FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

機動戦士ガンダム00 2nd season 第22話「未来のために」





イオリアが人類に望んだ革新
「俺は変革しようとしている」





グラハムの求める極み


刹那の求める未来に繋がる明日


皆の求める意義に向かい激しい戦いが始まった




かつてグラハムに歪みがあると言った刹那
しかし、彼とて戦う事しか出来ない存在
ならば極みの中にある勝利を欲すると

滝に打たれているとこがなんともグラハムらしいФ




「斬り捨て御免っ!」


刹那、白刃取りっФ


「これが俺の戦いだ!」


大破し、停止するスサノオ(案外早い決着だった)
刹那に止めを刺せと勝利を手にしろと言うグラハムに対し、トランザムを解く刹那


「俺は生きる 生きて明日を掴む
それが俺の戦いだ!
生きる為に戦え」



そしてグラハムに背を向けて飛び立つOO


「ありがとう そう言いたい気分なんだ」


こういう1つ1つの刹那の言動がすっかり2人を和解させたみたいで・・・



「純粋種として覚醒したか」
去るOOを見ながら呟くリジュネ


「それは人類の明暗を握る力だ・・・」




トレミーに戻った刹那は早速ヴェーダの場所がわかった事を知らせ特定を急ぐ

月の裏側 ラグランジュ2

そこへ新装備を携えた輸送艦が到着する



そしてその月ではアロウズがCBを倒すべく手薬煉引いて待ち受けていた
イノベイター達はリボンズからの帰等命令でアロウズから離れる
その中にいてまだ身体を丸めて泣いているルイス
しかし、ルイスの瞳が金色になった時、「ざまあみろ」


んーーー、この子はやっぱり救われないのかな?
リボンズが死ねば解き放たれるのかな?



アロウズがいる事でヴェーダがあると確信するCB

「行きます!僕の戦いをする為に
決めたんです もう迷いません」



「私も参加させて貰う
私にもそうするだけの理由がある」


「ソーマ・ピーリス」

あえてソーマと呼ぶアレルヤ

「そうだな、目的は違っても俺たちにはそこに向かう理由がある」


「そしてその思いは未来へ繋がっている
俺たちは未来の為に戦うんだ」



なーんか、いつの間にか刹那中心にまとまってる雰囲気のCB(笑)
しかし、こうして各々の意思と意義と理由を確認し再結束する



「イノベイター達の支配から人類を解放する為に」
「僕やソーマ・ピーリスの様な存在を二度と現れない世界にする為に」
「連邦政府打倒が俺の任務だ イノベイターを狙い撃つ」
「俺たちは変わる 変わらなければ未来とは向き合えない」


そこへ心強い操舵士が復活☆
(いや、かなり無理しているんじゃ?ラッセa
しかし、今は君に頼るしかない・・んだよ・・・ね)


「行こう 月の向こうへ」



その頃、空へ上がったカタロン
マリナは相変わらず保母さん状態



「ついに審判が下される
どちらかが人類の行く末を決める」



笑みを浮かべるリボンズの背後にはズラリと同じ容姿の部下が
(気持ち悪いっ




宇宙を漂い続け「武士道とは・・」と呟き、あくまで自分の求める極みを問いかけるグラハム
いったんは死ぬ事を考えるグラハムだったが、刹那の言葉によって手が動かない


「武士道とは・・・・・っっ」



刹那の言った言葉に応えてくれる男だって信じてるよっ!
このままになっちゃわないでね!
しかし究極まできちゃいましたね(^^ゞ





CBがアロウズの艦隊を捕捉したところで戦闘開始☆
出撃していこうとする刹那にフェルトが花

その前にも心配そうに刹那の名を呟いたり

この展開はちょっと意外
二ールに対する感情とは違う事を祈るわっ!
マリナとはそういう関係じゃないと言い切ってしまった刹那だけど
それでこの2人がくっ付くってのは考えたくないなぁ〜


「死なないでね、刹那」

「了解!」


まぁ、刹那がこんな調子だからありえないかな?
でも、その前にやっぱりフェルトには二ール一筋であって欲しいのよね



「僕を導いてくれ、ロックオン」


ああっ!個人的にずっと待ってたティエリアの言葉がめっさ嬉しい(ウルウル)
ここのところ台詞は少ないし言ってもヴェーダばかりだったから〜♪


アレルヤはマリーの気持ちごと受け止める意思でソーマと呼ぶが、
あれだけ頑なだったソーマの方がマリーと呼んでいいと
この前の沙慈の言葉が少しは響いたのか?
少し軟化したソーマの態度が今は嬉しいです


そしてライルはアニューの為に


「心配しないでくれ、僕だって未来を見つけたいんだ」


刹那の最終確認に毅然と答える沙慈
本当に逞しくなりましたよね





全員が出撃
そして早速、アロウズとの全面対決

グッドマンの策 特攻?!?a
トランザムライザーで阻止するOO

しかし、それは粒子ビームを遮断するアンチフィールドを産婦する為の布石
周りはまるで煙幕のよう!!!

