アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作を読んでる方なら楽しみにしていただろう21&22Q

やはり、どう考えてもキセキが出てくる回は作画がイイ!(気がする/笑)



21Qのレビューはコチラ

22Qのレビューはコチラ



まずは21Q


◆ 冒頭、いきなり日向とリコの2ショット。
でも、心配することなかれ?(笑)
確かに付き合いの長い2人だけど、どーにかなりそうな空気は全く無いっ!(笑)

付き合い長い故に、カレー試食会では優しいトコ見せたけど、あくまで幼馴染(信じてる!)
それ以上に、カレーの場面でも阿吽の呼吸で夫婦っぷりを見せた木日のさすがっぷりを愛でたい♪


ただ、気は合うらしく 海と山両方の合宿になっちゃったのはその他の皆様ご愁傷様という事で。


◆ ビミョーな距離が出来てしまってた黒子と火神(というか一方的に黒子が)
日向のおかげでその辺は取っ払われたわけですけど。
そうなったら元通り、黒子に(愛の)イジメにあっているわけで。

もう、この2人は放っておいてあげて下さい(笑)


◆ エプロンが絶妙にお似合いの火神君。
今回で彼が独り暮らしだという事が判明したわけですけど、いつもは野獣その2みたいな子が(その1はもちろん青峰っち/笑)、ラブリーっぷりを見せつけられたわけで。
でも、教え方は厳しい?
それはリコ相手だからか?誰にでもそうなのか?
黒とか青相手だと、「見てられねぇ!」とか言ってパッパと手料理作って食べさせてあげそう (* ̄m ̄) ププッ


◆ 相変わらず娘ラブな景虎さん。
この方、どうやってゴール2つここまで運んだんでしょうか?(^^ゞ
娘の為ならトレーラーだって運転しそうです!
なんたって走り屋さんだから(作品違うって!ヾ(ーー ) オイッ)


◆ 「少し焦ってます」 それはバスケにですか?それとも火神くんにアプローチしてるんですか?(〃∇〃) てれっ☆


◆ 日向とより、どちらかと言えば「何か」を感じさせるのは木吉とリコ。
もちろん、ちょっとでも姿が見えないと探してしまう木吉は日向のモノ!と信じてますが・・・

ここで気になるのは・・・
付き合いが長い筈の日向と伊月。この2人はリコの事を「監督」と呼び。
リコは2人を「名字+くん」で呼んでいるのに対して、

リコは「鉄平!」
木吉は「リコ」   と名前呼び(しかも呼び捨て)

呼び捨ては同級生だからわかるとして・・・
この差はなんなんだろうか?( ̄~ ̄;) ウーン

マッサージチェアでの会話もどっか親密な空気を感じたのは私だけじゃないと思うんですが(^^ゞ


◆ 水を吐き出すタイミングまでピッタリの黒火カップル
そんな2人とすれ違いざまにビックリ仰天なのは緑高カップル。
(ってか、あまりに一緒にい過ぎ/爆)

寝ぐせを気にする火神は「そんな無防備な姿は俺以外に見せんなよ!」という声が聞こえてきそうで(笑)

一方、合宿と知らずに「バカンス」扱いした緑間
まだ2人しか見ていなく段階でバカンス扱いって・・・

2人の交際を認めちゃったんですか?(〃∇〃) てれっ☆

否定されての「へっ?」
緑間っちの印象からは遠いように見えるこの言葉と顔ですが、実はチョイチョイこういうラブリーフェイスを見せるんですよね!(笑)

「あ、当たり前なのだよ!」
と、言いたかったかどうか?(笑)
でも、血まみれ・・・にしか見えないリコ登場でその辺はすっ飛んだでしょうけど。


◆ 「1人で戦えない男が1人で強くなろうなど出来るものか」

こんなところからお人よしミドリン発動☆
強くなろうと模索している黒子っちを1on1だけで見抜いて無意識?にアドバイスしちゃってて。
ホント、無条件に黒子大好きよね!
ってか、19巻まで読み進めてもいろいろ口では言いつつつも、キセキの5人+1の絆って黒子っちが思ってるより相当強く太いものにしか思えないんですけど。


◆ 火神を試合の中に組み込んでいない理由をちゃんと見抜き、リコを褒める中谷監督。
この段階ではリコの正体を知らないんですよね(笑)

