FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2021/031234567891011121314151617181920212223242526272829302021/05

デュラララ!! 第4話「形影相弔」



形影相弔:自分と自分の影とが互いに哀れみ、慰め合う意》孤独で訪れる人もなく、寂しいさまをいう(大辞泉より)



今回は岸谷回というか岸谷&セルティ回
やっぱり暫くはお当番制なんでしょうか?


やっと首なしライダーの名前がセルティ・ストゥルルソンと判明しました!
そして彼女は何故、日本にそして池袋へとやってきたのか?






公式HPより



街行く人々が語る都市伝説“首なしライダー”の噂。ナンバープレートのない漆黒のバイクに跨がり駆ける姿を目撃した者は意外と多い。
ある時からごく自然に、池袋の闇と雑踏に溶け込んだ不可解な存在。
しかし、その真実の姿を知る者は果たしているのだろうか。そんな考察をめぐらせる一人の男・岸谷新羅。
一方、考察の対象である“首なしライダー”本人は、ある一人の老画家の行方を捜し、街をさまよい続けていた






首なしライダーの噂を聞いて回る者・・岸谷新羅

人間じゃなかったらあり得る話?






今回はじゅんじゅんと沢城さんの声を存分に楽しめる回でした♪



そして1人ブツブツと首なしライダーの事を話す自分をビデオカメラで撮りながら歩いている岸谷



今回は岸谷が知り得る首なしライダーのお話


岸谷は24歳
池袋で潜りの医者をやっている
それなりの腕前のようである。

そして彼は首なしライダーことセルティと同居している
2人の会話は付き合いが昨日今日ではない気安さみたいなのを感じます。


「やっぱり僕の価値観と彼女の価値観には違いがあるのだろうか?」


岸谷はセルティの何を知りたいのか?


顔が無い=目が無いセルティにとってこの世の中はどう見えているのか?


セルティは顔は無いが、普通に歩けるし匂いや色の区別も出来る
ただ、首が無いからといっても視界は普通の人よりちょっぴり広いだけ・・にすぎないらしい。

岸谷は首とかから絶えず出ている不思議SFとんでも物質の跳ね返りを吸収する事で情報を得ているのではないかと考えている

しかし、セルティからは素っ気ない答えが返ってくるだけ。


「君の感じる世界は果たして僕が感じてる世界とどれだけ差異があるのか
僕はただそれが気になるだけなんだよ」


視界だけでなく価値観も


「人間としてでなく、この街に具現化したただ1人の妖精デュラハンとしての価値ってやつをさ」


すると岸谷の部屋に入ってくるセルティ
そして会話が始まる


まずは折原から依頼された仕事について


仕事自体は難しいものではなかった
報酬を受け取る(めっさお金を数えるの早ぁーーーい)
金を懐にしまうと、折原はある話をする「デュラハンって知ってる?」と。


なんでも、最近代々木公園に流れてきた似顔絵描きの老人が、若い頃見たと言ってるというのだ。
それを聞いて慌ててバイクを発進させる。

しかし、既にもう代々木公園にはおらず、横浜・多摩・千葉など噂のままバイクを走らせるセルティ。


デュラハンは自分の首を小脇に持ち、首無し馬コシュタ・バワーに乗って死期が近付いている者の家に向かうのだという。


では、何故セルティはアイルランドからこの日本に、そして池袋へやってきたのか?
そしてなんでこんなにも自分の首に拘っているのか?



今から20年前
彼女が山の中でふと目を覚ますと顔がなかった
顔だけでなく一部の記憶も

それでも自分がデュラハンである事
名前がセルティ・ストゥルルソンである事
能力の使い方

それらはちゃんと覚えていた
だとすると欠落している記憶は頭の方にあるのではないのか?

そして自分の首とおぼしき存在を感じられる事に気付いた彼女はずっと無くなった首を探しているらしい。
自分の存在意義を知る為に


「どうしても取り戻したかった、一日も早く
このまま自分の記憶も曖昧なまま生きていくのは嫌だ」



その思いから必死に首を探し、こうして日本にやってきても噂を聞けば必死に探していたのだ。


必死に探すうち、首が海外=日本に渡ってしまった事を知ったセルティは密航して日本に渡る事にした。
困ったのは愛馬
死んだ馬に憑依させただけなので、バイクに憑依させるのは簡単だったようだ。
そして見つけたのが今乗っているバイク


「お〜その似顔絵描きなら知ってるぜ!」

なんと!今は池袋にいるのだと平和島が教えてくれた
しかも、不便だろうから一緒に行ってくれると言う

おおおーーーっ!普段はこんなに優しい兄ちゃんだったんだ!(爆)


すると公園に老人はいた。

「デュラハンを見たっていうのは本当か?」


その言葉に食いつく老人

「首を無くしたとはどういう事だ?」

そうセルティが質問すると、無くしたのではなく無いのだと答える老人
どうしても決まらないのだと言う。

すると自分のスケッチブックを見せてくれる
中にはいくつものデュラハンの絵が。

確実に女性で、彼女を見た時の記憶も鮮明
恐ろしくもとても美しかったのを覚えていると


しかし、老人が描いたデュラハンの絵に首が無いのかは、彼女の顔だけは言葉でも絵でも表現出来ないのだと言う
だから髪の色も目の色も口では表現しきれない
だから絵を描こうと思っているのに肝心の彼女の顔がどうしても納得いかないらしい。


そして最近、老人の所に首が無いままでパーフェクトだ!と言った青年がいたらしい


それでも描く事を止めない老人
あのデュラハンとすれ違った一瞬を記憶を取り戻したいのだと老人は言う

そしてセルティもまた記憶を取り戻したい




その話を聞いて岸谷はその老人が会ったというデュラハンはセルティではないかもしれないんじゃ?と言うが、セルティは間違いなく自分だと言い張る


「私はどこに向かって走っていたんだろう?」

「そんなに気にする必要はあるんだろうか?
単純に言おう・・・諦めなよ
自分の首を探すのは止めてさ、2人で何処かに行こうよ
君が望むなら僕はどんな手を使ってでも君を故郷に返してみせる」



「おまえの事は嫌いじゃないが、今こうしてここに暮らしているだけで十分だ」

「そんな事言わないでさ」

「十分だっ!」


懸命に探している者に諦めろ!とはある意味残酷な言葉だけど、岸谷的にはもし首が見つかったらセルティがいなくなってしまう事を恐れてるのかな〜?とちょっと思ったりして。
素直な愛情表現じゃないと思うけど、彼なりのセルティを失いたくない気持ちなのかな?と思ってしまいました(^^ゞ


そして部屋を出ていってしまったセルティ

今度は岸谷がどうやってセルティと出会ったか・・・


日本に向かう為に密航したセルティ
彼女が違和感ある鎧姿から服装を変えている瞬間を偶然その船に乗っていた4歳の岸谷は目撃してしまう。

それを父親・森厳に話す
BJ森厳んーーーっФ
大塚さんに外科医の声はやはり合いますなぁ〜(ふふっ)


変わり者だったのか?それとも医者の性がか?
セルティに興味を示し、解剖させてくれるなら居場所を提供すると申し出た。
意外にも承諾するセルティ

人間の麻酔は効かず、痛みに耐えながらの解剖
しかし、痛覚はあるものの人間のそれとはちょっと違う上に、心臓は無く臓器も形だけで機能しているわけではない。
血管もあるが血が通っていない  まるで生きている人体模型のようだと
しかも切った所が勝手に治ってしまう

「コイツ、どうやったら死ぬんだ?」

そう言いながらまだ4歳の岸谷にメスを渡して切ってみろと促す


「一目見た時から彼女に魅せられていた」


そしてその思いは一緒に暮らしたこの20年変わらない


「首が戻ったらいったいどうするつもりなんだろう?
彼女はどうなってしまうんだろう?
彼女の意思はそのまま首の意思なんだろうか?それとも・・・」





例の似顔絵描きの老人に首が無いままでパーフェクトと言ったのは岸谷でしたね!




今回はまた1つ謎が解けた回でした。
セルティという名前で妖精さんだった首なしライダー

そして本来小脇に持っていてそれで1つである筈の彼女の首が無い為に起きている記憶の欠片を探していたのですね。

そして4歳からの20年の付き合いである岸谷とセルティ
どうやらセルティの心は首探しでイッパイって感じですが、なんとな〜く岸谷はそれ以上の感情を抱いているように感じました。


似顔絵描きの老人にも下手に思い出して描かれちゃったら・・それをセルティが見てしまったら?という思いから頑固に首なしのままでイイ!と言ってるように感じましたけど



別作品でも先日書いたばかりですが、沢城さんのこういう大人ボイスは実に好み〜?????です(〃∇〃) てれっ☆
カッコイイーーっ!!!

また似顔絵描きの老人に納谷六郎さん
豪華でしたわ〜?


それと、途中に入ったCM
小野Dの平和島とセバスの共演は見ていて面白かったですa


 Gファンタジー 2010年 02月号





にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります




dvd02.jpg

デュラララ!!2 【初回生産限定】


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/1461-c72644e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: