アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏雪ランデブー 第5話


「幸せでいてよ」


公式HPより


島尾に体を貸した葉月は、生前の島尾が描きかけた絵本の世界で目覚め、そこで若い頃の六花に似た女の子と出会う。一方、島尾(幽霊)は葉月として六花と対面。久しぶりに六花と会話し、彼女に触れられることを喜ぶ。



六花をはさんで篤と亮介の攻防戦?という感じだったのが、前回ラストで亮介が自分の身体を貸し出した事でちょっと様子が変わります。
見た目は亮介。中身は篤(某、名探偵じゃないです/笑)・・・な現実世界と亮介が入りこんだ世界の2つに分かれた事でどんな展開を見せるのか?







「生きている限り死んだ奴の事なんか知ったこっちゃないしわかりたくもない」

亮介が目覚めた場所は花やしき以上のメルヘンチックな場所。

「どこ?」



歩いていくと川に出る
何の気なく見ていると、向こうから流れてきたのは・・・六花似のおやゆび姫?(笑)

oyayubi

「昔の店長?!」
「チャオ♪」
「なんじゃこりゃ」



「店長、だいぶ花数減らしたんだね」

現世?(笑)では亮介の皮をかぶった篤が

「買うから1つ作ってよ」

最近、花束を作る機会が減ったという六花に花束を注文する篤

借りた服は元自分の服。
捨てろと言っておいたのに残してあった上に「貰ってイイ?」と聞けば拒否されて。
そんな些細な事が嬉しくて

いつもと同じ距離にいて
声をかければ返事が返ってきて


全てが嬉しくて思わず涙が出てきてしまって

「あげる」

何もわからずビックリしている彼女に出来たての花束をプレゼントして。

「またこうして花束を贈れるなんて 夢かもしんない」


「もし、旅の方。王子を見ませんでしたか?」

王子を一緒に探してという頼みに、一緒に探す事となる亮介。

「お願い!」
「はい」

こんなわけのわからん世界で店長ソックリのおやゆび姫と・・・
幽霊に迂闊に余計な事を言ってしまったのか?



「痛っ!」

実は、コンタクトをしていた亮介。
それを知らなかった篤はこぼれる涙を拭っているうちにズレて?しまったのか目が真っ赤っかに。

外してきたら?と言われても外し方なんかわかんない。

「なんで奥さんとの感動の再会に水を差すかなぁ」

それでもとにかく外さなきゃという事で四苦八苦。

しかし、つい「僕」と言ってしまった篤。でも、何も知らない六花は亮介が完全に酔っぱらってると思い込んでるのがなんとも(^^ゞ



やっと取れて鏡を見ると若くてお肌なんか無駄にスルスルで。

「健康なんだな」

つい、デコピンなんかしてみちゃったりして
しかし、改めてコンタクト無しの世界は全くボヤけていて。
しかも、強引に取ったコンタクトは破けちゃってて付けられそうもない


「あの・・・一晩泊めてくれませんか?」

亮介の家を知らないのだから帰るに帰れないのだ。
しかもこの視力。
さすがの六花も自分を好きだと言った健全な男子を泊めるのには十分躊躇してるし。

「どんだけ飲んだの?少し横になったら?」
「そんな事言っちゃダメ!」

複雑な夫心(苦笑)
それに反して訳わかんない!な六花

「幸せでいてよ」

どうすればいいかなんてわかってれば化けて出ない

「六花ちゃん・・・返事してよ、六花ちゃん」
「はい」
「六花ちゃん!」
「はいはい」
「六花ちゃん・・・・・ごめんね、六花ちゃん」

亮介の身体を通して妻を抱きしめる篤と
目の前にいるのは亮介なのに、夫が呼んでいた呼び方で。そして抱きしめられて涙が浮かんでしまう六花と

「すみません・・店長」




とにかく、店でイイからと。何もしないからと約束してその晩は泊めて貰い
翌朝、ミホがやってきた際に彼女が付けている眼鏡を見て慌てて作りに行く。
でも、そのせいで亮介の財布はスッカラカンに(^^ゞ
でも、そのおかげで亮介のアパートの場所がわかって。




一方、亮介は
肩乗り姫とか可愛い過ぎるとまんざらじゃない?(笑)



まだ篤が生きていた頃
病室に鉢植えがダメと言われている事に不満を言う篤
小学校の頃宿題に出たヘチマの観察日記の話を六花に話す。

せっかく友達が持ってきてくれた種も植えたのは2年後
遠足も運動会も 諦める事を覚えてしまった少年時代

でも、やるせないというような気持ちをむやみに埋葬するのは危険。
忘れた頃に芽を出す。


「バイト青年の葉月くんでしょ!」

そこに、眼鏡を買って。自分で恰好悪く見えるように自分で髪をカットした亮介の身体の篤が戻ってくる。
(亮介が無事戻ってこれた時、かなーりショック受けそう(^^ゞ)

それにしても、「ええー・・・」っていう言い方、かなーりじゅんじゅんの言い方に似せてきていて。
さすが声優さん!グッジョブです(^_-)-☆


「金も髪も無い、若さだけが取り柄のような男です」

亮介の事を失望して欲しいんだね(^^ゞ

でも、六花の反応は・・逆効果だったか?(笑)しかも、生前自分だって前髪伸ばしてた!とショックを受ける篤。
ここまでやってしまったのは、部屋に入った際に貧乏で内気な青年の横顔が垣間見えてしまったから。
それでも、健康な彼はまだまだこれから髪を伸ばし続ける事は出来る。
出来るんだーーー




同じところをグルグルと歩いているあっちの世界の亮介。

「お化け亭主はいつ気が済むのかね?」
「さあね。謎ね」

見つからない王子。
じゃあ、このページじゃないのかな?と突然おやゆび店長は地面をめくり始める。
そこでは身体のサイズが大きくなったおやゆび店長。
でも、羽が生えてるし、コスプレ感UP(笑)


入院中、時間を持て余していた王子は、部屋から見える道を通り過ぎていく同級生を見ていた。
でも、親にはその事を悟られたくなくて。苦肉の策が木陰の観察日記。
どんどんたまっていったスケッチブック
でも、途中でその量に耐えられなくなって古紙回収に出しちゃって・・・


「負けず嫌い程平気なフリするのよね」

平然としてるようで実はヘチマの種を握りしめて人生を逆算して生きていた。

「でも、彼のそういうトコが好きだった」

この、おやゆび店長はそんな風にずっと幼い頃からの篤を見守っていたのかな?
見た目は六花でも、六花じゃないから・・・この台詞も心がチクッとします。


そんな中、突然、亮介の身体がおやゆび姫に近付いたいろんな生物に変わっていき。
そして2人の目の前には負傷したつばめが。

「で、結局ここは何処?」
「未完の情景 描きかけの絵本」


やはり、今、亮介がいる世界は六花の手元に残っている篤のスケッチブック。
そしてそれを眺めている六花。



「給料、前借り出来ませんか?」

突然の申し入れ
眼鏡買ったりしちゃったから今月分はもう無くなっちゃって

「葉月くんの腹の虫が憎い!」

お腹は空いている。でも、亮介に六花の手料理は食べさせたくない複雑な夫心パート2(笑)
それでも、きっと久しぶりに彼女の味を堪能しているんだろうな


「こういう食卓、知ってるわ」

1人っきりじゃない夕飯。
自分が作った食事を食べてくれる正面の気配

「どこで誰と食べるかが重要って事!」

自分と食べる食事を喜んでいた生前の篤の言葉。
そんな事を言ってたのに、最後には口から栄養を取る事が出来なくなってしまった。


「島尾くんの食器が使われるのが嬉しくて悲しい・・・」

改めて、島尾からいろんなモノを貰って今自分があるのだと実感する六花
そして唐突ながら、亮介に篤と共に山登りをした話をし始める。
でも、その時の篤の表情は実に楽しそうで。


「そこで提案なのですが・・・
お風呂で背中、流させてくれませんか?」






ギャー!何?いきなりのこの展開Σ( ̄ロ ̄lll)


それにしても、やっぱり、死んでるという認識だから。
突然、目の前の亮介の様子がおかしいと感じてもそれが旦那というのまでは行きあたらないモノなんですね~(^^ゞ

「もしかして島尾くん・・・?」とは簡単にいかないみたいで。

篤も自分だと明かすのかと思ったら明かさないんですね。
あんなに頼みこんで借りたのに・・何をしたいのかな?そこまで考えていなかったのかな?
下手したら亮介の点数を上げる事になっちゃうかもなのに。

そして、どうやら篤の作ったお話の中に入り込んだらしい亮介。
六花似の女の子と共にいる事で篤に対する気持ちに何か変化が起こるんでしょうか?
この入れ替わり劇が今後の展開にどうかかわっていくのかが楽しみです(^^)




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201208/article_9.html


にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします


 SEE YOU [期間生産限定盤 (アニメ盤)] / 松下優也

 夏雪ランデブー 第1巻(Blu-ray) [10/19発売]
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9358-892d7d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
『島尾に体を貸した葉月は、生前の島尾が描きかけた絵本の世界で目覚め、そこで若い頃の六花に似た女の子と出会う。一方、島尾(幽霊)は葉月として六花と対面。久しぶりに六花と会...
2012/08/06(月) 23:08:49 | Spare Time
葉月の体に憑依して、島尾は六花を見守ります。泥酔した葉月は、自分の体を島尾に憑依させることを承諾しました。そして葉月の体には島尾の心が、そして葉月は島尾のインナ
2012/08/06(月) 23:23:38 | 日々の記録
「お風呂で背中流させてくれませんか?」
2012/08/06(月) 23:24:37 | LUNE BLOG
髪を切った亮介って『つり球』の夏樹に似てますよね。 篤はその想いとは裏腹に墓穴を掘っていますね。 OPの光景がどういうシーンなのか、本編で語られていましたが ああいう意味だ
2012/08/06(月) 23:35:09 | ひえんきゃく
さぁ~~今回から新展開!というか大きく話が動きます。。切なさ加減は相変わらずなのですけど。。もう、葉月も島尾も・・・しゅき。。(*/-\*) どっちの気持ちもわかるから辛いよぉ...
2012/08/06(月) 23:56:31 | 薔薇色のつぶやき  別館
「ヤバイ、可愛すぎる」 おやゆび店長!?可愛い~(ノ∀`) 公式HPよりあらすじ 島尾に体を貸した葉月は、生前の島尾が描きかけた絵本の世界で目覚め、そこで若い頃の六花に似た女...
2012/08/07(火) 04:06:55 | 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
夏雪ランデブー 第1話~ 第5話 花屋でアルバイトをしている青年・葉月亮介は、店長の島尾六花に恋心を寄せていたが、彼女には六花の夫・島尾篤の霊が憑いており、葉月の恋路を邪...
2012/08/07(火) 04:35:07 | 動画共有アニメニュース
そりゃ中身が元旦那だからねぇ。眼鏡は今後も使えるし、外すことも出来る。でも勝手に髪を切ったりしていいのか。借り物の体をやりたい放題の篤。でもこれが六花にウケた。篤は葉月...
2012/08/07(火) 09:29:55 | こいさんの放送中アニメの感想
「王子を一緒に捜してくださいませんか?」 篤の描きかけの絵本の世界へ入った亮介! そして、体を借りた篤は…   【第5話 あらすじ】 島尾に体を貸した葉月は、生前の島尾が描き...
2012/08/07(火) 20:09:16 | WONDER TIME
投稿者・全力丘 夏雪ランデブー 1 (Feelコミックス)(2010/02/20)河内 遙商品詳細を見る 島尾に体を貸した葉月は、生前の島尾が描きかけた絵本の世界で目覚め、そこで若い頃の六花に似た...
2012/08/10(金) 12:16:44 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。