FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2018/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて携帯から。


BLOOD+ 47話
『全ての血を越えて』を見ました。


とうとうディーバと直接対決目前です。しかも、とうとう次回作のCMまで流れ始め、終盤に近付いているのを意識せずにはいられません。



眠りの時期が近付いていて本来の力が発揮出来ない小夜。彼女を必死に守るハジ。そしてディーバの恐ろしい計画を阻止する為に動く赤い楯の面々にカイ。

しかしその反面、ディーバから離れ小夜についたソロモンは大量に血を抜かれた上、鎖に繋がれていた。
そんなソロモンを挑発するようにジェームスは「小夜の首をおまえの面前に突き出してやる」と言い残し立ち去る。
必死に鎖から逃れようとするも血が足りない為に出来ず焦るソロモン。そんな彼の前にネイサンが現れ…



小夜の自分の状態を知りつつこの世の中と愛する人達(特にカイだろう)への思い、そんな小夜を気遣いそして小夜とハジの約束…

ディーバを倒した暁にはハジが小夜を殺し全てを終わらせる

を知らないカイを思い助言するハジに、人間と翼手の共存は出来ない事を知っているので心の痛みを隠し、自分を奮い立たせる為に「『戦って!』と言って!」とハジに縋るように頼む小夜に悲しさを隠し言うとおりにするハジ。
この2人の会話を聞いているだけで辛くなってしまいます。

またどんな目にあっても報われなくても、小夜に愛と忠誠をつくすソロモンと小夜の命を狙うジェームスの戦い。血を抜かれたソロモンはいつもの力を出せず絶体絶命のピンチに陥るわけだが、先々週死んでいったモーゼスの仲間達同様ジェームスの身体にもソーンが現れ呆気なく倒される。

その後「血を越えて貴女のシュバリエに」と言い残し小夜の前から立ち去ったソロモンはジェームスとの戦いの最中に小夜の血のついた刀で斬り付けられていたため死んでしまうのだが、最後を見取ったアンシェルの「馬鹿者が…」という言葉にグッときてしまった。
しかし、正直アンシェルがどのような気持ちから言った言葉なのかわからないのと、これだけ関わってきたソロモンの最期があまりにも呆気なくて涙も出なかった。


それ以外では、今までいい喧嘩友達&同じ敵と戦う同士の様だと思っていた昭宏と真央だが、どうやら昭宏が真央に対しそれ以上の感情をもっているらしい場面が見れたのが緊迫する内容の中少し和らいだ気持ちになれましたが…気持ち、伝わるのかな?頑張れよ!(笑)


とにかく今は1人でも多くの人間に生き残って欲しいのと、叶うならカイと小夜には再び沖縄のあの家に帰っていって欲しいと願うばかりだ。
ラスト1ヵ月…どうなっていくのか?目が離せない!


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/5552-e0fe07f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。