アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正直、今回はカテゴリをBL小説にするかBLCDにするか迷いました(^^ゞ

新譜・【予約特典付きは終了】致しました☆☆小説家は懺悔する☆ 小説家は懺悔する

菱沢九月原作、高久尚子 絵
「小説家は懺悔する」★★★★☆
キャラCDコレクション(原作 キャラ文庫)

松永律:武内健
佐々原脩司:森川智之
一柳克己:鳥海浩輔
一柳匡史:千葉一伸
水越憂理:石塚さより
店長:朝倉栄介
カメラアシスタント:桑原敬一
インタビュアー:門田幸子


バイト先のオーナーであり、同棲生活までしていた恋人に店ごと捨てられた律は転がり込んだ友人の克己に薦められるまま人気作家の佐々原のうちに住み込みの家政婦もどきのバイトを始める。
初対面から風貌といい声といい失恋の痛手も忘れるほどよろめいてしまった律だったが、口を開くと失礼三昧な言葉に呆気に取られる。
しかも、律の身体の変化を知られて関係を迫られた時も「小説のネタになるから」と密かに佐々原に思いを寄せる律をガッカリさせるものだった。
そんな律を唯一喜ばせる佐々原の一言、それは


「おまえが作った料理が一番美味い」

そんな一言に無性に嬉しくなれた。

ウソとも本気ともわからない愛の言葉を囁きつつ律を抱く佐々原。
そんな彼の作品が映画化されることになり、主演女優の水越憂理からの電話に律が今まで聞いたことがないような優しい声で「愛してる」と囁いているのを聞いてしまう。



この作品は本当にずっと気になっていて、CD化される事を知った時にもキャストが良いから買おうかなぁ〜?でも原作読んでないしなぁ〜!とウロウロしていた作品でした。
この作家さんの本はこれが初めてですが、雑誌にもずっと宣伝が載っていたし絵が高久さんだし・・でもなかなか原作を見に行く暇が無くて・・・と思っていましたら!
なんと課題図書で回ってくることになりまして思わず飛びついてしまいました。

読み始めましたが、実は途中まではちょっと引き気味になっていたんです。
理由はあまりにも恋愛下手な主人公達のバックグラウンドが痛くて
特に佐々原の母親と奥さんの話は痛かったです。
そんなトラウマがあるから素直に相手に飛び込めないのが言葉足らずになって・・・誤解が生じる。
でも、相手を自分のテリトリーに入れてしまった瞬間、別れて生きるにはあまりにお互いが弱くて。
そんな揺れ動きといえば適切なんでしょうか?武内さんと森川さんが熱演されていました。


実は、眼鏡をかけた佐々原の顔に森川さんの声は合わないと思っていたんです。眼鏡をかけていなければ別ですが。
なんとなくイメージで高久さんの絵に森川さんの声が合わないって気がしているんですよね、私。
そして実際に聞いてみて、やっぱりそのとおりだなとは思いました。
ただ、私だけでなく他の方もこの声優さんの声のイメージに合うキャラってあると思うんですが、
後半の佐々原が思いっきり私の中の森川さんの声に合うキャラとドンピシャで
もうツボに入って泣けてしまいました。
さすが帝王
武内さんも律にピッタリで!!
武内さんを初めて知ったのはLOVELESSのキオ君ですが、BLではたまたまま逆な役を聞く事が多かったせいか、毎回驚かされてます。

ただ↓のCDで書きましたが、どうしても1枚に収められている場合、これほど心の揺れ動きが激しい内容だとカットされる部分が多過ぎて残念で仕方なかったです。
多分間違いなく続編と共にマイブック購入となると?????


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
原作好き〜ぃ♪
初めまして、「小説家シリーズ」の作家:菱沢先生好きなboldと申します。<(_ _)>

声優さんが好きなサイトマスター様にとっては森川氏が佐々原の顔に似合わないと思われたのは仕方ないですが。

原作好きな私も原作者の菱沢先生も今回のキャスティングは“ドンピシャ”って感じておりました。

高久先生の挿絵の佐々原から森川氏が想像出来なかったのですよね。

どう言う点が合わないのでしょうか?



私にとってはあの意地悪い佐々原流の台詞回しや微妙なインテネーションが活字よりリアルさが出てて鳥肌モノでした。

続編のCD-BOOK化は先生のお考え次第と発売元の採算が合えば可能だと思います、私も期待してるんです。☆o(^-'o)♪☆(o^-^)o〜♪

済みません、お気に障るかも知れない事を書き込みまして。

でも、原作が好きな者としては。。。「ぅんんん?ちょっと!!」って思いまして書き込んでしました。
2006/07/12(水) 20:02 | URL | bold #79D/WHSg[ 編集]
いらっしゃいませ!
boldさん、はじめまして。

書き込みありがとうございます。



それとはじめに、逆にこの書き込みでご気分を害されたのだとしたら申し訳ないです。

ただ、上の方に記しておりますようにあくまで私個人の主観というか、思ったままを書き綴った日記ですのでご容赦頂けると幸いです。



>原作好きな私も原作者の菱沢先生も今回のキャスティングは“ドンピシャ”って感じておりました。

>高久先生の挿絵の佐々原から森川氏が想像出来なかったのですよね。

>どう言う点が合わないのでしょうか?



菱沢先生もドンピシャと思われていらっしゃるんですか!

確かに私も後半の森川さんの演技には鳥肌が立つほど素敵だと思いました。

ただ、このブログ内には記しておりませんが、私も300枚以上ものドラマCDを聴き、合計ですが、同数以上のコミックや小説を読み、加えて無類の声優スキーなものですから、時には原作から。時には挿絵師のイメージからこのキャラにはこんな人だと良いなぁというのをよく当てはめちゃったりするんですね。今回、佐々原はよく眼鏡をしていましたがその時の表情や台詞回しが森川さんではちょっと声が甘いかな?と思っただけです。

だから逆に律を大事にしている気持ちが現れ始めた中盤から後半にかけては森川さんの佐々原にゾクゾクしました。
2006/07/12(水) 23:37 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
続き
>私にとってはあの意地悪い佐々原流の台詞回しや微妙なインテネーションが活字よりリアルさが出てて鳥肌モノでした。



私も自分の考えが絶対などと思っておりませんし、逆な考えの方もいっぱいいらっしゃるのは自覚しております。

逆に、「そう考えるヤツもいるんだなぁ〜」位に考えて頂けると嬉しいです。



>続編のCD-BOOK化は先生のお考え次第と発売元の採算が合えば可能だと思います、私も期待してるんです。☆o(^-'o)♪☆(o^-^)o〜♪



本当に!

私も今回とても気に入ってしまって、是非続編も読んでみたいと思っていますし、続編のCD化も希望しています。実現すると良いですよね♪



>済みません、お気に障るかも知れない事を書き込みまして。

>でも、原作が好きな者としては。。。「ぅんんん?ちょっと!!」って思いまして書き込んでしました。



とんでもありません。

ただ、上記した理由から感じた事を感じたままに書き記しただけですのでお気を悪くなさらないで下さいね。

私もboldさん同様、作品を好きになったから、何度も読み直したからの感想なんです。

足跡を残して頂いて感謝ですm(__)m
2006/07/12(水) 23:38 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
原作は・・
小夜さんから借りて読みました。1が凄くよかったです〜。

CDはまだ聴いてませんが森川さんって何でも上手いですよね〜。

以前「どうして涙が出るのかな」CDを聴いたのですが、最初キャラのイメージとモリモリが合わない・・と、食わず嫌い状態でした。

でも聞き出したらバッチリ!「泣き虫へタレ攻」な役を見事にこなしていました♪
2006/07/13(木) 17:08 | URL | ピーチシルク #79D/WHSg[ 編集]
これから続編を読みます♪
シルクさんこんにちは!



>小夜さんから借りて読みました。1が凄くよかったです〜。



小夜さんから布教されたんですね?

小夜さんも良い作品をチョイスされるからなぁ(笑)

これから続編の方を読むつもりなので、読み終わったらまた感想を書くと思いますvv

シルクさんは1がお勧めなんですね?本当に良い内容でしたものね。



>CDはまだ聴いてませんが森川さんって何でも上手いですよね〜。



そうですねぇ〜本当に上手い方です!>森川さん



何でもソツなくこなされるというか・・・そういうのも<帝王>と言われる由縁かも(≧m≦)ぷっ!

またの名を<初物食いの森川>ともいうらしいですが(爆爆爆)



>以前「どうして涙が出るのかな」CDを聴いたのですが、最初キャラのイメージとモリモリが合わない・・と、食わず嫌い状態でした。

>でも聞き出したらバッチリ!「泣き虫へタレ攻」な役を見事にこなしていました♪



私もあのCDは大好きです!

原作がとにかく好きだったのでvv

私も最初はちょっとおっかなびっくり状態だったんですが、めちゃくちゃ上手くて驚いた記憶がありますよ!とにかくまずは聞いてみないとダメだな!っていう代表みたいなCDかもしれませんね。
2006/07/13(木) 17:53 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/5480-eec935b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。