アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BRAVE10 第2話 「闇と光」


やっぱり、今回の一番の売りは六郎と幸村のグルグル巻き?
一瞬、「タイバニ」を思い浮かべちゃった(〃∇〃) てれっ☆
そうなると、六郎はユッキーの小姓だったわけだし、大本命はここなのか?(≧m≦)ぷっ!

roku-yuki

ちょっと、表情といい縛られ具合といい色気不足ですが(笑)この体制はそれなりに萌えっ(←バカ)




「しかと承りました」

主の命令にそう答えるこの男は伊佐那海を狙った忍び?

今日、上田城では豊作祭りが執り行われる事になっていて、伊佐那海は豊穣の舞を踊る事になっていた。

「ったく!舞いだか祭りだか知んねえけど、付き合ってられるかってーの!」

伊佐那海から逃げ出してきた才蔵
森の中で水浴びをしている女を見つける

「伊賀亜流氷術 槍氷華!」

才蔵の気配を感じ、いきなり氷の術で攻撃してきたこの女・・・

「アナっ!」
「もしかして才蔵?」

なんと!この2人、幼馴染だった
そして幸村に仕えていた
しかし、元は違ったようで寝首をかこうとして失敗し、それから真田の下についた模様。

だが、そんな親しそうな姿を伊佐那海が見ていた。

「浮気者っ!」

しかし、叩こうとした彼女の手を止めたのは幸村。
アナに国境を調べさせていたのだ。
うわばみが出るとか何やら怪しい噂を聞いたようだ。

うわばみって???大酒のみ?(笑)←本当は大蛇ですね

とりあえず、何かあった時の為に佐助を配置させる幸村
しかし、とにかく今日は祭り。伊佐那海に声をかけ戻っていく幸村。


城下は祭りで華やいでいる。
そして幸村の乾杯で盛り上がっていく。

「妙な魅力のある男でしょ?」

幸村をそう称賛するアナ

「恐れてるんでしょ。誰かの為に戦う事。
人一倍仕えるべき主や守るべき者を求めてるクセにね」


アナの言葉を全面的に否定する才蔵
そんな中、伊佐那海の舞いが始まる。
舞いを見ながら、尚も何か背負ってるくらいの方がイイと話を続けるアナから逃れるように会場から出ていく才蔵。
それについていくアナ
踊りながらそんな2人を見て心落ち着かない伊佐那海

しかし、感情ってやっぱり踊りに出るんですかね(^^ゞ



舞いが終わって、急いで才蔵を追ってきた伊佐那海
いつでも才蔵と一緒に居たい!と言う彼女にうわばみ退治に行くと才蔵が言うので、一緒に付いていく。

「ごゆっくり!」

才蔵と伊佐那海を置いていなくなってしまったアナ。
慌てて後を追おうとした才蔵だったが、突然、伊佐那海が青ざめて森の方を指さす。

「恐いのがあっちに居るよ」

言われるまま森に入るが何も見えない。
だが、当然いるはずの者達も音も何もしない
しかも、昼間に関わらずかなり暗い・・・と思ったその時!

「上ぇぇぇー!!!」

なんと、2人の頭上にうわばみが突然現れた
気配も感じられなかった
伊佐那海を抱いて逃げている上に、途中で気絶してしまった彼女

「本当に足手まといだな」

必死に逃げる才蔵だったが、とうとう尻尾ではたき落されてしまう
うわばみの身体の下敷きになっている才蔵
最初は逃げろと言っていた才蔵だったが、「才蔵は強いもん」という彼女の言葉で再び力を振り絞り、火薬を使ってなんとか身体の下から逃げ出す。
そして、うわばみが蟲傀儡の術で操られている事に気付く。
それがわかると、才蔵は刀をうわばみの術が施されている方の目に突き立て、やっと倒す。
だが、その瞬間、うわばみが突然大爆発する


爆発に巻き込まれ、崩れた岩に閉じ込められてしまった才蔵と伊佐那海
簡単な怪我の手当てをしながら、どこか楽観的な彼女

「才蔵といれば大丈夫♪」

この根拠の無い信頼は(笑)

「光・・・だから。才蔵は私にとってたった一つのあったかい光だから!」

出雲を追われて以来、苦しくて辛い中、唯一、才蔵だけが手を差し伸べてくれた。
すると不思議と波立っていた心が凪いだ。

「本当にあったかい気持ちになったんだよ」

彼女の心に反応するかのように、また髪飾りの石が光った
だが、それには触れずに

「俺は奪う側の人間だ。日の当たる表に出る事はない」

助けたのはたまたまと言う彼に関係ないと言う伊佐那海

「才蔵は眩しいよ。私にとって」

伊佐那海の言葉に、イイ親に育てられたんだなと言うと、伊佐那海は赤ん坊の頃出雲大社の鳥居の前に捨てられていたのを神主に育てられたと話す。
しかし、その神主ももういない
だから、頼れるのは才蔵しかいないと微笑む伊佐那海

テレたのか?そこで話を打ち切り火を消す才蔵だったが、伊佐那海がその煙が流れていくのに気付く。
という事は空気の通り道があるという事。
下手したら今度こそ生き埋めになってしまうかもしれないが、助かる為に岩を崩してみる。


「おい!ほら、出るぞ」

手を差し出す才蔵
やっと外に出られた2人。
だが、その目の前には・・・城から煙が!!

曲者が城内に忍び込んでいた。
爆薬が鳴り響き、城内の人間が狙われる
やってきたのは家康の命で入りこんだ忍びだった
目的は伊佐那海


佐助もまたうわばみと対峙していた

「無駄ですわ。私の蛇には火薬を仕掛けてありますの」

うわばみを操る女・桜割の登場
蟲傀儡の術を使うと瞬時に悟った佐助
彼女を倒そうと斬りつけるが、斬った場所から蛇が出てきて佐助の頬を噛む。
そこから毒が。

「間もなく見えなくなりますわ」

霞む視線
襲いかかってくるうわばみ
だが、突然、うわばみが凍る アナだった

「伊賀の助け、要らん。我の獲物」

だが、桜割は時間稼ぎだった。当然、伊佐那海を奪う為の。
そういう彼女に畳みかけるように攻撃をする佐助

「森は我が庭。生きては帰さん!」

sasuke5

その言葉通り、森の住人達が桜割を取り囲む


上田城に戻った才蔵と伊佐那海
才蔵は彼女をここで待てと言い、中へ入るが彼女もジッとしていられず中へ。

逃げ遅れた者たちを探していた伊佐那海は、いきなり動きを封じられる

「やっと、見つけました
我が名は服部半蔵」


声の方を見ると出雲を火の海にし、神主を殺した男だった
しかし、そこに割り込んできたのは才蔵

saizou2

「生憎、連れていかせるわけにはいかないな」


くないを外し、逃げるように言う才蔵
半蔵の強さを知っている伊佐那海は心配するが

「負ける気はしねえな!瞬殺だ!」

しかし、半蔵は強かった
五分か・・いや、それ以上か・・・
かわしかわされ、それでも次々に傷付いていく才蔵

「君ね、平家物語とか読んだ方がイイよ。生きていられれば だけどね」
「早い・・コイツ、何者?」


「男2人で縛られるとはなんとも色気が無いのぉ」

同じように忍び込んでいた者たちに縛られてしまう幸村と六郎
民が逃げたのを確認し、六郎に攻撃を命ずる。
夫婦漫才のような2人だが(笑)それでも次々に敵を倒していく六郎



五月雨を繰り出すも全て叩き落される

「所詮は目くらまし。たかが知れている」

半蔵も才蔵の噂は聞いていたが、それ程でもないと鼻で笑う
そして言葉通り、まるで子供相手の様に才蔵をいとも簡単に倒してしまう

「奥義 火生三昧」

それでも、気絶させられた伊佐那海を見て、彼女の言葉を思い出す才蔵は、彼女を連れていこうとする半蔵の手にくいなを打ち込む

「させるかよっ!」

そして素早く半蔵の脇腹を裂き、伊佐那海を抱きかかえる

「へっ。見直したか?」

だが、そこに桜割を倒した佐助とアナスタシアが戻ってきた。
形勢が不利になったと瞬時に理解した半蔵は煙玉に紛れて姿を消す。

後を追おうとした才蔵だったが、既に限界だった彼はその場に倒れる。
慌てて駆け寄る佐助とアナ

「うっせ・・声がデカイんだよ、猿」





服部半蔵ですからね~簡単ではないとは思いましたが・・・
しかし、相当強いですね!彼が才蔵のライバルになるんでしょうか?
何気に才蔵を心配してる佐助にキュン♪(笑)

しかし、右向いても左向いてもナイスバディなねーちゃんばっかり・・・
興味ないんですけどっ!!(笑)



しかし、やっぱり今回はユッキーと六郎に私は持って行かれましたねー!
なんですか?意味深な予告(笑)

「眠れないのでしたら、私がすぐ眠らせて差し上げても」

こ、小姓・・だしね(ハァハァ)←ヾ(ーー ) オイッ

いや、結局は彼の術で眠らせちゃったわけですが・・・永遠にじゃないですよね?(≧m≦)ぷっ!



ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201201/article_23.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 BRAVE10 お守り 猿飛佐助 -動物愛護-【予約 02/10 発売予定】

 BRAVE10 お守り 海野六郎 -茶入名人-【予約 02/10 発売予定】
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/8939-5820d9ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
 才蔵は相変わらず大変そう。
2012/01/16(月) 07:14:57 | つれづれ
「なに?あの娘」 「伊佐那海、、、こいつは俺の」 俺の何って言おうとしたの才蔵??(///ω///) 半乳半尻な新キャラのアナスタシア姐さんもだいぶ露出度高めでいらっしゃるのに 才蔵...
2012/01/16(月) 17:15:39 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
徳川家康がなんか探している模様… 出雲のどこにもないのじゃーって言ってるから、出雲を襲った理由は それだと思われ… 服部半蔵と桜割に真田の所に行って伊佐那海を 連れてこいと...
2012/01/18(水) 17:36:35 | ゴマーズ GOMARZ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。