FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

家庭教師ヒットマンREBORN! 第92話 「委ねられた選択」



公式HPより



ボンゴレのアジトが見つからず、焦る入江。
そこに、グロが重傷を負ったという情報が入ってきた。
タイミングよく繋がれた白蘭からの通信で、グロが倒された場所・黒曜ランドへ向かうよう指示したのが彼ではないことが判明する。
待機しているはずのグロの行動を訝しんだ入江は、誰からの情報なのか、黒曜ランドで一体なにがあったのかを問い正すためグロの元へ向かったのだが・・・。
同じ頃、ボンゴレのアジトに、あの男が足を踏み入れていた!









過去から誰かが来た事を知り茫然とする正一。
しかし、誰が来て何処にいるのかまではわからない。

百蘭の手前、そろそろボンゴレの誰かを捕らえねばと焦っている模様。
お腹も痛くなってるし(苦笑)



そしてグロちゃんが戦闘によって重傷を負ったことを知ります


電波障害によって誰と戦ったかはわからないが、黒曜ランドでリングを使った戦闘だった事

グロのボックスはダメだったが、リングは見つかった事


これらの報告を受ける。



そこへ抜き打ちで百蘭が。


正一はどうして待機中の筈のグロが黒曜ランドへ向かった事を自分に隠していたのかを激しく詰め寄りますが、


「だって、僕も知らなかったもん」



正ちゃんにはグロが日本に行く事を黙っていろってレオ君には言ったくせに…
ホント、いろいろ食えない奴です>百蘭



とにかく正ちゃんの頭の中はグロがどうやって黒曜ランドの情報を知ったかで頭イッパイみたいです。




一方ツナ達のアジトでは、例の暗殺部隊の暗号解読の最中です。
どうやらそれは画像データのようです。
何が映っているのか?




「首は繋がってるか?クソ・ミソ・カス共!」



キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!?????

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
10年後のスクアーロ


「ボリュームを下げろ!
聞くに絶えん!」




スクアーロに激しく反応するミル姉さんが可笑しいФ




「いいか、くそガキ共!
今はそこを動くんじゃねぇ!
外に新しいリングの反応があったとしてもだ。」




「しっしっし…ジッとしてりゃわっかりやすい指示あっから。
それまで良い子にしてろってことだ、お子さま達」


おおっ!スクアーロの横から出てきたのはベルフェゴールだ!



おーっ!
出てきた途端、大喧嘩してるし(^^ゞ



「またこの世で会えるといいな。それまで生きてろよ!」


あーあ、言うだけ言って切れちゃったよ(あっはっは)


しかし、彼らの言うわかりやすい指示とは?




その答えはこの芝生男が!(笑)



「笹川了平推参!」



10年後の了平だ!
腕には気絶しているクロームが!



またその頃、正ちゃんがグロの容体を聞いています。
ちょうど、意識を取り戻したと知り踏み込んだ…はいいものの、グロちゃんの怪我は正ちゃんの想像を遥に越える状態だった。


身体中ミイラ状態。
しかも、顎の骨が折れていて喋れないという。


諦める正ちゃん。
しかし、グロはどうしても正ちゃんに伝えたい2点があった。
諦めずに自分の意志を汲み取れよ!と心の中で叫ぶ。


しかし、正ちゃんから返ってきた言葉は「反逆罪の覚悟を」


グロは内心怒りを露にするも正ちゃんは帰っていってしまう。




グロが正ちゃんに伝えたかった事…


・仲間に裏切り者がいるということ

・この失敗がチャラになる程の土産があること





大怪我のクロームはビアンキに任すことに。
そしてムクロウの調査はすぐにはしないことに。


ツナは、ムックとクロームをあくまで一員として扱うんですね!やっぱ♪



怪我以上に栄養失調なクロームの身体を心配するビアンキ。

しかし、クロームのバックの中で点滅してるコレって…発信機?!
?a
これがグロちゃんの言う失敗をチャラにするモノ(=アジト)だったかぁーーっ!?


しかし、相変わらず仲の良い笹川兄妹。

見た目はかなりかっこよくなった芝生ですが、こういうシーンはイイですなぁ。
やっぱり了平だと実感出来ます!



…って思いっきり感激してたら…



「極限に忘れたーーっ!」


ってなんじゃそりゃ _(_”_;)_バタッ
一瞬でも感激した私がバカだったよ


あ!でも芝生でも10年経てば少しは成長するらしい(ヒドイ言われ方/苦笑)
自分にしかわからない方法でメモしていた了平。



メモを見て思い出したのか喋ろうとして後ろにいる京子とハルの存在を思い出し咄嗟に、

「イタリアには出張相撲大会があって行ったのだ!」


だーかーらー!
それはどんな大会だよっ!Ф
ホント、相変わらず誤魔化し方が下手です?


再び治療室ではクロームの熱が少し引いたらしい。
しかも、ビアンキが何か気付いた!

…と思ったらそのままスルーしちゃったよ!
発信機があるのよぉー!
気付いてぇーーっ!
o(><)O O(><)o バタバタ



そしてグロちゃんも病室で自ら作った千載一遇のチャンスに正ちゃんが気付かない事に苛立ってます。

顎の骨を折られたのはイタかったね…グロちゃん





さて、了平は10年後のツナにある案件を託されてバリアーに行っていたらしいです。
そしてその最中にボンゴレ狩りにあってしまったらしい。


10年前からツナ達が来た事はその間に知ったみたいですね。
そしてその事を知る人間はごく僅かな仲間に限られてるようです。


ディーノのキャヴァッローネファミリーもその事を知る数少ない中です!

ディーノォー♪?

あん!シルエットみたいな登場じゃなく、ちゃんと顔見せてぇ〜〜〜〜ん?????



そして、ツナ達に下された指示は



『5日後にミルフィオーレ日本支部の施設の破壊』



ボンゴレ
そしてリング
そしてアジト
リングの反応を何回も察知しながら近付けないでいる正ちゃんと、

突然、5日後に敵アジトを襲撃しに行くと言われて戸惑うツナ。


しかも、この司令を実行するかどうかはツナが決めろと!
この計画をたてたのは10年後のツナとボンゴレ本部だが、今現在のこのアジトの頭は今のツナなんだからツナが決めた方が良いと。

おーっ!
なんか成長を感じるじゃないっすか!了平(*^_^*)


しかし、期限は本日中?


いや、それ全く考える猶予無いっすよ!Ф



しかし、今を逃すと今度いつミルフィオーレを叩けるかわからないこと

まだボンゴレ上層部が10年前のツナ達を完全に信頼しきっていないらしい

そして無事守護者が全員揃ったこと





やはりタイミングは今なのか?


…って、ごっきゅんに指摘されるまでツナ、気付いてないよ ヾ(ーー ) オイッ


しかし、暢気なもっさんのコメントより、ごっきゅんの恥ずかしいキメキメセリフ+キラキラフェイスに笑ろた!Фa



しかし、了平はツナにもミル姉さんにも話す内容がまだある様子。
特にミル姉さんへの

「師匠(コロネロ)の話はまた」

は気になるなぁ。



しかし、ツナ達の修業の仕上がり
そしてクロームの体調がどこまで回復しているかが今回のミッションに大きく関係してくるわけですが…

まだまだ不安要素てんこ盛りなツナ達です。




場面変わって今まで掴んだ情報を雲雀に告げる草壁。
雲雀達が調べていたクロームと接触してた人物の正体も判明!


グイドグレコ‐‐17歳イタリア人。
15人をあの世に送り、1年前脱獄



そう!まるでムック



それを聞いて微笑を浮かべる雲雀




正ちゃんはイライラと自室に籠もる。
偶然、パソコンに触ると先程の百蘭からの連絡を録画してしまっていたのが流れたのだ。
ボヤきながら画面に目をやると

正ちゃんの眼鏡のレンズに先程の百蘭の顔と、その百蘭の後ろに人影が!
この姿はレオ君?


しかし、正ちゃんの様子がおかしい!
驚愕に瞳孔が開きっぱなしだ!


「な、なんだ!
なんなんだこれはっ!」




「誰だ」じゃなく「なんだこれは!」なの? ( ̄〜 ̄;)ウーン・・・
何をそんなに動揺してるの?


以前、ひっきりなしにレオ君が現れる度に正ちゃんと会わせたがってた感のある百蘭の口振りだったから、わざとレオ君が映るようにしたのかと深読みしたんですが(^^ゞ




さて、ツナ達も5日後のミッションに向けて更に踏張りどころですね!
さぁ!面白くなってきましたよ♪
早く次回が見たいーーー!






■10%OFF+送料120円■初回盤ドラマCD同梱■家庭教師ヒットマンREBORN!DVD【日常編 前編】


■10%OFF+送料120円■初回盤★特典DVD付!■家庭教師ヒットマンREBORN!DVD【日常編 後編】

4087098_1.jpg
2008年07月25日発売4,935円 家庭教師ヒットマン REBORN!ボンゴレ最強のカルネヴァーレ2008 〜in 中野サンプラザ〜


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/7324-09e6b337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: