アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界一初恋2 第5話「Follow love and it will flee thee,flee love and it will follow thee.」






杏ちゃん登場☆

そして正直、今回よりも次回の「純情ミステイク」に心が飛んでます(笑)




新年
心機一転、清々しい気分で仕事をしている   わけもなく(笑)
ドヨンとしたいつもの空気の中
どうしてこうなっているかというと、バレンタインという悪習の為に特大号とか作らなくてはならないから!(笑)

そして律はというと。正月いきなり企画書をあげろとメールが来たのだ。
要領のわからないまま短期間でという無理難題な命令
そして武藤先生がネーム直しを納得してくれない
八方ふさがり状態の律

「う゛う゛ーっ、胃が痛い」



「説得しっぱーい!」

考えますとは言ってくれたものの納得してないまま電話を切られてしまった
失敗していないと反論する律だったが、遮るように絵梨佳様のネームを全員でチェックする。
これは高野の方針だった


それが終わると、律を呼びとめ、自分のやり方を聞いていろと言われる。

「何が足りなくて何が余分で、何でそれを求めてんのか。
それを的確に作家の性格に応じて使い分けろ」


律が出来ていないところを的確に指摘する高野
それでも一言何か言わないと気が済まない律っちゃん?(笑)

しかし、聞いていろという高野さんの説得の仕方

「ここ、つまんねーから全部直して」

参考になりませんっ?(笑)


会議といい、いろいろ諸々・・・胃に穴が開きそうという予感の律っちゃん
そこに新たな火種が(爆)

正月、フランスに行っていて会えなかった杏ちゃんから電話が!
土産を持って家に来ると言う
何時になるかわからないからと一応断るものの断り切れずに・・・

「誰、それ?」

Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ 聞かれた?

「おまえの女か?」

違います!と否定する律に何か言いかけた高野だったが、そこに現れたのは井坂だった

「おまえからも言っといて!正月の餅、美味かったって」

井坂と律パパは以前からゴルフ仲間で、再就職の時も相談されたと知ってしまった律
自力で入れたとばかり思っていた丸川も父親の力で・・・?
さらに、高野もその事を知っていた

自分の実力の無さを思い知らされたようで落ち込んでしまう律

「恥ずかしい・・・」

こんな浮付いた気持ちのまま会議に出なくてはならなくて。
それでもきちんと提案と意見を言う



帰りの電車の中
高野に引っ張られるように一緒に帰る律
大量のビールが入った袋を渡し、これから自分の所に来いと言う高野

「おまえ、酔っ払った方がベラベラ喋るからな」

愚痴でも何でも聞いてやると言われるが断る律。
どーしてもそれ以上をしそうだし(笑)

七光りについても、他者より最初から一歩先に出れるのだから、利用してもっと先に進んじまえと言う高野だが

「・・・自信とか付けられるもんならとっくに付けまくってますよ」

高野の言葉は仕事が出来て自信がある者が言える言葉。
それに対して、自分は小さい事でも自信が無くて、判断も出来なくて。
指摘されて気付く事もまだまだ多くて
さらに親の力での入社と言う事実

「今日の企画会議の発表、よく出来てた。次に繋げろ」

グルグルしている律の頭に手を置いてそう言う高野
励ましの言葉にドキッとしていると・・・突然の急停車
おまけに車内が真っ暗になってしまう。
その隙にすかさず律にキスをしてくる高野

「なに・・してんですか・・」
「キスじゃねえの?」

ちゃんと時と場合を選んだと言う高野さんですが・・・そういう事なの?(笑)

また昼間の電話について聞きかける高野だったが、電気が付いた事でまたそのままになってしまう。

「俺がいたいんだよ」

やっぱりうちに来いと言う高野
電車を降りてマンションまでの道、そのまま逃げられないように手を繋ぐ高野

「無理矢理連れ込む」

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
高野さんのこういう台詞がタマンナイ ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

そしてその手を何故か振りほどけない律



「律っちゃん!」

実はちょっとイメージが(^^ゞ
いや、田村さんの声がじゃなく、この時の言い方がもっと「帰ってきた!」みたいな感じかな?と思っていたので。


「よかったー!マンション間違えたかと思った」

杏の名前に昼間の電話の相手とわかったのか固まる高野
しかし、そこは「彼女?」とだけ聞いてマンションの中へと入って行ってしまう高野
律も杏をタクシーに乗せるところまで送って行くが、内心は高野に誤解された事にパニックを起こしていた。

「誤解を解かないと」

しかし、自分と高野さんは恋人同士じゃない
だいたい、昔付き合ってた人とどうにかなるわけもない
自分の為にはこのまま誤解させていればいい

そう思うのに、結局餅を持って高野の部屋のチャイムを押している律
扉は開けてくれたものの、猫に会いに行くから帰ってくれと言う高野

猫に会いに行く=横澤さんのとこに行く
思わず高野の腕を掴んでしまう律

「婚約者とか親同士が勝手に決めた事で、俺もあの子も本気になんてしてないです!」

しかし、あんな寒い中を顔が真っ赤になるまで立っていた彼女は好きな筈と言う高野

「てか、それ俺に言ってどうしたいの?」

昔はともかく、今はただの上司と部下な立場
即答できない律に高野は手を離すよう言う
しかし

どうしても行かせたくない!離せない!

再び高野の腕を掴んだ律は昔、杏に告白されて断った事を話す

「なんて?」

言わせたいのね〜!高野さんも自信が無くなる瞬間だものね

「ずっと好きな人がいるから・・って
・・・・横澤さんの家に行かないで下さい」


kiss12

律の言葉を聞いて、ドアに律を押し付けキスをする高野


「俺はおまえの10年間を知らない。だから全部教えろ 全部、包み隠さず
俺は全部知りたい」


いつも罵倒するような事ばかり言う高野のこんな言い方
そして宝物のように自分を抱きしめてくれる高野の腕

「言わない。今まで生きてきてこんなにもドキドキしてしまうのはアンタだけだって
悔しくて言えるもんか」


dakko

部屋での会話とHシーンは本来裸。
↑の映像も本当なら肌色多めのシーンになる筈だったんですが・・・
綺麗だけど、違和感もないけど・・・本当にセカコイはロマンチカ以上に肌色率が低過ぎますな(^^ゞ




絵梨佳様の原稿が面白くなってあがってきた

律も高野に言われて武藤先生のところにお伺いの電話をするが・・・
45分後

「もう限界だ・・・

すみません!正直、そのままだとツマラナイんです!」


言っちゃった(笑)当然、電話は切れてしまい・・・
そしてツマラナイという言葉は絵梨佳様と千秋にだけ有効な言葉だったというオチ(爆)
絶対にワザと言わなかったよね?高野さん(≧m≦)ぷっ!

そして5分前に時間が戻るわけもないのでした




あはは〜!本当にもどかしい2人ですよね。
高野はともかく、律だって心では受け入れられていなくても行動で「好き」って言いまくってるのに・・・
でも、やはり当て馬というか・・・
ライバル?出現が一歩進ませるのは変わらないみたいで。
律のあからさまな引き留める言葉は大きかったし、俺様な高野さんの不安げな言動が見れたのも貴重な内容でした。




【予告】丸川出版用語集 専務取締り


耳にはしていましたが、ロマンチカではなくセカコイでミステイク放送!



楽しみですね〜♪
BLとしてのオッキーボイスが聞けるのも本当に久しぶりなので(〃∇〃) てれっ☆
今回、次回と続けてモリモリが聞けるのも嬉しいっ!!
昨夜、リアルタイムで見ていてついつい滾っちゃいました(笑)




<トラックバック用URL>http://tb.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb/62663e23e7



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします



 世界一初恋2 第1巻 (本編ディスク+特典ディスク) (限定版)


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/37-9f8b6a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。