FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

機動戦士ガンダム00 2nd season 第20話「アニュー・リターン」






来るべき大和の為・・・それがイノベイター側のベーダを使ってしようとしている事
それはどういう意味なのか?


それに対してライルの反論に
「わざと・・・だとしたら?」 ニヤつくリヴァイヴ

それを裏付けるようにアニューの事が報告されました

ラッセを撃ち、ミレイナを人質にしたと
そして自らイノベイターと明かしたと



あらら〜ラッセさん、マリナの二番煎じかと思ってましたが、撃たれてしまいましたねぇ
彼は代謝障害を起こしてましたよねぇ〜大丈夫なんでしょうか?




自分とアニューは思考を繋げる事が出来るからと悠然と出て行こうとします


脳量子波


ティエリアに笑ってみせるリヴァイヴ
そしてそのまま出て行ってしまいます
すると館内システムがダウンされ、トレミーは事実上停止してしまいます。




ミレイナを使ってOOとオーライザーを持ち去ろうとするリヴァイヴとアニュー

しかし、ミレイナを連れて移動しようとしたアニューの前に立ちはだかったのは同じく脳量子波を使えるソーマ




館内システムがダウンしたのはウィルスによる汚染が原因でした
二手に分かれるマイスター達
そして同じく脳量子波を察知出来るらしい刹那が焦るライルと共にアニューを追います


セルゲイの仇と銃を向けるソーマを止めた刹那
そして割り込むようにアニューを説得しようとするライル


「俺を置いていく気か?」

「私と一緒に来る?世界の変革が見られるわよ」


これはライルを試したんですかね?



「オーライ!その話ノッたぜ!オマケにケルディムも付けてやるよ」


そう言うと何やら刹那に合図するとそれがわかったらしい刹那はライルを撃ちます。
倒れたライルを心配するアニューに隙が出来、それを利用してミレイナを無事奪還
しかし、アニューには逃げられてしまいます。



「女なんかに作るから・・・情に流されたりする」

人質を逃がしてしまったという報告に内心舌打ち状態のリヴァイヴ
リヴァイヴは予定通り?オーライザーに乗り込みますが、
アニューは小型艇で脱出する事に

急ぎトランザムモードで後を追うOOとケルディム

「悪いがオーライザーの奪還を優先する」

追いつくもののオーライザーは傷付けられないどうする?
・・・と思ったら優れた戦術予報士・・・ってハロ?Ф


ハロがまんまと自動操縦に切り替えてしまった
こうなってはどうしようもない

しかし、リヴァイヴもそのまま逃げられない
いきなりオーライザー内で発砲し始めてしまった
そしてそのままアニューの操縦する小型艇に乗り込み逃げようとする

それを阻止せんと銃を向けるケルディム
しかし、アニューの顔と声が浮かび、どうしてもライルには撃てなかった


「撃てよ 狙い撃てよ!
俺は何のためにここにいる
何のためにカタロンに・・・CBに・・・」



どうしてロックオン兄弟はどちらもこんなに苦しい思いをするんだ?
三木さんの演技が素晴らし過ぎて既にこの段階で泣けるぅぅぅ??



しかし思い出されるのはアニューとの楽しかった日々
どう切り替えようともやはり撃てなかったライル

「なんて情けねぇ男だ!
俺の覚悟なんてこんなもんか」
 自分を責めるライル


「本当、愛してるのよライル」

だったら何故ライルを選ばないのよっ?




その頃リボンズはルイスと会っていました
リボンズがルイスに与えていたのは細胞異常を抑制する薬
薬も機体もルイスの為と言いつつ、
人類初のイノベイターとして世界を導いて欲しいなんて・・・

全ていいようにルイスを操っている感じですね



「いいね、ルイス・ハレヴィ」


するとルイスの目もイノベイターと同じように光り始め


こ、これはヤバイですか?
イノベイターってどうやって作り出してるの?
薬?それともリボンズのこの金色の瞳?

こ、これは沙慈君がルイスを取り戻すのはかなり難しくなった???



プトレマイオスは相当のダメージ
イノベイターに持ち出されたデータもあるらしい
ウィルスの駆除は出来たものの、まだまだ再構築にはかなりの時間がかかりそうで
いつ敵が攻めてくるかわからない状況でこれはかなり危険
しかも、オーライザーの損傷も激しく即戦力にはならない様子



1人アニューに対して何故?を繰り返すライル
そんなライルに彼女は戦場に必ず出てくると
今を逃すはずはないと言う刹那

わかってるよ!やる時はやると刹那に強がりを言うライル
相手はイノベイターだ、敵だからと


「強がるな!もしもの時は俺が引く
その時は俺を恨めばいい」



ライルの気持ちをわかった上でのこの言葉
なんかこの刹那、むっちゃカッコイイじゃないですか!



