FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

鋼の錬金術師FA 第6話「希望の道」



公式HPより


壊れた機械鎧を直すため、アームストロングと共に故郷リゼンブールへ向かうエドとアル。
途中休憩した駅で、アームストロングは偶然一人の男を見かける。男の名はドクター・マルコー。かつて軍の研究所で錬金術を医療に応用する研究をし、イシュヴァール内乱後、突如行方をくらました人物である。マルコーの元を訪れたエドたちは、そこで彼が軍の命令で「賢者の石」について研究していたという驚愕の事実を知る








前向きになれたエドはアルと護衛役のアームストロング少佐と共に彼らの過去を知る人物のもとへ!


羊と共に運ばれるアルが若干可哀相だけど(苦笑)
それにしても少佐のキラキラ?がいつにも増して目に眩しい(笑)




途中元錬金術師のドクター・マルコーと出会った事で賢者の石が作れる事とセントラルの国立中央図書館に資料を隠されてる事まで掴みますが、マルコーさんの背後に妖しく笑うラストの姿が!a


しかし、あくまでも口を閉ざして自らの口から語らない賢者の石の作り方と決して軍には戻りたくないと偽名まで使ってひっそりと暮らしているマルコー
彼がイシュバールでどんな体験をしたのだろうか?

真実を知ってしまったら目を逸らせないという賢者の石の作り方とはいかなるものか?


それにしても石とは程遠いスライムみたいだなぁ>賢者の石


そしてラストもマルコーさんを探していた模様
これはどう見ても死亡フラグが立っちゃいましたよぉーー!a


それと少佐、絵上手過ぎっ!!!
羨ましい・・・私もこの位絵が上手くなりたい  _(_”_;)_バタッ






リゼンブールで温かく迎えてくれるウィンリィとピナコ

徹夜も苦にせず3日で仕上げてくれる優しさと腕

毎度の駆け足ながら、今回は少佐とピナコさんに笑って泣かされました



ピナコによってアームストロング少佐もエルリック兄弟の壮絶な過去と決意を知って号泣します。

しかし、アームストロングさんの抱擁は圧死しますっ!Ф




でも、家を焼く行為はかなりの強い決意を感じるシーン

駆け足なのはわかっていても、このシーンも前回の時の方がジーンとした記憶があるんですけどねぇ?




「たまにはご飯でも食べに帰っておいでよ」


「いってらっしゃーい!」



こんな普通に送り出してくれる2人

家を焼いてしまった2人にはやはりここが戻ってくる場所

うん。なんて事ないシーンなんだけど、本当にジーンとしてしまいます。




あれ?
ウィンリィったら大事なネジを1つ付け忘れちゃいましたよぉーーーっФ
こ、これは大変っ(爆)




次回はマリアさんとデニーの登場です!







スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
今回は
買い物をして帰ったので、すでに終わってました〜

ちょっと残念です

しばらくお休みがないので・・・見れるのは先かな〜(爆)
2009/05/10(日) 20:55 | URL | ぶっく3674 #79D/WHSg[ 編集]
テーマからきました。
どろーっとした賢者の石、なんか不思議でした。

トラックバックはっていきますね。





2009/05/11(月) 14:03 | URL | mkd5569 #79D/WHSg[ 編集]
ぶっく3674さん
こちらもレスお待たせしてしまってごめんなさい;;



>買い物をして帰ったので、すでに終わってました〜

>ちょっと残念です

>しばらくお休みがないので・・・見れるのは先かな〜(爆)



確かにこういうのってリアルタイムで見損ねちゃうと先になっちゃいますよね!

どうしてこう主婦にとって一番忙しい時間にやるのか?(苦笑)

もうちょっと早いか遅ければ確実に見れるのに・・・



でも、いつかのタイミングで見て下さい!

2009/05/13(水) 15:04 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
mkd5569さん
こんにちは!

書き込みありがとうございます。

TBいつもお世話になってます(^^)



>どろーっとした賢者の石、なんか不思議でした。

>トラックバックはっていきますね。



不思議でしたよね!

石とは名ばかりでスライムみたいな賢者の石でしたー!!!



TBありがとうございます。

これからも宜しくお願い致しますm(__)m
2009/05/13(水) 15:06 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8070-649019ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: