アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八犬伝-東方八犬異聞- 第13話「宿縁」(最終話)


「厄介な人物に興味を持たれたものだ」


まずは2期決定おめでとうございます!
でも、そりゃそうだよね。絶対、原作知らない人は置いてきぼり食らってると思うもん。
夏の放送が今から楽しみです。



公式HPより

莉芳は、花街での事件を聞きつけた教会本部の賢人たちに呼ばれ、
「犬塚信乃を召喚せよ」と命じられる。その頃、外出した信乃の前に蒼が現れ、
荘介と信乃しか知りえない子ども時代のある出来事を語り信乃を驚かせる。
その後、信乃は荘介にその思い出について尋ねるが、荘介から覚えていないと言われてしまい……。




「年寄りからいびられていないといいけどね」

そう言って微笑む年配の男性。
実は、莉芳は先日の信乃の件で賢人たちに呼び出され教会にいたのだ。

「あの子供の事ではないのか?」

血まみれでそれでも尚生きていた子供。さらには5年前から姿が変わらない。
不老に加え不死・・・莉芳は信乃について厳しく訊ねられる。
その子は伝説の人物ではないかと。

「お言葉を返すようですが」

それに対し、不死の者など存在しないと返す。
どうやら、賢人たちには莉芳は無礼な若者とあまり快く思われていない様子。

「とにかく、いますぐ犬塚信乃を召喚せよ。」

さて、どうしたものか・・・そう呟く莉芳。




信乃が子供の姿に戻った事と、いつもの食べっぷりに小文吾はすっかり安心したようで。
本当は屋敷に戻る予定だったが、あやねが血の臭いに敏感なため、未だに古那屋に留まっていた。

現八に呼ばれて出てきたメグ。
また一段と大きくなった上に・・・この子、手があったの?Σ( ̄ロ ̄lll)



「どうりで寝苦しいと思った」

目覚めると着替えをしていた荘介。
既に仕事で出ていった現八はタップリ信乃の寝顔を見てから出掛けて行ったらしい。
古那屋にいるのは大歓迎と言っていた現八の思う壺?(笑)ますます、アブナイ大人に磨きがかかってますね(^^ゞ
そしてそれをとても嫌がられている事に早く気付きましょう!(≧m≦)ぷっ!

とにかく、あれ以来まだ元どおりになっていないらしく食べてる時以外はこうして寝捲っているようで・・・。
村雨も出てきていない。

「あんな風に、自ら望んで死んでいく姿なんて見せたくなかった」

眠った信乃を見ながらそんな事を思い出ていく荘介。


「よく寝たなぁ」
「村雨も寝たー!」

やっと本調子になったのか?出掛けていく信乃と村雨。
荘介は婆さんシスターズの所に行っていた。
鬼門だと感じている為そこには行かず、新しく出来た菓子屋に行こうと言うと、さっさと飛んでいってしまう村雨。
あとを追って駆けていた信乃・・・しかし、突然、路地から伸びてきた手に口を塞がれ引っ張り込まれる。

影だった。

「他人に妙な同情するから怪我する羽目になんだよ、信乃」

逃げようと暴れると、

「俺だって荘介なのに」と言って、両手で信乃の顔を包む。

「ただの影だろ。少なくとも俺の知ってる荘介じゃない!」
「そんな筈ないな」

そして影は浜路が麻疹で寝込んだ時に栗を拾いに行った話をし始める。
ところが、荘介もうつってしまっていたみたいで熱を出してしまった上に雨まで降ってきて。

木の幹の部分の穴の中で雨宿りをする2人。
熱がある自身より、信乃を心配してカーディガンを着せる荘介に、半分こして掛け合う2人。

shino-sou4

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー なんか可愛い(〃∇〃) てれっ☆

そしてこの時、荘介の首筋に自分の腕と同じ痣がある事を知ったのだ。
そして荘介も。

「あの時信乃が言ったんだ。俺たちきっと、生まれ変わる前兄弟だったと」

俺がどれだけ嬉しかったかわかるか?と。
そこに戻ってきた村雨。それを見てそろそろ行かなければと言う影。
おっかない兄ちゃん(毛野かな?)に追われているからと。

「おまえが毛野の心臓を奪ったと聞いた」

なんで?と言う信乃に綺麗だったからと答える影。
その右目は琥珀と同じ色の瞳が。

「今の俺に必要なものだったから」

足りないものをいろいろ集めていると言う影。ほとんどを向こうの荘介に持って行かれたからと。

ao-shino

「全部揃ったらその時は信乃を迎えに来る。約束だ」

そう言って抱きしめると同時に、信乃のズボンのポケットに手を入れる影。
しかし、信乃は荘介と同じ顔で同じ声、そして同じ記憶を持つこの男に激しく動揺していて気付かない。

「コイツ、いったい何者なんだ?」



ぼんやりと川を見ていると、教会から帰ってきた荘介の姿があった。
帰り道、例の浜路が麻疹にかかった時の話をフッてみる信乃。

「あの時、俺が言った事覚えてる?」
「さぁ、何か言いましたっけ?」

荘介には上手く誤魔化したが、信乃の動揺は大きかった。
それは、通りかかった小文吾にもわかるほど。

「信乃、嘘ですよ。
信乃が俺の事を兄弟って言ってくれた事。忘れるわけないでしょ?」


信乃が絶対自分が兄貴だと言ってきかなかった事も。
それを聞いた信乃は大きな安堵からか大粒の涙を流し始めたかと思うと、荘介の胸に縋って子供のように泣き出した。



尾崎の狐たちが信乃に教会から召喚状が届いていると知らせに来た。
尾崎の家の方は要が追い払ったみたいだが、いずれここにも調べて来るだろうと。
花街での一件が知られてしまった事で興味を持たれてしまった事、莉芳も教会に呼び出されて以来屋敷に戻って来ないばかりか八房も姿を見せていないと伝える。

「どうにも嫌な予感がしますね」

ここにいてはここの人たちに迷惑がかかるし、バカ正直に出ていって詮索されるのも嫌だし・・・
次狙われるのは浜路?!Σ( ̄ロ ̄lll)

「浜路に何かあったらどうしましょう?」
「決まってる。死ぬほど後悔させてやる」


教会本部に莉芳を迎えに来た要は久しぶりに浜路と会う。
そして同じように本部の前までやってきた信乃達。
だが、そこは結界が張られていて中がよく見えない。
そこに現れたのは八房。
四白の姿の荘介に何やら話しかける。

莉芳はずっと中にいる事。そして要と浜路も中にいる事を伝える。
要がいるなら一安心と思った次の瞬間、八房でさえ破れない結界を村雨が突進して破ってしまったのだ!
(前回とイイ、この子は・・・(^^ゞ)

破られる筈の無い結界が破られた事で本部内は大騒ぎ(フェネガンと呼ばれる老子を抜かして/笑←ゼネガン様楽しそうだし)
そしてもう一人微笑んでいるシスターが。

「浜路、お迎えが来たみたいだね」

だが、結界を破ったと言う事は彼女が出てくると言う要。
彼女とは?

美人で力持ちの守護天使。


shugotenshi

「子供の侵入者とは珍しいな」

全く気配を感じなかったこの女性。

「珍しいモノを飼っているな 触らせろ」

しかし、セクハラと拒否(しかも、オバサン呼ばわりしちゃったし)
カチンときてしまったのか、腕を切り取って確かめると槍を振り上げる。
しかし、それを取りだした村雨で受け止め、逆に守護天使を驚かす信乃。
でも、ものすごい馬鹿力に信乃の形勢は不利。
さらには逃げるため飛びあがった信乃の足元に陣を作り、そこから出てきたモノで拘束される信乃。

「おまえは何者?」

しかし、次の瞬間村雨の力で縛から抜け出し、なんとか逃げ出す事に成功した信乃・・・と思ったが


「楽しそうだな」

その声に絶対振り向いちゃいけないと青ざめる信乃。
相手が悪かったよね? (* ̄m ̄) ププッ

「あの守護天使に見つかって無事に逃げおおせたとは」

しかし、すぐ彼女が信乃を探しに来ていた。

「子供を見なかったか?」

いえと答える莉芳に人間以外のにおいがすると言うリリス(守護天使の名)
しかし、莉芳の傍には八房が。
さらにはフェネガンまで現れ、子供の姿は見なかったと言った事からなんとなくうやむやに。
リリスとフェネガンは兄妹の関係らしい。

「それは是非見てみたかったな」

子供が持っていた変な刀・・・それを聞き、ニヤリとするフェネガン。

「また会う事もあろうさ。そうだろう?莉芳」

フェネガンに頭を下げつつため息をつく莉芳。

rioh5

「厄介な人物に興味を持たれたものだ」

そんな莉芳を面白がっている信乃に、何よりも怖い一言を!

「この際ハッキリと上下関係を教えておくのもいいだろう。
おまえは当分、小遣いなしだ!!」


莉芳サマ、飴と鞭の使い分けがお上手だわ(〃∇〃) てれっ☆


そこから信乃が関わった女性陣の幸せそうな微笑みのシーンが。



古那屋では、信乃を探す毛野の姿が。
そして食事中の小文吾と現八にある共通点について話し出す。

「俺たちは痣の他にも共通点があるそうだ」

それは、ここのにいる3人共文字の入った小さな玉を握って生まれてきた事。
毛野は智。現八は信。小文吾は悌。

「一度にこれだけ揃うとなると、この偶然もいささか出来過ぎって気がしてくるね」

そこに戻ってきた信乃と荘介。信乃はテーブルの上の玉3つに驚く。

「灯台下暗しってやつですかね?」

嬉しそうにズボンのポケットに手を入れた信乃だったが・・・
ここでやっと、荘介の義の玉が影に奪われた事に気付く。

「・・・約束・・・」



この世界に暗黒をもたらした玉梓を倒す為伏姫と共に戦った八犬士
玉梓の悪霊をを自分の身に封じた伏姫は自ら刃を突き立て自害する。
その際、伏姫の体内から飛び出した8つの玉が来世へと飛び散り、姫はその玉に祈りを込めた。

いつかまた、あの8人が集う来世が来れば、私はその時蘇りあの者たちの願いを叶えよう・・・と。

「1つくらいアイツから取り戻すモノがなくちゃな」

義の玉は影の手にある。
そして彼の傍に立っている姫の存在

「彼女は私。私は彼女」




ある種平和回でありながら、内容の濃い最終回となりました。
荘介と影の関係
その影に奪われた荘介の玉。せっかく、義の玉もあれば8つのうち5つ揃う事になったのに。
迎えに来ると言う影の約束。
さらには信乃に目をつけたフェネガン。
そして自らを伏姫と言う影と共にいる女性。

もともと、南総里見八犬伝という元ネタになっている話が込み入った内容ですし。まだまだ全然序盤なので、このままではと思っていたらの2期決定。
しかも、1クール置いてすぐ放送が開始されるとの事なので本当によかったです。
このままじゃあまりに中途半端。
イチラキ版の7巻の途中までが今回アニメ化されましたが、やはり、こうして全13話見てきても、ザックリと大筋をなぞってる感が否めなく、細かな会話のやり取りなどはすっ飛ばされてて。
せっかく変則でも2期をやるのなら、もっと原作通り丁寧にやっても良かったのでは?と思ったり。
その辺、2期で補完してくれるといいなと思います。

でも、とにかく絵は綺麗でしたし。メインキャストがCD版と総とっかえになってしまった事でファンの方は言いたい事が多々あったようですが、私はCD版を聞く前にアニメを見始めてしまったおかげで信乃と荘介以外はあまり刷り込みなく見る事が出来ました(CDはこれから聞こうと思います)


とにかくまずは夏の2期に期待という事で。
また2期でお会いしましょう!という事で一区切りさせて頂きます。
ありがとうございました。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201304/article_1.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 八犬伝 -東方八犬異聞- B2タペストリー《05月予約》

 八犬伝-東方八犬異聞- 2 [4/24発売]

CD TVアニメ『八犬伝-東方八犬異聞-』オリジナルサウンドトラック / 音楽:黒石ひとみ[ランティ...
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9702-b9cf2406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
賢人会議に出席した莉芳は 不老不死と思われる信乃を召還せよと言われ・・・ 「さて、どうしたものか」と。。 信乃がしばらく古那屋に滞在するってことで 現八は喜びますが、い...
2013/04/01(月) 01:04:09 | 薔薇色のつぶやき  別館
賢人会議に出席するため教会本部を訪れていた莉芳 花街で血まみれの子供の死体が見つかったがまだ生存しているという噂を耳にしたがそれは 信乃のことではないのか、おまけに信乃
2013/04/01(月) 01:05:07 | Spare Time
「出逢ったのは偶然なんかじゃないんだよ」 信乃と荘介と影。
2013/04/01(月) 10:21:41 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。