アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うさぎドロップ 第11話(最終回)「はじめの一歩」


「人の親だからって特別な事は何もないんじゃないのかな?」



映画も同時期に上映開始という事も話題の1つだったほのぼの癒し系作品も今回で最終回。
子育てはおろか結婚もまだの大吉成長ぶりも含めて毎回ほっこりだったり、ウルッとしちゃったり・・・
今更ながら教わる事の多い本当に素敵作品でした




公式HPより


りんと出会って1年。自分にとって子育てって……公園で遊ぶりんたちを見ながら漠然と考える大吉。歯がぐらぐらのりんにオロオロとうろたえながらも、またひとつりんの成長に立ち会った夜、誰かと一緒に生きていくことの素敵をかみしめる大吉だった。



原作では今回のこのお話辺りがりんちゃんの子供時代の区切りなんでしょうか?
個人的には高校生になったりんちゃんのお話が見たかったので、是非是非2期をお願いしたいものです。




「ダイキチ、私がうつしちゃった?」

やっとお腹風邪が治ったりん
しかし、今度は入れ替わりにコウキママが風邪をひいてしまったと知り、気に病む
そんなりんにどこから誰から風邪の菌を貰ったかわからないんだから気にしなくていいと慰める。

それを聞いて少し安心したのか?お見舞いの品を選ぶりん
りんがプリンと、自分と同じイオン飲料を選んでも何も言わずかごに入れさせる大吉。

その頃コウキは・・・お菓子売り場で座り込んでいると思ったら・・歯が抜けた(笑)



家の前まで送ってきた大吉とりん
そのまま帰るつもりがコウキが大声出したので中からコウキママが出てきちゃって。

心配そうにしているりんに自分もあのおじやを食べてすぐ良くなるからと微笑み、
りんの看病から流行ったかもと詫びる大吉にはどこで菌を貰ったかわからないからとやはり微笑む。

「あ!そうだ・・プリンとちっこいドリンクの方はりんからです」
「ありがとう、りんちゃん。プリン、大好物なの♪」

この辺の大吉の気遣いがニクイと思っちゃうんですよね〜



日曜日

みんなで縄跳び大会の練習をするからと朝早くから起こされた大吉
歯を磨きながら、別の歯もグラグラし始めてると気にするりん

公園には治ったコウキママの姿も


意外にも縄跳びがまだ上手く飛べないコウキにコツを教えてやる大吉に、自分もと強請るりん。

「大吉さーん!早いですねー!!」

少し遅れてやってきたのはメル友となった(笑)さやか父娘とナベちん親子

ノブ君はお兄ちゃんがいるので縄跳びが上手
さやかちゃんは・・・飛ばない上に喋らないと思ったら上の歯も抜けちゃって口を開きたくないらしい(笑)
小1でも女なんですね〜(あははっ)

そんなさやかにコウキママは可愛い入れ物を買って貰ったのかと訊ねる
そんなモノ知らない(私も知らないよ!/笑)大吉は驚くと、今は屋根に投げたり埋めたりするんじゃなく、記念として入れておく入れ物があるらしい

「ええーーっ?!りんがものすごく好きそうだー!!
ぬかったー!そんな物があるとはーー!!」
(大吉、心の声/笑)



小さい事にビビったり焦ったり りんと生活するようになってからそんな事が増えた
大吉の紹介を書いたりんの絵にもそうだったーーー

「ま、いっか」

深く考えないとこも大吉のイイとこですかね?(笑)


そしてりんはコウキママからてんとう虫の入れ物を貰って大喜び。

「投げるのと取っておくのと両方出来てイイじゃん」

こういう切り返しは本当に子育て経験が無いの?と問いたくなるナイス返球です!



そしてどうやら体重が増えてしまってたらしき大吉ものんと一緒に縄跳びを頑張る決意をし(笑)
って、他のお父さん達も一緒に縄跳び?(笑)

コウキママ中心の女の子チームは真面目に
大吉中心の男の子チームは・・・いつの間にか追いかけっこ?(爆)
でも、最初は余裕だった大吉は全身でゼェゼェ
子供たちは底なしの体力
そんな子供たちを感心していた大吉だったが・・・


