FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

裏切りは僕の名前を知っている 第11話「儚く強く尊いもの」



デュラスに捕まってしまった愁生
そしてそれを追っていて傷付いてしまった九十九
心を痛める夕月は
そして彼の前に現れた意外な人物は・・・



公式HPより


愁生の捜索中にデュラスに襲われ、瀕死の重傷を負った九十九。夕月の『神の光』の能力により、一命を取り留めた九十九は、驚くべき人物の名を口にする。一方、愁生を救い出すため、敵の本拠地である「ワンダーランド」に向かった夕月・ルカ・焔椎真が、そこで遭遇した人物は――――。




伝えなきゃ・・ユキ



大慌てで館に戻ってきた夕月

「夕月、来てくれ」

彌涼に言われ、治療室の中に入る

九十九は肉体はなんとかなるものの、どうしても意識だけが戻らない
命があるのは九十九の強い意志と夕月が渡したクロスのおかげらしい。

とにかく夕月の力に頼る事となった
喜んで力を使う夕月

「やらせて下さい!」

その頃十瑚は庭の噴水の前にいた
近寄るルカ
カラ元気を出す十瑚に

「俺はあんたの仲間じゃない。だから俺の前でしっかりする必要もない」

と言うルカ

「じゃあ、少しだけ背中貸して」

やっと本当の気持ちを表に出す事が出来た。



九十九の治療は明け方までかかった。
夕月も相当消耗しているようでこれ以上は・・と思われた時、やっと九十九の意識が戻る。


「みんな、気を付けて・・・玲呀が」

それだけ言って再び眠ってしまう
そして力の使い過ぎで夕月もまた倒れてしまう。

十瑚は焔椎真に報告を

『あの馬鹿野郎・・いつもいつも人の心配ばかりしやがって・・』

焔椎真の夕月に対する態度がだいぶ変わってきましたよね!


やっと目覚めた夕月だったが、胸を押さえて堪えている
強がる彼にルカは

「吐き出せばいい。抱えきれない事は俺に全て」

その言葉に自分の至らなさを話し始める夕月
しかし、今回の九十九の怪我で自分の甘さをようやく痛感したと


傷付き、誰かを思い流す涙・・・それがおまえの強さ



そんな夕月がしたのは
焔椎真の部屋の前の結界をルカに解いて貰い、愁生を助けに行く事

「行きましょう!愁生君の所へ」

3人がまず向かったのは天白の所
その天白は橘達から九十九が玲呀にやられた事の報告を受けていた
天白は夕月と愁生を天秤にかけ

takashiro3.jpg

「多少の犠牲はやむを得ない」と答える

そこに入ってきた夕月達

「僕を愁生君の所へ行かせて下さい、お願いします」

天白の答えはNO
むざむざ敵の罠にと言う天白に、それでも行かなくちゃいけないと言う夕月
焔椎真が自分とルカが命に代えても守ると言った事で渋々承諾を。

「ただし、私も行く」

自分は遅れて追いかけると。


そしてまず3人が先にアシュレイ達の所に。
残った天白は夕月が自分と全く逆の事を言うと感心する



夕月が着いた場所はまるで遊園地のような場所だった
3人を見てほくそ笑むアシュレイ

突然明かりがつく遊園地
夕月に風船を渡そうとするウサギの着ぐるみ
しかし、それを問答無用で倒すルカ

「ざーーんねーーん」

するとまた暗闇となる
そこにいたたくさんの人間達は実際は全てアシュレイの使い魔達だった

すると夕月を連れて先に行けと言うルカ
アシュレイの目的の半分は夕月が来た事で叶った敵が愁生を生かしておくわけがないと。

「わかったらさっさと行け!おまえのパートナーだろ」

それを聞いて走り出す焔椎真と夕月

「お前らの好物欲しくないか?」

私が欲しいーっ!ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

慌てて追おうとする使い魔達だったが、突然自分に剣を突きたてたルカの血に引かれてみんなルカを追いかける
オーパストの血は飲むだけで強くなれる力があるようですね。


その頃天白もまた夕月達を追う準備を始める

「今度こそこれが必要となる」

上空に浮かぶ本
まるで奏多が持っていたのと対のような・・・



そして玲呀も双子のオーパストを連れて戻ってきて中が騒々しくなっている事に気付く。
双子にはアシュレイのもとに行けと言い、玲呀はその場に残ったが・・・


別口の使い魔達から逃れ必死に愁生がいるだろう城に向かって走っていたが、そんな彼らの前に倒れている青年が



必死に探っている様子の天白

「何処にいる?玲呀っ!」



なんとか使い魔達をまいた夕月達

「なんなんだ!ここは」

倒れていたのは奏多だったのだ!
(と、ここに奏多が倒れていた事に何も疑問は持たないのか?(^^ゞ)

「夕月の兄貴代わりだったんだろ?俺は夕月の仲間だ」
「仲間?」

不審げな顔の奏多にごめんなさいと言う夕月を抱きしめる奏多

「夕月、いったい君に何が起こってるんだい。教えてくれ、僕に」


必死に夕月達から引き離した使い魔達
しかし、とうとうルカに触手のようなものを刺し血を吸い始める

その時の衝撃音にハッとする夕月
そして自分を置いて走っていこうとする夕月を必死に引きとめる奏多

「行くな!僕とここにいよう」

そんな奏多の背後に使い魔が!
必死に奏多を助ける夕月と、そんな2人を助ける焔椎真

「夕月は守る。俺たちの存在全てをかけてな!」

そんな焔椎真の元に行こうとする夕月の腕を掴み、
「行っちゃダメだ
僕と帰ろう」
を繰り返す奏多に

「ごめんなさい。助けたい仲間がいるんです
僕、行きます」


そう言って先に進む夕月

kanata.jpg

「ずっと傍にして見守りたいと思ってた
本当の弟のように思っていたのに・・・それが君の答えなんだね  夕月」


寂しげだった奏多の目に妖しい光が宿る


ルカの血を吸い上げている使い魔達
ところが、強くなるどころか爆破してしまう

「おまえらには刺激が強過ぎるんただよ。
魔王の血が混じった俺の血はな」


またルカの出生の秘密が1つ明らかに



やっと目的の城に到着した2人

「とうちゃ〜く♪」

嬉しそうなアシュレイ

「さぁて、お出迎えに行こうかな」


懸命に走る2人
しかし、途中で焔椎真が
先ほどの戦いで傷を負ったようです
大丈夫だと言いながらへたり込んでしまう。

hotsuma4.jpg

「アイツが待ってるんだ!」

そう言う焔椎真に九十九の治療をしたばかりだというのに、また焔椎真の傷も治そうとする夕月

「大丈夫です。僕だって愁生君を助けたいんです」

そう言う夕月の手を優しく止める焔椎真

「あとはこれがあるしな」

取り出したのは夕月からのクロス
・・って愁生が持ってろって言ったから・・ってどんだけツンデレ?Ф

「それに、これがあると感じるんだ」

クロス同士が呼び合っているんでしょうか?
九十九君を守るように光っていたり不思議なクロスです


「感動の再会まで 3 2 1 0」


辿り着いた扉の向こうにいたのは!!!


shusei4.jpg

「しゅーせーーーい!!!」



とりあえず九十九君が一命を取り留めて本当によかったです。
それと、夕月にしか注がないかと思ってたルカの優しさ
今回は仲間じゃないと言いつつも他のツヴァイルトにも見せる優しさを見れた回だと思いました(^^)
それにしても魔王の血が混じっているって息子ですかね?

そしてとうとう本性を出すのでしょうか?>奏多=玲呀
今まではずいぶん奏多の人格で夕月を見ていた感じでしたが。

しかしやはり気になるのは拘束されたままの傷付いた愁生君です。
前回、アシュレイが彼にした事が気になってます!(>_<)


次回「“二人”ということ」

パートナーの焔椎真が来た事がよい方向に転がりますように。


【予告】


前々回の予告とセット?Ф
夏用のパジャマの相談を愁生にする焔椎真
お揃いに拘らなくていいんじゃ?と言う愁生に2枚買うと20%オフになるからと言う焔椎真。
しかも枕もお揃いって・・・愁生君も呆れてるというより諦め?(苦笑)
ってか、君らにパジャマ要らんだろう!(爆)



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします





スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
はい、是非♪
パジャマ無しの方向でお願いしたいと思いますv

おそろいのパジャマを着ているところも見てみたいですけどwww
2010/06/22(火) 00:43 | URL | らいち♪♪ #79D/WHSg[ 編集]
らいち♪♪さん
こんばんはー(^^)

すみません、いつもお待たせしてます



>パジャマ無しの方向でお願いしたいと思いますv

>おそろいのパジャマを着ているところも見てみたいですけどwww



わーい!ありがとうございます(〃∇〃) てれっ☆

ツヴァイルトは特別といっても、何かそれ以上のモノを感じる言動が多いだけに、いっそペアも可愛いけど、裸というお揃いでもイイんじゃね?・・・みたいな?(笑)



お揃いのパジャマ・・どんなのだとイイかな〜?

あの容姿に揃いのクマのパジャマみたいなのも可愛いかも〜♪

いろんなモノを着せたり脱がしたりしてみたいです!(おいっ)
2010/06/24(木) 22:43 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/1162-b67e3219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: