アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BRAVE10 第1話「運命のふたり」


冬季アニメ第3弾です。


あらすじ

関ヶ原の戦いが始まるおよそ1年前。伊賀の忍者霧隠才蔵は、信州国境にて刺客に襲われる出雲の巫女伊佐那海と出会う。伊佐那海は襲撃者に全てを焼かれ、信州の真田幸村を頼ろうとしているところであった。
そして真田幸村は10人の同志を集めている最中であった




恒例のキャスト貼り


霧隠才蔵:小野大輔
猿飛佐助:柿原徹也
由利鎌之介:高城元気
海野六郎:神谷浩史
真田幸村:森川智之
服部半蔵:櫻井孝宏
伊達政宗:子安武人
伊佐那海:佐藤利奈
アナスタシア:浅川悠
筧十蔵:置鮎龍太郎
根津甚八:中井和哉
三好清海入道:田中一成
望月六郎(弁丸):橘田いずみ


オープニングテーマ「精霊飛来」歌 - 霧隠才蔵(小野大輔)&猿飛佐助(柿原徹也)

OP曲・・・うーん・・・最近、Dが歌う曲は加工色が強いのが続いてますね。



注目アニメの中でも一番の萌えアニメになるか?
<萌え>的には一番期待していた作品です。


ただ、これは評価が二分しそうな感じ(^^ゞ




炎に包まれる出雲大社
必死に逃げる神主と少女だったが
神主によって少女だけ助け出され・・・



道端で寝転んでいる青年。
気配を感じ身構えると、現れたのは少女。
彼女は何者かに狙われていた

面倒事には関わりたくないと退けるその少女の手には痣?のようなものが
だが、敵に取り囲まれると奥義 天唾返しで鮮やかに瞬殺してしまう。

saizou

「そんな強いんだったら、女の子1人守るくらいおてのもんでしょ?
男だったら助けてやろうって気にならないの?情けない!」


勝手に見込まれ、ありがとうの一言も無く絡まれてしまうが、蕎麦につられ仕方なく信州の上だまで行く事に。


「よく喰うな」

この少女、かなりの大食漢
しかし、汁を飲むその手にあの痣は消えていたーーー

少女の名は伊佐那海
青年の名は霧隠才蔵

「こんなに気を抜いたのは何日ぶりかな?きっと才蔵が傍に居てくれるからだね」

伊佐那海の言葉に、あそこで犬死したくなかったからだと答える才蔵だったが

「才蔵って優しいね」

その言葉にテレたかのように立ち上がる才蔵
その際に、落ちそうな髪飾りに伊佐那海が触れるとはめ込まれた玉に変化が




上田領の手前まで伊佐那海を連れていくと、そのまま元来た道を引き返そうとする才蔵。

「帰さん!」

そこに現れたのは猿飛佐助

sasuke4

「伊賀者は皆、外道!」
「飼い犬は勝手に犬小屋に帰りやがれ!」

そういや、佐助は甲賀者でしたな(^^ゞ

ここで才蔵と佐助の激しい戦いとなる。
それを止めたのは伊佐那海

「いい加減にしてくれない!私、真田幸村って人に会いに来たんだけど?」


難攻不落な上田城
一室に通された伊佐那海と才蔵
緊張している様子の彼女の前に現れたのは  幸村

「おまえが出雲の巫女か?」

yukimura

Σ( ̄ロ ̄lll)ゲッ 結構なオヤジ面だ(ボソッ)

「ようやく会えました!どうか助けて下さい」

それに対し、何があったか訊ねる幸村

「お主だけは生きねばならん!」

そう言って身を挺して伊佐那海を逃がしてくれた神主の姿を思い出し、襲われた際の事を話す伊佐那海
しかし、それに対し幸村の返事は

「で?わしに何をしろと?
こっちにまでとばっちりを食いそうだ」


危うい事には首を突っ込まない性質とそのまま部屋を出ていってしまう。

「殿さまなんてあんなもんさ」

唯一、神主に頼れと言われてここまで来た幸村に拒絶され、涙を流す彼女にそう言って城から立ち去ろうとする才蔵
そんな才蔵を悔しそうに叩き縋り泣く伊佐那海


それでも、ここにいる意味が無い才蔵は城を後にするが、彼についてきてしまう伊佐那海。

「一緒に居てよ!何かの縁じゃない!!」

震える身体でそう言うも、才蔵に拒絶され自棄になって地面に寝転んでしまう彼女。
するとつかつかと戻ってきた才蔵

「勘違いするなよ!俺はおまえが思ってるような奴じゃない」

どうなろうと何も感じないとキツイ表情でそう告げる
だが・・・

気配を断ち、2人に襲いかかってきたのは昼間の刺客。
やられそうになる伊佐那海。するとそこにミミズクが

「狸の匂いだ」

突然現れたのは幸村と佐助
わざと突っぱねて2人を敵の正体を知る為の餌にしたのだ

「よーく見とけよ!真田幸村、猿飛佐助!
奥義 瞬光っ!」


さらに才蔵を挑発する幸村の言葉に、当然!と言わんばかりに鎖を断ち敵を鮮やかに倒していく。

「どうして?こんな目に遭わなきゃならない?」

鎖に繋がれ、死体の血がかかり・・・
そんな彼女に変化が現れる

「私達が何をしたっていうのっ!!」

すると、あの痣が伊佐那海の身体を覆ったかと思うと

「我を嘲りし者よ、滅びよ」

伊佐那海の髪飾りに付いた玉から声がし、黒い光に包まれる
すると、鎖も徳川の死客も木の枝も全て粉々に消えてしまった

「この痣、なんだ?」

しかも、この力が発動してる間を彼女は覚えていないようだ

「安心するがよい。伊佐那海は真田が預かる」

その言葉に、伊佐那海は才蔵を召抱えて欲しいと頼む。
関係ないと突っぱねる才蔵だったが

「お蕎麦を奢ってあげた仲じゃない!」
「なんだおまえ、女に借りがあるのか?」
「恥  肉体労働決定!」

ここまで言われて渋々残る事に
ってか、蕎麦一杯でここまで言われて、ショックを受けてる才蔵って(笑)

「ありえねえ」



「2人がこのような形で揃うとはのぉ。六郎、お主もその目で見たであろう」
「はい。あれが息とし生けるもの全てを闇に葬るという力」

rokurou

伊佐那海のあの不思議な力。
あれを持った者こそこの世を制すると言われていた
徳川もその力を欲して伊佐那海を追いかけていたらしい

「そろそろ、灸をすえてやる頃かのぉ」

だが、幸村は10人の勇者を集めようとしていた
それが揃うまではまだ徳川に手は出せない

だが、ここで屋根裏に忍び込んで話を聞いていた才蔵の存在に気付かれてしまう
素早く六郎は超音波?みたいなものを発する


「真田幸村、アイツが何を企んでやがるのか見極めてやるのも面白い」

なんとか戻ってきた才蔵は、幸村の周りの手練の者達。さらに10人勇者を揃えようとしている事などに興味を持つ。
だが、先ほどの攻撃にそのまま意識を手放してしまい・・・



朝、起きると隣には伊佐那海が
そして伊佐那海に対して待遇の悪い才蔵。この先、どうなる?







個人的には1話目の掴みは・・・私はビミョーです(^^ゞ
要するに、幸村が現在、十勇士を集めてる最中で、整ったら徳川と戦う!・・・という流れなのだと思うんですが、

これだけ男性ばかりで。
戦国武将や忍者。しかも、有名どころばかり。
人気男性声優多し
竹田逸子さんの作画で絵も美麗


私にとってはイイとこ尽くめ・・・な筈なんですけど

なんだろ?話の流れ?キャラ?ユッキーがオッサンだから?(≧m≦)ぷっ!
会話は交わしていないものの、CとDが一緒というだけでも萌えても良さそうなのに・・・

もしかして伊佐那海のせい?
私がこの手の女の子が好きじゃないから?
ってか、ヒロインいなきゃよかったのか?

もう少し我慢して見続けてみないと評価は決められないですが・・・
せめて幸村と六郎のトコがもう少し色っぽかったらなぁ・・・(←何を望む?もちろんアレですよ!/腐)
とにかくもうちょっと話が動いて来るまで我慢な作品になりそうだな~



ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201201/article_10.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 BRAVE10  (1-8巻 最新刊)

 「BRAVE10」オープニングテーマ: 精霊飛来 / 霧隠才蔵 (CV: 小野大輔)&猿飛佐助 (CV: 柿原徹也)

 CD ADAPTER。/ 艶男。-adeosu- 限定盤 DVD付
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8926-5da6681a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
 なんかもう面倒くせえ。
2012/01/09(月) 17:05:03 | つれづれ
ポヨポヨ観察日記 第1話 ぽよかわえええ〜о(ж>▽<)y ☆ CVは育江さん! これでピカチュウ、ポヨ、2月からはキャンディと人外キャラ極めたりですね。 いかにも5分アニメといった
2012/01/09(月) 20:52:25 | のらりんすけっち
【運命のふたり】 BRAVE10 第1巻 [Blu-ray]出演:小野大輔メディアファクトリー(2012-03-21)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 今期11作品目です(・∀・) 
2012/01/09(月) 22:20:11 | 桜詩〜SAKURAUTA〜
[新]BRAVE10 第1話  ≪あらすじ≫  関ヶ原の戦いが始まる約1年前、信州国境にて。放浪中の伊賀忍者・霧隠才蔵は、刺客に追われる巫女・伊佐那海と出会う。面倒なことに関わりたく
2012/01/11(水) 20:37:31 | 刹那的虹色世界
BRAVE10=真田十勇士。何かサムライ7を彷彿とさせる英語タイトルですね。それ以上に最初に感じたのは濃厚なBL(ホモ)臭です。いかにもなキャラクターデザイン、男性声優による「ウホ
2012/01/12(木) 13:42:24 | こいさんの放送中アニメの感想
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。