FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/081234567891011121314151617181920212223242526272829302020/10

夏目友人帳 第9話「あやかし祓い」




公式HPより



ある日突然、夏目の前に現れた"仲間"を名乗る男「名取周一」。
彼もまた、夏目と同じように妖怪と呼ばれるものの類を見ることができた。
表の顔は俳優、裏の顔はあやかし祓い。
夏目にお祓い家業を手伝わないか、と誘う名取には、妖怪への憎しみが見えた。
同じモノを見て、同じ痛みを越えて来た筈の夏目と名取だが・・・






祝!名取周一初登場☆Ф




どうやら食べすぎ??呑み過ぎ??
おデブ猫と化してしまったニャンコ先生を散歩に連れ出した夏目。
冬毛が生えてきたせいと言ってるが・・・ホント?Ф


「ウフ〜ン?????


唸る犬相手にお色気作戦ですか?Ф

ああ、尻尾巻いて退散したあの犬はきっとノーマルだったのだろう
(って、どこまで腐な頭しているのだろう?/爆)


しかし、ニャンコ先生ってば遠くまで連れ出された事にだけ怒ってたけど、
リードを付けられているのは問題ないのか?
夏目をペット扱いしているクセにぃ〜〜〜なんか納得いかんぞ!Ф


それにしてもバッタを追いかけるニャンコ先生激可愛っ??



ニャンコ先生を追いかけて茂みに入っていくと誰かに躓きそうになり、逆にその人物に助けてもらう。




夏目を助けた人物・・・人気俳優・名取周一だった




帰り道、夏目は変なお面をし、首に縄を付けている妖と出会う。


取れかけている包帯を巻き直してあげようとして素気無く断られてしまう。



その夜、過去にいろいろ言われて嫌な思いをした出来事を夢に見てしまい、そのせいで夜中に起きてしまう。
もうそんな記憶、忘れてしまいたいのに・・・
ちょっとした事で思い出してしまう


すると、まるで一反木綿のような妖が夏目の前に現れる。
ニャンコ先生は呑みに出かけてしまっていないので、自力で必死に逃げる夏目。




なんとか振り切った夏目の前に現れた男性―――名取
彼も妖が見える人だった。
そしてどうやら夏目は妖が見えるヤツなのか名取に試されたようだ。


「俺ときみは仲間だよ」


動揺したまま登校した夏目の前に再び現れた名取。
名取が夏目に接近した理由は


「私の仕事を手伝ってみないかい?
実はお祓い家業もしていてね」


夏目はアッサリ断りますが、帰ろうとして名取の首筋にあるヤモリのような形の刺青が実は痣で、身体中動き回る事を知り驚きます。
しかも、この痣の正体は妖だった。

独学でいろいろ勉強したり、妖が見えるだけでなく痣による恐怖と戦ってきた名取に対し複雑な心境になって大声を上げた夏目に、名取に憑いている妖が髪を伸ばして夏目の首と手首を締め上げる。
その時、ニャンコ先生が現れ撃退してくれて助かります。



ニャンコ先生の事を聞かれて一度は猫?と誤魔化そうとしますが、誤魔化しきれないと即座に思い直し、そうじゃない事を名取に告げます。
しかし、妖を支配(?)している名取はニャンコ先生を子分と称した為


「子分じゃなくて師匠だ!青二才っ!!」


と、名取はニャンコ先生にぶっ飛ばされてしまうことに
その後は名取に憑いている妖とニャンコ先生の一騎打ち?(爆)


BUTANEKO VS CHIRICHIRI  バトル開始!(カーン)Ф



名取は2人の妖をとり憑かせているようで、名前を笹子と上姫(字がわからないので漢字は当てずっぽうです(^^ゞ)

名取が受けた依頼は「開けると祟られるという開かずの蔵」の調査だった。
ある蔵に住み着いてしまった妖を退治して欲しいというもの。
その妖のせいで財政難により已む無く蔵を空けた質屋の息子がそれ以来不吉な事が続いてしまっているらしいのだ。


「奴らはいつも迷惑で理不尽な存在だ」

自分が使っている妖も目の前にいるというのにそう言い切る名取に不快感を感じ、反発してしまう夏目。

例のヤモリの形をした痣のおかげで少し表情を和らげたが、そんな夏目に


「きみは優しい子だよ。
優しいただの子供だよ。
だから・・・何も恥じることはないんだよ」


そう言って頭を優しく撫でる名取。


優しい口調とは裏腹に、強引に夏目を関わらせようとする名取。
友人帳を奪いに来た妖を躊躇いもなく札の付いた杭の様なもので刺す名取。


躊躇なく止めを刺そうとする名取の妖に対する名取と真っ向から意見がぶつかってしまう夏目。


『せっかく、同じものを見える人と出会うことが出来たというのに、その人とさえわかり合う事は難しいことなのか』


ニャンコ先生は名取に触れた瞬間、妖に対する憎しみが伝わってきたと言う。
それ程に名取は今まで妖に苦しめられてきたのか?




名取との考え方の相違で落胆しながら歩いていると、
以前出会った首に縄を付けている妖と再び出会った。

「おまえ・・・あの子の匂いがする」


柊というその妖は例の依頼のあった蔵のある家の門の所に、ある祈祷師によってそこから他へ行けないようにされ、この家と蔵を守るよう言いつけられたそうだ。
しかもその縄は役目を果たせなくなった時、締まって首が落ちるように施されているそうで。

一時期それでも逃げ出そうと躍起になった事もあったが、それも今は諦めたらしい。

しかし、逃げ出そうとした時に手や腕、爪を傷つけてしまったのだが、それを見て包帯をしてくれたのが通りすがりの男の子だったらしい。


しかし、数年経ってその子が祓い人となって戻ってきた事を知り、その子の手柄になるならと考えている事を夏目は知る。



そしてその男の子こそ小さい頃の名取だったのだ!
でも、今の名取はその事を忘れてしまっている


何とかして止めようと約束の場に向かった夏目だったが、名取の妖によって阻止されてしまい止める事が出来ない!
やがて柊がやってきてしまい、名取の書いた陣に踏み入れてしまう。
すると雷が起こる?

必死に自分を押さえ込んでいる髪をちぎり自分も陣に駆け込む夏目。


すでに発動した雷を止める事が出来ない名取に代わって飛び込んできたのは斑
柊のお面が砕け・・・



そして唐突に柊との思い出を思い出す名取。

柊の傷に包帯を巻いてやった事
妖が見える為に苦しんできた自分の生い立ちを柊に話していた事


「人には・・・
人の子には不幸を招く力なんてものは無いんだよ
おまえは優しい子だよ
優しいただの子供だよ
私はおまえに会えてこんなに嬉しかったのだから」


名取が夏目に言ったのと同じ言葉。
言葉だけは覚えていたんですね。



でも、名取もただの冷酷人間ではなかった。
今回の陣も実は哀れな妖なら一思いに逝かせてやるか、運良く首の呪縛を焼き切る事が出来たら解放してやろうという五分五分に賭けていたのだ。
そして自分が介抱してやった妖とわかって、命を助けてやれた事に心底ホッとする名取。

しかしそのせいで夏目とニャンコ先生は傷を負ってしまったが。

そして夏目に昔の自分を重ねていて何かを伝えてやれるんじゃと考えていたのだ。



なんだかんだ言って結局、夏目を助手にするのを諦めて帰っていく名取。
複雑な名取の想いがわかっても、やはり名取の考え方には賛同出来ないとハッキリ自分の意見を口にする夏目と、
そんな夏目の考えを受け入れてくれた名取。
そんな名取の後を付いていってしまった柊。


せっかく自由になれたのにと不思議がる夏目に


「惚れた相手なんじゃないか?
まぁ、個人の喜びなど本人にしかわからないこともあるさ」



「そうか・・・そうだな」





柊はその男の子にずっと会いたかったのでしょうね。
そして成長したその男の子の手によって呪縛から解かれた・・・
その地から離れることが出来るようになったのならもうずっと離れていたくなかったのでしょうね。
名取の気持ちはどうでも柊にとって名取に付いていけるということはこれ以上の幸せはないのでしょうね。



やっと出てきてくれました名取さん?


「煌めいててごめん?


って画面中キラキラーーーーーには大笑いしました。

うん!
石田さんまぁバッチリなのでは?
複雑な思いはあれど、基本的にこの方の物言いってちょっと冷た目ですものね。
ちょっと想像していた声より若干大人っぽいかな?と思わなくもないですが、戯作未読の身としてはOKかなと。


しかし、名取さんが出てくるとやっぱり役者が揃ったって感じで楽しかったですa






(CD)中孝介/絆/夏夕空【初回限定盤:CD+DVD】



夏目友人帳 音楽集 おとのけの捧げもの / アニメサントラ



夏目友人帳(第6巻)





スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
こんばんは♪
見てきました

面白かったです、石田さんあんなに大人っぽい落ちついたトーンの声って

私は初めて聴きました・・・素敵だったな〜



名取とは今後、友人のように付き合っていくことになります

道は違っていても、妖が見えることはおなじですものね〜・・・

2008/09/05(金) 20:41 | URL | ぶっく3674 #79D/WHSg[ 編集]
ぶっく3674さん
こちらにもありがとうございます!



>見てきました

>面白かったです、石田さんあんなに大人っぽい落ちついたトーンの声って

>私は初めて聴きました・・・素敵だったな〜



お〜

ご覧になりましたね!( ̄ー ̄)ニヤリ

素敵な名取でしたよね!

確かに石田さんのああいう感じの声はあまり無いかもしれませんね。

でも、なんか想像より大人っぽい声になっていて、正直ちょっと驚きました(^^ゞ



>名取とは今後、友人のように付き合っていくことになります

>道は違っていても、妖が見えることはおなじですものね〜・・・



おーー!そうなんですね?

私も付録狙いでちょこっと読みはしているんですが、なんかそんな感じでしたよね!>友人

これもあと3回かそこらで終わりでしたか?

もっと名取の出て来る回見たいですね。
2008/09/06(土) 07:25 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8425-f697f9ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: