アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイキュー!! 第23話「流れを変える一本」


「一歩を踏み抜く可能性があるとしたらきっとお前らだ 烏野にあと一歩をくれ!」

いよいよ青城戦・ファイナルセット
死力を尽くす両チーム 実力で一歩及ばない烏野はどう打ち勝つ?



公式HPより

いよいよファイナルセットに突入した青城戦。烏野は日向の囮を軸に、奮闘を見せる。
しかし、チームとしての地力に勝る青城の多彩な攻撃の前に、じりじりと点差が開いていく。
このままでは、青城に押し切られてしまう--。 試合の流れを変えるため、繋心がとった選択とは…!?





スポーツモノは本当に試合のシーンがイイですねっ!
ここのところ毎回ハイキューで泣かされてる気がします。
今回ももちろん(涙)出てる子みんな素敵過ぎっ\(^o^)/



とうとうファイナルセット。
今まで戦って敗れていった学校の選手たちに託された思い

hinata20

「これを落とせば終わり」



当然、神業速攻の合図は変えて来ている

oikawa22

「でも、あくまでチビちゃんはね、優秀な囮 それを忘れない」

監督が言う前に及川が全て理解してて言ってくれる。


そして日向のスパイクもだんだん1回では決まらなくなってきた。
そして1つのラリーがだんだん長くなってきていた。
攻撃力は青城が高くても、烏野もリベロの守備力が高く双方ともなかなか決まらないのだ。

東峰のスパイクも取ったのは及川 セッターのトスが無いなら・・・と思うが、
なんとここで及川はリベロの渡にトスを上げさせ自分が強烈なスパイクを決めてみせる。

本来、リベロがアタックラインより前でトスを上げてそれを誰かがスパイクすると違反。
しかし渡は、アタックラインのギリ後ろでジャンプしたままでトスを上げたので違反にならない。
これを見て鵜養は青城のリベロの前のポジションはセッターではなかったかと予想する。

咄嗟にハイレベルの攻撃が出来る これが強豪・青城

oikawa23


しかも、ダイレクトで戻りかけたボール 本当ならこれはお試合になるのが普通。
しかし、及川は日向が触る一瞬早く、ネットギリギリのボールをトスに変えたのだ。



「出来るだけコートの横幅、目一杯使ってけ!」

鵜養の指示が飛ぶ。
それにしてもこの攻撃の穴の無さはどうだろう

そして烏野は菅原投入で現在全員が実力を出せている。だからこそジワジワ感じる実力の差・・・なのだろうか?


「忘れた頃にやってくるいやらしフェイント!!」

田中さん・・・あんまりネーミングセンスは・・・無い?(笑)



確かに青城は強い100%同士なら青城が間違いなく上だろう。
しかし武田は言う うちにはみんなの実力を120%にしてくれる最強の囮がいると

hinata21

そしてその日向は、素晴らしい青城の攻撃に惚れ惚れし、早くコートに戻りたくてウズウズしていた。


「今回はまだ使ってない筈だ」

そんな日向に菅原は声をかけアドバイスする。
鵜養の言ったコートの横幅目一杯使う攻撃



そして及川は・・・チームは正常に動いているのに、どうしても日向がコートに入ってくる事に不安で苛立っていた。

「一歩を踏み抜く可能性があるとしたらきっとお前らだ 烏野にあと一歩をくれ!」

hina-kage18



「きた!あの空間を裂くようなワイドブロード!」


青城の誰も手を出せない中ズバンと決まる日向のスパイク

hina-kage19

「いけない・・・調子を上げたこのコンビを長々とコートにいさせてはいけない」

早く回して日向を後衛に!



本来バレーボールはジャンプの連続のスポーツ
疲れてくれば思考が鈍る。
ラリーが長くなれば酸欠で、とにかく相手のコートに早くボールが落ちないかと考えてしまう。

「もってこーい!!」

ちょっとでも緩めてしまったら掴まってしまうのを身を持って知っているから
ここに居たければひたすら走って飛べ!と自分に言い聞かせ全力でぶつかっていく日向。
その全力に一瞬影山も日向に上げそうになる。しかし、日向に2枚ついたのに気付き、東峰を使って中央突破を成功させる。
これこそが影山すら一目置く最高の囮
そしてこれによって烏野は青城に追い付いた


yamaguchi3

「しんどいだろうな・・・でも、いいな」

タオルを配りながら強くそう思う山口。



「あのブロード、捨てようか」

そう提案する入畑監督




「おい!元気ですか?」

飛雄ちゃん、アントニオさんですか?ヾ(ーー ) オイッ
でも、今度のプレーで日向は後衛になってしまう。

「ガッツリ活躍してから後衛に下がれよ」

だが、日向はガッツリ活躍できないまま後衛に下がる事となった。
入畑監督の言う通り、青城は日向のブロードを捨てる攻撃に出たのだ。
ブロードの際のスピードで身体が流れるため、打ち分けが出来ないという判断だった。
そのせいでリベロの前を遮るものが無くなり逆に上げやすくなった。
しかも、烏野の心の隙を突く2で返す及川の攻撃。
そして、相手を一番乗せたくない今、及川のサーブ 烏野窮地に。


及川のサーブミスながらもネットインしてこれで2点差。
それに動揺した烏野 もう少しで影山と東峰がお見合いしそうになる。
急にレシーブが不安定になりスパイクも決まらない。

azumane13

「点も流れも渡してたまるか!!」

必死にボールを上げる烏野

「センター!」

ボールを繋げる西谷に声をかける日向。しかし、必死のスパイクが・・・青城のブロックに掴まりこれで3点差になってしまった。


ここで烏野、慌てて2回目のタイムアウト。
ここで流れを切って何か指示を与えたい。グルグルと考える中、鵜養は1つの作戦を思いつく。
鵜養が見たのは応援している嶋田(笑)




やっと青城のタッチネットでローテが動く。
日向がサーブだったが、ここでホイッスルが。
なんと!日向のピンチサーブに現れたのは・・・山口?!

yamaguchi4


本人と同じくらい青褪めるのは嶋田。
でも、練習中でまぐれ当たり程度のジャンプフローターサーブでもいいから空気を変えたいという鵜養の必死な思い。

「でも、負けねえかんな!」

ほんの一瞬でも変えられるのが嫌な日向を感心しながらも、白線の向こうに一歩入ったら違う世界だと息を飲む。
でも、入った途端それは想像以上で。
って、実際の表情と山口の目に映った景色が違い過ぎる(≧m≦)ぷっ!

声をかける澤村達。
そんな中、ただ一人ジッと見つめているのは月島。

それにしても、実際月島以外の4人の心の声が(笑)
とにかく高校は入って初めての試合でのサーブ。本人と同じくらい周りも緊張しちゃって。
その事に気付いた縁下

「へーい、山口ー!!」

karasuno21

1本、ナイッサー!!と応援する菅原達。
それにしてもスガさんの女子力半端無い(笑)

でも、実際山口はガチガチ

yamaguchi5

「恐い・・でも自分も戦えるって証明しろ!」

それでも今山口はこの場面の主役☆


しかし、せっかく出てきたのにジャンプフローターサーブは失敗してしまった。
役目を果たせなかっただけでなく、相手は20点の大台に乗ってしまった
謝る山口にみんな「ドンマイ」と声をかける。

「次、決めろよ」

澤村のこの言葉に泣きそうながら大きな声で「はい」と答える。

「主将ってスゲェな まだ全然敵わねえわ」

これで終わりじゃない。これからも出番があるという澤村の言葉の効果はすごかった。
そして山口のサーブの件で、イイ感じにメンバーの肩の力が抜けた。
今回、山口はサーブを失敗したが、確かに空気を変える事に成功したし、なにより試合の中で悔しさと無力さを感じる事が出来たのは、今後の山口の強さにきっとなる 嶋田はそう考える。
そして確かに烏野の空気が変わり元気になっていた。


「次も戦うチャンスを掴めっ!」

「目の前のボール全部!」

「もう1本!」

「負けてたまるか!!」

「負けてたまるか!!」

「負けてたまるか!!」


でも、その思いは青城も一緒
そう感じた時、掴めそうに感じられた青城の後姿がまた遠のいて行く。

しかも、今の攻撃で青城はマッチポイント



nishinoya15

「野郎共ビビんなー!!!」

こんな時に一番頼りになる漢な男・ノヤッさん

「前のめりで行くぜ!」

この言葉にみんなに笑顔が戻る。

まずは東峰がスパイクを決め1点差
そして田中のサーブ。
ミスっても綺麗に入っても負けてしまう。

「とにかく触れっ!」

サーブは綺麗に拾われてしまった。
相手の速攻を必死に取る田中。だが上がったボールはダイレクトで相手のコートの方へ。
待ち構えていた及川が手を伸ばす。
だが、ここで必死に飛びあがるもう1本の手が!  影山だった

「ワンハンド・・・トス?!」

上がるボールに対し、落ちて行く及川と影山。
だが落ちて行く影山の後ろには待ちかまえていた日向の姿が!!


スパイクが中央にズバンと決まった\(^o^)/


karasuno22

「「「「「「よっしゃー!!!!!!」」」」」」





もう、とにかく手に汗握るこちらまで酸欠になりそうな30分間でしたね。
山口にはちょっと可哀想な結果となってしまいましたが、最初から自分だけコートに入れない事に悔しさを持っていたし、別行動してまで嶋田さんに弟子入りする根性の持ち主。
大地さんが言うように次に繋げて欲しいし繋げてくれると信じてます。頑張れ、山口君っ!!


そして小憎たらしいくらいの及川さんの完璧さ。そしてそれについて来る青城の水準の高さ。
でも、そんな及川さんの気持ちをかき乱せる存在の日向と影山のコンビ。
とにかくデュースになりました。
2点先取した方の勝ち。果たして試合の行方は?気になります!!







ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201409/article_4.html




 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします



 ハイキュー!! でふぉめぬいぐるみ 及川 (タカラトミーアーツ/送料420円/予約/2014年11月/発売日未定)

 ハイキュー!! メタリックプレート2 12個入りBOX[エンスカイ]《09月予約》
スポンサーサイト
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/10283-1f99110e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
ハイキュー!! 第1話 ~  第23話  流れを変える一本 バレーボールで「小さな巨人」を目指す日向翔陽は、中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」と呼ばれる天才・影山飛雄に惨敗する。しかし新たな目標を見つけた日向は、影山にリベンジするべく、烏野高校で引き続きバレー部に入部する。しかし烏野の体育館には、その影山の姿があった。 FC2 Blog Ranking 人気ブログラン...
2014/09/08(月) 04:32:27 | 動画共有アニメニュース
第23話「流れを変える一本」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ
2014/09/08(月) 08:37:10 | Happy☆Lucky
いや~熱い戦い続いてます! 結果はわかってるけど魅せてくれますね! ドキドキハラハラで息詰まりそうですwでも、自分が試合してるわけじゃないのがちょっとだけ気楽(ごめんちゃい) 青城リベロはジャンプトスができるレベルの元セッター。 セッターやってた人がリベロに入るとこれまたいいことがあるようです。 ま、どんな返球がありがたいとか身をもって知ってるわけだしそれもいいのかも。 ...
2014/09/08(月) 22:42:02 | 薔薇色のつぶやき  別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。