アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
延期になっていたキャラソンがやっと発売されました。
年末ギリギリという噂も聞いていたので、12月頭に聞けて良かったー!(^^)




キャラクターソング SOLO SERIES Vol.9 / 青峰大輝(CV: 諏訪部順一)




モノローグ~気付いちまった~
UNSTOPPABLE / 青峰大輝(cv.諏訪部順一)
モノローグ~俺に勝てるのは俺だけだ~
熱の欠片 / 青峰大輝(cv.諏訪部順一)
UNSTOPPABLE (Off Vocal)
熱の欠片 (Off Vocal)






プロローグ1

物心ついた時から大人に混じってストリートバスケをやっていた青峰。
帝光に入り、同年代で張り合える仲間を見つけた。
夢中になってバスケして。どんどん強くなって。

「だけど、気付いちまった」

なのに、強くなればなるほどバスケがつまらなくなってる事に。
本気でやれなきゃつまらない・・・
アニメでも聞いた青峰の心情がまっすぐ聞いている私たちにぶつけられてます。


UNSTOPPABLE

青峰の事を『アンストッパブルスコアラー』と言ったのは誰だったか?(緑間でしたっけ?)
それがまんま、歌のタイトルになりましたねー!!(^^)

これはどっから聞いても青峰⇒黒子ソング。

誰と来ようが  火神(新しい光)と来ようが
ムキになるほうがどうかしてる
諦めの悪さは認めてやる


などなど。

元カレとしては未だに自分を追いかけ自分の考えを変えない黒子を意識し捲り出し、
黒子の今カレにも当然(笑)
そして、火神の資質を見抜き認めているからこそ、バッシュあげたり、レクチャーしたり。
火神育成を楽しんで・・・る?(爆)

しかし、今のところは

誰がこようがオレは止められない

まさにこの一言に尽きるでしょう!



プロローグ2

「オレに勝てるのはオレだけだ」

こちらは黒子と火神に対して語りかけてます。
2人で“新しい光”を見せてみろ!と言っています。

そこには思う存分バスケがしたいだけ。純粋にバスケを心から目一杯楽しみたい青峰の気持ちが溢れてます。




熱の欠片

楽しかった筈のバスケが。
楽しかった筈のみんなとのバスケが。
上手くなればなるほど距離が出来てきて
結局は己だけ。

今、青峰が抱えている根本的な現実をあらわす歌詞が切ないです。

影ひとつ残っていないーーー

これはやはり単なる影だけでなく、黒子が自分の傍にいない事を指しているのでしょうか?


他のキセキ+黒子が新たな場所で、新たな人たちとの出会いの中で存分に力を発揮しているのに対し、青峰だけが独り。
支えは桃井がついていった事でしょうか?
でも、彼女は共にバスケをプレーする者じゃない!

彼の孤独感にメロディに思わず涙しそうになる1曲です。






キャラクターソング SOLO SERIES Vol.10 / 木吉鉄平(CV: 浜田賢二)




モノローグ~途中の景色も~
Strong Heart / 木吉鉄平(cv.浜田賢二)
モノローグ~チームを護る力になる~
もうすぐ戻る、その場所で / 木吉鉄平(cv.浜田賢二)
Strong Heart (Off Vocal)
もうすぐ戻る、その場所で (Off Vocal)





モノローグ

「このチームを日本一にする」

バスケ部を作った時にそうみんなの前で誓った
シンドイ時もあるだろうけど

「楽しんでこうぜ」

実に彼らしいモノローグです(^^)



Strong Heart


やるなら楽しもう!
目指すはテッペン!
好きなら没頭できる


新しいメンバーも増えて一丸となっている今のチームはサイコーで。
でも、それでもくじけそうな時は頼って欲しい。

この勝ちたい!頂上を目指そう!という気持ちは他校や他の人たちと何も変わらない。
むしろ人一倍強いだろうのに、どこか人柄なのか?表情なのか?ホッと出来る懐の深さを感じる木吉らしい1曲。

いや、腐目線で聞くとむしろ「頼って欲しい」と思ってるのは日向限定じゃね?と思う私って・・・(〃∇〃) てれっ☆



プロローグ2

バスケ部を作ろう!と言ったのは自分だけど、今があるのはみんなのおかげ。
日向とリコへの感謝の気持ち
ルーキー達の登場に自分も負けていられない前向きな思い。

自分がみんなを守ってやれるように・・・
その為にも早くプランクを埋めたい!

やはり設立者らしいというか。
主将は日向だけど、誠凛バスケ部の土台はやっぱりこの人なんだな~と思えるモノローグ。
常に守ってあげたい!
この人から感じるこの思い。きっと誰にも負けていない筈。



もうすぐ戻る、その場所で

窓の向こうで巡る季節ーーー

これは明らかに病室での彼の歌。
この部分を早くアニメで見たいんですが、原作を読んでらっしゃらない方には読んで頂きたいな~!

「どこにいても同じ時を戦ってきたよ」

花宮によって怪我をし入院を余儀なくされて。
試合に出たいのに、焦る気持ちを抑えて仲間を信じて治療に専念していた日々。

そんな木吉が目指す場所

「この身体が壊れたって最後まで走りたい」

今のWCが終わったら・・・
もう、木吉に関してはいろいろ無念だろう。悔しいだろうと想像するだけで涙が出そうです。
そして何を思いベッドの上に居たのか。
だからこそ強敵はたくさんだけど、彼の目指す所に今のみんなと立って欲しいと願うばかりです。




今回の2人はネタソングは無し。
マジな歌を歌いあげてます。

正直、浜田さんは歌上手くなりました?(すみませーん/笑)

しかし、マジだからこそストレートに2人の思いが伝わってきて。
どちらも聞いていて涙が出そうでした。
それと、今回私はどっちも2曲目が好きだったかな~?





キャラクターソング SOLO SERIES Vol.11 / 笠松幸男(CV: 保志総一朗)




モノローグ~キャプテンとして~
NEVER LOOK BACK / 笠松幸男(cv.保志総一朗)
モノローグ~決めたんだ~
ロッカールームから明日を叫べ / 笠松幸男(cv.保志総一朗)
NEVER LOOK BACK (Off Vocal)
ロッカールームから明日を叫べ (Off Vocal)




モノローグ

主将としてPGとして自分に出来る事は何か?

黄瀬の事はチャラチャラしてる(笑)と言いつつも、信頼してるし。
だけど、バスケは1人でやるものじゃない!
黄瀬を生かすのはチーム。だからこそもっと出来る事がある筈!
もっと強くなってその先にあるものはーーー


本当に主将らしい人。
全てを受け止め引っ張っていける人
でも、その根底にあるものは・・・それはモノローグ2にて。



NEVER LOOK BACK

出だしだけ、ちょっと頭文字Dの某曲を思い出してしまった(笑)


海常だって強豪校として名を馳せている。
そのプライドを見せつけてやろう!
勝ちにいく!諦めるな!自分を信じろ!

「固い意志で引っ張り上げると決めた」

きーちゃんを!仲間を支える!という思い。
ロック調のアップテンポで歌いあげられるセンパイらしい強さと意思を感じます。



モノローグ2

去年のIHでのパスミス
辞めようとまで考えた自分を主将にした武内監督

「今度こそ必ず優勝する!

この人の偉いところは、逃げなかったところ。
そしてどんな場面でも諦めないところ。それこそが間違いなく今の海常を支えているのでしょうね。



ロッカールームから明日を叫べ

タイトルからしてネタソング?と思いましたらその通り(笑)
こちらもアップテンポなメロディに乗せて「シバくぞ!」連発(爆)

確かに、1つにまとまってる海常バスケ部だけど、クセがバリバリある連中ばかり。
強さももちろんなんだけど、もし、3年生が卒業してしまったら・・・
こんな個性的なチームを誰がまとめていくんでしょうね?
叶うなら、笠松センパイにはきーちゃんが卒業するまでチームに残って欲しいーーっ!



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ 声優へ

↑よろしければ1クリックお願いします 励みになります


スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9525-db02a647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。