FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09

BLEACH 第283話 「スターク、たった独りの戦い」


「さぁ、これでようやく1対1だ」



スタークは、自ら引き裂いた魂を無数の狼の姿に変えラブとローズを攻撃してきた。そして止めを刺そうとした時、影から京楽が現れる。京楽は、花天凶骨の能力「子どもの遊びを現実にすること」で影鬼を使って、スタークを襲ったのだった。なんとかかわそうとするが、次第に傷ついていくスターク。だがその時、リリネットの主導する狼たちが京楽を止めようと群がる。京楽に振り払われ消えていく狼たち。スタークはリリネットを呼ぶが、返事はなく・・・



「なん・・だよ、こりゃ」

スタークの影から出てきた剣
訳がわからないスターク
すると、影から京楽が出てくる

「ちょっとこっちも本気で行かないとマズイんじゃないの?」

不意打ちで刺されてしまったスタークはかなりのダメージ

「やり過ぎるわけにはいかねえのはわかってるな?」

やりすぎ?それはいったいどうなるのか

「なんだい、その技 影の中に潜るなんてふざけた技だ」
「影鬼」

隠していたわけではなく花天狂骨がその気になっていなかっただけと返す京楽
子供の遊びを現実にする能力
それ故、ルールは花天狂骨が決め、領域に入った者を従わせる能力

説明した上で影鬼、嶄鬼と攻撃をするが、その時スタークを守るように群がる狼たち
そして会話を交わしてる事で京楽はその狼たちがリリネットだと気付き、質問攻めに。
それに対し「さあな」と曖昧な答えだけ返すスターク

リリネットには心配されるが、地面に足を付けても上空で戦っても先ほどの京楽の攻撃があるので不利。

「難儀な相手だ」
「スターク、考えがある」

向こうの誘いに乗るんだと提案するリリネット
とにかく彼女の言うように動き出すスターク

「待ってたよ」

嶄鬼かと思えば影鬼と繰り出される攻撃
それによりまた傷が増えるが、実はそれは囮

「いくよ!スターク」

背後に近付いていた狼たちが一斉に自爆する
リリネットの身を心配するスタークだったが、ホッとする間もなく京楽が嶄鬼で上からの攻撃を!
しかし、スタークの身を守るように彼の前に立ち、京楽へと向かっていくリリネット
次々にやられていく狼たちを見て京楽に斬りかかっていくスターク

しかし、とうとうリリネットからの返事が無くなる
やり過ぎるわけにはいかないと言っていたのはこの事なのか
京楽はヤバかった先ほどの状況から逆に狼たちとどう戦えばいいのかを知り、有効である不精独楽を使ったのだ。


「さぁ、これでようやく1対1だ
艶鬼・・灰色」

「なんでこんな強い奴と戦わなくちゃなんねえんだ」

孤独から魂を2つに分けたスタークとリリネット
ただ孤独から逃れたかった
だから弱い奴が羨ましかった それだけで群れていられるから
弱くなれないのなら自分と同じくらい強い仲間を

lilinete.jpg

それが破面

しかしこの時、京楽にも変化が見られた
リリネットのおかげで京楽の力をかなり削げたと気付いたスタークは、まだ自分の傷など浅いと
さらに、艶鬼の弱点に気付いたスタークは

「リリネット、まだ俺は戦えるぜ」

艶鬼の欠点は口にした色を斬れるのは当然だが、自分にもある色・・つまりリスクのある色を口にすればするほど相手の受けるダメージは大きくなるのだ。
先ほど京楽は自分に無い色を口にした為、スタークの受けた傷は浅かったのだ
一発でルールを見破られた事を感心する京楽

「実にやりずらい」

しかし、今度はその欠点を盾に使う京楽
隊長服を盾にして一瞬の間を作り、全身ほぼ真っ黒の状態で色を口にする

kyoraku.jpg

「黒!」

京楽にとって一番リスクの高い色であって、スタークにとっても一番重要な穴の色

stark2.jpg




仲間が次々死んでいくのを見ていたスタークとリリネット
そんな2人に近付いてきたのは藍染

「あんた、強そうだな」
「どうかな 私は仲間を探している」
「奇遇だな、俺たちもだよ あんたの仲間も強いのか?」
「知りたければ来るといい」

孤独の中で空っぽのようだったスターク
仲間の意味は全く違ったのに、「仲間」というワードによって結び付いたスタークと藍染

「わかった。あんたなら一緒にいても死ななそうだ」


藍染との出会いを走馬灯のように思い出すスターク
穴を攻撃され、落ちていきながらその藍染を見る
しかし、一瞥も無い藍染の姿がどんどん小さくなっていく

「悪ぃな、藍染様 義理、返せねぇみたいだ」

仮面も壊れ、剥がれていく

「独りじゃない・・独りじゃない」

魂を2つに分けた時のリリネットとスターク
何でも出来る。何処へでも行ける

「一緒に行こうぜ  どこまでも」

最後に浮かんだのは、その時の微笑んだリリネットの顔


みんな各々理由を抱えているものの、スタークとリリネットの関係が一番強く繋がっていただけに・・しかも、もう孤独ではいたくないという気持ちに泣けました



「お疲れ様です」

京楽に一礼するラブとローズ

「無事でなにより」

しかし、他人が戦っているとこに途中から平気で割り込んでくるとこは変わらないと返すラブ

「流儀によって勝ちを捨てるのは三下のする事さ」

ラブの言葉にフッと笑う京楽

「イイ子になろうとしなさんな」

貸しも借りも戦争が始まった瞬間から悪だと





「潰せ『鉄漿蜻蛉』」

一方、こちらはハリベルとの戦い

「ぶっ手切れ『馘大蛇』」

リサに続き、ひよ里も卍解して戦う
2人と1人・・と言われてしまうも日番谷も卍解して攻撃を
ちぐはぐかと思いきや、先ほどよりもイイ連係を見せている3人

それを黙って見ていた藍染だったが・・

「もういいよ、ギン 終わりにしよう」

すると、突然姿を消しハリベルの近くに現れる藍染
そしていきなりハリベルに斬り付けたのだ

「用済みだ。どうやら君たちの力では私の下で戦うには足りない
ギン、要・・・行くぞ」



スタークは普段の言動からはわからない、強い故に抱えていた孤独
それを満たしてくれたのが藍染
与えてくれたエスパーダ
仲がイイとは見えなかったけど、群れていられればよかったのかもですね
駒の1つだというのは多分わかっていたんでしょうけど。

スタークそのものも結構好きでしたが、小山さんの声でさらに素敵度上がった気がしてます。
小山さん、お疲れ様でした

それにしても卍解無しにこの力 卍解したらどんななんだろう?

しかし、それ以上に哀れなのはハリベル
次回はどうやらハリベルの過去話の模様
どうしてあれだけ惣様に忠誠を誓っていたのかこれでわかるかな?


なんか一気に現世のエスパーダは片付いてしまいました(^^ゞ
しかし、悪の権化状態ながら今回も惣様の声多めで満足です。
相変わらず素敵には描いて貰えてなかったけど(^^ゞ


【死神図鑑ゴールデン】

今度の噂は浮遊する白装束のお化け
・・・ってうりゅたんだったのかФ



にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



chAngE(初回限定CD+DVD)

chAngE(初回限定CD+DVD)

価格:1,575円(税込、送料別)



BLEACH 斬魄刀異聞篇 4 【DVD】

BLEACH 斬魄刀異聞篇 4 【DVD】

価格:3,733円(税込、送料別)




スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8814-6b22f408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: