アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと描き直し




懲りもせずまた描いてみました。
またまた黄黒です。





黄瀬くん受けの場合だとまた別カップルが誕生しそうですが、
やっぱり黒子っちとだと攻めかな?・・・なんて(〃∇〃) てれっ☆
しかし、黒子っちって身長の事を抜かせば結構攻めになれそうなんだよな~。
だって以外におっとこまえなんだもーん!!

いやいや、ここはやはり黄黒でいってみましょう!!
今度こそ色塗りしたい。
黄瀬くんの誕生日もわかったしね(^_-)-☆
(6/18だそうです。おぼろさんありがとー!です♪)

なんとかそれまでに時間作りたいと思います!




さて、本日は朝から同居人が明日の甥っ子の結婚式に参列するために出掛けて行きました。
という事は、本日は帰って来ない\(^o^)/

というわけで、急遽、BL本の整理を始めた私。
それ故に記事の更新が出来ませんでした(^^ゞ

しかーし!・・・私はやはりというか罠に落ちました(爆)

いや、これを始めたのもとある本を探すのが目的だったんですが、
気付けば全く関係ないのまで読み始めちゃって(^^ゞ


夕飯の為に一度元に戻しましたが・・・・本当に私ってヤツは_(_”_;)_バタッ






【コミコミ特典イラストカード・出版社ペーパー付★】初恋のあとさき


あの頃みたいに幸せだと思った


仁科が打ち合わせに訪れたカフェは、学生時代の親友・美山がオーナーを務める店だった。 10年振りの再会を懐かしむ仁科とは対照的に、美山は自分を覚えていないかのように素っ気ない。確かに存在した“友情以上”の関係。切ない「初恋」だったあの頃にはもう戻れないのか──? 大幅加筆&描き下ろしを加えた待望の最新刊「嵐のあと」後日談『double line』も収録!




すぐに読んじゃうのが勿体なくてワザと温存していたこの本をとうとう今週中程で読んだんです。
ところがスピンオフ作品である「シグナル」「嵐のあと」の内容云々がどうにも思い出せず







しかし、探したら
私って、日高さんの本は2冊しか手放していないんですが、その中の1冊が「シグナル」だったー!(爆)

でも、確かここに出てきたのは榊さんの筈だから「嵐のあと」があればまぁいっか!と(笑)
美山の事はすぐに思い出したし(笑)


そういえば2008年にCD化もされましたよね

CDの感想はコチラ


榊正彦:森川智之
岡田一樹:中村悠一
美山洸平:鈴村健一


しかし、これもあのサイバーさん

本当にこの会社はどれだけイイ作品をチョイスしていたかがわかるなぁ。
そして、この会社が夜逃げしてしまったせいでどれだけBLファンに歯痒い思いをさせているのか。
ホント、元だろうとなんだろうと関係者は痛感して欲しいものです。


あ!でも、美山と仁科って美山攻めだけどリバでもあるんですよね。
するってぇーと、珍しくもスズケンさん攻めが聞けたかもしれないのか。
ホント、どっかでCD化企画してくれないですかね?




結局、一日かけて何をしていたんだろうで終わりそうですが、
同居人がいない素敵な時間を満喫したいと思います(≧m≦)ぷっ!

(ある意味、これが私の誕生日プレゼントかもしれません。6/4が私の誕生日なので)




しかし、美山から向けられた好意を最初は優越感に感じていたのに、
だんだん重く。さらには自分だけで盛り上がってると感じた仁科の気持ちってわからなくもなかったんですよね。
そして仁科ばっかりで周りが全く見えてない風の美山より仁科の心情の方がすんごくわかりやすくて。

でも、一方で美山の気持ちは可愛く感じられて。


忘れるよう努力して忘れたと思ってた仁科
仁科との付き合いで完全に男しかダメになってしまって。
そして「自分を好きにならない奴なら」と言いつつ、気付けば仁科似の人とばかり付き合っていた美山

果たして、榊さんが仁科と似ているのか?と言われるとビミョーな気がしなくもないんですが(笑)

まぁ、偶然再会しちゃえば
お互い、差はあったとしても棘のように心の片隅に残っていた者同士。
今度は付き合い方を間違えずに生きていける・・・んじゃないかと。

いや、もしかしたら仁科は逃げ出したくなる事がまた出てくるかな?(^^ゞ
ま、なんとかするでしょう。



それにしても、本当に日高さんは話の広げ方が上手いですよね。

全く関係ない別モノの作品に見せかけておいて実はスピンオフ・・的な?
美山の悪い人じゃないのにどこか恋愛に冷めているような軽さはこういう理由だったかというのもわかる仕組みになってて。

種類は違いますが、BL歴10年の後半5年で好きになった漫画家(絵師)さんの中で日高さんと木下けい子さんは絵といい話の展開といい読ませてくれる方だと思います。




にほんブログ村 アニメブログ BLCDへ にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9248-4cb5b62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
懲りもせずまた描いてみました。またまた黄黒です。
2012/06/02(土) 22:50:03 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。