アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青の祓魔師 第22話「悪魔狩り」


兄さんを人間に戻すーーー


連絡も無く戻っても来なかった雪男が意外な形で燐の前に姿を現す
大々的に変革をもたらすエルンストの目的は?



公式HPより


修道院襲撃からの一連の事件を受け、理事長を解任されるメフィスト。さらには騎士團最高位の三賢者(グリゴリ)も更迭され、エルンストが教皇に就任することに。そして新たに日本支部長として現れたのは、聖騎士(パラディン)を拝命した雪男だった!? この新体制を率い、エルンストは悪魔を一掃する一大作戦を発動! 祓魔塾メンバーも召集され、最大規模の悪魔狩りが展開されていく。だがこの作戦の裏には、ある真の目的が…



どっか胡散臭さを感じてましたが・・・
この人の真の真の目的はなんなんでしょう?
それ以前に本当に燐達の祖父なの?な言動に兄弟が可哀想で




雪男が連絡も入れず、結局帰っても来なかった
心配する燐だったが・・・



臨時休校
一昨日の立てこもり事件で理事長が解任。それ故に学生たちは校内に入れずにいた
それだけでなく、ヴァチカンが更迭され、こちらも教皇が変わった事を出雲の話から知る。


これからと大きく変わる 祓魔塾も正十字騎士團も


先生方の前に新しい理事長として挨拶に現れたのは  なんと雪男
雪男は今回、聖騎士の称号を得ただけでなく理事長に就任したのだ

その事をシュラから聞いた燐

「チキショー!先を越された!俺の方が先に聖騎士になる筈だったのに!!」

気にするのはソッチかいっヾ(ーー ) オイッ
実に燐らしい(笑)

そこに現れた雪男
聖騎士に任命された事を黙っていた事を注意する燐
それに対し、素直に謝る雪男だったが

「僕が聖騎士に任命された理由はただ一つ。ヴァチカンで計画された作戦を実行するため」


そしてエルンストは祓魔師を集め悪魔を打ち払いアッシャーを取り戻す日が来たと。

「ジェイコブズ・ラダー作戦を開始せよ!」

その作戦とは一体・・・



そして祓魔師だけでなく祓魔塾の塾生達も集められ連れて来られた場所にあったのは降魔武器。
ただ倒すだけでなく、悪魔の力を吸収出来るモノらしい

その夜から一斉に悪魔狩りが始まった
次々殺され、力を吸収されていく悪魔たち
勝呂は銃に掘られている印が悪魔の力を吸収した際に光るのを見る

「ねぇ、燐。これがエクソシストの仕事なの?」

出雲だけでなくしえみも今回の任務に疑問を抱く



報告をしに来た雪男にこれは聖戦と言うエルンスト



雪男が今回、ここまでして全面的にエルンストに従ってるのには理由があった

「兄さんを人間に戻す?」

エルンストは燐を人間に戻せる方法があると語る
ゲヘナを叩けば可能だと
究極兵器・メサイアがあれば。
そして独自にゲヘナゲートを人工的に作る方法に成功していると

だが、ゲートを長時間維持する為には大量の悪魔の血が必要。今回はその為の悪魔狩りだったのだ。

「燐だけではない。おもえもな」

エルンストは雪男の身体の異変も知っていたのだ


野営をしている燐達
そこにイノシシの様な姿をしたヤマクジラが現れる
そこへ現れた雪男は躊躇なくヤマクジラを撃つ

しかし、ソレは森を一緒に守ってきた仲間を殺された怒りで襲って来たのだった
止めを打とうとする雪男を止める燐だったが、耳も貸さず撃ち殺す。
そんな雪男を怒鳴るが、平然とした態度。
それだけでなく悪魔全て・・・クロに銃を向ける雪男に完全に怒った燐
しかし、そんな燐を逆に叩きつけ気絶させる雪男。
そしてそこに入った連絡で燐を連行してしまう

燐を気絶させた際、完全に手が悪魔化してましたね(>_<)



「この作戦が成功すればみんな救われるんだ」

とうとう、身体の変化をシュラに知られてしまった雪男だったが、そう言って邪魔をするなら聖騎士の名において逮捕するとまで言う



「吸血武器?なんやそれ」

渡された段階から何かモヤモヤしていた勝呂は吉国に武器を写メしていた
トランシルバ侯爵所有だったというその武器。まさしく生き血を吸うという

どうにも抑えきれず雪男の所に聞きに行こうとした勝呂だったが、口の軽い人じゃなくちゃ!という出雲の言葉に椿に聞きに行く事に
(それって先生としてどうなんだろうね〜?/苦笑)



やっと気付いた燐
ここは?

「お目覚めですか?」

するとお向かいにはメフィストが!
そしてここはヴァチカン本部中枢の最下層・・・監獄だと教えられる

燐が投獄された経緯に興味を覚えるメフィスト
そして質問されるまま、お世辞にも上手いとはいえない紙芝居で説明し始める。
自分は500年ほど前、人工生命の研究をしていた。
だが、その行為はヴァチカンが固く禁じている行為

メフィストは既に研究は弟子に譲っていたが、その後も代々弟子が受け継いで研究を続けていたらしい。
その罪で捕まっていた
イゴールも弟子のそのまた弟子のまた弟子の・・・みたいな存在だったようだ
そしてそのイゴールもまた誰かにハメられたのだろうと。



言うだけ言うと、いつものように犬の姿になり、燐を置いて小さな扉から出ていってしまう。
その直後に入ってくるエルンストやエンジェル達
エンジェルは誰であろうとヴァチカン崇拝者なので、完全にエルンストに付いちゃってますね(^^ゞ
実は今回の一件に腹を立てて燐たちの味方になってくれるかと思いましたが(^^ゞ


「なるほど。こうして見るとおまえの方がユリに似ている
はじめまして。我が孫よ」




「奥村が処刑?」

椿に説明を求めに行くとそう告げられる勝呂達
しかし、椿も本部も何が何だかわからない状態

処刑は正十字学園最上部で執り行われる


そして両手を拘束され最上部に連れて来られた燐
×の字になった十字架に括りつけられてしまう

椿や勝呂は上層部に向かおうとするが、そんな彼らを待っていたのはエンジェル



燐の降魔剣を持ち壇上から降りてくるエルンストは陣の中に入ると何やら唱え始める
エルンストだけでなくその場にいる詠唱騎士も唱え始める
すると、例の吸血武器から大量に集められた悪魔の血が流れ始める
その血は陣の中央に集まってくる

すると降魔剣を構え

「呪われし悪魔の血よ。我々に示せ、地獄の門の姿を」

そして剣を陣に突き刺す
すると電撃の様なものがまっすぐ燐に向かってくる
悲鳴を上げる燐



椿をふっ飛ばし、サタンの息子など生きているだけで罪だと言いきるエンジェル
歯向かうならこの場で斬り捨てると刃を向けようとしたエンジェルだったが、それを救ったのはシュラ
自分に任せて行け!と命令する



目から鼻から口から血を流し苦しんでいる燐
慌てて駆けつけた雪男は話が違うと言うが、平然とエルンストは燐をゲヘナゲートを開く生贄とすると言い放つ。

「話が違う!兄さんを人間に戻すと言うから僕はっ!」
「燐は人柱となるのだ」

その後英雄として語り継がれるだろうと
その言葉に兄を助ける気など無かった事を知る



やっと勝呂達が辿り着いた時
その場にいた詠唱騎士團、そして燐も倒れていた
中央には大きな穴が開いている
エルンストは自分の目の前に現れたゲヘナゲートを見て狂喜する

yukio

そしてそこにいたのは青い炎を纏った・・・雪男?





もう、ラストのラストでえんらいこっちゃ!です。
なになに?この間に何が起こったの?

しかし、何かありそうと思ったらこの爺さんめっ?
全く孫を孫と思ってないし、悪魔なら例外なしって感じですよね!
雪男はすっかり騙されて・・・この子は兄を助けたいだけなのに。
きっと今度こそ自分が兄を助けるんだ!と思ってた筈なのに・・・

どうなっちゃうんですか?
どうまとめるんですか?
いろいろ気になってしかたないです



<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/ee13033fd4



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 青の祓魔師 コミックカレンダー 壁掛けタイプ 2011年11月17日発売予定

 青の祓魔師(7)


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/216-f2c20f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。