FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井村仁美原作、如月弘鷹 絵
「愛のレイティングAAA〜アナリストの憂鬱〜」★★★★★(★4つ半)
サイバーフェイズ(原作 ホワイトハート文庫)

キャスト

五十嵐邦彦:緑川 光
鷲崎 勲:鈴置洋孝
鳥海 潤:子安武人
ジェフリー:森川智之
大熊森夫:三宅健太


鷲崎が出した本がビジネスランキングで1位となった。
邦彦は尊敬するストラテジストとしても恋人としても嬉しい出来事であったが、実際に本を手にし、中身の充実さと素晴らしさに単純に喜べない複雑な自分の気持ちに気付く。
それに拍車をかけたのは鳥海までもが本を出すことになっていて、それを推したのが鷲崎だということだった。
しかし、翌日社に出ると個人的ではないが邦彦の会社スミスシェファード証券でということで本の執筆依頼が舞い込み、邦彦は同僚の川口と水沢と共に担当となる。

邦彦達の担当の能育社の大熊はガタイから風貌、服装に至るまで邦彦を驚かせる様な男だった。
しかも、「あんた、可愛いな」と言い、邦彦のお尻を触ってきて・・・。



ま、その後もいろいろと事件が勃発するわけですが、内容は以前原作本の感想の時に前の日記で書きましたので省かせて頂きます。
前作から3年経っているとフリートークで言っていましたが、CDブックからもうそんなに経ちましたかねぇ。
今回は、銀行員&アナリストシリーズを通して全部のCDに関わってきた林が初めてCD内に顔を出してこなかったのがとにかく残念でした?
銀行員シリーズでは天下の問題児林ですが(笑)アナリストシリーズでは潤滑材というか癒し系?(笑)でしたので。
ま、和彦さんが出ないショックは横に置いておいて(笑)、とにかくあとのレギュラー陣は安心して聞いていられました。
最初こそ、鈴置さんと塩沢さん。緑川さんと三木さん。子安さんと石田彰さんを比べたりした時期もありましたが、ここまできてしまえば・・・ね??
それと、原作を読んだ方はわかると思いますが、今回とうとうジェフリーが邦彦に告白するんですね!その時の森川さんの声が良い♪サイコー!
出番の多い役ではないんですが、やっぱり鳥海と同等かそれ以上に重要な役だと思っているので、大好きな森川さんで本当に嬉しいです。

さて、今回初登場の三宅さん。
心配はしていたんですが、この作品に携わると誰もが一度は体験せねばならない業界用語の罠に見事落ちてしまったみたいです(≧m≦)ぷっ!
会社名やアナリストも職種によって呼び名が違うんですが、それぞれが微妙に言いにくい。特に鷲崎の職種は言いにくいみたいで、今まで数々の方々が井村先生に恨めしそうな声をフリートークで出していました。
特に子安さんは「名前を変えよう!」と提案してきた程。
そのトラップに三宅さんは嵌ってしまって、ボロボロになってしまったんだそうです。
間違えないでも良い所まで間違ったらしく、緑川さんに突っ込まれてました(爆爆爆)
それと、最初、声の感じが思っていたより大熊に合わないかな?と思ったんですが、邦彦だけに絡むくだけた口調になった途端、「おおお〜〜〜良いじゃん!」って感じで。
やっぱりキャストが決まった時感じた1stインスピレーションは間違っていなかったなぁと私は思いました。


いや〜本当にこれでラストなのが残念でしかたないです?Ф
執筆された井村先生もですが、声優陣の皆様本当にお疲れ様でした!


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
本編より
なんだか本編よりフリートークの方が面白そうですね(笑)

アナリストシリーズ最初の1枚の配役がとっても気に入っていたので2枚目からは違和感があるのではと思ってました。

後を引き継いだ人たちのほうがもっと大変だったと思うのにね……でもちゃんと引き継がれラストまで到達したのは凄いと思います。

rumiさんの感想にホッとしてます。
2006/07/20(木) 16:46 | URL | ねこ三四郎 #79D/WHSg[ 編集]
Re:本編より(07/20)
ねこさんこんばんは。



>なんだか本編よりフリートークの方が面白そうですね(笑)



そうなんですよ!三宅さんが他の出演者にいろいろ言われて「ごめんなさーい!」と絶叫しているのが面白いやら可哀想やら(笑)

特に私は特典の小冊子に載っていた皆さんのインタビューがとても面白かったです。



>アナリストシリーズ最初の1枚の配役がとっても気に入っていたので2枚目からは違和感があるのではと思ってました。

>後を引き継いだ人たちのほうがもっと大変だったと思うのにね……でもちゃんと引き継がれラストまで到達したのは凄いと思います。

>rumiさんの感想にホッとしてます。



かなりガラッと変わってしまいましたものね>声の感じ

でも、結構ワッシーは鈴置さんの方がイメージに合ってたんじゃないか?と最初から思ってました。

実を言うと三木さんもちょっと私の中ではイメージが違ったんですよ!邦彦の。

だから案外すんなりといえばすんなり移れたかもしれないです。

でも、最初のイメージが良過ぎて次に進めなかった方がいらしたらその方の気持ちもとてもよくわかります!

でも、きっと後を受け継いだ緑川さんと鈴置さんはかなり頑張られたでしょうね。上手い方が引き継いだのもその後続いた要因かもしれませんね。

それとラストまで漕ぎ着けたのはそれだけこのシリーズの人気が高かったこともあったと思います。



エロオヤジ万歳!(爆)
2006/07/20(木) 23:28 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/5490-d50a0fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。