アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炎の蜃気楼第1〜3話



第1話「炎渦の邂逅」

松本に住む高校生・仰木高耶の身辺では怪現象が頻発していた。
それは、親友・成田譲の奇妙な言動をはじめ、白昼、人間が突如蒼い炎に包まれるのを目撃したりと、日常では起こり得ない現象ばかりだった。
更に、怪現象が現れるのと時を同じくして、高耶の前に直江と名乗る男が現れた。
直江は、川中島が見渡せる場所に高耶を連れて行き、にわかには信じがたい現実を語る。



第2話「闇からの換生」

“400年にも渡り宿体を換え生き続けてきた---“という信じ難い話をすぐに受け入れられるはずもなく、反発する高耶だが、直江は突如現れた骸骨武者を目の前で事もなげに調伏し“闇戦国”が現実に起きているという事実を突きつける。そして高耶自身も、上杉景虎としての記憶を失ってはいるものの、親友・成田譲の身体へ“主君・武田信玄”の魂を憑依させ、ゆくゆくは信玄が換生する際の宿体に…と目論む武田方との戦いに否応無しに巻き込まれてゆく。



第3話「無明の覚醒」

信玄の怨霊に憑坐にされた譲を救出する為、松本城に向かう高耶の前に武田方の骸骨武者たちが立ちはだかる。しかし、400年間の長き間、宿体を換え生き続けてきた、上杉景虎の換生者であるという自分の正体と、怨将を浄化し冥界に送りつける〈力(りょく)〉。事実を受け入れる事のできない高耶は苦戦を強いられる。あくまでも『自分は景虎ではない』と言い張る高耶に直江は挑発的な言葉で覚醒を促す。そして高耶の目の前に現れた譲は...




もう、今更な内容ではありますが・・・

一応、キャスト貼り

仰木高耶:関俊彦
直江信綱:速水奨
千秋修平:松本保典
門脇綾子:玉川紗己子
成田 譲:松野太紀
高坂弾正:堀内賢雄
森野紗織:矢島晶子
武田由比子:折笠 愛
北条氏照:田中秀幸
北条氏政:納谷六朗
風魔小太郎:宮本 充
伊達小次郎:神谷浩史
片倉小十郎:立木文彦
森蘭丸:関智一
織田信長:置鮎龍太郎






10月から再放送が始まりまして、DVDは持っているんですが、この際、BDに残したいと1話からダビングしております(笑)



この1〜3話は原作の1巻に納められています。
本当にここから始まったんですよね。
何回も見ていながら感慨を覚えます。


信玄の墓が何者かに壊される事件
多重人格のようにコロコロと変わるようになってしまった譲
高耶と譲の目の前で突然火に包まれる由比子
必死に助けようとしている高耶をジッと見つめる黒尽くめの男



「まただ・・・熱い。胸が焼ける」

この景虎としての記憶を無くしている高耶さんのそれでも無意識に感じ取っている言葉。
そして直江との初邂逅

このシーンは本当に何度見てもゾクゾクします。


そして直江が高耶さんに力を使ってみせるシーン
飛びますが、3話での直江と高耶さんの初共闘シーン

考えたら、刀を使って敵を倒すシーンってここだけだった筈。
それを考えても貴重なシーンかつ、かっこいいシーンだったな〜と。





しかし、今だからこそ。
いろいろ当時とは感じ方が違うな〜と思いましたね。


これを初めてリアルタイムで見た時は原作未読で。
だから?非常にまっすぐな心で見てました(爆)
そこが一番大きい違い?(≧m≦)ぷっ!

だから、3話ラストで直江が譲に「高耶さんを頼みます」と言うシーンがありますが。

確かに、譲を「不思議な少年だ」と譲の秘めたる力に、何かはわからないけれど気付いているので、
高耶さんも素直に接する事が出来る相手としても頼んだのだとは思いますが・・・

原作を読んでしまうとほら、ソコはいろいろツッコミたくなるというか(笑)




そしてやはり、見ていてツッコミたくなるのは高坂

この人、この当時どういうつもりで信玄の下についていたのかな?と。
もともとが高坂の魂であればフツーですが、最終巻まで読むとね。
でも、わかって聞くとまた3話での高坂の言葉がまたいろいろ想像をかきたてるというか・・・
言葉づかいは信玄公を敬う言い方なのに、どことなく上から目線な口調でしたものね。


そして、実は、原作を読むまでちょっとウザイ子だと思ってた森野ちゃん。
まぁ、今聞いても可愛いけどウルサイかな?(笑)
でも、一生懸命なイイ子だと今は思ってます。



ああ、原作を読むと、なぜ由比子が狙われたのかわかります。







まぁ、映像的には新たな発見というモノがあるわけではありません。
ただ、今、もう一度一からこのアニミラを作る企画があったら、

防御壁の描かれ方。
調伏シーン。
キャラの作画(特に由比子。ありえないほど古臭い(^^ゞ)はどう変わるか?
細かく書けば高坂が譲を襲っているヤンキー青年たちの1人の腕の骨を折りますが、そのシーンとか?(笑)


どうしても10年前だとどこから見ても古臭くて霊を匂わせたかったんでしょうが、どこか鮮明さに欠ける映像。
公式でずいぶんファンの皆さんが不満を書きこまれたらOVAはずいぶん変りましたものね。
その代わり、何故かみんなおちょぼ口で唇ツヤツヤになっちゃいましたが(爆爆爆)

でも、今の高い技術を使ったらきっと・・・と思うのは私だけではない気がします。




10年前のアニメを見ても皆さんお声は老けてないし。


せっかくこうして何回か再放送されているわけですから・・・
何か動きが出てきませんかね?
ホント、アニメでもOVAでもCDでも何でもいいです。
場面ブツ切りの全サCDじゃなければ。

関さんと速水さんだけでなく、松本さんや玉川さん、賢雄さん他皆さんが出てくるモノが欲しい!
どこの話でも構わないですから!!





そうそう!・・って以前にも書いたかな?

2話を見てましたら、たった一言でしたが、生徒役で杉山さんの声が聞けました(笑)

しかし、小次郎役の神谷さんにしても・・・
もし、今、一から作るのだとしたらまたキャスティング違っていたかもしれませんね!





にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします



 ボーイズラブコミック
炎の蜃気楼(1)

 炎の蜃気楼(1)


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
確かに・・
当時はまっすぐな気持ちで見てました(笑)

でも絵のレベルは10年前でも「ん?」な感じでよく最後まで見たよな〜と自分を褒めてやりたいです(酷)

でも得体の知れない魅力があったんでしょうね。

放送が3月で終わって、1ヶ月後には原作を手にとってましたから。



もしこの頃原作を知っていたらアニメにけっこう怒っていたかも?

アニメから入ってよかったです〜(笑)。



にしても何かの形でメディアミックスしないですかね。

完結10周年が狙い時かしらん。
2011/10/19(水) 13:42 | URL | ピーチシルク #79D/WHSg[ 編集]
Re:炎の蜃気楼第1〜3話(10/18)
こんにちはー♪

腐腐腐・・・皆様が大プッシュする作品と伺ってましたので

見てみました。

OPから鼻血ですよー!

こりゃコバルトじゃない!と思いました。(笑)



絵のレベルを見るとやっぱり「今」アニメ化して欲しいなあと思う部分はありますよね。

それでも髪の毛もなびいているし(笑)、そういうものかな・・と見てしまうのですが。

それぞれの思いが集まって、新企画ができるといいですね。
2011/10/19(水) 17:31 | URL | おぼろ. #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/171-f75ee5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。