そこからの脱出を試みるが、当然そこへ敵が阻止すべき攻撃に次ぐ攻撃

一部に突破され、トレミーにも直接攻撃が!


そんなピンチの中助けに来たのはカタロン軍
そして続くように現れたのはなんとマネキン率いる部隊

完全にアロウズと袂を分かったのだ!


そして威勢良く飛び出してきたのは


「無敵のコーラサワー!ただ今参上ぉーーー!」

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
待ってたわよっ!


マネキン達も反勢力と見なしたアロウズだったが、マネキン達の力は強く
とうとうグッドマンの乗る艦は爆破されてしまう
そしてアロウズを突破するCB達


そしてそれを見越していた様な素振りのリボンズ
そして彼に近付くリジュネ

リボンズは自分は創造主だから脳量子波を通してリジュネの考えている事全てお見通しだったと種明かし
驚愕の表情になるリジェネ


「リボンズ・アルマークっ!」

突然、銃でリボンズの額を打ち抜くリジェネ
倒れるリボンズ


「人類を導くのはこの僕」




えええっ?ここでリボンズ退場?・・・・かと思いきや、予告にバッチリ映ってるし(苦笑)
ま、ありえませんか
簡単すぎますよねぇ〜
筒抜けだって自分で言ってたんだから





今回は各々が何を目的に戦うのかそしてそれが何に繋がっていくのかが刹那を中心に明確に言葉にした辺りがジーンとしましたね

そして満を持して出てきてくれたマネキンさん
やっぱりアロウズとは離れてくれて本当に嬉しいっ!
彼女ならきっと・・と思ってた気持ちを裏切らないでくれました!


そしてハム王子がグルグルしている隙をついてコーラ君、元気にふっかーーーつ!(爆)

どうしてもハム王子と比べるとインパクトが若干弱まる彼なのでね
見ていて「ウヒヒヒッ」と笑っちゃいましたよ♪
出来ればもっと彼らしい台詞がもう少しあったらよかったのに・・・



そして相変わらず保母さんして「刹那・・」と呟くだけのマリナ姫
彼女を戦う歌姫に仕立てるのか?
本当に宙ぶらりんでどうするつもりなんですかね?
それとも、ガンダムとしては異例の何もしないままの子にしちゃうのか?

そういや、「TOMORROW」CDTVで34位に入ってましたね



さすがにこちらの世界では話題になる・・・まではいかなかったみたいですが(^^ゞ
(*^^)/。 ・:*:・゜ ★,。 ・:*:・゜☆オメデト



そしてお母さんから離れられない小さい子供みたいな状態の小熊っ
もう、いい加減ナイトにはなれないのを自覚しなさいっ!



それにしても、最終回に向けて面白い事は面白いですが、とにかく全てが駆け足で見ていてアレアレアレ?状態です(^^ゞ






ハガレンのキャスト変更を知ってから番宣を見ると泣きそうなんですが・・・
キャストの件についてはコチラ







 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3(DVD) 【発売日お届け!2009年4月24日発売】


 trust you(初回生産限定)




スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
白刃取りっ
ガンダムであれはどうなんだろう…ってホンキで思いました(笑)

しかも、剣折ったし!!!って叫んでしまった。



ハム先生やってくれますね。

滝にうたれるなんて(爆笑)



刹那にあたらなる恋が…

2009/03/10(火) 14:46 | URL | しげこ4476 #79D/WHSg[ 編集]
しげこ4476さん
こんにちはー!

レスお待たせしました



>ガンダムであれはどうなんだろう…ってホンキで思いました(笑)

>しかも、剣折ったし!!!って叫んでしまった。



白刃取りっ!あれは笑いましたー!

機体でやっちゃうのかと(笑)

折っちゃいましたもんねぇ!

OOはマジになんでもアリだな!って気がします(あははっ)



>ハム先生やってくれますね。

>滝にうたれるなんて(爆笑)



武士道もここまで極まれり?(ぷぷぷっ)

滝に打たれてるシーンは大笑いでした!

さすがハム王子(爆)



>刹那にあたらなる恋が…



フェルトに関してはしげこさん的にはいかがですか?

私はやっぱりニール一筋であって欲しいんだけどそれじゃ可哀相かしら〜?(^^;)
2009/03/14(土) 18:04 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/7936-0be9bc19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: