FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/11

デッドマン・ワンダーランド 第1話「死刑囚」


春アニメ第9弾です



あらすじ(ウィキより)


東京大震災から10年、疎開先の中学に通う五十嵐丸太もクラスメイト達と平凡な生活を送っていた。だがある日学校に「赤い男」が現われ、丸太の運命は一転することになる。無実の罪で死刑宣告された丸太は、完全民営化刑務所「デッドマン・ワンダーランド」に送致されることに…。



恒例のキャスト貼り


五十嵐 丸太 朴 ?美
シロ 花澤 香菜
千地 清正 加藤 将之
鷹見 羊 梶 裕貴
鷹見 水名月 野水 伊織
マキナ 本田 貴子
春日今日子 堀川千華
玉木常長 諏訪部 順一

剣ヶ峰 凪 小野大輔
輿緒唐子 伊東久美子
六路文堂 福山 潤
東 弦角 森川智之
咲神トト 沢城みゆき





まず、エウレカを思い浮かべる絵に惹き付けられました
というのも漫画版のエウレカを原作者が担当していたからでしょう。
エンディングもニルギリスというのがまた意識された感じでイイですね!




デッドマン・ワンダーランドのCMを見ながら、学校で朝食を取る少年・ガンタ

修学旅行が刑務所見学?
東京にあるそれは遊園地の様な刑務所だというが・・・

ガンタも昔東京に住んでいたらしいが、本人は記憶が無い

しかし、行き先が東京となると複雑に思う連中もいる?
アカハナ?


授業が始まる予鈴が鳴り、みんな着席する
しかし、外では男が空中に現れ少しずつ下へと降りてくるシルエットが・・・


「なんだ?」

突然聞こえてきた歌に気付くガンタ
何処かで聞き覚えがある
・・と、外を見ると窓の向こうに人影が


「浮いてる?」

みんなその男に気付き大騒ぎになるが、次の瞬間、その男が攻撃をしてくる

「いってぇー!なんだ?今の・・」

起き上がって周りを見回すガンタ
友達のミミを見つけ声をかけると、その向こうにあの男の姿が

すると男の右手に赤いダイヤが現れる

「ころ・・され・・」

するとその男はガンタにその赤いダイヤをガンタの心臓の辺りに撃ち込まれる
そのまま意識を失ってしまうガンタ



ここまでがアバン
今回はOPは無しかな?



気付くと病院のベッドの上
すると警察の人間がガンタを容疑者として連行すると言う

ガンタのクラス30人中29人が惨殺されており、目撃者も無し

「こ、これって・・」

訳もわからず手錠に繋がれてしまったガンタ
国選弁護人の玉木と名乗る男(声は諏訪部さん)がガンタに名刺を渡す。

そのまま連行されていく
必死に赤い男の話をするも、自分の襲われた痕は消えていた

「心配しなくてイイですよ
君の為に最善を尽くすと約束するよ」


嫌な感じの笑みを浮かべる玉木の言葉を信じ涙ぐむガンタだったが・・・



「五十嵐丸太被告を死刑に処する」


「そんな・・嘘だろ・・・なんで俺が・・・」


ボーゼンとしていたガンタだったが、あまりの理不尽さに叫び暴れ出す。
その言葉に亡くなった生徒たちの遺族達が乱入し、ガンタを蹴ったり殴ったりする
必死に自分じゃないと言うが、そんなガンタを最後に殴りつけたのはミミの父親だった!

「ふざけてるのはおまえだろうがー!」


するとポケットの中からでた携帯から映し出される映像
尋問中のガンタの様子だった
自分がやった事を肯定してるだけでなく、殺人を楽しんだ言動が

しかし、実際はガンタはこんな事を言っていない
なのに、玉木はウッカリ盗み撮りされてしまったようだとヘラヘラしている

「残念だが、もう弁解の余地は皆無だ」

そう言いながら立ち去る玉木の顔がニヤリとする


この男がもしかして・・・?



弁護人にも見捨てられ、完全に立ち直れなくなってしまうガンタ





デッドマン・ワンダーランドの上で歌を歌っている白髪の少女

「ガンタ?」

突然、歌うのを止めて立ち上がる少女
彼女はガンタの知り合いなのか?
しかも顔を見たわけでもないのに察知する力があるのか?

そしてデッドマン・ワンダーランドとは

10年前東京を襲ったデッドホール
ここは東京復興を狙って建てられた観光事業を兼務した日本唯一の完全民営化された刑務所




「私が監視長の蒔名だ」

蒔名よりこの監獄の説明がなされる
民営化による独自の体制と刑務所と拘置所の統合による合理化
囚人のショーなどの収入で経営されている

そして首に撮り付けられている輪っか状のものも様々な機能が搭載されている


「あ!ゴメン」

突然、荷物を積んだカートをガンタにぶつけてしまった少年(声は梶さん)


すると、その少年に盗んだ物を出せば許すと言い出す蒔名
そして出さないなら償え!と突然斬る
それを見て狂ってると言う囚人

「狂っていようがいまいが、不条理こそが現実だろうが」

その少年の頭を踏みつけ平然とそう返す蒔名

「現実から逃れる術はない」と言い放つ


「さっきの派手過ぎません?死刑ルールの説明もしないし」

蒔名と話しているのは弁護人と思った玉木
うちのと言うという事はここの責任者?

さらにガンタは死刑を待たずに事故死する事が決定事項?

「何をそんなに焦る?」

どうやらこの蒔名という女性は玉木の言いなりというわけではなさそう?


すると、プレゼントを貰ったらどうしますか?と玉木は質問してくる
そして待ち切れずに袋を破っちゃうタイプなのだと



働かされているガンタ
バーナーの火花にミミ達と花火をした時の事を思い出す
そして赤い男
突然連行されてしまった事

「もう死にてぇよ」

そんなガンタの目の前に白い髪の少女が降り立つ

「ミミ・・」
「死にたいなら私が殺してあげる〜」

屈託ない様子で鉄パイプを振り回す少女

「そっかぁ。死にたいのは嘘だ
ここは死にたくないって言ってるよ」


心臓の辺りに手を置いてそうニッコリ笑う少女

「なんでわかるんだよ、そんなの」

泣きそうな顔のガンタにわかるよと微笑む
関係ないじゃないかと言うと

「関係あるよ!ガンタとシロは友達だもん」

名乗ってもいないのにガンタの名を知っていた少女

「死にたい嘘なら元気出せ」

しかし、友達というなら何故殺そうとするのか?

「ガンタは殺さないの?」
「殺さねえよっ!絶対に・・・友達を殺すもんか」

ポロポロと泣き出すガンタをキョトンとした顔で見つめているシロ


するとガンタに絡んでくる男

「嘘はダメっ!」

絡んできた男をいきなり突き飛ばすシロ
彼女を殴ろうとした男だったが、反対にやられっ放し
それを見た仲間がスコップで彼女の後頭部を殴り倒す
それを見たガンタが飛びかかるが反対にボコボコにされてしまう


「赤い男を見た・・・ねぇ
レチッドエッグの罪の枝を見て生き残るとは運がいいなぁ
いや、悪いのか」


大笑いする玉木

玉木は赤い男を知っている?
レチッドエッグ?罪の枝?

「五十嵐丸太君の進路は2つ
ペッチャンコになって死ぬか、私の玩具になるか」



男達に殴られて痛いと心の中で叫ぶガンタ

「違う!痛いのは・・・」


すると突然DWの建物が爆弾によって爆発しガンタの上に崩れてくる


「本当は死にたくない。無実だって証明して・・・アイツをあの赤い男を死刑にして、みんなの・・ヤマカツ達の仇を取りたい!」

そう思った時、あの赤いダイヤが光り出す


「俺は生きたいんだ!

するとガンタの左の掌に赤い光りが集まり、落ちてきた建物を弾き飛ばしたのだ



内部では、受刑者が他の受刑者を人質にキャンディーを要求している
しかし、駆けつけた蒔名は世間話でもしていればじきに死ぬと他の看守の女性に言う
そして蒔名の言うように、呆気なく死んでしまう受刑者

そして受刑者の全てが口にしているキャンディー




何が起こったのかわからないが、とにかく助かったガンタ
だが、ガンタに暴力をふるっていた男たちは死んでしまったよう
シロは?と慌てて揺するとピンピンとしていて今度一緒におやつを食べようと言う

「シロとガンタは友達だもん」





掴みは面白そうです
ただ、シロの言動とガンタに起きた出来事が真逆で・・・
かなり残酷なシーンも出てきそうでその辺が(^^ゞ
でも、本当に恐いのはどうやら黒幕な雰囲気の玉木が何を考え、ガンタをどうしようとしているのかですね。

シロはかなり強そうですが、何故ガンタの名を知っていたのか?
EDを見ると確かに小さい頃知り合いみたいですが


とにかく1話の冒頭からいきなり話が動き、伏線イッパイで・・・
まずはもう少し見ていかないと判断出来かねますが、多分私の好きなタイプの作品じゃないかと思います(^^)
続きが楽しみですもん

それにしてもちょっと久しぶりに悪らしい諏訪部ボイスです♪



◆19日よりTB受付機能が停止致します
この記事にTBが飛ばせない場合はコチラにお願いします



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 DWB feat. ニルギリス / TVアニメ「デッドマン・ワンダーランド」エンディング主題歌: : Shiny Shiny


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/497-092ec46e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: