FC2ブログ
アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

家庭教師ヒットマンREBORN! 第202話 『「海」「貝」「虹」』


ユニぃーーーっ!というかγぁぁーーーっ!!!(叫)



わかっていながらも悲しかったり最後までユニが羨ましかったり・・・
そしてとうとう次回、最終回☆
わかっていても公式にこの文字が出てしまった事に寂しさは隠せませんでした



公式HPより


突然現れたボンゴレI世の姿に驚く白蘭。このことは、パラレルワールドの知識を持っている白蘭にとっても予想外だったようだ。ユニは、白蘭に何故ボンゴレI世が出現できたのかを説明する。それには、7?(トゥリニセッテ)のそれぞれの大空の在り方が関係していたのだ。そして、ボンゴレI世はツナ達の『枷(かせ)』をはずすために出現したのだと言う。その『枷』とはボンゴレリングの構造と関係があることのようだが、そのことによってツナ達はパワーアップできるのだろうか?





「誰なのかな?その男は」


ユニからプリーモと知らされ、フォログラムで見せるなんてと大笑いする白蘭
しかし、ユニはそうじゃない事は気付いている筈と言う
この現象はマーレリングにもおしゃぶりにも起らない奇跡


「ボンゴレリングの縦の時空軸の軌跡」

ユニが生まれた頃から記憶に焼き付いている歌
マーレは海 どこまでも広がる横の時空軸(パラレルワールド)
ボンゴレはあさり貝(伝統の継承)
アルコバレーノは虹(点として存在する者)

トゥリニセッテの大空のそれぞれのあり方を歌った歌


白蘭が今までパラレルワールドを使っていろんな知識を得たように、ツナもまた伝承としてえる時間があると

ユニの言葉にツナは以前プリーモが言った言葉を思い出す

「リングに刻まれし我らの時間」


しかし、信憑性が無いとする白蘭
だが、白蘭がマーレリングを持つ前からパラレルワールドを意識出来たのはプリーモ同様、適合者だったから


「デーチモ、リングの枷を外そう」

今持つツナのリングは仮の姿だと言う

「おまえにならこのリングの本当の意味と俺の意思をわかって貰えそうだからな」

枷を外された途端、信じられない量の炎が噴き出してくる

vongole ring.jpg

今までと全く変わってしまったツナのリング
そしてそれはツナだけでなく、守護者全員のリングが変わる

「これが・・・オリジナルのボンゴレリング・・」
「マーレの小僧に一泡吹かせてこい」

枷を外し、そうツナに声をかけて消えていくプリーモ
ふざけた先祖と笑う白蘭だったが、それからのツナの攻撃は先ほどまでと比べようもない程の早さ。そして強さだった

それは防御も同じ
今度はマントで攻撃を止める
そして素早く切り返し、バーニングアクセルで攻撃
白拍手で止められたもののそれでも痛みを与える
さらに、80%の力を出している白蘭に対し、ツナは50%の力しか出していない

背後から再び繰り出したバーニングアクセルで白蘭をふっ飛ばし、脳天をひざ蹴りし叩きつける際に背中の羽根を?いでしまう。


「すごいよ、そこの綱吉君。君は無数のパラレルワールドの中で唯一僕をここまで傷付けた固体だ」

実に嬉しそうに笑う白蘭
これで生まれて初めて全身の力を使いきる事が出来ると
白の羽根から黒い羽根へと形態を変えた白蘭
それでも今のツナの前に決定打は無い

だが、攻撃の際に切断したモノがユニの方に飛び、慌てたツナだったが、それを弾くユニを包んでいる炎に気付く
おしゃぶりの供給が本格的に始まったのだ

「本気なんだね?ユニ。本気でおしゃぶりに命を捧げて死ぬ気なんだね」

ユニの本気に皆が慌て、泣き、そこまでして復活させる必要はないと言うツナだったが

「彼らの復活は沢田さん達が平和な過去に帰る為にも必要なんです
そしてそれは多くの人々の命も救う事にも繋がります
ようやく私の力を正しく使う期が熟しました」


これが自分に出来る唯一の賭けであり、避けられない運命と言って続ける
しかし、そうであっても止めるツナ

「僕の許可なく死んじゃうなんて勝手な事が許されると思うのかい!」

あくまで勝手な言い分の白蘭

「おまえにだけは絶対にユニは渡さないっ!」

再び激しい戦いになる2人
このまま結界の中にユニを置いておくのは危ない
だがどうやったら結界を破れるのか?


「お母さん、おばあちゃん・・もうすぐそちらに行きます」

そう思った時、ユニの脳裏に浮かんだのはγの顔
急に死ぬ事に恐怖を覚えるユニの炎がどんどん小さくなっていく

「死ぬのが恐い」

涙を流し続けるユニ
それを見て、他の方法を考えようと言うツナに他に方法は無いと、もう大丈夫と言うユニ。


「よし!今です」

見ると、バジルの雨イルカに全ての匣兵器の炎が集まっている
全部の匣兵器での匣コンビネーション攻撃で破ろうというのだ
今の炎なら!!
しかし、それでも一時的な僅かな傷しか作れない。すると


「こんだけあれば十分だぜ」


その隙間から結界の中にγが飛び込んでいく

「よぉ!姫。やっと会えたのにまたすぐ行っちまうなんて水臭いぜ
俺の炎を使ってくれないか」



実は、この決戦の前にγはリボーンに呼び出されていた
全てを理解していたリボーンはユニを1人の女性として扱ってやって欲しいと頼んでいたのだった。

ganma-yuni2.jpg

「アンタを1人にはしない」

そして、いつかユニが自分に耳打ちしてくれた事への返事をγは今ユニに返す

「俺の返事、まだだったよな」

ganma-yuni3.jpg

声は聞こえませんでしたが、口の開きから「俺もだ」でしょうか?
しかし、こういう事ってどうして死の直前だったりするんでしょうか?
もっと前に答えを伝えてあげて欲しかったです


「ユニ、嬉しい時こそ心から笑いなさい」

yuni.jpg

母の言葉を思い出し、心からの頬笑みを浮かべるユニ
そして次の瞬間、ユニとγの姿が消える
慌てて、服だけになった2人の元に駆けつけたツナ
しかし、おしゃぶりに何の変化も無い。まだ復活までに時間がかかるのだ


「ねぇ、ちょっと 何してくれてんのさっ!
全てオジャンじゃないのさ!」


あくまで自分の未来予想図の中のピース扱いの白蘭はツナの怒りで吹っ飛ばされそうになる。

「誰がユニをこんな目にあわせたと思っているんだ!おまえがこんな世界にしたから
ユニは死んだんだっ!俺は、おまえを許さない!」


だが、装置としてではなく1人の女の子として扱いそれによって自分に立て付くなど自己満足と言う白蘭

「寄せ集めの偽善より個人のどす黒い欲望や執着の方が強い。この世界はそう出来てる」

そしてとうとうこの一発でツナを倒すべく、衝撃に備えて自分の身体を固定し始める
それに対し、ツナもX BURNERで対抗する

「あのおしゃぶり付きの小娘は僕に最高のおもちゃを与えてくれたのにっ!」
「それ以上ユニを侮辱するな!」
「消えろ!」
「食らえ!」

2人の激しい炎は最初は互角のように見えた
しかし徐々にツナに押し負けられつつある白蘭

とうとう、ツナのX BURNERに包まれた時、白蘭の脳裏にマーレリングとの出会いを思い出す。
チェルベッロ機関の女性のような容姿をした2人の女性たちが白蘭にマーレリングの適合者だと言ってマーレリングを渡す。
それを待ってた白蘭
自分も人間なのに違和感を感じ、さらにその前にパラレルワールドを体験し、自分はゲームの意識にすぎないと感じていた事で、一見馬鹿馬鹿しそうなこの事態をすんなり受けとめた。
この世界を楽しむためのキーアイテムとして。

「ゲームに例えるのであれば、2つの大空、つまりあと2人のプレーヤーがいる事をお忘れなく」


しかし、白蘭だって人間が嫌いなわけではなかった。後ろ向きなわけでもない

「なんかここ、気持ち悪くない?」

しかし、ツナの目に自分と同じ思考は微塵も感じられない

「まったく、眩しいったら。 乾杯だよ」


そしてマーレリングを残し白蘭の姿はかき消えた・・・






やっと白蘭との決着がつきました!
自分の生きる世界を「気持ち悪い」と称し、全てをゲーム感覚だった白蘭とあくまでみんなを助けたい!過去にみんなと戻りたい!
そして今回、最後の火を付けたユニの死
全て仲間の為にという気持ちの差が勝敗を付けたというところでしょうか。

そんな白蘭のピースの1つに落ちなくて本当によかったと思える最期だったユニ
さらにずっと好きだったγと2人で逝けた事はある意味これ以上ない幸せだったのかも。
まだまだ少女の彼女には重い使命でしたけど、救いのある最期で本当によかったです。

それにしても特にユニが死んだ後の大山さんのキレっぷり演技には本当に脱帽でした。
絵と声が見事にシンクロして完全にイッちゃった白蘭を堪能でした。



さて、とうとう次回は最終回!
回避ルートがあったり、この作品もいろいろありましたが、やっぱり動く彼らが見れなくなるのは残念です。
とにかく最後まで彼らを見届けます!

しかし、そう考えると今度のリボコン、参加すればよかったかな?




にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いします



 家庭教師ヒットマンREBORN!公式キャラソンSINGLE大全集(3)


スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
Re:家庭教師ヒットマンREBORN! 第202話 『「海」「貝」「虹」』(09/19)
こんばんはー♪



>γ

井上さんγには持っていかれたんですけど、確かに告白自体はもっと早くしてあげればよかったですよね。(涙)

ユニには普通の女の子の幸せをもっとたくさん経験して欲しかったです。



しかし、この感動的なシーンを全部吹き飛ばしたかのような大山さんの演技は凄かったですね!

キャスティングされた時は名の売れた声優さんでないことにあれこれ思っていたんですけど、がっちりシンクロしてきましたよね。

最期にふさわしいものを見せてもらったと思います。
2010/09/19(日) 20:44 | URL | おぼろ. #79D/WHSg[ 編集]
おぼろ.さん
こんばんはー(^^)



>>γ

>井上さんγには持っていかれたんですけど、確かに告白自体はもっと早くしてあげればよかったですよね。(涙)

>ユニには普通の女の子の幸せをもっとたくさん経験して欲しかったです。



なんかあの年齢を考えると可哀想ですよね!

でも、リボーン叔父様の一言あればこそ、最後にただの女の子としての幸せを貰えた気がしました。

γもわかっていながら罪な男です



>しかし、この感動的なシーンを全部吹き飛ばしたかのような大山さんの演技は凄かったですね!

>キャスティングされた時は名の売れた声優さんでないことにあれこれ思っていたんですけど、がっちりシンクロしてきましたよね。

>最期にふさわしいものを見せてもらったと思います。



リボーンに関しては、正直、この作品を通して知った方多々で、大山さんもそのお1人だったんですが、最初から割に私の中では白蘭にシンクロしてて。

そして最後にまたドッカーン!とやってくれた気がしました。

あの絵とのシンクロ率素晴らしかったです(^^)

ただ、午前中アニメとしてはものすごいモノを見せられましたよね(笑)



あと残すは1回ですが、最後まで一緒に駆け抜けていきましょう♪

2010/09/20(月) 03:26 | URL | rumi0503 #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/949-007fb5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: