FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

花咲ける青少年 第10話 「クロス・デイズ」




2人を見た誰もが似ていると感じる花鹿とルマティ
そして花鹿の父・ハリーの過去
祖父のもとに花鹿が遊びに来た時、夫候補の画像を見せられた祖父は突然苦しみだす




公式HPより


祖父のフレドの邸宅を訪れた花鹿たち。その頃フレドは50数年前の出来事を思い出していた。新聞記者だったフレドの前に現れた産油国の若き王子マハティ。国際会議出席のためニューヨークを訪れたマハティは、暗殺者に狙われフレドの友人キャスリーンにかくまわれることになる。誇り高く尊大なマハティと庶民肌のキャスリーンはことごとく対立するのだが・・・





久しぶりの感想です。

やっと絵云々よりも内容を楽しめるようになってきました(笑)



現在、お友達から原作をお借りしているのですが、2巻まで読み終わったところで小休止状態

自分が買った本とこの「花咲ける〜」と「蒼天航路」と本に四方を囲まれてる状態なのです(^^ゞ
なるべく早く続きを!とは思っているのですが・・・



そんなわけで、今回の感想も未読者の戯言という事で。




面白くなってきたのはルマティのお話の辺りから。
もちろん、以前暴言吐いたように絵には不満は多々あり、「やはり道化師・・・」と呟かずにはいられないのですが。



そして先週の立人とユージィンの静かな(?)にらみ合いは密かに萌えました(爆)
もう2人とも花鹿など止めてこんなに意識し合ってるんだから2人で手に手を取って!などと腐れ頭全開で見ました(笑)
せめて花鹿が男であったなら取り合いもまた萌えるのですが・・・
思考が最近は完全に少女漫画を卒業してしまったみたいで イケマセンね





ええと・・今回のお話は一言で言えば花鹿のお祖父ちゃん・フレドの回想話が中心でした。
そこにはルマティそっくりな皇太子がアメリカヘ




しかしこれまたルマティと同じように命を狙われていました(狙ってる相手が違いますが)


必死に逃げ出し、洗濯物の回収車に乗ってしまい滞在するホテルより遠く離れた所に来てしまったマハティ


右も左もわからない場所で出会ったのはキャスリーン
マハティの格好から帽子パーティに参加する為に来た者と勘違いされパーティ会場へ連れて行かれてしまう。
そこで紹介されたのがフレド

未成年なのにシャンパンを飲んで酔っ払った上に、別の女性絡みでヤバイ男を退治してしまったマハティをしかたなく自宅に連れ帰ったフレド

しかし身に付けている者は素晴らしいあつらえ
これはもしや・・・と仲間の記者に確認してマハティが本物の王子様だとわかる。


マハティの従者と連絡はついたものの、会議まで命を狙われないようこのままフレド達の所に滞在する事になったマハティ
しかし誇り高く尊大な態度のマハティとキャスリーンはことごとく対立した





そんなマハティと過ごした数日間を思い出しタイプライターで打ち込んでいると、
花鹿達が遊びに来た
喜ぶフレド


どうやら愛する妻を亡くした後同居せずに田舎暮らしをしているようですね
妻の名はキャスリーン
という事はあのキャスリーンと結婚したのですね。


寅之介は初めて写真を見て、キャスリーンは生粋のアメリカ人という感じなのに、ハリーが一見東洋系なのを不思議がると立人がそれ以上立ち入るなときつく注意します。
どうやらその辺りは触れてはならないとこみたいで。



しかし、翌朝釣りをしているフレドに夫候補らしきユージィンと友達のルマティの写真を見せるのですが、ルマティの写真を見て顔色が変わります。

「マハティ・・」と呟くフレド


しかし、マハティとはルマティの祖父の名前だったのです


そして「必ずキャスリーンを迎えに来る」と言うマハティの言葉




どうやらあれだけ反目し合ってた様子の2人でしたが、恋に落ちてしまったみたいですね

マハティとフレドとキャスリーンの出会い
フレドが見間違える程似ているマハティとルマティ
ハリーの出生にはいろいろ言われているという事(連れ子云々)
マハティとキャスリーンは愛し合っていた筈なのにキャスリーンはフレドと結婚した事
そしてフレドの「戻ってきたんだ」という言葉



そしてなによりマハティの声も浪川さんだったし (≧m≦)ぷっ!





なんかルマティと花鹿がどうしてあんなに似た顔立ちなのかの断片が見えた気がしました。
両親と違ってハリーだけ色が浅黒くて髪が黒いのか・・・とかね。

これ、もし私の想像が合ってたら夫候補から脱落・・よね?ルマティは


それと、ちょっと感じてしまったのが花鹿の夫候補とか言って、もしやハリーは花鹿を使ってハリー自身の過去探しをさせてるんじゃ?なんて事をちらりと思ってしまいました。
もちろん、他の3人はハリーとは関係ないのかもしれないんだけど
だから考え過ぎなのかもしれないけどね。

娘を使わなくても金持ちだからいくらでも調べられそうだし・・・ね



ま、だから戯言と思って下さい!って事で(笑)

ああ!なんか気持ちはどこぞのO家政婦商会の人の気分ですФ



それにしても立人のポジションは兄・・・・でしたか_(_”_;)_バタッ
しかし、兄は夫よりももっと近い存在という花鹿の言葉にまだ見込みはアリ!と踏みましたぞ(あははっ)
フレドはどうやら立人を気に入っている風というか立人の気持ちに気付いてる?
ま、立人に対する気持ちは今のところ他の2人より一歩リードはリード・・なのかな?( ̄〜 ̄;)うーん??
ま、その辺りもこれから何か起こるでしょう!(笑)

とにかく次回で過去編は決着が付きそうですし・・・
まずはそちらの謎から楽しもうと思います。








 花咲ける青少年 Vol.1(初回仕様)


 花咲ける青少年・オリジナルサウンドトラック




スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
Re:花咲ける青少年 第10話 「クロス・デイズ」(06/08)
私、原作先に読み終えてしまったようです(笑)

さすが 売れた漫画だけのことはある〜

って少女漫画の醍醐味のような展開(すぐに先が読める、しかし夢も見られる)に満足でした♪

2009/06/08(月) 11:59 | URL | らいち♪♪ #79D/WHSg[ 編集]
☆コレだけは(笑)
コレだけは毎週見てます〜!

でもでも花鹿のあのジーンズ?(パンツ)姿を見て、かつて昔の山本リンダを思い出してしまった私(大笑)



最近は少女系のアニメは全く見なかったんですが(BLのみになちゃって)、立人が素敵で見ています…エヘヘッ!

民族衣装とか中国服とかスーツとか流行があってないので、このアニメではかえって素敵かも(爆)立人の白い中国服は良かったです〜ドキドキ!



コミックの方はまだ読まれてないんですね〜

なんだかハリーに上手く、みんな踊らされているような??でもでも愛する花鹿の為になんですが…
2009/06/09(火) 08:32 | URL | ふみ1202 #79D/WHSg[ 編集]
らいち♪♪さん
こんにちはー(^^)

レス、お待たせしました



>私、原作先に読み終えてしまったようです(笑)

>さすが 売れた漫画だけのことはある〜

>って少女漫画の醍醐味のような展開(すぐに先が読める、しかし夢も見られる)に満足でした♪



順調に読まれていたのですね!

どうも私は優先順位をつけるのが下手みたいなのと、お借りしている本なので汚したりしないようにとリビングに置いていないのもすぐに読めなかった理由かも(^^ゞ

らいちさんに追いつけるよう頑張りますっ!



そして騒がれた作品というのはやはりそれだけのものはあると私も思います!

私も2巻までは本当に一気読みでしたから!
2009/06/10(水) 16:31 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
ふみ1202さん
こんにちはー(^^)

レス、お待たせしました



>コレだけは毎週見てます〜!



おおー!ふみさんも見てらっしゃるのね?

せっかく原作読んだんですものねぇ〜(うひっ)



>でもでも花鹿のあのジーンズ?(パンツ)姿を見て、かつて昔の山本リンダを思い出してしまった私(大笑)



ああーーーーーーっ!激しく同感かも(笑)>リンダ



>最近は少女系のアニメは全く見なかったんですが(BLのみになちゃって)、立人が素敵で見ています…エヘヘッ!

>民族衣装とか中国服とかスーツとか流行があってないので、このアニメではかえって素敵かも(爆)立人の白い中国服は良かったです〜ドキドキ!



逆に普通の服を着た時の立人に_| ̄|○ ガックリもするんですよねぇ

私も個人的に一番見た目ツボは立人なので普段の服装も素敵であって欲しい〜〜とついつい(笑)



>コミックの方はまだ読まれてないんですね〜

>なんだかハリーに上手く、みんな踊らされているような??でもでも愛する花鹿の為になんですが…



ハリーめ!(爆)

それは楽しみになってきました!

少し自分で買った本がはけてきたので(いやいや、小説はまだたんまり摩天楼よ/涙)頑張ってこちらを読もうと思います。

頑張りまーす!!!
2009/06/10(水) 16:36 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/7992-e80b0d47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: