FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

ぬらりひょんの孫 千年魔京 第1話「覚醒、奴良組三代目」


「よくわかんないけど、情けない人にならなければいいんじゃない?」


夏アニメ第二弾です



公式HPより


幼い時分、父を亡くしたリクオにとって父、そして祖父が務めていた妖怪の総大将は憧れであり、その3代目を引き継ぎたいと思っていた。しかし妖怪が実は悪いことばかりをする存在だと知ると、人に嫌われる妖怪にはなりたくないと言い出す。奴良組本家2代目死去後、総大将の座を狙うガゴゼはそんなリクオを不甲斐なく思い、いっそのことクラスメイトとともに葬ってしまおうと企む。そしてカナ、清継たちの乗ったバスがガゴゼ組に襲われた。そのことを知ったリクオはクラスメイトたちを助けようと、黒田坊、雪女たちを引き連れ屋敷を出ようとするが、そこに奴良組相談役の木魚達磨が「人間を助けるなど言語道断」と立ちはだかった。



恒例のキャスト貼り


奴良リクオ:福山 潤
リクオ(幼):喜多村英梨
奴良鯉伴:藤原啓治
雪女(氷麗):堀江由衣
青田坊:安元洋貴
黒田坊:鳥海浩輔
首無:櫻井孝宏
毛倡妓:かかずゆみ
鴉天狗:間島淳司 
納豆小僧:新井里美
木魚達磨:辻 親八
一ツ目入道:松山鷹志
三ツ目八面:広田みのる
ガゴゼ:廣田行生
清継:谷山紀章
家長カナ:平野 綾
巻 紗織:阿澄佳奈
鳥居夏実:平田真菜
島 二郎:柿原徹也

少女:能登麻美子

ぬらりひょん:大塚周夫




こちらもおかえり!ですね(^^)

ただ、1期はとにかく引き延ばしが目立ってかなりイライラっとした展開になりました。
今期はその点を上手くやって頂きたい!
そしてこの羽衣狐はより激しいバトルが展開されていくわけですが、なんでもバトルがお得意なスタッフさんを集めたという話を小耳にはさみました。
どんな風にバトルシーンを展開させてくれるのか?その辺も楽しみに視聴していきたいと思います。





冒頭、いきなり登場の可愛い幼いリクオ。そして鯉伴さーーーん?????

しかし、遊佐さんの息子を藤原さん・・・と考えるとどこか可笑しい(笑)


無邪気に駆けまわる息子を微笑みながら見つめる鯉伴
ふと後ろを見るとミステリアスな雰囲気をまとった少女が。


七重八重
花は咲けども 山吹の
実のひとつだに なきぞ悲しき


そう呟いた次の瞬間、グサリという音と共に鯉伴は倒れる
鯉伴を刀で貫いた少女
リクオの目の前で父は絶命し そして少女は妖しくリクオに笑いかける




「なんじゃ、こりゃ!」


小学生(8才)になったリクオは雪女や、青田坊、黒田坊、首無らにいたずらをしたり・・・
楽しく毎日を送っていた
(しかし、首をボール代わりにされてる首無って・・・(泣))

父親代わりとして温かく見守っている総大将

「これで僕に譲ってくれる?三代目の代紋」

この頃のリクオの口癖
妖怪の真の恐ろしさを知らず。妖怪はイイ奴らと信じて疑わなかった
祖父の話も嬉しそうに聞いたりしていた

周りの妖怪たちもリクオの前では畏れの対象ではなく(それは今も変わりませんね(^^ゞ)
なので、学校では妖怪を恐ろしい対象として喋る清継に
「妖怪ってイイ奴らだよ!」
と言い返してしまったり

だがここで、清継からぬらりひょんとはどういう妖怪かという事や、実在していないと言われてしまい、さらに反発しようとするとクラス全体から「いない」「ウザイ」と言われてしまう。
項垂れてしまうリクオ



さらに親分衆の集まりに出た際に総大将からリクオを三代目にと推挙される
大反対するガゴゼ
そのガゴゼが子供の神隠しの張本人だと知らされる
楽しそうに大量の子供たちを地獄送りにしたと話し舌なめずりするガゴゼ
周りの妖怪たちも楽しそうに自分たちがやった事を話している

「そんな・・そんな・・こんなのって!」

そんなガゴゼを褒めつつもやはり三代目はリクオしかいないと採決を取ろうとするぬらりひょんに対し

「嫌だ!こんな奴らと一緒にいたら学校でもっと嫌われちゃうよ!」

自分が信じていた妖怪が人間を襲うモノだったーーー

「知らなかった!妖怪がこんな悪い奴らだって知らなかった!」

その事にあれだけ欲しがっていた三代目の座を断ってしまう。
しかし、そんなリクオをニヤッと笑うぬらりひょん
でも、

「全然爺ちゃんになんか似てないよ!」という言葉にはショックを受けたみたいだけど(笑)


この辺は、妖怪を美化しているのを知っていてワザと持ち出したのかな〜?


だが、ここで木魚達磨やガゴゼがリクオを推す総大将に反発を示す




すっかり凹んでしまったリクオ
清継には「妖怪くん」と呼ばれてしまう

「よくわかんないけど、情けない人にならなければいいんじゃない?」

カナが一生懸命元気づけるがどうしても一緒のバスに乗れない


途中で鴉天狗に見つかり、
運んで貰って家へとたどり着くと、カナ達が乗ったバスが大変な事になっていた
慌てて駆けつけようとするのを止める木魚達磨

「人間を助けるなど言語道断!」

そんな木魚達磨に喰ってかかる青田坊
悔しそうに身体を震わせるリクオに変化が!


「止めねえか!時間が無ぇんだよ」

髪が伸び・・誰の目から見てもリクオの姿が変化していく

「なぁ、みんな。俺が人間だからダメだと言うのなら、妖怪ならおまえらを率いて良いんだな?
だったら人間なんてやめてやる!!


1期にも出てきたチビ夜リクオ初覚醒の瞬間です

「今夜はなんだか血が熱いな」
「それが妖怪の血です。リクオ様」
「リクオ様はわし等を率いて良いんです。あなたは総大将の血を1/4も継いでいるのですから」


そしてトンネル内でガゴゼと対峙する夜リクオ
ガゴゼはリクオの命を狙ってパスを襲ったのだった

「子供を殺して大物面か」

ガゴゼの性根を小者呼ばわりする
そして相手がリクオとわかったガゴゼは部下を向かわせるが、それらは全て青田坊たちがやっつける

今回は復習も兼ねてなのか?一々絵がストップして名前入りで紹介(笑)
バトルとしては動きは見られないけど見せ方はカッコイイ??
しかし、なぜかやはり原作以上に河童が目立つ(爆)

そこでガゴゼはバスに乗っているカナ達を盾にしようとするが、間合いに入られ、リクオに一刀両断される。

「俺がおまえらの上に立つ。俺が三代目を継いでやらぁ!
世の妖怪どもに告げろ!俺が魑魅魍魎の主となる
全ての妖怪は俺の後ろで百鬼夜行の群れとなれ」


ガゴゼは誰よりも恐れられている自分が何故?と疑問を持つが、同行した木魚達磨はリクオの姿に、忘れかけていた総大将の真の器について気付かされる


「闇の世界の主とは人々にさえも畏敬の念を抱かせる、真の畏を纏う者である」

しかし、ガゴゼを斬りその場に倒れた夜リクオは元のリクオの姿に戻ってしまっていたーーー



そして4年後

nurakumi2

おそろいの法被着てリクオ配下の者達は士気が高まっている
そんな様子を苦々しく眺める一ツ目入道と三ツ目八面
リクオはリクオで、人間の友人らとの関係も今までどおり
それでも、妖怪絡みの事件を「面白そう」とニヤリと笑って・・・






今回は父の死。そして今に至るまでのリクオの心情の変化についての回でした。
おさらいにはちょうどイイ内容だったでしょうか。
それでも、みんなを守りたいというのは根底に残しつつも楽しむ風が出てきて・・
その辺が一番変わってきた部分でしょうか?

でも、やはりトップに立つ総大将は人を見る目がありますね〜(^^)


次回はコニタンとノジケンさんの声が聞けそう♪めっさ楽しみです




トラックバック用URLはhttp://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/376feb346eです




にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします



 ぬらりひょんの孫 千年魔京 3Dマウスパッド 予約(7月発売予定)

 ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜 第1巻 (DVD+CD)[9/23発売]


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/367-7ded7251
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: