アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ またもや聞き直しCDです。




きたざわ尋子:原作 高嶋上総:絵
「重ねる指先」
ジェネオンエンタテインメント(株)





【キャスト】

岸本真弥:谷山紀章
矢崎喬之:井上和彦
武邦和:遊佐浩二
小宮大輝:高城元気
岸本仁司:中村大樹
女:斎藤梨絵
隣人:田島裕也





少年の頃に両親を亡くし奨学生として大学に通う岸本真弥には、雨音を聞くと呼び起こされる甘くせつない記憶がある。それは高校生だった時、ある窮地から真弥を救ってくれた矢崎という男との関係。救った代償として、真弥の一週間が買われたのだ。思い出すまいと心に決めていた真弥だったが、その時もらった名刺は未だパスケースに...。





私と付き合いの長い方は「またこの作品取り上げてる!」と笑うかも(笑)




私は尋子さんの作品の中ではこれが一番大好きという作品です。
これに出会ったからこそ、いまだに細々ながらこの方の作品を買い続けている感じ?

原作は3冊出て、このCDは1巻目を音声化した物。
和彦さんが主役だからというのを抜かしても大好き作品です。



出会い・・・はなんだったかな?
絵師が高嶋さんだったからか?
それとも友達から回ってきてマイブックを買ったんだったか?
いやいや、友達に貸し出した記憶があるから自分で買ったんだろうな〜



そんな感じで、だいぶ記憶もアヤシクなってます(^^ゞ




もう、内容は今更な気もしますが・・・




両親と死別し、姉と2人っきりになってしまった真弥
ところがとうとう、姉もダウンして入院し・・・
そのあるの見舞いに行った日、ぶつかった女性のバッグをダメにしてしまって100万もの金を要求されてしまう・・・という本当にどこまでもツイてない子。

その帰り道、たまたま水をかけられた事が縁で知り合った1人の大人の男性・矢崎

翌日、弁償の件でいとこに呼び出されると、金を肩代わりしてやる代わりに身体を差し出せと言われ、思わず隙をついて逃げ出してきてしまう

「逃げたってどうにもならないのにーーー」

思わず、「何かあったら連絡しなさい」と言って差し出してきた矢崎の名刺を握り電話してしまう真弥



そのまま矢崎のマンションに匿われ、100万を出してやると言われる。
しかし、昨日今日出会ったばかりの人に・・・と断ると、「その代わりに、君の1週間を買わせてくれ」と。
恋人ゴッコの真似事をしたいと言われ、その条件を受け入れる。

その間に矢崎から受け取った金で女性へ金を渡し・・・
残りは矢崎と信じられないくらい甘い時間を過ごす真弥。
だが、それはあくまで1週間という短い期間だけでーーー


2年後、真弥は塾のバイトをしていた


ところが、墓参りの帰りに引ったくりにあい、預金全てを引き下ろされていた。
物色されたらしく酷い様子になっている部屋
呆然とする真弥が取り出したのは、2年前、別れた際に2つに破った筈の矢崎の名刺


連絡を貰って駆けつける矢崎。
今回の犯行は偶然ではなく、再びいとこが真弥への執着から起こしたものと判断した矢崎は再び自分のマンションに真弥を連れていくが・・・




こんな感じで話は進み、
最終的には真弥に懐いている塾の生徒が実は矢崎の甥で、彼の活躍もあって、物証を揃えていた矢崎は、脅してくる真弥のいとこを逆に脅し返して、今度こそ「恋人ゴッコ」ではなく「本当の恋人」になる
というお話。




そんな2人に和彦さんとキーヤン

未だに真弥にキーヤンは正直合っていないとは思ってるんですが・・・
今のBLCDと比べると、引き受けて下さる声優さんももっと多くて、いろんな組み合わせで聞かせてくれたな〜と思いますね。

そりゃ、その中でも受けはこの人がイイ!とか、攻め様はこの人が好き!とかありますが、
それでも今じゃ出て下さっても脇キャラとか、BLCDからは抜けてしまったような方々がまだまだ主役で演じて下さってた時期。

正直、この頃の方が私の購買意欲は刺激されます(苦笑)



また、和彦さんの矢崎がとっても好きなんですよ〜〜〜
和彦さんが引き受けられたキャラの中でもトップ3に入れてもいいくらいかも。
冷静沈着。なのに時には子供っぽくて、でも、決める時はビシッと決められる矢崎にピッタリです?????

遊佐さんが和彦さんより年上の役?Ф
とか、おいおいっ!な部分もあったりしますが、それでも仕事は出来て、お茶目で、たまに言葉にブラック入っててな武にピッタリでした。


高城さんもどこか初々しいんですよ〜
約7年前のCDですから(当然、リアルタイムで購入しました!)高城さんもまだ23歳。
初々しくて当然かもですね(^^ゞ

キーヤン、27歳
遊佐さん、35歳
和彦さん、50歳

でございました(笑)

50歳の和彦さんより年上をやった遊佐さん
思わずフリートークでその事について触れた気持ち、とってもよくわかります(≧m≦)ぷっ!






にほんブログ村 アニメブログ 声優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ
にほんブログ村

にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります




スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
☆きゃぁ!
月曜日ですね・・・うふふ!



私もこのお話大好きで、このシリーズか!鍵(部屋)シリーズか!って感じです〜この小説は何度も読み直したので、シッカリ記憶に残ってます♪



私も、今だから思うのですが、真弥役ってちょっと雰囲気が違う気がします(笑)…この小説もCDもBLに嵌った初期だったので、当時はあまり気にならなかったんですがね(笑)

きたざわさんも、このへんの作品が一番良かったですよね〜今も、好きで買いますがちょっとキレがなくなってきたと言うか何というか…私自身も変わってきたんでしょうね(笑)



お天気凄かったですが、大丈夫でしたか?!
2011/05/30(月) 08:38 | URL | ふみ1202 #79D/WHSg[ 編集]
私も・・
これ好きです♪

ほとんど和彦さんのお陰で嵌ったんですが・・

わりとありがちなBLなのに再読するシリーズで、

攻のキャラとボイス読書できるのがイイ!

きたざわさんの文章も上手いんでしょうね〜。



で、遊佐さん??全然気が付いてなかったぁぁ(大汗)。

ここ数年聴いていないので・・今なら直ぐ分かるかも?!

キーヤンは当時知らない声優さんでしたが、ちょっとイメージが違いました。

色々知ってしまった今は・・もっと無理〜〜(笑)。
2011/05/30(月) 20:33 | URL | ピーチシルク #79D/WHSg[ 編集]
解ります!!
そうそう!!今から、7年前くらいのCDって勢いがありませんでした?

ブームになって、もうあちこちいろいろ出ていた頃になりませんかね??

シリーズ物とかもバンバン作られていたし・・



私も、その当時の方が今も聞くに耐えうる作品が多いような気がします。

・・今のが悪いとか、そういうのじゃなくて・・・もっと幅があったかな?みたいな(^^;



遊佐さん、いくつの役だったのかしら?

リアルで年上の方の、さらに年上はきついですよね〜〜

(小杉さんが、井上さんのパパをやった時にブーブー言っていましたよ)

2011/05/30(月) 21:22 | URL | ソミュラ #79D/WHSg[ 編集]
ふみ1202さん
こんにちは(^^)

レス、激しくお待たせしました



>私もこのお話大好きで、このシリーズか!鍵(部屋)シリーズか!って感じです〜この小説は何度も読み直したので、シッカリ記憶に残ってます♪



イイですよね〜私はこっちが一番かな?鍵シリーズも大好きです\(^o^)/



>私も、今だから思うのですが、真弥役ってちょっと雰囲気が違う気がします(笑)…この小説もCDもBLに嵌った初期だったので、当時はあまり気にならなかったんですがね(笑)



高嶋さんの絵が絵だっただけに最初から「???」だったんですよね。それは正直今も変わらずで(^^ゞエヘヘッ



>きたざわさんも、このへんの作品が一番良かったですよね〜今も、好きで買いますがちょっとキレがなくなってきたと言うか何というか…私自身も変わってきたんでしょうね(笑)



なんでしょうね?

もちろん、勢いが変わらない作家様も多いんですが、大概私は初期の頃の作品の方が好きな作家さんが多いです。

文章より「書いてみたいお話が溢れてくる」感じ?

なので、尋子さんもこの頃が好きです♪

2011/07/28(木) 10:59 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
ピーチシルクさん
こんにちは!

レス、激しくお待たせしました



>これ好きです♪

>ほとんど和彦さんのお陰で嵌ったんですが・・

>わりとありがちなBLなのに再読するシリーズで、

>攻のキャラとボイス読書できるのがイイ!

>きたざわさんの文章も上手いんでしょうね〜。



特にこの辺りで出されてる作品に素敵作品が多い作家さんだと思います。一番充実してらしたのかしらん?

私もきっかけはこのCDが先だった記憶が。

和彦さんと高嶋さんの絵で購入♪その後、原作3冊一気買いでした(笑)



>で、遊佐さん??全然気が付いてなかったぁぁ(大汗)。

>ここ数年聴いていないので・・今なら直ぐ分かるかも?!

>キーヤンは当時知らない声優さんでしたが、ちょっとイメージが違いました。

>色々知ってしまった今は・・もっと無理〜〜(笑)。



あははっ!

私もこの頃はキーヤンはほとんど知らない声優さんで。

今はますます真弥とイメージ違いますよね!

遊佐さんは今ならすぐわかりますよ!(笑)

言い人なのに、ちょっと意地の悪い言い方をする武にピッタリボイスでした(〃∇〃) てれっ☆

機会があったら是非聞き直してみて下さい(^^)

2011/07/28(木) 11:05 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
ソミュラさん
こんにちは!

レス、激しくお待たせしました



>そうそう!!今から、7年前くらいのCDって勢いがありませんでした?

>ブームになって、もうあちこちいろいろ出ていた頃になりませんかね??

>シリーズ物とかもバンバン作られていたし・・



そうなんですよね〜

この頃から本当に次々各社からドラマCDが製作販売され始めた頃だったかと。

請け負って下さる声優さんも今より豊富だったし、大手メーカーさんも健在な頃で、本当に勢いを感じた時期でした。

あの頃はイイ時期だったな〜(遠い目)



>私も、その当時の方が今も聞くに耐えうる作品が多いような気がします。

>・・今のが悪いとか、そういうのじゃなくて・・・もっと幅があったかな?みたいな(^^;



わかります!

今ほどキャスティングもパターン化していなくて。

正直、今って「数打ちゃ当たる」な印象があるんですが、当時は「聞いてみたい作品がCD化してた」気が。



>遊佐さん、いくつの役だったのかしら?

>リアルで年上の方の、さらに年上はきついですよね〜〜

>(小杉さんが、井上さんのパパをやった時にブーブー言っていましたよ)



小杉さんがですか?(爆爆爆)

ただ、小杉さんは落ち着いた低音ボイスですからね〜

遊佐さんはまだかなり声が若いのがわかるので、余計に和彦さんより年上役は・・・(笑)

でも、役柄的にはとっても遊佐さんボイスにピッタリな役でしたよ(^_-)-☆
2011/07/28(木) 11:14 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/590-a0b089bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。