アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤崎都/中村春菊:原作
「世界一初恋〜吉野千秋の場合(4)〜」
角川書店





吉野千秋は『吉川千春』というペンネームで、少女漫画を描く超売れっ子漫画家。
そして恋人は、幼なじみでもあり超多忙な担当編集でもある羽鳥芳雪だったりする。そんなある日、吉野の作品がゲーム化されることに。ところがゲームを担当する有名クリエイターの高屋敷玲二は、羽鳥の大学時代の友人で、その上羽鳥を狙ってるようで!? 






送料の関係で、到着が皆様宅より1ヶ月遅れて到着したこの本。

アニメを見てやっと少し浮上出来たのでもう一度だけ書いてみます!(笑)
というか、案外レビューを書いてらっしゃる周りにコミックスは読んでるけど・・・な方が多かったのが判明したので(^^ゞ

代表でも何でもないけど(爆)




さて、今回まずは鬼のかく乱?それとも必然??
羽鳥が熱中症でぶっ倒れるというあってはならない事態から始まります!

当然、慌てふためいて病院に駆けつけたのは千秋
聞けば、高野さんから連絡を貰ったのだとか。

一体、高野さんはこの2人をどうとらえているのか?
案外、全てわかった上で知らないフリをしているのではないだろうか?

とにかく千秋にもわかる羽鳥の行動パターン(笑)

退院できたところで高野に連絡を入れると、週末でキッチリ体調を整えて来い!というお達し。
高野は羽鳥の行動を読んだ上で、お目付け役として千秋を呼んだというわけですね〜。

それにしてもエメラルド出版お抱えの超人気漫画家をほぼパシリの様に扱う高野編集長恐るべし(爆)



まぁ、全て諦めて千秋の言う通りにする事になった羽鳥
買い物をして、家に辿りつけば自分が家事をする!と言い出す、幼馴染兼恋人に、小学生でも出来そうな用事のみ頼むオカン羽鳥さん
しかも、羽鳥の役に立てた事に大満足して病人より先に眠ってしまった千秋。

それでも、千秋と2人っきりで自分の事だけ考えて、自分の為に動いてくれる恋人の寝顔を見ているだけでニヤける顔を戻せない羽鳥氏であった(笑)






今回の4巻の本題はこれから。


千秋の作品がサウンドノベルズ化する話が本格化する
メンバーに加わるクリエーターが実は旅先で会った羽鳥の大学時代の友人・高屋敷だった。
なんとなく苦手意識がある上に、自分が大学を辞めて以降の自分の知らない羽鳥を知っている人物。
それだけでなく、少女漫画家なのに実は男・・・という今の自分を隠して接しなくてはならない。


そんなある日、人と会うと言って出ていった羽鳥が会っていた人物が高屋敷だと、コンビニに買い物に行った時にわかってしまった千秋
羽鳥も明らかに動揺しているようで・・・


それから羽鳥が絡むと、なぜか高屋敷の影がチラ付くようになってしまった日々。



そんな中、羽鳥からは出張とだけ聞いていたのに、何故か同行者は高野が担当している一之瀬恵梨佳だと柳瀬から聞かされる
先日、実は急遽助っ人に頼んだアシから「吉川千春は男性」と噂を広められてしまい、それをもみ消すのに一之瀬先生に力を借りたという出来事があったのだ。

一之瀬は羽鳥がお気に入りで(1巻でもずっと付きまとってるシーンあり)、高野が同行出来なくなった穴埋めとしてご指名だったようだ。


恋人だとはわかっていても、女性と昼夜問わず一緒にいる・・・という事にモヤモヤしてしまう千秋。
さらに確認の為に電話をしても相手が羽鳥だから正論で返してくるし
一之瀬が戻ってきたと突然電話を切られたり、2人の恋路を邪魔する気満々な柳瀬が余計な一言を付けくわえてくるものだからますます気になって。



さらに心配を拡大させたのは、資料を取りに羽鳥のマンションまで行った際にまたまた出会ってしまった高屋敷。
誘われるまま(自分が知らない間の羽鳥を知りたかったというのが大きな理由)、高屋敷と食事をする事になった千秋。

そこに羽鳥から電話が入る
電話の向こうには一之瀬らしき女性の声 モヤモヤ
突然、高屋敷に携帯を取られ勝手に喋り始められてしまった 今度は羽鳥がモヤモヤ(笑)


「奪うしかないかな〜?」

しかし、一番仰天させられたのは高屋敷が羽鳥を狙っていると公言された事。


この事でせっかく一週間ぶりに戻ってきた羽鳥と喧嘩した形になってしまった千秋
キスしようとした羽鳥を突き飛ばしてしまったのだ

今日は帰って・・・という千秋の言葉通り帰っていったが、拒絶された時はさすがの羽鳥も傷付いた顔をしていて(>_<)




こんな感じで話は進み、
携帯が繋がらない羽鳥に予感が働き飛び込んでいくと、まんまと高屋敷に乗っかられていた羽鳥。

実際、羽鳥の体格なら千秋が飛びこんでいかなくても貞操は守れたでしょうけど(笑)
羽鳥からしたら、恋人が助けに来てくれて、さらに「恋人だ!」と高屋敷に堂々と宣言してくれた方が嬉しかったみたいで(^^ゞ


羽鳥ニヤ顔パート2させる事になってしまったんですね〜





まぁ、高屋敷さんもアッサリ引いてくれたし、仲直りも出来たし万事めでたしめでたしですな(〃∇〃) てれっ☆




今回も、編集者としては厳しい羽鳥ですが、
どのタイミングでスイッチが切り替わるのか???

恋人モードになると、相変わらず激しいお方で(爆)
なので、そうなると途端に台詞がググッと甘くなったり、ちょっとイジワルになったり。
そんな中で私が気に入った台詞(@羽鳥)は


「一生一緒にいたい
ケンカしたり、一緒に喜んだりする相手はおまえがいい。
おまえじゃなきゃダメなんだ」



これかな?

とにかく28年間好きでやっと手に入れた恋人ですものね〜

それに対して老後の夢を語る千秋
もはやどっちもプロポーズですよ(笑)


高屋敷さん。そもそも勘のイイ人だったみたいで・・・
吉川千春=吉野千秋だと見抜いてましたね〜
でも、喋らないと言ってくれてたしこちらもOKOKです。


それと、酔っぱらうと(疲れ過ぎると?)甘えモードな羽鳥っていうのも、なかなか見られない一面で。
これ、アニメでやってくれないかな〜?ダメだろうなぁ(>_<)






しかし、出番はそんなに多くないのに、毎回綺羅星の如く印象に強く残っちゃう柳瀬君。
冗談と言いつつ、「それ、まんざら冗談じゃないでしょ!」と言いたくなる言葉や、
羽鳥はSかMか?発言

それはラストの春菊さんの漫画にも出てきて。
とにかくカラーでも、本編でも、書き下ろしでも、とにかくニヤ〜とした彼の目

高野さん達の横澤さんじゃないですが、「もっとかき回しちまえ!」と思ってしまう私はS気質だからでしょうか?(爆爆爆)

どっちも相手の事をちゃんと好きだし、大事にしていてイイ奴で。
それなのについ、あわよくばを狙ってるかのように受け君をザワザワさせてしまうその言動(笑)

特に柳瀬君の場合は神谷さんでしょ?
彼が喋ると柳瀬君ヨロシクSっ気ある声なので、脳内、私の方がゾクゾクザワザワしちゃうんですよね〜(うふふ?????





それにしても、高野さん達の方はまだ律っちゃんが自分の気持ちと高野さんの気持ちどちらも受け入れきれていないのでまだまだ続きそう!って思いますが、
ここの2人は今後どう展開されていくんでしょうか?

正直、ロマンチカチーム(ロマンチカ、エゴイスト、テロリスト)は全員コッチ系(羽鳥達カプ)ですよね。



ここだけの話、登場人物だけはどんどん増えていきながらゴールが見えず、話も進んでいかないロマンチカチーム
少々、飽きが来ているのは確か。
こちらと同じようになっていかない事だけ祈りたいです。

好きな人達の話は確かに読みたいけど、やっぱりダラダラは魅力が薄くなっていく気がするので個人的には反対です。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
うんうん
吉野カップルはサクサクと話が進んできたので好きなのかもしれません

最初はグルグルしてた吉野も最近は自覚しましたからね

この巻はイチャイチャだったなって思いました



ロマンチカ・・やっと話が動きを見せた気がします・・・

社会人になった美咲の話までやるのかな?伊集院先生もからんできそうですからね

でもそうするとかなり長くなりそうで・・間延びするのは私もイヤだなって思います
2011/05/09(月) 19:52 | URL | ぶっく3674 #79D/WHSg[ 編集]
ぶっく3674さん
こんばんはー(^^)

レス、お待たせしました



>吉野カップルはサクサクと話が進んできたので好きなのかもしれません

>最初はグルグルしてた吉野も最近は自覚しましたからね

>この巻はイチャイチャだったなって思いました



確かに、千秋は意識するのも受け入れるのも早かったですよね!

ただ、恋人同士でありながら仕事のパートナーでもあるので、甘甘になりそうでならなくて、ならないかと思うと甘甘で・・・ってほとんど羽鳥に翻弄されてた?(爆)



この巻も甘イチャでしたよね!

某ハイカラ漫画の小説家さんと同じ名字の高屋敷さんも、引き際はサッパリしていたので嫌な印象なかったし。



>ロマンチカ・・やっと話が動きを見せた気がします・・・

>社会人になった美咲の話までやるのかな?伊集院先生もからんできそうですからね

>でもそうするとかなり長くなりそうで・・間延びするのは私もイヤだなって思います



早く届かないかな〜!

動きがあったんですね?

しかし、中村さんもどこまでで区切ろうと考えてらっしゃるんでしょうね?

昨夜の榎田さんの引き際を見ると、ロマンチカもそろそろどうなんだろう?と思ってしまいます(^^ゞ
2011/05/13(金) 21:57 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/546-12735474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。