FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2020/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/09




『伯爵と妖精』谷 瑞恵+香魚子
『挑発のルポライター』あさぎり夕+モンデンアキコ
『炎の蜃気楼邂逅編』桑原水菜+ほたか乱
『お釈迦様もみてる』今野緒雪+見城さくら
『破妖の剣』前田珠子+松元陽
『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』青木祐子+木々
『風の王国』毛利志生子+二星天
『乙女☆コレクション』かたやま和華+小桜池なつみ
『グランドマスター!』樹川さとみ+貴里みち
『嘘つきは姫君のはじまり』松田志乃ぶ+四位広猫
『そして花嫁は恋を知る』小田菜摘+石本美穂
『レンタル花嫁』真船るのあ+長谷川綾
『少年舞妓・千代菊がゆく!』奈波はるか+菅山景子


特別収録
種村有菜のマンガエッセイ『有菜の種』
小説『メイちゃんの執事』





今日は、チビの避難訓練の為学校に出かけてきました!
やっと学校が始まったと思ったのに母にとっては残念な2学期開始です(笑)
また明日も午前中出かけねばならず、正直暑さと腰痛で身体が悲鳴を上げてます(>_<)
照り返しがキツかったーっ!!!
しみじみ、毎日働いてらっしゃる方の大変さを痛感してきました。
(午前中で10000歩越え・・・歩きましたー(>_<))




でも、そのおかげで帰りに買って来れました!
コミコミさんだとペーパーが付いていたみたいですが、まぁ、もうイイですФ


現段階で読んだのは「ミラージュ邂逅編」と「伯爵と妖精」、あさぎりさんの「挑発のルポライター」の3つ。
今回は小説の挿絵師さんと違うケースが多かった気がしましたが、「伯爵〜」はエドガーの少年時代だったので可愛かったし読めたんですが、「千代菊がゆく!」はダメでした〜(>_<)

確かにほり恵利織さんと絵は似ているんですが・・・やっぱりほりさんのファンとしてはどうしてもダメで(^^ゞ
菅山さん(私はお初の方ですが)のファンの方には申し訳ないです
ほりさんは同人誌もオリジナルも数冊持っているだけに(^^ゞなははっ




さて、今回の邂逅編
ずっとほたかさんがお忙しくしてらしたのはこれだったんですね〜

ほたかさんといえば、先日見た「Vitamin Z」のイベントDVDで初めて彼女がキャラデザした乙ゲーの映像を見ました!
やっと、たまに雑記に登場していた絵の正体がわかりました(^^ゞ
それにしても、ああいうゲームの絵だとわかりずらいモノなんですね〜(^^ゞ
ほたかさんの名前を見て初めてわかりました(爆)


横道にそれましたが、今回の邂逅編の話は昔、謙信公がまだその名前になる前滅ぼしたという中越後の廃城の怨霊を鎮めて欲しいという寺の住職からの依頼だった
しかし、その城の影響か?何故か鮫ヶ尾城が落城した時の自分と重なる景虎

その中で感じる直江への思いと直江が景虎に感じる思い・・・

最後には怨霊を調伏し、井戸の中に隠され味方が助けに来るのをジッと待ったまま亡くなった若君の魂を景虎様が吹く笛で癒され消えていく


大まかにはこんな感じだったでしょうか。
お話は短編ながらよかったなと思ったんですが、今回何より楽しみにしていたコミック版。
その割にはちょっと絵が残念だったでしょうか。
すごく素敵なカットもあるんですが、全体的に言うと安定感が無かったかな?
特になほへが(^^ゞ(どうしても彼をかっこよく描いて欲しくなる私/笑)

それにしてもこの主従、内容こそ少しずつ変わってきているものの、400年間本当に相当互いを意識してグルグルしながら生きてるなぁと(^^ゞ
でも、そこがいいというか・・本当にこれが景虎様の配下の者が後見人だったらこんなに心に残る名台詞は生まれなかっただろうし、それほど心に残る作品になったかどうかを考えると、桑原先生の発案をひたすら褒めるしかない気がします。


ほたかさんといえば、直江が壊れたーーっ!(爆)
しかし、彼の前でM字開脚はいけませーん
目が合った途端にサッと足を閉じたのは野生の勘?(爆爆爆)



ほたかさんの絵に関してはちょっと辛口でしたが、それでもいつもの字で読むだけではなく、こうして漫画としても読む機会に触れたいので、これからも出して欲しいですね!
1つ難を言うと、コバルトの他作品をほとんど読んでいない身としては読みたい物や読んでわかる作品が圧倒的に少ない事。
確かに大まかな流れは一緒に載っているんですが、コバルトは結構ファンタジー系が多いのと、最近ノーマルな恋愛モノに触れる機会が少ないもので(≧m≦)ぷっ!

あ!でも「メイちゃんの執事」は確か健くんが出てたドラマのですよね?これは後で読んでみようかな?





他に購入したのはCMを見て付録狙い?(爆)


Gファンタジー 2010年 09月号 [雑誌]

Gファンタジー 2010年 09月号 [雑誌]

価格:580円(税込、送料別)




2冊ともぶ厚かったので持って帰るの大変でしたー!!!





昨日届いた同人誌です

2010年8月発売同人誌瀬戸内collection

2010年8月発売同人誌瀬戸内collection

価格:1,470円(税込、送料別)



2010年8月発売同人誌華と龍総集編 五

2010年8月発売同人誌華と龍総集編 五

価格:1,785円(税込、送料別)



2010年8月発売同人誌【ご予約商品】激愛アラカルト(11)


アニキ×毛利本、初めて買ってみました!
こだかさんのアニキはゲームよりアニメよりさらにゴッツかったかな?Ф
でも、オリジナル作品より何倍か増しでラブ甘モードで、同盟を組んでいない中でどれだけ頑張って会う時間を捻出するか・・・頑張るアニキにフレーフレーです(笑)
こだかさんのにはかなり互いの息子達が出張っているんですが、この親にしてこの子あり?
なんだかだんだんイイ雰囲気になりつつある息子カップルの行方が激しく気になりました(^^)

恋愛アラカルトは・・・今回は私的に物足りなかったかな。
山崎さん達の話がもっと読みたかったージタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ




にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/912-0582622d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: