アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルカナ・ファミリア 第3話「Piccolino」


「いつからこんな大人に」

私も知りたい(笑)


公式HPより


アルカナ・ファミリア恒例の楽しいイベント「ピッコリーノ」が、
教会で盛大に執り行われていた。パーチェのつまみぐいから、
ルカが大事に守り切った美味しいお菓子や、ファミリーの幽霊話などの楽しい出し物で、
島の子供たちは大喜び。だが、そんな楽しいイベントの最中に、嵐がやってくる。
子供たちを全員家に送り届け、教会に戻ったフェリチータたちの前に、
普段見かけない子供・エルモが現れる。






「曲者!」

イザペラが夜中に見たモノは何だったのか?



「厨房に幽霊?」

ノヴァは馬鹿馬鹿しいとするが、髪の長い白いドレスの女を見たと言っていると話すフェル。

「とか言って、本当は恐いんじゃねえの?」

リベルタの挑発に・・・乗っちゃった?(笑)




結局、その女の正体を探る事になった3人。
だが、すぐ傍に感じるフェルの胸元にドキドキのリベルタ
つい、大きな声をあげちゃっただけでなく、言い訳しようとしてフェルの胸を鷲掴み(笑)

怒ったフェルの攻撃をかわしながら、つい、偶然にもパンツの色まで(笑)

完全にプッツンしたフェルに蹴られて倒れ込んだ部屋。
突然、白い何かが!

それはフェルもノヴァも目撃して固まっちゃって(^^ゞ



「「「パーチェ避け?」」」

なんと、正体は食いしん坊のパーチェ避けだった。
しかも、ご丁寧にリアルさを追求したルカが錬金術を使っていたのだ。

luca

「あの時の恐怖は忘れられません」


「よこせぇ・・よこせぇ」

ドルチェ食べたいと入ってきたパーチェ
夢遊病状態で全て食べ尽くしていったパーチェがよほど恐かったようで(^^ゞ
それで今回のような仕掛けを。
だが、人騒がせとノヴァは事前に知らせてくれと少々おかんむり。


「ピッコリーノに持っていくんです」

ピッコリーノとはファミリーが教会で開いている子供たちの為のイベント。
レガーロ島中の子供たちを招いてのものだった。
フェルも行こうとリベルタに誘われる。
だが、どうやらチビッ子が苦手らしいノヴァはいつも欠席していたようで。



ピッコリーノ当日。
教会へ急ぐ子供たち。
ぶつかって転んだ子・・・その子は見た事がない子で。

「ピッコリーノ?」


「ルッカちゃん、今時鳩じゃ誰も驚かないって!」

帽子から鳩を出して見せたルカだったが、無反応な子供たち
それにしても、デビトに言われて驚くルカとリベルタに笑える~

選手交代したデビトは恐い話・ディアボロについて話を始める

「遊んでくれる友達を探してな・・・」

悪魔と知らずに近付いた子供の魂は真っ二つにされ、片方はベルゼブに。もう片方は霊として彷徨っていると話す
タイミング良くふくろうが飛び込んできた事で泣き出す子も出てきちゃって。

「ちーっと刺激が強過ぎたか」

デビトの子供好きを意外がるフェル。
しかし、ああ見えて面倒見がイイらしい。

そしてルカ、パーチェ、デビトは幼馴染


devit2

子供時代のルカとパーチェも可愛かったけど
デビトがラブリー過ぎるっ!(〃∇〃) てれっ☆

「いつからこんな大人に」

ハラハラと涙を流すルカに反論するデビト。
その傍らでパーチェのお腹が(^^ゞ
その腹の虫をきっかけにお茶の時間に。

今回のお菓子は「貴婦人のキス」
でも、デビトにはフェルのキスの方が甘いと髪にキスしようとする。
当然、不謹慎だと近付くなと大騒ぎのルカ
そんな2人の言い争いを苦笑しながら見守っているフェルだったが・・・

それをジッと見ているのはあの見かけない少年。

腹ごなしはカルチョ
でも、子供そっちのけで大人が楽しんじゃってる?(≧m≦)ぷっ!
しかし、パーチェが蹴ったボールはルカに大当たり(爆)


「風が・・・」

その時吹いた風を気にするリベルタ
天候が崩れる予感?




気にしながらも仕事をこなしているノヴァのもとにスミレがお茶を持って入ってくる。
ピッコリーノに行かなかった事を叱りに来たと言うスミレに、子供たちとどう接してイイのかわからないと言うノヴァ。

「何も考えず、ただ楽しめばいいと言われても僕には・・・」

そんなノヴァの手を優しく握るスミレ





とうとう、雨が降り出した
酷くなる一方で子供たちもみんな教会の中で非難。
そんな子供たちにレインコートを着せ、班ごとに手分けして送り届ける事に。
そして、フェルとリベルタは残りの子達の世話を。


「行ってあげたら?心配なんでしょ」

ノヴァにそう声をかけるスミレ

「優しさは恥じるものではないわ」
「弱さの言い訳です」
「優しい事。弱い事は本来、大きな力を秘めている」

それを固い鎧に閉じ込めさせたのは私達のせいね。と言うスミレ。
大切な子供時代を奪ったって・・・ファミリーの事と関係あるのかな?

でも、このままではこれ以上大きくなる事は出来ない
もっと楽に生きてイイのだと。傷付く事も傷付ける事も恐れないでと話す。

「私はあなたに人生を楽しんで欲しいの
あなた自身の心のままに」





そう言われて、教会へと向かうノヴァ



「嵐はイイ。特に春の嵐は。
何かが始まる予感がするじゃないか」


なんとも遊佐ボイスで言われると本当に何かが起こりそうだ(笑)





教会では、残っている2人の子供に航海中の自分の話をしてやるリベルタ

dante

おおおっ!髪があるダンテさん(笑)

嵐になって。取り残されていたリベルタを助けようとしたダンテの上に荷物が落ちてくる。
その際にどうやらリベルタの力が発動したみたいなのだが・・・

しかし、子供たちの声で我に返ったリベルタ。でも、その時の事が上手く思い出せないみたいで。

そこに戻ってきたデビトが2人の子供たちを連れて再び出ていく。
チェックを済ませ、館に戻ろうとしたところにノヴァがやってくる。
子供たちは既に全員帰った事を告げるとホッとした顔に。
ところが、全員帰った筈なのにそこにはもう1人見知らぬ子供がいて。

「君、名前は?」
「エルモ」
「うち何処だ?」
「ずいぶん痩せているな?顔色も悪い」
「あの・・僕ね、お姉ちゃんに聞きたい事があって
僕、さっきからなんか変なんだ」


急にドキドキして・・と胸を押さえる。
病気なの?と心配そうに訊ねるエルモ

elmo

「僕ね、初めてなんだ こんな気持ち」


エルモの為に毛布を取りに行ったリベルタは先ほどの力を使った幼い頃の記憶を思い出し・・・



毛布を持って戻ってくると大きな雷が。
すると、今までフェルの横に座っていたエルモはいつの間にか教会の扉の所に。

「もう帰るね」

ノヴァが送って行ってやるとと言うが、1人で大丈夫と出ていってしまう。
急いで後を追ったノヴァだったがそこにはエルモの姿はなく・・・



「おかえり。今日は楽しかったかな?」




今回の懺悔はデビト

pa-ru

見よ!この2人の悪そうな顔(笑)

しかし、薬が効けば効くで気持ち悪い!デビトじゃないって・・(≧m≦)ぷっ!




あの子供はいったい何者なのか?
嵐の中を何処に消えたんでしょうね?
おかえりという事はジョーリィのトコ?
不思議な人と子供です(^^ゞ

まさかの前後編?にちょっとビックリ(^^ゞまだ、デュエロ始まってないのに・・・

可愛かった幼馴染トリオ。
デビトの右目はいつからなんでしょうね?
ノヴァの事も気になります

そして意図的に封印してあったのか?
リベルタとアルカナとの関係も気になりますね。





ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201207/article_25.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 (予約)アルカナ・ファミリア-La storia della Arcana Famiglia- トレーディングカード
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9328-0e7b96ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
『アルカナ・ファミリア恒例の楽しいイベント「ピッコリーノ」が、教会で盛大に執り行われていた。パーチェのつまみぐいから、ルカが大事に守り切った美味しいお菓子や、ファミリー...
2012/07/17(火) 00:06:33 | Spare Time
アルカナ・ファミリア 第1話  ~ 第3話  Piccolino 地中海に浮かぶ小さな島「レガーロ島」を舞台に、特殊な力を持つ組織「アルカナ・ファミリア」のボスの娘・フェリチータ(主人
2012/07/17(火) 04:49:27 | 動画共有アニメニュース
「ドルチェぇぇぇ ドルチェぇぇぇ」 パーチェは食いしん坊で夢遊病φ(..)メモメモ
2012/07/17(火) 09:02:18 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。