アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テニスの王子様 ベストマッチ #3「お笑いテニスの恐怖」


第2試合はダブルス
桃城&海堂の相手は・・・



公式HPより


第2試合は桃城・海堂のダブルス2だ。対する四天宝寺は小春・ユウジのペアだ。ホモっぽくいちゃいちゃしたかと思えば、アフロやアイマスク、ちょんまげカツラなどでネタをやりまくり、会場中の笑いを取る小春たちに、ペースを乱され全く実力が発揮できない桃城たち。業をにやした海堂がブーメランスネイクを叩き込むと、あっさりとそれを破る小春。小春はIQ200の頭脳を持つ超データマンであった。恐ろしい分析能力とデータ収集によって海堂のプライベートまで披露する小春に自分たちのペースがつかめないまま、劣勢に陥っていく桃城と海堂。このままではだらしなく負けてしまう、徒労感だけが募る2人。スミレの煽りにひらめいた桃城は隠し持っていたある秘密兵器を装着する




番狂わせで不二の負けで始まってしまった準決勝。
今度はダブルス。
しかし、出てきた相手はアフロのかつらを被った小春とスーパーマンみたいなアイマスクを付けたユウジの2人。

最初は関西のノリな2人にペースと実は乾以上?な小春の分析力の前にすっかり狂わされる桃城達だったが、

「ポーカーフェイスくらい出来んのか?」

竜崎先生の言葉をヒントに2人は・・・まるでプロレスラーのマスクみたいなのを装着して試合に臨む。


最初は審判に止められるが、オサムちゃんがお互い様と許可を出した事でその状態で試合続行。
視界を狭める事で集中力を高めた2人は、さらにマスクでどちらがどちらかわからない事を使って翻弄し、着実に追い付いていく。


しかし、この2人は笑かせる&小春の分析力だけではなかった
ユウジのモノマネ

相手の声音だけでなく、実は小春に相手が意識を集中させている間に相手の動きや攻撃まで完璧にモノマネが出来てしまうのだ。



またしても声や動きに翻弄させられる桃城と海堂
だが、「騙す」のは四天宝寺だけではなかった!
実は入れ替わっていたのは嘘。
桃城も海堂も入れ替わってはいなかったのだ!

青学テニス部に入った頃からライバル同士だったこの2人。
いつも反目し合ってるように見えるが、裏を返せば一番わかっているのもこの2人。
それ故に出来た戦い方だった。

味方すら騙せる完璧な動き。

「やはり、仕草や癖が一致せぇへんわけや」

ただ、相手のコピーが出来るユウジは違和感を感じていたが・・・
だがこれですっかりペースを狂わされてしまった小春とユウジ

「言うとったわ、侑士が。青学の曲者には気ぃ付けやと」

しかし、謙也が思い出すのは一歩遅く・・・セットカウント7−6で青学の勝ちで終わる。





原作の段階からマスクやかつら着用はOKなん?と大笑いしたこの試合。
それと、BL色強めに出してきたキャラ達という意味でも小春とユウジは当時驚いたんでした。


ゴールデンペアのように仲が良くてわかりあってるペアもいるけど、反目し合ってる=相手を意識して一番よく知ってるというのに「なるほどな〜それはあるかもな」と当時も思った記憶が。

それと、体力バカな2人&桃城の曲者っぷりは大したもの。
しかし、海堂がよくこの作戦に応じたな〜と笑えます。



さて、次回はいよいよ今回の試合上一番の痛い戦い。
タカさん、頑張れっ!!








さて、今更ですが白石くんのCD+DVDを見ました。






毒と薬(初回限定CD+DVD)/白石蔵ノ介(細谷佳正)


1.はじまりは、Ecstasy
2.クチビル
3.EVER FREE
4.No Muda Life 〜エクスタシー侍のテーマ〜
5.マジックミラー
6.I.ng
7.GET STARTED
8.Song for you
9.カブリエル白書
10.go on
11.prayer
12.CLASH!!
13.スピードスター
14.like bored days
15.BIBLE
16.エピローグ
17.足跡
18.追憶 (BONUS TRACK)


DVD

1.OPENING
2.はじまりは、Ecstasy
3.クチビル
4.MC
5.EVER FREE
6.No Muda Life 〜エクスタシー侍のテーマ〜
7.マジックミラー
8.I.ng
9.MC
10.GET STARTED
11.Song for you
12.MC
13.カブリエル白書
14.go on
15.prayer
16.CLASH!!
17.スピードスター
18.like bored days
19.ENCORE 〜ドンドンドドドン四天宝寺〜
20.MC
21.BIBLE
22.エピローグ
23.MC
24.足跡
25.ENDING
26.MAKING OF 白石蔵ノ介 Special Live Tour 2010 毒と薬 at Zepp Tokyo (BONUS)




いや〜驚いた!
ホント凄いですわ。この方。


まずはDVDから聞いたんですが・・・
正直、CDの場合、機械の力や歌い直してイイとこ取りしてたりとかで上手く感じられる方って多いと思うんです。
これって声優さんに限らず、歌手の方でもコンサートやライブで聞くと「アレ?」って事も今までありましたし。

でも、相手が声優さんの場合、本職じゃないし、多少のところはご愛嬌。
それよりもCDではなく生でその方の歌声が聴ける事を楽しみにイベントに参加しているので、正直、仮に上手くなかったとしてもそれをどうこう言うつもりは今まで全くありませんでした。

そして白石君というか細谷君。
彼の歌はテニプリイベントDVDで今までも見た事はあったんですが・・・


「何?この上手さ」

今回の「毒と薬」のライブDVD見てまず呟いてしまったのがこの台詞。
今までももちろん彼の上手さはわかっているつもりでしたが。

テニプリの場合は歌以外の要素(トークや広い会場を走りまわったり)もかなりあるからか?
テニプリの時はやたらと息が切れてる印象か、誰かと一緒で1人だけの歌声をそんなに堪能出来なかったからか?
なんか今回しみじみと「上手い子やな〜」と。。。

あ!でも、確かにテニプリ以上に振り付けイッパイでアップテンポの曲はほとんど動きまわりながら歌っていたんですけどね。
今回は息切れしてる感じはほとんどなかったです。
こんなところにも彼の努力とか成長とか感じられてすごく嬉しかったです(^^)

ただね、ラジプリのゲストに出てらした時に、編集によってトークが上手い人に見えるようになってるとお話されてましたが。
こっちは・・・これからかな?(笑)
まだまだ若いしね。
いろいろ場馴れしていったり、先輩方と一緒にいろんなイベントに参加するようになっていくともっと上手くなっていくんじゃないかな〜?と個人的には感じました(笑)



今回、CDと同じ選曲&順序でライブも歌われたのですね〜
ライブDVDを見てからCDを聞くとまた彼の上手さがよくわかります。


「ノッたもん勝ちや!」
「ん〜エクスタシー!!」


このDVDは本当に何度も見てしまう1枚になりそうです(〃∇〃) てれっ☆



今まで私が見てきたアニメの中だけでも白石君以外これだけある細谷君。

おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜(松田佳之)
会長はメイド様!(黒崎龍之介)
刀語(鑢七花)
レベルE(筒井雪隆)
NO.6(ネズミ)
夏目友人帳 参(柴田克巳)


そしてこれから聞けるとしては

ちはやふる(綿谷新)


本当に毎回いろんなタイプを演じてますよね。
お馬鹿キャラからちょっと悪ぶった青年まで。

これからもますます応援しますですよ!
そして出来たら一度ライブに行って生で彼の歌声を聞いてみたいっ!!




<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/2dd73abd62



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

↑よろしければ1クリックお願いします



 テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇 Semifinal Vol.2


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/175-c44224fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。