FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/06

DARKER THAN BLACK -流星の双子 episode 8「夏の日、太陽はゆれて・・・」




公式HPより


カシオペアの車内、スオウはターニャに再会する。二人の決着をつける時が迫っていた…。爆弾が仕掛けられたカシオペアの乗客の命と引き替えに、レプニーンが黒に取引を迫る




まだ契約者でも何でもなくて楽しかった日の蘇芳の思い出・・・



「やっぱりそう簡単には見つからないか・・・未来の記憶は」


未咲が泳いでいると、プールサイドにはマダムオレイユの姿が。
そして謎の言葉
三鷹文書は稀に未来の記憶と呼ばれるらしい

まだ変えられる余地のあるこれからの記憶
それを持つ者は果たして幸福なのか?不幸なのか?
そういう契約者が居たという

何故そんな話をしたのか?
それは未咲から得られる情報があるからとマダムは言うが




黒たちが乗り込んだカシオペア車内
レプニーンはどうやらターニャに黒たちを任せようとしているようです。


その頃蘇芳は母親の写真集を見ていた
場所は池袋
懐かしそうに話そうとするマオと小さい頃一度行った事があるという蘇芳
食事を買いに部屋を出た黒はレプニーンと出会う
そして蘇芳もまたターニャの手に堕ちた


・・・ってジュライの顔にゴキちゃんなんて嫌ぁぁぁーーーっa




黒は食堂車でレプニーンと共に席に着く
酒を断った黒がオーダーした食事は・・・ФФФ

やっと黒らしくなってきたーーーっ!!!
やっぱり黒は食べてくれなきゃね



気絶させられていた蘇芳が目を覚ますと目の前にはターニャの姿が。


レプニーンは黒をスカウトしようとするがにべもなく断られる
そしてレプニーンは蘇芳がおとりだと思っているようだ。

とにかくそのまま席を立とうとした黒だったが、蘇芳は既にターニャのところ
それだけでなく、レプニーンは列車に起爆装置を仕掛けていた



一方、蘇芳はターニャに何故あの時自分を殺さなかったのか?と問われていた

「きっと撃ってた・・・黒がいなければ」

おーー!「ヘイ」ってナチュラルに言ったわ♪


「でも撃たなくてよかった」

「何故?」

「だって友達だし」

「それは理由にならない」


友達だからこそ憎む時もあると

実際、ターニャは蘇芳が必要以上にニカと接近していた為に一時蘇芳が嫌いだった時があったと告白し始める
自分の方を振り向いて欲しかったと。


しかし、記憶はあっても、どういう気持ちだったかは思い出せないと。


自分がニカを好きだったのは覚えている
そしてニカを自分の手で殺した事も・・・
そんな風に話すターニャを抱きしめる蘇芳



モーニングを食べる未咲ら強引に相席する鎮目
やはり今も黒についていろいろ調べまわっているようだ。
そしてイザナミ=銀にかなり興味を持っている様子。




レプニーンの言葉に着席する黒
そんな黒に過去に自殺した契約者がいたという話をし始める
そしてそれはたった1人のドールによって引き起こされたと。


鎮目の話
イザナミは契約者を天国に送る・・そんな力があるという噂を聞き込んでいた
そしてこの話の代償に未咲からも聞き出そうと迫る


レプニーンはドールの力を欲しがったわけ
実は黒が殺したばかりのイリヤはかつてレプニーンの姪を殺していたのだ。
激昂するレプニーン

そんなレプニーンに黒は

「確かにソイツは畜生だ。だが契約者だからじゃない。
最低の人間だから最低の契約者になっただけだ」



何もしようとしなかった事や合理的な枠の中にしか自分をおさめる事が出来なかったと
そんなレプニーンに乗客を道連れにする勇気はないとフォークをレプニーンの手に突き立てる


黒に逃げだされたレプニーンはターニャに列車を止めて蘇芳を連れ出すように命令する
虫を使って列車を強引に止めるターニャ

蘇芳を連れ出すのには成功するが、黒によって蘇芳は逃げ出す
後を追うターニャ

列車の中ではジッと成り行きを見つめているジュライ



ある場所にたどり着き、そこにあったプールの中に身を潜ませる蘇芳
しかし、息が続かなくなり出てくるとジッと出てくるのを待っていたターニャ

「黙ってついてくるがいい」と言うターニャに怒りでプールの水をかけると何故か動かなくなるターニャ
一瞬、契約者になる前の記憶が蘇ったのだ。
しかし、その一瞬の思い出をレプニーンの声が遮る
再び能力を使い始めるターニャ

そのレプニーンは怪我の痛みと闘いながら黒と対峙していた。
再び仲間にならないかという言葉を断られると、一瞬の隙を突いてナイフで黒を刺そうとするが、逆に黒によってナイフを突き立てられてしまう


「1つだけ聞かせてくれ。イリヤを殺したのはおまえか?」


黙って頷く黒
それを見て、一瞬笑顔を見せた後こと切れるレプニーン



ターニャの操る虫に取り囲まれて悲鳴を上げながらターニャの名を呼ぶ蘇芳
そこで蘇芳も能力を
とうとう2人の仲も決着かと思われたが、銀を撃とうとした蘇芳を止めた黒の声を思い出して撃てない

次の瞬間、銃声がして死ぬターニャ

蘇芳は自分が撃ったんじゃないと言うが、生きるための術だと撃った事を責めていないと黒に言われてカッとなる蘇芳

黒に背を向け、反対側に歩き出す
ジュライは何も言わずに蘇芳の後についていく。
黒は反対側を向いたまま歩きだしてしまう


プールでの楽しい思い出
そのプールで死んだターニャ
また1つ蘇芳は過去の思い出と決別したのだ。


そして離れた場所で蘇芳の武器とソックリな対戦車ライフルでターニャを打ち抜いたのは紫苑
そして傍にいるのはパブリチェンコ



未咲もまたマダムが言った自分の未来を見た契約者を調べていた
未咲が知っている該当者は宝来善充だけ
彼の言葉を録音したものの中に彼とは違う声が交っている事に気付く




ロシアから執拗に追ってきたレプニーンもターニャも退場となってしまいました。
しかし、紫苑もまた蘇芳とソックリの武器でターニャを撃ちましたが、紫苑も同じ力を持っているという事でしょうか?
しかも、そのせいでせっかく距離が縮まったと思っていた蘇芳と黒にまた溝が出来ちゃったし・・・


ターニャはターニャでせっかく契約者になる前の心を取り戻しかけていた気がしたのに、取り戻せないまま退場は可哀想な気がしましたね。



それよりも!!!!!

次回!なんと出てきたぞぉーーーっ!


久良沢凱と茅沼キコちゃ〜ん♪



やはり今回でも出張ってきたのか!!! (≧m≦)ぷっ!

今回の黒の食事のシーンといい、なんかどんどん<らしく>なってきて楽しくはなってきましたが・・・
やっぱりどう登場人物たちを動かしたいのかが今一歩わからんなぁ( ̄~ ̄;) ウーン




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります



DARKER THAN BLACK -流星の双子- オリジナルサウンドトラック【予約 12/23 発売予定】


 DARKER THAN BLACK-流星の双子- 1/アニメーション[Blu-ray]



スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8609-f461bd90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: