アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙戦艦ヤマト2199 第1話「イスカンダルの使者」


「見ておれ、悪魔め!わしは命ある限り戦うぞ」


今期アニメ第7弾です


あらすじ(ウィキより)

西暦2199年、地球は滅亡の危機に瀕していた。

それから遡ること8年前の2191年、地球人類は歴史上初めて地球外知的生命体と接触した。彼らの名は「ガミラス」。友好関係を築こうと試みた地球に対し、ガミラス側は一方的に戦端を開くと、情け容赦のない無差別攻撃を開始する。冥王星基地からの遊星爆弾を用いた爆撃により、人類は地下都市へと追いやられ、圧倒的な軍事力の差により、防衛艦隊も壊滅寸前となった。地球は遊星爆弾によって大地が干上がり、大気を汚染され、地下都市ではエネルギー不足・飢餓・暴動などが人々を苦しめていく。そして、地表を蝕む汚染は地下都市へも着実に進行し、人類絶滅まで約1年と迫っていた。

2199年1月、沖田十三提督率いる第一艦隊は、冥王星宙域でメ号作戦を開始した。その戦闘の最中、地球がアマテラスというコードネームで呼ぶ1隻の宇宙船が太陽系へ侵入していく。それを確認した沖田は司令部へ「アマノイワトヒラク」という暗号文を送り、司令部は「予定通り」という意味深な言葉を口にする。火星に待機していた古代進と島大介は墜落した宇宙船からカプセルを回収すると、撤退してきた宇宙戦艦キリシマに収容され地球へ帰還した。

帰還後、古代達を含む選抜メンバーが招集され、一部のメンバーは以前より進められてきた地球脱出を目的とするイズモ計画がついに発令されると予測する。しかしそこで発令されたのは、異星人の惑星イスカンダルに存在する汚染浄化システムを受け取りに行くことを目的とした、ヤマト計画だった。1年前、地球はイスカンダルから次元波動エンジンの技術供与を受け、恒星間航行用の宇宙戦艦「ヤマト」を建造していた。そして今回、アマテラスが新たにもたらした波動コアによって、ヤマトは真の完成を迎えたのである。

人類最後の希望を乗せ、ヤマトは1年という限りある時間の中、遙か16万8千光年彼方の大マゼラン銀河のイスカンダルへ、往復33万6千光年の旅に発進する。



もう、今更表記する事も無いと思いましたが念のため(笑)


恒例のキャスト貼り


沖田十三:菅生隆之
古代進:小野大輔
森雪:桑島法子
島大介:鈴村健一
スターシャ・イスカンダル:井上喜久子
アベルト・デスラー:山寺宏一




さて、正確な事を書けば、テレビシリーズはリアタイ組ではありませんでした。
実は裏番組見てました!(健全でしょ?/笑)
なので、ヤマトは正直劇場版はリアタイですが、テレビシリーズは再放送組でした。
そしてなぜか思い出せるのは劇場版の方ばかり(^^ゞ

そしてこの頃は、今の小野DやヒロCが騒がれていたのと同じくらい、主役二枚目と言えば富山さん(とも蔵変換しないでね/笑)森さん、神谷明さんなどが占めていた時代。
私も富山さんの大ファンでした(いや、正直言えば3人全員大ファンでした)
そんな私ですが、とにかく1話を見た感想など。



まず、やはり一番素晴らしいと思ったのは初代ヤマトの頃と断然違う作画や背景等の絵の素晴らしさ。
大まかは変えていないと思うのですが、今ならではの解釈で全体的な流れが洗練されていると感じられた点。
ただ、どうしてもかつてのキャストで聞きたくなる悪い癖は出てしまいましたけどね。




まずはゆきかぜに乗る、古代守以下乗組員は沖田の乗る第一艦隊に発光信号を送る。
第一艦隊・きりしまに乗る沖田は全艦に戦闘配備に付くよう指令を出す。
敵は地球外知的生命体

お互い、一歩も引かない激しい戦い。
しかし、敵の戦艦はこちらの攻撃をはじいてしまう。逆に敵の攻撃をまともに食らい次々と落ちていく。
そんな中、沖田が待っているのは「アマテラス」からの入電。

圧倒的な不利な戦いの中、辛うじて戦っていられるのは沖田艦長がいればこそだった。

やっと待ち望んでいたアマテラスから入電。
火星へと向かっていたのだ。


「アマノイワトヒラク」

沖田のこの暗号は何を意味するのか?