しかし、木吉の事も認めている中谷監督。
でも、監督の言葉が聞こえてたの?後ろ向きの流し目と、左腕を上げた理由がよくわからんかったんですけど(^^ゞ


◆ さて、21Qで一番の見所だったのはお風呂場の眼鏡外しという最強の反則技。
色白でかつ、彼の素顔の二枚目っぷりを半分隠していた眼鏡を外せばそりゃあ・・・

叫ぶっきゃないでしょーがっ!(爆爆爆)

しかも、眼鏡外した事でいっそう引き立つ下まつ毛の長さ。
遠目からでもハッキリわかるってどんだけ長いのよっ!(笑)

そして、今回ハッキリしたミドリンのかなりの視力の悪さ
視力の弱い人って目がウルウルしてるってよく言うじゃないですか!
こりゃ、ミドリンを組み伏したらばさ、クラクラするってもんでしょ!

あれ?そうしたら緑高と思わせて高緑なのか?Σ( ̄ロ ̄lll)
私は襲い受けキャラだと思ってた高尾・・・こりゃ、わからんぞっ!と(笑)


◆ そしてまたまた黒子っち大好きっぷりを発揮しちゃったミドリン。
不機嫌だったのは自分達に負けたチームと顔を合わせたからなのか?
それとも火神と黒子が一緒にいる場面を見せつけられ、さらには同室かと悶々としているからなのか?(笑)
そんな状況の筈なのに、高尾に黒子の話題を振られればライオンさんに向かって語る語る(笑)
しかも、「弱点を克服する事が出来たなら」って欠点の分析までし始めるし。

でも、そこで感心するのはサラッと受け流せている高尾の器のデカさ。

「真ちゃんを完璧にサポート出来るのは俺だけ」って感じ?


◆ エンディングとエンドカードについてはレビューをどうぞ。






次に22Q


◇ 高2のくせに嫌にオッサンぽかったり・・・
リコ特製のアイシングも(これだけの氷、どうやって調達したんだい?>リコ)足プルプルさせてポリバケツに足突っ込んだままカッコイイ事言ってもしまらない木吉くん。
しかし、私は彼にピンク似合ってると思うのですよ(個人的に)
もう、桃井は名前を変えてくれないですかね?(爆)
ピンクは木吉にあげて下さい!


◇ 火神がリコからレクチャーを受けてる間

「やっと2人っきりになれたな」とばかりに新婚さんの雰囲気タップリの木日
お茶、どっちが淹れてあげたんだろう?(〃∇〃) てれっ☆


◇ 前半の見せ場は緑と火の1ON1

「冷た~いに決まってるのだよバカめっ!」

これは小野Dから見た緑の印象から出たものなのか?
いずれにしたってミドリンがますます可愛くなってしまったのは揺るぎなくなったわけで。
それと、緑大活躍のこの回に合わせてぶっ込んできた小野D新曲のCM。

このハンサムが「冷た~い」と言ったのかと思うだけで、せっかくのカッコイイPVが大爆笑へと変わってしまって・・・
2つセットでとても印象的なCMとなってしまったのだよ!

しかも、バカめ!連呼の陰には

「おまえは俺だけに倒されてればイイのだ!」的な独占欲を感じちゃったんですよね(〃∇〃) てれっ☆
これは、ミドリンの伝言の「俺が倒すまで負けるな」にも共通しているわけで。

そして火神を独占するには何が必要か・・・
おしるこが温くなっちゃうのも気にせずレクチャー開始☆

「まさかスリーしか取り柄が無いとでも?」
「必ずダンクが来るとわかっているのだから」


これも、おまえは俺の事をまだわかってないみたいだが、俺はお見通しだ!と言わんばかり?(笑)
どんだけ黒火セットで気になって気になって仕方ないのだよ?(爆)

だって~ちゃんと去り際に黒子っちに声掛けてるもんね~。

「ちゃんとハッパはかけておいたからなっ!」

ってトコでしょうか?(腐っ)

そして2人に更なる進化を求め、試合で今度こそ自分が叩きのめし

「さすが、緑間くんです」と黒子っちに言わせたい男心♪

そしてやっぱり自分の掌で真ちゃんを転がしてる高尾くん。さすがです!


◇ 今回、実はツイタ上ではトレンドに入るほど騒がれたのは伊月先輩
私の想像では、とにかく走りながら自分のバスケに欠けているものを語っている横顔があまりに美人さん過ぎたのと、木日の間に座るというセンターポジがいつも以上の騒がれ方に繋がったような(^^ゞ


◇ 浜辺で並走というデートを楽しんで(?)る2人。
カガミンは緑間に自分の課題を気付かされたと走っていたわけですが、
腐フィルターかけるとまるで自分の知らなかった性感帯に気付かれたようにも受け取れて(笑)

「今、思い付きました!火神君とみんなを生かす為の新しいバスケ」

日向の言葉もありますが、絶対的にミドリンの言葉で自分が習得すべき方向性に気付いた黒子。
しかし、これも受け取りようによってはミドリンによって初めて知ったカガミンの性感帯。
そしてみんなとは誠凛ではなく、自分を好いていてくれている相手・・・と考えると、
黒子っち、相当テクニックを上げていかないとイカンぜよ!(爆爆爆)

「望むところなのだよ」

俺をイカせてみろ・・・ですか?
(大暴走、スンマセン)



◇ 後半戦。黄瀬っちと青峰っちの直接対決となるわけですが。その前に

ナチュラルに間接キスしてんじゃないわよっ!(爆)

当たり前のように黒火で回し飲みって(〃∇〃) てれっ☆


◇ 空気読めなくて超ウザイ海常メンバー(笑)

・誰が来てるかと思えば・・・女子しか目に入っていないあまりに残念なイケメン・森山先輩。
・ラ行言えない早川先輩
・とどめは、そんな事まで一々(愛)の確認か?なきーちゃん。
嫉妬させたいんすか?ヾ(ーー ) オイッ


◇ この後、武内監督がはいってくるわけですが・・・

あれ?笠松先輩のハイソ書き忘れ?!
この後立ち上がった笠松センパイの位置から言っても、笑いを堪えてるきーちゃんの右下の選手は笠松センパイ・・・だと思うのですが(^^ゞ


◇ 「相手が黄瀬だぜ。遅れるわけねーだろ
俺が本気で潰せる数少ない相手だからな」


桃井にこう言ったわけですが・・・
これも腐フィルターで聞くと、「俺を興奮させられる数少ない相手」に聞こえるわけで。

青黄\(^o^)/バンザイ です(〃∇〃) てれっ☆


◇ 「今日、勝つっす。負けたくなくなっちゃったんすよ」

笠松センパイの話を聞いて。
その段階までは青峰っちと戦える喜びしかなかったきーちゃんの頭の中に、
この人を苦しみから解放する!に切り替わっていくわけで。
きーちゃんのカットは多くなかった筈なんですが、その少ない中で表現されていたのがスゴイ!


◇ レビューでも大騒ぎしましたけど
そんな青黄の背後で、蒼紅が握手してる図
これを想定してのキャスティングだったとしたら・・・IGさんだけに妄想してしまうんですよね(〃∇〃) てれっ☆
本当は笠松センパイがこれだけの人格者になった件⇒きーちゃんに別の火がついた
こちらに萌える筈が、うっかり今吉と笠松に萌えちゃったという(〃∇〃) てれっ☆

しかも、笠松センパイの風格を褒める辺り、好敵手として瞬時に認めた筆頭と重なって萌えた萌えた(わははっ)


◇ 謎のエンドカード(爆)
この4人なのはイイとして・・・なぜ、みんなフードを被ってるの?
どーして高尾だけ女王様みたいに見えるの?(≧m≦)ぷっ!










どーでもイイ話でスミマセン(^^ゞ
先日UPした青峰誕絵が、某支部で記録更新しました(笑)

いや、私は特に他の方とコミュニケーションも取っていないし、上手くも無いから数字的には大した事ないんですけど。
今まで閲覧数で最高得点取れた絵がかなりの日数掛けて今の点数にまで伸びたんですよね。
それをUPしてからたった半日で軽く突破しちゃいました。

全くわかりません!
何が見ていって下さった方の何が刺さったのか?( ̄~ ̄;) ウーン

でも、すっごく励みになる数字だったのでこんなところからですが

ありがとうごっざいました!




にほんブログ村 アニメブログへ ←よろしければ1クリックお願いします 励みになります



 黒子のバスケ(19)
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9399-2c292892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。