「でも、大人もスゲエな」

りんと出会うまで時間なんてずっと自分の為だけに使ってきた
でも、その間もコウキママもさやかちゃんパパも、ノブ君パパも子育てをしてきたわけで。

「所謂自分の時間とか、これから先もずっと無しで平気でいられるのかな?って」

大吉の問いにポカーンとしたような表情の親3人
そして全然と笑って答える



縄跳び大会・・・りんちゃんは失敗しちゃったようで(>_<)
でも、後ろ飛びは1位
りんちゃん、やったね(^_-)-☆
賞状を見せるりんちゃんの顔が誇らしげです

「りんがイッパイ飛べるようになったのは本当の事だから。俺、ちゃんと知ってっから」

大吉の言葉にガッカリした顔から嬉しそうな顔になるりん


そして大吉の体重も無事減ったようで(笑)



大吉の実家へやってきた2人

「おばちゃん、もうすぐ抜かされちゃうわ」

行きの電車の中でりんちゃんの予想した通りの言葉が(笑)
本当にここも最初の反応とは変りましたよね〜まさに孫を見るおじいちゃんとおばあちゃんみたい。


食事中に無事歯も抜けて(笑)


一足先に来ていたカズミ
結婚を決めたらしい
しかし、イマイチ嬉しそうじゃないのは相手がすぐにでも子供を欲しがってる点。

「冗談じゃないわよ!飲みに行ったりライブ行ったり、旅行とか美味しいものとか何も出来なくなっちゃうじゃない!」

ま、私もそのクチだったので気持ちはわかるけど(^^ゞ

子供は苦手だし、厚かましい母親になりたくない
それに、自分を犠牲にしてまで子供とやっていく自信が無いと言うカズミに大吉は

「なんとかなんじゃねーの?その気になれば
なんとかするしかないっつーか・・・」


通常の経過から親になったわけじゃない大吉としては他人事と言われてもしかたない。
そしてそう言われてはカズミも返す言葉が無い


大吉がそう思えたのはなんとかりんを育てているだけでなく、コウキママ達との公園での話があったから。

「確かにゆっくりお買い物をしたりお茶したり、そういう時間は無いですよね。
でも、仕事の時間は自分の時間ですし、子供との時間も自分の時間なので 大事な」

「人の親だからって特別な事は何も無いんじゃないかな?」
「だいたい、そこら中見回したらお父さんお母さんだらけだよ」

3人の言葉にハッとさせられた大吉

「ああ、そっか そうっすね」



りんと出会って1年
そして祖父の一周忌法要

大吉の横に並んでお墓の前で手をあわせるりん

「おじいちゃん、あのね、大人の歯が生えてきたんだよ」

帰りの電車の中、初めてりんと出会ってから今までの事が走馬灯のように思い出されて・・・
そしてまたりんの元気な声が響く日常

これからも俺はみみっちい理由でオロオロドキドキするんだろう
それはあの人もこの人も同じだろうか?
なんにしてもだ、この笑顔がそのまま喜びになるような そんなのもいいんじゃないかって思うーーー




そこにりんちゃんの笑顔さえあれば・・・そんな終わり方。


「ダイキチぃーー!!!」




冒頭にも書きましたけど、本当に2期を激しく希望。
ただ、映画同様、りんちゃんが小さい時までに区切っていたので、最初こそ怒涛の展開でしたが、2,3話辺りからは正子さんの事を抜かせば本当に未婚の大吉がりんという存在を通してパパッぽく成長していく姿を本当に丁寧に映像化してくれたと思います。

絵も総じて崩れが無く、色合いも実にホンワカとした癒し系作品にピッタリで。
なにより、土田さんの声がこんなに大吉にピッタリとは!
りんちゃん役の松浦愛弓ちゃんの声も実に可愛らしくよかったです。

またOP&EDも実に作風にあった曲想で非常に好感が持てた2曲でした。
(OPのPUFFYの曲は映画でも同じ曲を使われましたね)



ただ、せっかくこの時間帯。
ここまではどちらかというと大吉視点で流れていきますが、どうやら大きくなるとりんちゃん視点展開になりそうですし、何回も書いちゃいますがそっちも希望☆


それにしても、「ハチクロ」「のだめ」「もやしもん」、そして今回の「うさドロ」とアニメと実写の連動が好きなノイタミナだな・・・(笑)




これでうさぎドロップのレビューもおしまいです。
最後までお付き合いありがとうございました



<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/c5f1886958



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 ≪初回仕様≫うさぎドロップ 第3巻 【Blu-ray disc 専用】

 うさぎドロップ UVチェッカー付きミラーストラップ


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/224-8d5f8e30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。