火星・アルカディアポート跡
ここに落されて3週間、ここにいたのは古代進と島大介の2人。
そこに連絡が入り、出番とばかり出撃していく。
目の前にはアマテラス。しかし、アマテラスのエンジンからは火を吹いていて。
爆発寸前に脱出したのを確認した2人は、それに近付いていくと、中には美女が既に亡くなっていた。

woman

とにかく胸に抱かれたカプセルを持ちかえり地球へと戻っていく2人。


沖田は無事、アマテラスよりカプセルを受け取る事に成功した事を知らされると、この時点で作戦終了する指令を出す。
あまりに激しい戦い。味方のほとんどがやられてしまった。
それでも、無事作戦は成功した。

このまま地球へと帰還しようとした沖田だったが、ゆきかぜがこれに背き、ここに残ると言い出す。
きりしま撤退の援護に回ると。

「このままでは地球を守る者たちがいなくなってしまいます!」

これはすなわち死を覚悟したものとなる。
だが、守の強い意思に沖田は折れた。

守の決断に明るくついていくクルーたち。 しかしも抵抗むなしくゆきかぜは爆破される。



冥王星海戦から三週間後


きりしまに収容された進たち。
きりしま以外の戦艦が一隻も無い事に驚愕する。
そして平田から、守の船も沈められた事を知った。


「あまりにも敵を知らなさ過ぎる」

カプセルは回収出来た。しかし、彼らが目指す作戦は全てがこれから。
わかっているのはガミラスという名だけ。


青く美しかった母なる地球。
そこに突然現れた地球外知的生命体。友好的な対応を取ったこちらに対し、遊星爆弾により死の星へと変貌させていった。
今は、汚染された地上を避け地下で生活している地球人。

それにしても、最初の頃は各国戦っていた様子なのに、現在戦えているのは日本人だけなの?(笑)


「見ておれ、悪魔め!わしは命ある限り戦うぞ」

悔しさを誓いに変える沖田。



地球へと帰還した古代たち。

susumu

「囮だという事は下には秘密にしてたらしいんだ」

南部が森雪と話しているのを聞いてしまった進は激昂する。
しかし、初めて出会った雪があまりにアマテラスに乗っていた美女とソックリで驚く。
だが、雪の進への態度は厳しいものだった。

病院に行っていると知った進は島と共に病院へ行き、事の真偽を確かめようとする。
乗り込んできたのが古代守の弟と知った沖田は守ほ褒め称え、そして死なせてしまった事を心から詫びた。

その言葉に姿勢をただし敬礼をして出ていく進。


2人の後を追ってきたのは佐渡医師だった。

「この作戦で肉親を失ったのは君だけじゃない」

そう諭す。
しかし、土方がいた事に驚いたと島が話を和らげると、士官学校時代からの大親友なのだと佐渡は教えてくれた。島の進と島のようだと。


そして沖田が目を通していたヤマト計画の搭乗員として進と島の名も連ねてあった。



どうやら、カプセルを解析し、「彼女」と真田が呼ぶ者からの言葉が真実だったと確信する上層部。


待機中の進たちは、試作機らしい戦闘機を見つける。コスモゼロだった。
説明してくれたのは二尉の加藤三郎だった。

3men7


Σ( ̄ロ ̄lll) ガーン
実は、私、古代くんと共に大好きだったのが加藤くんでした。
当時、神谷明さんが声をやった事もあってめちゃめちゃ好きで。
今回も細やんが担当という事でかなーり期待していたんですよ。
しかし、以前の加藤くんがめさめさハンサムだったのに対して、今回はちょっぴりヤンキー気味。
このキャラデザには結構ガッカリしてしまいました(^^ゞ
それと、島くんがかなり軽く見えるのもなぁ・・・



そこに敵が現れたと連絡が入る。
それを聞き、グッドタイミングとコスモゼロに乗り込み出ていってしまう進と島。
しかし、それはまだ調整中で武装を外してあったのだ。
攻撃も出来ず、おまけにエシステムエラーで不時着を余儀なくさせられてしまう。

そこで2人が見た物は・・・大昔の戦艦
鉄くずにしか見えないそれが敵の目的?

yamato3




ここからのエンディングはProject Yamato 2199による「宇宙戦艦ヤマト」

ささきいさお JAM Project 中川翔子 水木一郎 堀江美都子 茅原実里 結城アイラ
美郷あき 栗林みな実 麻生夏子 佐咲紗花 石田燿子 ZAQ ChouCho 橋本みゆき
yozuca CooRie 妖精帝國(ゆい) 佐藤ひろ美 飛蘭 石川智晶 Rey(原田謙太)
喜多修平 谷本貴義 高取ヒデアキ 鈴村健一 米倉千尋 水樹奈々 GRANRODEO
藍井エイル 黒崎真音

という豪華メンバー。
CDの売上の一部は被災者へ寄付されるそうです。


古代くんと雪の作画は美男美女。細かく言えばキャラ作画は「へぇ~」という方も多々な中、デスラーがかなりハンサムだという噂を聞いているので、彼も好きなキャラの1人だけに、登場が待たれます。
先まで展開はわかっている作品ではありますが、劇場版を全く見れていないのでこれが初めてなだけに今ならではのヤマトに期待したいです。

そして次回からはエンディングも流れるのでしょうか?そちらも楽しみですね。
とりあえず視聴のみの予定です。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201304/article_15.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 「宇宙戦艦ヤマト2199」オリジナル・サウンドトラック Part.2

 宇宙戦艦ヤマト2199 5
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9715-04148e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
ヤマト始まりましたね~日曜夕方5時に相応しい安心して家族で見ることのできるアニメですwwwわが家はこの時間、リアルタイムで見ることはまずないと思うので 夕食時に録画を
2013/04/09(火) 22:48:14 | 薔薇色のつぶやき  別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。