アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回も、ピッコロさんのブログ、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に参加させて頂きました。





<評価項目について>

ストーリー(脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等)
キャラクター性(キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等)
(キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等)
演出(声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等)
音楽(OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等)
総合的な評価(この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等)


ベストキャラクター賞
ベストOP賞
ベストED賞
ベスト声優賞・男性
ベスト声優賞・女性




5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い





今期、最後まで視聴した作品は20作品。
諸々の理由から「ゼロの使い魔F」と「灼眼のシャナIII Final」、「輪廻のラグランジェ」はワザと評価対象からは外させて頂きました


対象作品

新テニスの王子様
夏目友人帳 肆
ハイスクールD×D
偽物語
BRAVE10
Another
男子高校生の日常
テルマエ・ロマエ
妖狐×僕SS(いぬ×ぼく シークレットサービス)
ちはやふる
persona4 the ANIMATION
未来日記
ギルティクラウン
バクマン。2
ファイ・ブレイン神のパズル(第1シーズン)
BLEACH
べるぜバブ





ではいってみましょう!


新テニスの王子様

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 16


一度、落されてそこから這い上がっていき強くなって戻ってくる。
ある意味王道展開。
今まで仲間としてプレーした者同士での振り分けだった故に、今までのテニプリとは一味違うキャラクターが注目されたり。一方で、勝ち組側にもドラマがあったり。
その辺は面白いと思いましたが、如何せん1クールで終了というのは、やはりジャンプアニメだと序章の印象は否めなく。全体的に平凡なまま終了してしまった印象を持ちました。
新キャラも出てきましたが、掘り下げが無かったのでこちらも印象が薄く。
音楽もEDはいかにもテニプリらしさを感じたものの、OPが個人的にテニプリのイメージと何かが違う!という印象で。
少々辛口ですが、このような評価とさせて頂きました。




夏目友人帳 肆

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 26


これはもう、本当に安定していて。実に安心して見ていられる作品でした。
ここまで続いていてもブレない作品も少なくないんじゃないかと。
ただ、最近の夏目の問題がずっと「自分の秘密を藤原夫妻や友達に話すか否か」という1点になっていて、毎回、同じような自問自答が続いているのが私的にちょっと。
そんな中で、父親と住んでいた家へ行ったお話はジーンとさせられました。
そんな夏目を温かく見守っているニャンコ先生以下、取り巻く人間たちと妖たちの深まっていく絆には毎回感動。
ただ、今期は名取さんと塔子さん推しになってたかな?(笑)




ハイスクールD×D

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 22


意外に私の中では評価が高かったこの作品
最初は単なるお色気系かと思っていたんですが、見続けてみるとそうじゃないというイイ意味での裏切りがよかった。
たまに「これ、要る?」と思われるお色気シーンもなかったわけじゃないですが、それでも女の子達もみんなキャラが立っていたし、何より主人公が強くなりたいと頑張る姿が好印象でした。




偽物語

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 21

こちらも安定感イッパイで見せてくれました。
絵も総じて崩れが少なかったと思います。OP&EDも好きでした。
ただ・・・なんか今回、特にひたぎちゃんの阿良々木くんへの問答が(^^ゞ
その分、大いに盛り上げてくれた阿良々木シスターズの魅力イッパイでした。
でも、なんだろう?気付けば話題になった歯磨きシーンとか・・・阿良々木くん、ヤバイ人?みたいな?(爆)
エロい印象しか残っていないのはなぜだろう?(^^ゞ




BRAVE10

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 17

これは正直、始まる前に期待していた分ガッカリ作品でした(^^ゞ
せっかく、これだけの豪華キャストを使いながら、キャラが立っていたのは六郎or六郎と幸村の主従愛のみ。
一番は伊佐那海が最後までウザかった事。そして、幸村が懐に入れる実力があるとされていながら、思ったほど才蔵が強くなくて。結局は伊佐那海のストッパー役?で終わってしまった点。
それと、あまりに伊達が弱く描かれ過ぎ(>_<)

きっと面白くなるのはこれからなのでしょうが、1クールでは面白さを見出せないまま終わってしまった気がします。




Another

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 25

面白かったですね~。原作を読ませてしまったほどでした。
原作を読んでしまうと、口を出したくなる点も出てきましたが(鳴ちゃんがちょっと幼すぎる気がする等)、キャラ絵も可愛く。でも、そんな登場人物を容赦なく殺していく残虐なシーンの見せ方。
そしてなにより、肝である「死者は誰?」と推理しながらの毎回の視聴が楽しみでした。




男子高校生の日常

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 17

声優陣に助けられてた印象があった作品でした。
もっとハチャメチャなのかな?とか、もっとブラックテイスト入っているのかな?とか始まる前にいろいろ想像していた分、本当にタイトル通りのホノボノな印象のまま終わってしまったような。
キャラも男子よりよほど女子の方がキャラがインパクトがあったし。
それと、私はこういうぶつ切りストーリーが苦手なのかもしれません(^^ゞ




テルマエ・ロマエ

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 19


意見の分かれる作品だとは思いました。
また、原作を既読か否かでも見方は違うかと。
確かに、ペラッとした紙芝居のような絵は「もうちょっとなんとかならないか?」とは感じたものの、敢えてショートをぶち込んできたノイタミナの新しい試みも面白かったし、私は純粋に内容で楽しめた作品でした。
また、遺跡から見つかった真実みたいなのが好きな私には、この着眼点そのものがすごく好きでした。



妖狐×僕SS

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 24


ストーリー的にこれからというところで終わってしまった為に、キャラ紹介だけで終わってしまった感も(^^ゞ
正直、最初の数話とラスト2話くらいで十分成立しちゃう内容になってしまったのが残念でした。
(特にお茶に呼ぶというだけで何話引っ張るんだろう?と正直感じた)

その後の彼らを知る為にも、是非、ストック出来たら2期をお願いしたい作品でした。
でも、インパクトのある個性的なキャラたち。お当番制で変わるエンディング。総じて崩れの無い絵。豪華キャスト陣など毎回楽しみに見ていた作品である事は間違いありませんでした。




ちはやふる

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 27


競技かるたという存在は知ってましたし、お正月などにテレビで見た事はありましたが、競技かるたというものを身近に興味深いものに変えてしまった作品だったと思います。
登場人物達は本当にフツーな子達ばかりで。なので、どうしてもインパクト的には弱いものもありますが、1人1人の少しずつかるたへの一生懸命さと。また将来への真剣な思い。成長などを感じられました。
成長だけじゃなく、当然、挫折シーンもあって。
新と太一の遠距離恋愛も好きでした(違っ)

音楽は、特にEDの千早役の瀬戸さんの歌声が素敵でした。

2期も決定していますし、今からとても楽しみです(^^)




persona4 the ANIMATION

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 24


とにかく、絵、色遣い、音楽共に斬新だと感じられた作品でした。
また、イイ感じにゲーム要素も盛り込まれていて。
ただ、ストーリー的には途中どうしても詰め込み感があり過ぎたのと、犯人がわかっちゃったのが残念だったかな?それと、主人公の周りが心に闇を持ち過ぎ(笑)
それでも、最初、しかたなく風にやってきた悠の清々しい旅立ちが見れたのはよかったです。



未来日記

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 25


恐くて面白い作品でした。
パートの使われ方も上手くて。
ただ、最終回は物議を醸しましたね。どうしてあんな最終回だったのか?それだけが今でも残念な部分です。
グロさと流血ではAnotherとイイ勝負で、最初は視聴が続けられるかと思われましたが、それは全て由乃という強烈なキャラが助けてくれた気がします。
最初は見ていてイラッとした雪輝も確実に由乃に引っ張られてた気がします。

音楽も好きでしたし雰囲気にとても合ってた気がします。



ギルティクラウン

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出  
音楽 
総合的な評価 

合計 24


個人的に涯いてこそのギルクラだった気がします。
確かに素晴らしく綺麗なキャラ絵。歌も素晴らしかった。
でも、集が私の中であんまり主人公らしくなかったというか。
何が起こってもブレ無いのは集だと思っていたのに、ブレなかったのも涯の方だったし。
最終回も個人的にはちょっと疑問が残った形になっちゃいましたし。

なので、高評価の方もいらっしゃるかもしれませんが、私の中では絵と音楽とキャストに助けられた作品になっちゃったかな?という印象。




バクマン。2

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 26


これも夏目同様、抜群の安定感でした。

担当の港浦へのチェンジ。2人の焦りと成長。そして福田組の仲間意識とライバル心。さらには新たなライバルの出現。
自分の思うままにならない焦りとアンケートの結果。亜豆との夢の実現に立ちはだかる壁。
途中から大学生になったせいか、みんなの思いや言葉が青臭さが感じられなくなり。その代わりに大人っぽさが感じられてきて。でも、病気による休載とか中井のリタイアとか、問題も次々出てきて。
でも、ラストには再び服部と組む事になり、アンケート1位を取ったところで終了。
流れも上手くまとめられていて既に決まっている3期が今から楽しみです。
絵も総じて崩れが少なかった気がしますし、OP&ED曲もとても合っていた気がします。




ファイ・ブレイン神のパズル

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 18


うーん・・・イイ意味でも悪い意味でもフツーな内容かしら?
絵が私的に苦手だった事もあり、途中断念しそうに。
それを助けてくれたのはルーク@櫻井さんの存在じゃないかと。
カイトのかつての友であり、今ではライバルであり。でも、その中に強烈にカイトを欲する言動がかなりBLチックで。彼の存在あればこそ私はワクワクして見ていられたと思いました。
キャストは豪華でしたし。それも見続けていられた要因の1つだと思います。
(それは今放送中の第2シーズンにも言えますね)

それでも、ストーリー的にゲームバカの集団という設定はイイんですが、何かもう1つ・・・欲しい気もします。



BLEACH

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 21


点数においては甘い部分、シビアな部分、いろいろ感じられるでしょうが。
まずは7年半という長い間お疲れ様でしたと言いたいです。
本当に大好きな作品でした。
ただ、それだけに毎回作画の出来が気になり。BGMの単調さに泣き、オリジナルストーリーに泣き(^^ゞ
その分、原作に戻ると自分だけでなく周りも盛り上がって。
ただ、ジャンプアニメの最大の敵=ストック切れのために、どうしてもちょいちょいオリジナルが入る為、最後の方ではレビューを書かれる方が激減りして(>_<)
内容も面白い。キャストも豪華過ぎるほど豪華で。展開上、豪華声優陣を生かし切れていないのすら惜しい程。
でも、最後までブリーチらしさを残したまま、個人的にはイイところで最終回を迎えた気がしています。
まだ原作は連載中ですし。そちらもいつかどこかで映像としてと思って止みません。




べるぜバブ

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 19


まぁ、イイとこで終了したと言えるでしょうね。
ただ、その為?か、最後の方が2話ずつの回が続いて。
べるぜのイイとこを見せつけたまま終了とならなかったのがちょっと残念。
べるぜのキャラは本当に個性が強くて面白いのに、ラストに向かってどんどん平凡な作品と化しちゃったなぁ。
OP&EDの選曲も、個人的には好きな曲もありましたが、なんかイメージとかけ離れた感じで。タイアップ色ばかり強かったのも残念でした。



銀魂’

ストーリー 
キャラクター性 
画 
演出 
音楽 
総合的な評価 

合計 29

こちらもまずはお疲れ様でしたー!といいたいです。
とにかく全く原作を損なう事なく。いや、むしろ動いて喋る分パワーアップ?
いろいろ制約もあるでしょう中で、貫いてくれたスタッフ愛をビシバシ感じた作品でした。
大御所まで引っ張り出してあーんな事やこーんな事まで言わせちゃって(笑)
そのハラハラ感まで全てが「銀魂」でした♪

相変わらずの拘り。ギャグも思いっきり。シリアスも思いっきり。曲なんか合ってるとか合ってないとかじゃなく、銀魂色に染めてしまう強引さ?(爆)
最終回まで手抜きなく楽しませて貰いました。
いつか「金魂」を!(≧m≦)ぷっ!






ベストキャラクター賞

我妻由乃『未来日記』

他にも強烈キャラはいたんですが・・・やっぱりこの子かな?(^^ゞ


ベストOP賞

「空想メソロギヰ」妖精帝國『未来日記』

映像といい、そこに流れるこの曲の雰囲気がバッチリマッチしていたと思います。

次点はギルクラの「My Dearest」 supercellでした


ベストED賞

「I'll believe」ALTIMA『灼眼のシャナIII Final』

作品の評価には入れませんでしたが、とにかくラストからスッと入っていく前奏からの盛り上がりがタマランでした。

次点は「シャナ」とかなーり悩みましたが。
ちはやふるの「そしていま」 瀬戸麻沙美


ベスト声優賞・男性

神谷浩史さん『夏目友人帳』『偽物語』『BRAVE10』など

数で言えば梶さんだと思ったんですが、ここは夏目の演技を取らせて頂きました。


ベスト声優賞・女性

日高里菜さん『妖狐×僕SS』など

超苦手な僕キャラ少女もこの方の声で克服?(笑)
ただ、Wツンデレ少女+神楽ちゃんの釘宮さんとどちらを選ぶか非常に悩みました。





総評

今期は長期放送していた作品が一気に2つ終わってしまうという事に。
身体が覚え込んでしまっていて、未だに見れないのが不思議な気さえしています。

それから。
いつもそうですが、今期もハマる作品とハマらない作品と両極端だった印象。
さらには、決められたクール内に完結出来ない作品多々で。
すぐに次が放送されてる作品はイイのですが、ストックの関係で次があるのか?それはいつなのか?がわからないものも多く。
どこかモヤモヤ感が残る作品が増えてきているのも残念。

でも、そんな中、上質アニメはきちんと見せつけてくれたのも目立ったんじゃないかと。

しかし、最近は深夜枠の同じ曜日で同じような時間帯に集中してしまって。とうとう、録画が出来ない作品が出てしまった期間でもありました。

そういう事態を防ぐ意味でも。良質アニメを作るという意味でも、もう少し量を抑えてもイイのかな?とちょっと思ったりもしました。



長々とお読み頂きありがとうございました。






ピッコロ様、今回も参加させて頂きありがとうございました。
毎回、集計が大変でしょうが、結果を楽しみにしております。
また、今回もギリギリの参加で申し訳ありません。どうぞ、宜しくお願い致します。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201206/article_38.html



にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9287-92b2728b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
今回も、ピッコロさんのブログ、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画に参加させて頂きました。<評価項目について>ストーリー(脚本、設定も含めて、破
2012/06/25(月) 03:06:24 | まとめwoネタ速neo
ピッコロさんのブログ「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」のアニメ評価企画に参加しました! 今回評価するアニメは… 新テニスの王子様 夏目友人帳 肆 パパのいうこと
2012/06/25(月) 20:56:19 | シュウ(shu_night)のブログ(仮)
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人さんのところで 今期(3月終了アニメ評価企画)があるので参加します。 今回は朝・夕方・深夜とそれぞれあります。 では評価開始!!!!
2012/07/05(木) 21:16:16 | 星屑の流星群
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す
2012/07/05(木) 21:16:22 | 星屑の流星群
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す
2012/07/05(木) 21:16:28 | 星屑の流星群
さあ、準備も完了したのでベスト賞専用記事、 通称「ベスト賞決定大戦」記事です!!! 今期は知っての通り夕方枠と朝枠の終了アニメも 前年より多いです!!! そこでただ発表す
2012/07/05(木) 21:16:34 | 星屑の流星群
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。