アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、第二章が届いたので一緒に感想を。


 



【キャスト】


雪村千鶴:桑島法子
土方歳三:三木眞一郎
沖田総司:森久保祥太郎
斎藤一:鳥海浩輔
藤堂平助:吉野裕行
原田左之助:遊佐浩二



2010年4月より放送されたTVアニメ『薄桜鬼』『薄桜鬼 碧血録』は、原作ゲームの重厚なストーリーと世界観をそのままに、ハイクオリティな映像が話題となり、2010年の女性向けアニメNo.1の大ヒット作に!
OVAでは、豪華キャスト・スタッフそのままに、TVシリーズを上回るレベルで再アニメ化!人気の隊士たちそれぞれの魅力に迫るファン必携の全5巻!


【ストーリー】
慶応二年十二月、京――。
千姫より、新選組を狙う不逞浪士の噂を聞いた千鶴は、芸妓に化けて島原に潜入することを志願するが…
のちに時代とともに激動してゆく新選組の、束の間の安息の物語





時間軸としては島原で千鶴が着物を着たすぐ後くらいなんでしょうか?
バラバラで購入もありだと思いますが、1つの時間軸を各々のキャラ視点で進行されていくので、全てクリアーにするなら全巻購入が良いかと。

そしてOVAといえど、新しいOP&ED画像と曲を持ってくる辺り、スタッフさんの力の入れように拍手
それと、珍しい髪を結んでいない土方にドキッ(笑)




第一章


沖田が斉藤の右を歩くのはちゃんと意味があって・・・
早速、沖田を襲う勤労党(あ!遊佐さんだ/笑)

一戦交えて戻ってくる沖田たち
千鶴をさり気なく配慮して返り血を浴びた羽織を脱ぐ沖田
土方のせいにして笑う辺りは実に沖田らしい



相変わらず子供たちに大人気の沖田
根負けして遊んであげる事にしたのだが・・・

新選組の悪口だけでなく、一番言ってはならない近藤の悪口を言っちゃった子供たち


大人気なく反撃する沖田(笑)
しかし、近藤の悪口を言ったからというだけでなく、病を子供たちにうつさないという配慮もあったみたいで・・・

「これでもう、あの子たちは僕の近くにはこないだろうね」

寂しそうな沖田の横顔に泣きそうです



巡察の最中、偶然出会う千姫
(商売してる人の中に再び遊佐ボイスが/笑)

自己紹介だけ済ますと、沖田そっちのけで千鶴にこれから頓所に行くところだったと話す千。
見慣れない浪士が新選組を襲うという話をしていたという情報を入手したからだった。

「だからといって露骨に新選組が島原に張り込むってわけにもいかないしね・・・」

そんな沖田が考えた案は


近藤と土方に千鶴を芸鼓姿で張り込ませる案を話す
不穏な噂を聞いていただけでなく、噂だけでは大っぴらに張り込めない事で土方が賛成した事で千鶴が島原に張り込む事が決定した

念のため、斉藤と山崎がこっそり警護に着く事に

最後まで反対した平助だったが、それよりも自分は頓所待機となってしまった沖田の不満に、その辺はうやむやに(笑)


翌日、斉藤と山崎を伴って出掛けていく千鶴

「なんだか娘を嫁に出す気分だな」

まだその発想は早いですって!(爆)>新八さん


「僕は何して時間潰すかな」

仕事のある平助たちはともかく、沖田にはする事がない
止まらない咳

「僕は君といつまで一緒にいられるのかな?」

先を知っているだけにこの台詞は本当に辛い(>_<)


すると、芸鼓姿の千鶴の手を引いて走って戻ってくる土方
(千鶴ちゃんに何があったのか?そして何故手を引いてるのが土方なのか?
その辺は2巻参照)


「ふーん。ごちそうさまでした」

からかう沖田に慌てる土方の図がなんか楽しい♪



大活躍だった千鶴を労って、千鶴、沖田、斉藤、新八の4人で飲みに。
千鶴の芸鼓姿が可愛かったと言われ、話を振られた斉藤の珍しい頬を染めるシーンはイイもん見せて貰いました(笑)

「まさか山崎があんな事をするとはな」

斉藤の言葉にたたみいわしを見せる新八
(この時点ではどういう意味かわかりませんでしたが、2巻で明らかに)


新八の奢りにさせられてしまったが資金不足(笑)
しかたなく、斉藤が助けてやる事に。

「さいとぉー」

顔が情けないですよ!新八さん


しかし、正月に伊東に誘われていると言う新八と斉藤
沖田にはその話は来ていない

伊東の不穏な動きが始まりました(>_<)


店を出てもう一軒!と話しながら歩いていると肩がぶつかったと因縁を付けられて喧嘩になってしまう新八
新八は自分が連れて帰るという斉藤を残して、千鶴と2人で帰る沖田


心配する千鶴に平助や原田がいなかっただけ可愛いものと言う沖田
しかし、突然咳き込んでしまう
心配する千鶴だったが

「なーんてね」

沖田の言葉に本気で怒ってしまう千鶴を懸命に宥める沖田

「千鶴ちゃん、そんなに急いで歩いてるとせっかくの綺麗なものを見逃しちゃうよ」
「雪・・・綺麗・・・」
「このまま降り続いて全てを覆い尽くして、何もかも真っ白になって、生まれ変わったみたいになればいいのにね」

そんな沖田を心配そうに見上げる千鶴



翌日、真っ白になった庭を見ている沖田はまた咳を
そんな沖田にと千鶴が作ったおじやを持って近藤と千鶴が
中には近藤自ら切ったネギが


「近藤さんには内緒だよ」


しかし、実はネギが苦手だった沖田
それでも平らげるのは近藤大好きっ子ならでは・・・ですね。
そしてつかの間、2人の間に笑顔がーーー



そして巡察に出ていく沖田
必死に自分の方に駆けてくる千鶴を見て心の中で呟く

「僕はまだ戦えるーーー」





第二章



千鶴達と巡察中の斉藤
ふと見つけた刀屋の前で足を留める

嬉しそうでしたと言う千鶴に刀ついてついつい講釈を垂れてしまった斉藤

「斉藤さんって本当に刀がお好きなんだなぁと思って」

夢中になって話し込む斉藤に思わず笑ってしまう千鶴

「刀身そのものはもちろんの事。そこに込められた意味に惹きつけられるのだ」

何気ないこの言葉がラストで重く響いてくる事になるとは・・・



夜、千鶴が島原に内偵として忍びこむ事に対しての話し合いが。
反対する平助

「私、皆さんのお役に立ちたいんです」

あれれ?土方は反対してるし、近藤さんも迷ってるし・・・
この辺の時間軸というか話の運びに1巻との矛盾点が(>_<)


「芸鼓姿で浪士の話に聞き耳立てるくらいだったら千鶴ちゃんにだって出来るよ」

結局は山南さんの言葉と、沖田の言葉で決定
そして斉藤自ら土方に山崎と護衛を買って出る

「本当に大丈夫かな〜?」

島原の酔っ払い相手だとやっぱり心配顔の平助(^^ゞ
1人で勝手に妄想してパニクってます(おいおい)



着付けをしてくれたのは君菊
君菊と千が知り合いである事を知らない辺り、やはり1期第8話の島原シーンからそんなに時間が経ってないみたいですね(^^ゞ



いよいよ、夜となり緊張が走る斉藤と山崎
そしてお座敷に上がる千鶴

内通どおり、新選組の批判を始める浪士達
だいぶ酒も進んできた頃、1人の浪士が千鶴に言い寄ってくる
慌てて酒が切れたと逃げ出したが、しつこく追いかけてくるその浪士


逃げ場を失った千鶴を助けたのは山崎
・・・って忍者?(爆)
千鶴はお嬢様?!Σ( ̄ロ ̄lll)

「見ての通り忍者だ!
雨の日も風の日も、可愛らしいお嬢様を影ながらお守りする忍者だ!」


うーーん・・・ちょっとツライね(笑)

「貴様っ!うちのお嬢様に何をする!」

慌てる千鶴に話をあわせて!と言う山崎
そして千鶴の手を引いて逃げ出す。

しかし、虱潰しに探す浪士に見つかってしまった2人

「山崎流、忍法・畳返しっ!」

1巻のたたみいわしはこれを言いたかったのですね〜(笑)


「お嬢様。ここは俺に任せてお逃げ下さい!」

いつまで続く・・お嬢様ゴッコ(笑)
とにかく言われるまま逃げる千鶴だったが、運の悪い事にまたも別の浪士に絡まれ、逃げ場を失ってしまう。

「そこまでにしておけ」

そんな彼女の前に現れたのは斉藤
自分は用心棒だからと言って2人の間に割って入ったが・・・

「雪村・・・なんだな?間近で顔を見たのは初めてだ」

斉藤ビジョンになると千鶴も花を背負っちゃうし(笑)
さらに頬を染めて乙女かっヾ(ーー ) オイッ

さらに、浪士そっちのけで2人の世界にしてしまう斉藤

「悔いを残さぬ為には今告げておくべきだろう
雪村、アンタに告げなくてはならない事がある。聞いてくれるな」


頬を赤らめ、浪士を無視して何かを告げようとしているこの男は本当に斉藤なのか?(笑)
それに、この図はどう見たって愛の告白しようとしているとしか見えないだろう(爆)





※字数の関係で完全版はコチラをどうぞ




沖田はどうしても先を知っているだけに泣きそうになってしまうのに対し、この斉藤は別人のようで見ていて大笑い。山崎も笑えました

それにしても、本編に上手く繋がる内容となっていてこの辺も薄桜鬼はスゴイ!と思わせてくれます。




にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります






スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/203-f7339c38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。