アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうこれさえ書けば洋楽に詳しくない方でも一発☆
「エンダーー!」の人です。
(本当はこう書くのそんなに好きじゃないんだけどね/苦笑)


だいぶ時間が経っちゃいました(^^ゞ
ニュースを聞いてから今までとにかくオンオフ忙しく、記事を書いていられる時間が取れませんでした。
なので本当に今更ですが。






2012年2月11日に、ビバリーヒルトン・ホテルの浴槽で溺死で発見されたというニュースが駆け巡りましたよね。
私も速報を聞いて愕然とした1人でした。

ただ、人気絶頂だった中、彼女には薬中の噂が常に付きまとっていた方なので、死因に直接結び付けられた件も、続報が入る前から予想は出来たのですが。




彼女を知ったのはデビュー・アルバム「ホイットニー・ヒューストン」




どうです?
さすが元モデル。
さすがのプロポーションですよね。

同性でも見惚れた容姿と加えてDIVAと呼ぶに相応しい伸びやかな歌声と確かな歌唱力。
当然、2枚目のアルバムにも手を出しました。



これの2つ後?に「エンダー」と歌う「ボディガード」のサウンドトラックが発売されました。

I Will Always Love You




でも、個人的には最初の2枚が本当に好きで。

一部、好きで動画を見つけられたのを挙げてみますね。


Saving All My Love For You




I Wanna Dance With Somebody (Who Loves Me)





どうでしょう?
どれもとても売れた曲なので、聞いた事のある曲もあるのではないでしょうか?
そしてまだ20代だったキュートなホイットニーばかり。

年がバレますが、実は私はホイットニーと同い年。
だから、なんか晩年という言葉を使いたくないですが、最近の彼女の歌声を聴くと、相変わらずの美人さんでスタイルも一時期はゲッソリしたりしてましたが、それも幾分戻ってきて。相変わらずのナイスバディっぷりでしたが、声は薬物の関係なのか?お年によるキーの変化なのか?
かつての高音ボイスを聞くのは難しくなってましたが、それでもそれが逆に味わい深くて。
上手さは変わらずだったので、また新曲を出してくれるのを楽しみにしていたんですが。。。



そういえば、従姉妹のディオンヌ・ワーウィックとデュエットした曲もありましたね。
ホイットニーより先にディオンヌを知っていたので、従姉妹と知った時は驚きました。
それと、当時はディオンヌが伯母さんと伝わっていて。
後で訂正されたんですよね。

彼女の代表曲で好きなのはコレ




そして邦題「愛のハーモニー」



ディオンヌとホイットニーが並んで歌ってる姿に涙が出ちゃいました。
誰でも知ってるといったらコレかな?

We Are The World





本当に何故こんなに早く召されちゃったのか?
何がいけなかったのか?

あまりの上手さに神が呼んだのか?
ここのところ、私が青春時代に好きだった方が次々亡くなってて。
黒人アーティストもマイケルに続きホイットニー
しかも2人共病死じゃない悲しさ。

私の元気の素が昭和の中にイッパイイッパイあるだけに、彼女の突然の死は本当にショッキングでした。
まだまだたくさんある彼女の歌を聞いて。
もうあれから2ヶ月経ってしまいましたけど。
改めてご冥福をお祈りしたいと思います。



最後に、歌詞が奇しくもファンの心理そのままに感じられたこの曲を。

All At Once





ブログランキング・にほんブログ村へ ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります



これ、買おうかな?

 ザ・グレイテスト・ヒッツ/ホイットニー・ヒューストン
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9153-fd751cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。