アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当は毎週書きたいくらいの気持ちなんですが。
どうしても時間が取れずで(^^ゞ

とりあえず5話まではUPしていたようなので コチラ


それ以降の一言感想など。

※ 台詞はだいたいこんな事を言っていたという感じで書いてますので、台詞間違いはお許しを。





6話「頭にまつわるエトセトラ」

7話「拝啓日々人」

8話「白煙天国」

9話「それぞれの覚悟」

10話「バスバス走る」

11話「閉じ込められたライバル達」

12話「わたしの名前は伊東せりかです」

13話「3次元アリ」

14話「壊れたメガネと足の裏」

15話「宇宙の話をしよう」

16話「アラームアリ時計ナシ」

17話「犯人はこの中にいる」

18話「かぺ!けんじ!」

19話「さらばの前の日」

20話「一番酷い仕打ち」

21話「久しぶりの空」


あらすじはコチラをご覧下さい。


第6~8話

やっと素直にヒビトの招きを受け入れて本場NASAの宇宙センターに足を運んだムッタ。
そこで、ヒビトの他人より厳しいトレーニングをこなす姿。さらには「サムライボーイ」と呼ばれて人気な事を知る。
ゲストとして呼ばれTV出演している弟の姿をぼんやりと見ているムッタの心に、つい、弟と比べ凹む自分がいて。
なのに、その弟はテレビで「自慢の兄」と自分を褒めている。

嬉し恥ずかしな気分を味わっていると・・・
突然、日本からかつてクビになった会社の後輩から電話が入る。
JAXAからの問い合わせに出た間寺があること無いことムッタの悪口をぶちまけたというのだ。


これで完全に自分は落ちた・・・

子供の頃、ヒビトと共に話を聞きに行った時に話をしていたライオンのような人(星加の事)が、

「宇宙飛行士になるには強い運が必要」と言っていた言葉を思い出す。

「自分には運が無かったのだ・・・」

シャロンやヒビトとの約束。自分を自慢の兄と言ってくれたヒビトの思いを考えると悔しさが抑えられなかった。


しかし、ムッタは知らなかった。
その頃、必死に星加がムッタを合格させようと動いてくれていた事を。

ムッタに電話をくれた後輩から、有力な証言を貰った星加
しかし、それでも暴力沙汰になった事実には変わらないと言い返され跳ね返せない。

その頃、ムッタは嫌な事があった時に陥ってしまう「コロコロムッタ」になっていた。
昔、母親にああいう行動を起こした際はどういう状況かを母から聞いていたヒビトは、何があったのか?と問い詰める。
とうとう、「落ちたっぽい」と告白するムッタ。

すっかり頭から決めつけて諦めている兄に言い放つ。

「諦められるんならそんなの夢じゃねえ!」


オジー夫妻とファミレスに行ったムッタ
そこでテレビで話題になっていた消火器男と遭遇してしまうという事件に巻き込まれてしまった。

そこで、いろいろな偶然が重なった結果として、消火器男を捕まえたヒーローとして祭り上げられてしまったムッタ。
もちろん、主犯?(笑)はオジー。

しかし、あれよあれよという間にテレビ出演。
さらには観客の中に若い女性たちがいた事で、ついつい、イイ恰好をしてしまう。

全て知っていたと後から告白するオジー。

「運も実力のうち」と言う。

そしてこの事件はJAXAの試験結果をも変えた!
最初は落ちる事になっていたムッタが、この一件で合格となったのだ。
両親からのビデオレターでその事を知るムッタとヒビト




第9~10話

日本へと戻ったムッタ
しかし、前日に偶然見つけてしまったヒビトの遺書
本来なら喜びに溢れている筈のムッタが暗い。

だが、いつもと変わらず呑気な両親に、つい、ヒビトの遺書について叫んでしまうと、
とっくに覚悟が出来ていたらしい言葉が返ってくる。

「ムッタだって、宇宙飛行士になったら書かなきゃならないのよ!」と。

のほほんとしているようで親としての覚悟を既に持っていた両親。
ムッタの顔にも決意が。


合格者の祝賀会。
そこで、やはり合格していたセリカがISSに搭乗したい事を知る。
もうすぐ無くなってしまうISS
でも、乗りたいと願うには強い願いがちゃんとあって・・・
そしてケンジにも強い願望があって。

それを聞いたムッタは改めて考える。 自分には目的があるのか?と。


「迷うならなってから迷いなさい」

三次審査当日の朝。
シャロンの所に寄ったムッタに、シャロンはそう言ってムッタの心をほぐす。
それは今までのムッタの宇宙への想いを知っているシャロンならではの言葉だった。


そして三次審査 全員で15名
茄子田の指示で周りが全く見えないバスに乗せられ、時間がわかる時計や形態は預けられどこかへと連れて行かれるムッタ達。

その中で、1人10分ずつの交流会が。
そして140分後、今度は誰が宇宙飛行士にむいていると思われるか順位を紙に書けと言われ。
それから就寝して・・・
どれだけ走ったか全くわからなくなった頃、バスは何処ともわからない場所に到着する。



第11話~

さらに「最後の部屋」という場所に連れて行かれ、そこでブライアン達3人の宇宙飛行士が月面よりの帰還に失敗して亡くなる直前の模様のビデオを見せられた。
衝撃的な内容。でも、自分たちにもこの事態は常に付きまとう

鶴見は辞退するか否かの最後の確認をし、署名させる。

いよいよ審査開始。
3組にチーム分けさせられ閉鎖環境ボックスへと入れられる。

ここから2週間、この中で集団生活をしながら課題をこなしていくというもの。


最初に出された課題は「現在、何時か」

みんなが細かく計算していく中ムッタだけは「AM3時頃」と答える。


実は、バスを降りる際時計をチラ見していたのだ。
しかし、またもエアーそろばんをしてみせて、いかにも頭の中で計算したように装ってしまうムッタ(^^ゞ
これも実はJAXAがワザと見えるようにしていたモノ。でも、気付いたのはムッタだけ。
以前の面接で星加がワザと椅子のネジを緩めておいたのに気付けただけはあるとニヤリとする星加。


2日目
JAXAからの最終課題として自分たちの中から宇宙飛行士に相応しい者を2人選べという事を言い渡されていた。
その件について話し合う3つの班。
しかし、ムッタとセリカがいるA班だけは、まだ誰の何も知らないからという理由で、決め方は決めず、自己紹介を始める。
その際に、ムッタから「セリカ」と呼ばれたセリカは、幼い頃に自分の名前について父に訊ねた時の事を思い出す。


呼び名・・・新田の「お兄ちゃん」という言い方からどうしても下の名前で呼ばせてやる!と誓う。
その為には次の課題=ランニングマシンの5分間計算問題
エアーそろばんを駆使するが・・・

「普通に計算した方が早かった・・・」

この言葉通り、ずっと新田に勝てずで(^^ゞ


それだけでなく、次々に出される課題と問題。

宇宙開発事業に反対なキャスターを説得するには?
これは、子供の頃に聞いた野口さんの「三次元蟻」を引用し、白紙=抗議しないと答えを出すムッタ。
また、福田の眼鏡を古谷が誤って踏んで壊してしまうという問題。
頑なに謝ろうとしない古谷。

そんな中、眼鏡無しで必死に課題に取り組む福田。
今回の中では最高齢に加えて眼鏡が無い。かなり辛い立場に立たされた福田。
それでも、どうしてもなりたい理由が彼にはあった。
それまで、ロケット開発関係の会社に勤めていたのを退職してまでなりたい理由が。
その事を聞かされた古谷は、夜中、コッソリと監視カメラの前に立ち、口でではなく紙に福田の眼鏡を作って欲しいと頼みこむ。
素直になれた事でやっと眼鏡を踏んだ感触を消せた事に驚く古谷。


いろいろありつつも割に平穏に進んでいるA班と比べて大変なのはケンジのいるB班。
頭脳明晰で癖があるメンバー。その中でも溝口はなんでもかんでもケンジを疎ましく思っているみたいで、一々イチャモンをつけてきて雰囲気が悪い。
そんな中、真夜中に目覚ましのアラーム音が鳴るという事件が起きる。
犯人がわからない
さらに冷静に指示を出すケンジに対抗心を抱いている溝口が言い返し
夜中に叩き起こされる事もあってか、ますますピリピリした空気になるB班。

しかし、その事件はB班だけでなくA班も。
官制に聞くも「自分たちで解決を」と言うばかり。
さらには壁掛け時計が修理不可能なまでにめちゃくちゃに壊されていて。
さすがにそれには誰がやったのか?言い争いになるA班。

しかし、ムッタは犯人を知っていた。
ただ、どうしてそんな事をやったのかわからない。
そんな時に限って出される真っ白なジグソーパズルの課題。
時計の無い不便さにイライラをつのらせる古谷。


とうとう、ムッタはみんなに内緒で福田を呼び出し、見ていた事をバラす。
しかし、何故か理由を福田は話さず

「その理由に気付いたら、その時は握手でもしよう」とだけ言う福田。


A班はアラーム事件でますます険悪になるケンジと溝口
だが、どうやらそれらの問題は官制が仕掛けてるモノみたいで。
星加の言う「緑のアレ」とはなんなのか?


「これはJAXAの演出・・・」

壁掛け時計の件。そしてアラーム音
次々起こる問題の中、古谷の行動がおかしいと気付いたムッタは、冷静に考え、1つの答えを導き出す。
そして思い出したグリーンカードという物の存在。
ムッタはワザと古谷にカマをかける

古谷の「答えられへん」という答えに確信を持ったムッタは、晴れやかな顔で福田と握手を交わし、さらに新田にこの中に悪い奴はいない!と言い、悪くなりかけた雰囲気を元に戻していく。
その様子を見ていた星加たちは、ムッタがグリーンカードの存在を知っていた事に感心する。

そんな中、また新たな問題が!
セリカが自分の食欲に合わせて多めに作っていたせいで食糧が尽きかけていたのだ。
しかし、それもグリーンカードのせいと思い込んだムッタ
そのせいで雰囲気が悪くなる事は避けられる。


その頃、A班では溝口がコツコツと毎日付けていたデータが消えるという事件が起こり、とうとう溝口はケンジが犯人だとハッキリ口にする。
何か起こる度にますます横暴とも思える言動をあらわにしていく溝口。
1人になったケンジは愛娘が自分に言っていた「かぺ」という言葉の意味について考えていた。
それが自分対するエールだというのに気付いたケンジは、一度諦めかかっていた心に、再びやる気を漲らせていく。



閉鎖ボックスも残り2日。
ここにきて、空気の悪さをどうにかしたいと考えていたケンジの機転で空気が変わっていく。
一番マズイ雰囲気になっていたのをちゃんと掴んでいた管制は、ワザとグリーンカードを出さずにいたケンジと溝口に同時にグリーンカードの存在を知らせる。


A班では明日の食料が尽きた事。加えて、小麦粉と調味料を発見したとみんなに伝える。

「これでうどんが食えるぜ!」

子供の頃、シャロンにうどんの作り方を教えて貰っていたムッタが先生となり、みんなでうどん作りを始めるA班。
その際にシャロンから教わったと言うと、シャロンの事をみんな知っていた。

子供の頃、星の話をしてもクラスメートは全然ノッてくれなくて。

「ここにいたんだ!誘ったら喜んでついてきてくれそうな連中が」

好きな事について目一杯喋れる幸せを噛みしめるムッタ。
しかし、このメンバーとの楽しい時間も終わりに近付いていたーーー


みんなそれぞれ、思い思いに最後の日を送る。
しかし、ムッタは「ふさわしい2人」の選出をどうすればイイかに締められていた。
そんな集中モードに入っていたムッタは、今まで一度も越えられなかった新田との戦いに勝利する。
信じられないという顔の新田

そんな中、とうとう運命の時間がーーー

「じゃんけんで決めようか?」

まるで遊び感覚のように聞こえる提案に、反対する古谷。
だがそれはこの中で圧倒的に不利であるせりか(ISS搭乗希望)と福田(最高齢)も同じラインに立たせてくれるという事。
さらに、「ジャンケンを越える公平な方法はない!」とかつてムッタに言ったのは古谷。
その事を持ち出すと、ようやく古谷も納得。

でも、ムッタの想いは別にあり、最後まで楽しかったこの仲間と楽しいまま終わりたい。そう思っていたのだ。
かつて、シャロンが「迷った時はどっちが楽しいかで決めなさい」という言葉を実行したのだ。


そしてジャンケンは1回で決まったーーー




第21話

2週間という期間を経て、ムッタ達は閉鎖ボックスから出る。
JAXAの人達に拍手で迎えられ。

茄子田により2週間ぶりの空
しかし、これによって実は思い込まされていただけでJAXAの敷地内に居た事を知るムッタたち。

全ての課程を終え空を見上げるムッタを静かに見つめている星加


数日後
古谷はメールのやり取りをしていた馬場に会いに行く。
古谷がどうしても合格したい理由。それは馬場に関係もしていた。

古谷と馬場の共通点。それは低い身長
募集の身長に届かなかった馬場は諦めざるを得なかった。
その身長が変更になり古谷がこうして申し込める事になったのは馬場のおかげだった。
宇宙服開発に携わっていた馬場が作った伸縮する宇宙服のおかげだった。

今だからこそ受けられる幸せ

「俺はあの宇宙服を絶対着るでぇ!」


夕方、セリカと待ち合わせをしているムッタは仲の人に見られているとも気付かず、喫茶店の窓ガラスに自分を映して髪の毛をケンジの様に撫でつけていた。
でも、待ち合わせていたのはセリカだけでなくA班全員だったーーー







本当にいろいろありました。
何かある度に迷い、落ち込み、でも最後には立ち上がって前に向かって前進していくムッタ。
そんな彼についてくるように二次に合格し。
大変な局面での空気も変えていき。
それをA班の人達はどこまで気付けているのかはわからないけれど。

でも、消火器男の件は本当にビックリ☆
自分が思ってる以上に強運の持ち主だー!と思ってしまいました(笑)

そしてA班で起こる事件のほとんどをムッタの知識と機転で乗り越えていって。
ケンジも悪い人じゃないんだけど、成績は抜群だろうケンジやセリカ。新田や溝口にない魅力を持ってて、いつの間にか輪の中心にいるムッタって本当にスゴイ人だと思ったし。

そして、最後の最後で知った古谷の熱い思いときっかけ。
嫌いじゃなかったけど、彼の動機を知ってますますイイ奴だと思うようになりました。


でも、本当に誰が選ばれたのか?
そして少ない枠とはいえJAXAから選出される枠の中にムッタとケンジは入ったのか?
(まだチャンスはあるという言葉から落ちた事はハッキリしている)

今度の日曜は24時間テレビでお休みなのが残念(>_<)
早く結果が知りたいところです。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201208/article_34.html



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 宙兄弟 Blu-ray DISC BOX 1(Blu-ray) (3Blu-ray+CD)[9/26発売]

 【10月発売予約】宇宙兄弟 アポ ミニぬいぐるみ
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9383-60d53fa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。