アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弱虫ペダル GRANDE ROAD  第3話「翔」



「メッチャ嬉しいわー!誇りやわ」

勝利だけを求める御堂筋の原因がーーー。



公式HPより

クランク前で予想外の単独アタックをかけ、ゴール直前で独走状態となった御堂筋。しかし、金城と福富もチームの想いを背負い、己の限界を越えて御堂筋を追走。それを受け、御堂筋の走りは更に加速!全てを捨て、勝利だけを求める御堂筋の姿に、金城と福富も尋常ではない気迫を感じていた。




両エースも認める御堂筋の強さ。


「僕が欲しいんは勝利だけや!」

もっと前へと力を緩める事なくペダルを漕ぐ。





残り300m

金城、福富を応援する各校の応援団に混じって、御堂筋を応援する声が。

midousuji-gr5

「やった!世界をひっくり返してやった」

突然ハンドルから手を離し両手を広げる御堂筋。
残り250mを残しての勝利の確信だった。
それでも一切気を抜く事なく激漕ぎする。

midousuji-gr6


勝利の為に全てを捨ててきた男
そして開会前に今泉に言った言葉ーーー。

ここで御堂筋の回想シーンとなる。



mama7

病院に入院している御堂筋の母親。

(ミド君って誰似なんだろう?(^^ゞ)

彼は親戚の家に預けられていた。
ロードバイクに乗り始めるようになると、片道2時間かけて見舞いに行っていた。

選手になったら・・・後ろに乗せてゴールしたる

恥ずかしそうに、でも真面目な表情で母親と約束する。
それを楽しみだと。きっとやれると微笑んでくれる母。

「歯並び綺麗やし スポーツ選手は歯並びが大事やてテレビで言うてたで」

家から20km以上離れている病院からの帰り道。でも、母親を見舞った後はいつもフワッとした気持ちになった。

幸せな・・・色で言うと黄色


親戚のおばさんは優しかったが、母親の容体には触れてこない人だった。



「僕にとっての病院はオアシスやった」

自分に期待してくれている母親の為にも御堂筋はスポーツ選手になると決める。




しかし、実際、運動神経はサッパリ
跳び箱四段も飛べない。逆上がりも出来ない。ボールをシュート出来ない。
なのに将来の夢は『スポーツ選手』

当然、クラスメートは笑い、せっかく描いた絵の上からウ○チの絵を落書きして大笑いしたりした。


それからは100個が出来るより1個が出来る男になると心に決める。
そしていつものように見舞いに行く日々。

mama8

「素敵な乗り物やな~頑張りやな翔にはピッタリの乗り物や」

母の言葉に嬉しそうなショタミド君が可愛いなぁ。


その言葉に元気を貰い、いっそう前へ進むために走り続ける。
そしていよいよレースに出て優勝も果たした。
優勝の盾を見た母は大喜びだった。

「メッチャ嬉しいわー!誇りやわ」

検温に来た看護婦にまで嬉しそうに話をして。
母の言葉に溢れる喜び。

midousuji-gr7

だが、次の瞬間事態が変わる。

慌てて飛び出していく看護婦。
母はそのままストレッチャーで運ばれていく。


今度の日曜日、母は一時退院が予定されていた。
その日にあるレースを見に来て!と叫ぶ御堂筋。

mama-mido

「翔の勝つとこ見たいなぁ

翔、頑張ってな。何があっても前に進むんやで」


息子の成長を噛みしめ、抱きしめる母
その時聞こえる心臓の音は御堂筋にとって幸せの音。
しかし、その時、幸せの音の色はいつもより薄かったーーー。

midousuji-gr8



そしてそのまま・・・約束した大会では優勝したというのに、見に現れず亡くなってしまった御堂筋の母。
胸にぽっかりと穴が開いてしまったような気持ちの御堂筋。
だが、母が喜んでくれた言葉を思い出し、これからも勝って選手になると誓う。

「僕は勝ち続けるで!」

なにがあっても『前』
たった1人で



midousuji-gr9

「だから優勝は誰にも譲らん!」

これが御堂筋の勝利への執着の原点。
リザルドではなく完全優勝を目指したのもその為。
そして今まで全てを削って造り上げてきた勝利の黄色い結晶を掴むため、絶対に力を緩める事はない。

負けた相手は自分を「小ズルイ」と言った。
でも、ズルイのではなく「手段」純粋に勝ちをものにするための手段と言い切る。

そんな御堂筋に金城と福富が必死の追い上げで差を縮めてきた。
だが、最後までギリギリもつと思われた足が動かなくなる。
新開との戦いで足を使い過ぎたせいだった。

しかし、それなら千切れても構わないとばかりに動かない足でペダルを漕いで行く。
あとちょっと!
そしていつものように歯並びのイイ歯をカチンと鳴らす

midousuji-gr10

次の瞬間、母がいつも褒めてくれた自慢の歯に罅が入る。
こぼれ落ちて行く黄色い結晶。
前を見るといつの間にか自分を追い越した金城と福富が優勝争っている。

「僕は・・・ああっ、敗北?!」


勝利したのは   福富だった





Cパート

えぇぇぇーーー?スタッフは弱ペダキャラをどうしていきたいんですか?(笑)
前回は他の3年生もいたのに・・・今回は福ちゃんだけをイジるって(≧m≦)ぷっ!

とにかく誰もいない旅館(東堂さんの旅館ですか?/笑)の宴会場の舞台に立った福富はおもむろに皿回しを始める(爆)
なかなか上手いし 満足げな笑みを浮かべてるし(^^ゞ

「いつもより多く回ってる」

しかし、仲居さんが入ってくれば動揺が(爆)

「お、俺は強い!」

OK寿一(爆)
元ネタが知りたいトコですわ。



提供パック・・・お願いだからミド君ママを使うのは止めてあげて下さい(^^ゞ





このエピがあるからミド君がどんな手を使ってきても嫌いになりきれなかったわけですが、改めて動く絵で見て声が付いて、もう涙ダーダーで。
作画もかなり力入ってる感じでよかったですね。
なのになのに・・・福ちゃんですっかり涙が引っ込みましたorz
スタッフ~何してくれますの(笑)
おかげで、目が腫れずにすみましたけど(^^ゞ

確かに、彼の戦い方は手段という言葉で片付けるには目に余る気はするのですが、亡き母との約束と考えると・・・私も母が数回入退院を繰り返してた身としては感情移入しないようにするのに必死でした。

さて、敗北を味わう御堂筋君。でも、まだこれは2日目の事。ラスト一日残っているだけに御堂筋君がどうなるか心配ですが、そこはきっと石垣さんがなんとかしてくれる・・・と信じてます!




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201410/article_9.html


 にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします



 弱虫ペダル GRANDE ROAD 巻島&東堂 プロップストラップセット《01月予約》
スポンサーサイト
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/10304-3682a6ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
ROAD.3 翔 公式サイトからクランク前で予想外の単独アタックをかけ、ゴール直前で独走状態となった御堂筋。しかし、金城と福富もチームの想いを背負い、己の限界を越えて御堂筋を追走。それを受け、御堂筋の走りは更に加速!全てを捨て、勝利だけを求める御堂筋の姿に、金城と福富も尋常ではない気迫を感じていた。 残り300m、残り250mで勝利を確信した御堂筋翔。両手を水平に伸ばして堪能する。足はギリギ...
2014/10/21(火) 19:49:57 | ぬる~くまったりと
第3話「翔」 金城、福富を抑えて一人飛び出した御堂筋くんの勝利への執着の理由。 残り300mで語られる御堂筋くんの過去。
2014/10/21(火) 21:33:55 | いま、お茶いれますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。