のオッサンは2話の1シーンのみというごっつ残念な結果に。
しかも、次回からは「速水玲香と招かれざる客」
剣持さんは予告でしっかり出てきましたが・・・明智さんを堪能できるのはいつの日なのか?(泣)

akechi2

OPのこの顔だけでは明智さん不足は補えませーん!!






ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201404/article_26.html



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

上よろしければ1クリックお願いします


スポンサーサイト
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/10189-54803491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
金田一少年の事件簿R(リターンズ) 『香港九龍財宝殺人事件』編 ≪あらすじ≫ あの名探偵を祖父に持つ不動高校2年の金田一一(きんだいちはじめ)と幼馴染みの七瀬美雪(ななせみゆき)は下校中にファッションイベント、東京ガーリーモードの瀧川龍太(たきがわりゅうた)に声をかけられる。美雪似のモデルが行方不明になったらしく、瀧川は香港で開催されるイベントにモデルとして出演して欲しいと美雪に依頼...
2014/04/27(日) 07:32:23 | 刹那的虹色世界
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。