そして早速のお出ましのイノベイター達
リヴァイヴ・ヒリングだけじゃなくルイスとアニューの姿もそこに


しかし、今度のレグナントはスゴイ!
粒子ビームが曲がる!
しかも威力も相当なようだ

しかし・・覇気があるのはソーマだけ
アレルヤにももっと活躍させてあげてぇ
なんかハレルヤの時だけ活躍っていうのも可哀想で見ていられなくなってきましたよ



しかし、そんな大変な中ライルが必死になるのはアニューが何処にいるのかという事
そんなライルに向かってきた機体に乗るのは・・・・アニュー


「興奮しないでライル イイ男が台無しよ!」


「劇的な再会よね 愛した相手はイノベイターで自らの敵」
高笑いするヒリング


愛する者同士で戦う残酷な運命


「突破口を開く!ハイパーバーストモードっ!」

この危機的状況をなんとかしようと撃ち放たれた一発だったが、効かない
逆に敵の攻撃に苦しめられる
しかも、助けようとしたアレルヤの機体は敵の攻撃で相当なダメージを食らってしまう
しかし、まだOOは出られない



「何故だ?!何故俺達が戦わなければならない!」

「それは貴方が人間で、私がイノベイターだからよっ!」

「分かり合ってた!」

「偽りの世界でね」

「嘘だというのか?俺の思いもおまえの気持ちも?!」



ならばと覚悟を決めて戦い始めるライル
トランザムモードでアニューの機体を捕まえるライル
そしてコックピットを無理矢理こじ開け、


「決まってんだろ!もう一度おまえを俺の女にする!!
嫌とは言わせねぇ!
欲しいもんは奪う 例えおまえがイノベイターだとしても」



その言葉に涙を流すアニュー


キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー?????
キタキタっ!最高の口説き文句☆

これでオチない女はいない!
ああ、これでもしかしたら上手くいくのかな?・・・と思った私は甘かったぁーっ




「アニュー、戻って来い!アニュー」

「ライル・・私 私は・・・」



アニューが嬉しそうにライルの方に乗り出したその時


「愚かな人間だ」


介入してきたのはリボンズ
再び機体を動かすアニューの目は再びあの金色に
そしてアニューの精神を乗っ取りイノベイターは上位種であり絶対者だと
人間と対等に見られるのは我慢ならないと
力の違いを見せ付けてやると更に攻撃を加えてきた

剣をまっすぐケルディムに向けて突っ込んでくるアニューの機体


「アニュゥゥゥーーーーッ!」



下方からまっすぐ貫かれるアニューの機体
割れるアニューのヘルメット

攻撃したのはOO



2機に降り注ぐGN粒子


「ライル、私イノベイターでよかったと思ってる」

そうじゃなかったらライルと出会えなかったからと

「貴方がいないと生きてる張りがないわ
ねえ、私達分かり合えてたよね?」



「ああ、もちろんだとも」




「よかった」




爆発する機体
叫ぶライル


この最後のアニューの微笑があまり綺麗で泣けました
そしてエンディングを重ねて爆発音とライルの叫びはあえて無音に

無音はより悲しみが増幅された気はしましたが、正直ED曲も無かった方が悲しみは増したように感じたんですが・・・




「貴様が!貴様が!!」


プトレマイオスに戻って刹那を責め、殴り続けるライル
それを甘んじて受け続ける刹那
アイツは戻ろうとしていたと
そしてまた殴り続ける

でもライルもわかっていた筈
アニューの精神を乗っ取って意のままに動かしてしまうリボンズの存在がなくならない限り完全にライルの元には戻ってこれない事も

それでもどうしても刹那に当り散らさずにはいられない



「アニューぅぅ・・・・・」



黙って殴られる刹那の耳にマリナの子供達の歌が聞こえる






今回は予想通りライルとアニュー中心の話となりました


この2人には悲しい未来しか見えない気がしていましたが、それが早くも現実となってしまって
やっぱり意識が乗っ取られてしまっては真の幸せはないものなぁ

一番見ていて辛かったのが、引導を渡したのがライルじゃなく刹那だったという事
せめてライル自身にケリを付けさせてあげたかったような


しかし、ライルの回想シーンとか、知らないシーンが多くて、ちょっと感情移入出来なかったのが残念
もうちょっとこの2人のエピソードがあってもよかったのにな
そうすればもうちょっと感情移入が出来て泣けてたと思いました


しかしこれでフェルトと似たもの同士
まさか・・・まさか・・ね(^^ゞ


それを考えると恐いのはラストで自分自身に重ねていた沙慈君とルイスのとこ
同じ結果にならなければ良いのですが



そして毎回ですが、GN粒子の際の裸祭には「またか」と苦笑しちゃいましたし・・・
どうも慣れません
作画も今回はビミョー?
こんな心に残る回にそりゃないでしょ!でした??

それと、本当にマリナの歌は止めてっ!!!







 【予約】恒松あゆみ(マリナ・イスマイール)/TOMORROW



スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/7779-864d7603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: