アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーニヴァル 第8話 「白銀の匣」


「ヒラトさんのヴァカァァァーーーっ!!」


やっぱりリノルに行かされる羽目になってしまった


「聞いた話ではいろいろやらかしたそうな・・・
氷晶の街、リノルへ行け」


ヨギの叫びから始まった今回(笑)
ショーの助っ人に関して、労われたかと思えばマズイ点を指摘され。それでも第壱號艇から感謝の言葉が届いていると言ったかと思えば突然リノルへ行けという、とにかく脈絡のないヒラトの一言でリノルに行く事になってしまったヨギ達。

「ご褒美だ」

そう言って微笑んだ筈なのに・・・
でも、ヒラトさんのこの微笑みこそ一番信用ならないのかもしれない(苦笑)



「貳號艇長からの預かりモノなんですがねぇ」

あざなが差し出した箱の中に本来いた筈なのは(底が抜けていた/笑)

snowman

「ユッ・・・キン?」

温かい雪だるまの機械。頬ずりすればし返してくれる可愛い奴(笑)

「ヒラトさん、俺たちの事思ってくれてるの?くれてないの?
ヒラトさんがわからないっ!」


いや、多分くれてない・・と思う(笑)

そんなヨギを見ながら、ガレキは自分達が同行という意味を考える。多分、囮だろうと。
それでも、仇を自分の手でやれなかったモヤモヤが残っているガレキは、先日のメイガのそのまた奥にいる奴らの胸倉を掴めるなら利用されてやると心の中で思う。

あ、ツクモってガレキの1つ年上なんですね。


「じゃ、私は宿で待機してますんで」



ナイを自由にさせている事を快く思っていない上層部。
しかし、アカリは今までニジを飼育してみたものの全て失敗に終わっている事から、今の環境が最適と判断したようだ。

「研案塔とサーカスではナイに対する目的が違います」

研案塔はあくまで研究対象物。
サーカスはヴァルガをおびき寄せる・・・餌?(^^ゞ
だから、奪われたり襲われるかもしれないというリスクは理解して貰いたいと言うヒラト。
さらに

「そうなる時には・・・この手で殺します」


当然、異議のあるアカリは出ていくヒラトを捕まえますが、

aka-hira

「あなたは命を守る側の人間。で、俺は奪う側の人間なので 相違はしかたありませんね」

なんとも意味深なポーズですね(^^ゞ
これ見てキャーキャー言う子、いるんだろうな(笑)

間に入ったツキタチにも当たり散らすアカリだったが、ツキタチは、ヒラトはあれで慈悲深いから、別に望んでいるわけじゃないと話す。
さっきの言葉はあくまで最終手段って意味ですよね?

そしてああ言った裏には、ナイを安易に解剖などさせない為。
ツキタチの言葉にハッとするアカリ。
それに、ナイには必ず誰かを付けているし、ブレスには発信器も付けていると説明するツキタチ。



そんな大人の事情も知らずにユッキンと戯れているナイ。
そんな一同がやってきたのは、壱號が摘発したカフカ関連企業の幹部の別荘。
探すのは、摘発時の見落としが無いかどうか。

そんな中、ナイだけでなくガレキも雪が初めてだったようで、無意識な年相応の反応に可愛いと微笑むヨギ。




結局、そこでは何も見つからなかった。

「あ、ユッキンがいない・・・」

ユッキンは穴に落ちて上がれずにいた(苦笑)
そんなユッキンを上から覗きこんでいる男たちが2人。


ヨギ1人で戻ろうとするが、全く耳に入っていないガレキはナイにユッキンの声を拾うよう言って2人で駆け出していってしまった。
そんな光景を微笑ましく感じながら後を追うヨギ。


「チョーあったけぇ!」

ユッキンを捕まえたのは夏切(カギリ)と麒春(キハル)
ユッキンが貳號艇のレアアイテムとわかった2人は、イコール、サーカスが来ている事を理解する。
そして、この2人はウロの部下で、ヨギ達が来る前に証拠を回収していたのだ。

kiharu

「サーカス、やっちまおうぜ!勢いで」

勝手に盛り上がるキハルに面倒くさいと返すカギリだったが、どうやらりレアアイテム収集家なのか?それならばとニヤリとする。



ようやく、ユッキンが落ちた穴を見つけたので、下へと降りるヨギとナイ。
穴の中は暗いし、呼んでも返事は無い。
しかし、ナイが奥でする音を聞き付ける。
その声に反応するかのようにガレキも追って下へと降りてしまった。
そのまま3人で穴の中を行く。

明らかに人工的に作られた穴・・・
進むと扉が。そこはちょうど位置的にさっきの屋敷の下辺りだった。

扉を開けると何か物音が!やたらと怯えるヨギだったが(苦笑)、ナイがズンズン入っていっちゃって・・・
音の主は、人形の向こうにあった箱の中。


一方、穴の上で待機していたツクモはユッキンを見つける。
しかし、それはサーカスをおびき出す為の2人の罠。
始末する気満々のカギリ。

kagiri

ところが、そこに戻ってきたヨギの声が。
今度はキハルがパンチで地面の下のヨギ達に攻撃を。
上で何かあった事を知るヨギ。
ツクモを助けようとするヨギを止め、屋敷内で拾ったとガレキは銃を取り出す。
さっきの人形部屋に戻る3人。


上では、カギリが何かしている間ツクモと交戦中のキハル。
そこにやっと地面の下から飛び出してきたヨギ達。
ガレキがあり合わせで爆薬を作ってくれてそれによって出てくる事が出来たのだ。
合流した4人に頭上から攻撃してくるキハル達。

ツクモを守ろうとしてキハルにぶん殴られたナイ。
銃でキハルを攻撃するガレキ。

とにかくヨギの頼み通り、ひとまずナイを連れてその場から離れるツクモ。

「また、ナイちゃん狙いか?」

それより今はガレキ君を守る!と意気込むヨギだったが、ガレキからは真顔で「どの辺が?」と問われいたく傷付く(笑)

「もしかして嫌われてる?」

でも、ガレキとしては守られるんじゃなく共闘したかったのだ。

「援護に回る。しっかりやれよ!」

そう言われて張り切るヨギ。

gare-yogi2




「俺、ツクモちゃんみたいに強くなりたい!なれる?」

一方、ナイはツクモに無茶しちゃダメと忠告を受ける。
でも、ツクモはナイは心がとても強くて、一緒にいてホッとする。カロクさんもきっと同じように感じていたんだと思うと話す。

「だから、無事で帰りましょう」



戦っているうちに、相手がナイ目的ではない事がわかったヨギ。

「なぁ、おまえらの上ってどんな奴ら?」

しかし、結局それには答えず本気モードで挑んでくる
(それまではガレキの着ているコートがレアモノだという事で本気を出していなかった)

ゲーム機のようなモノから発した特殊リズムの信号で一時的に視力を失ったヨギ。
キハルに蹴り飛ばされる。
その際に頬のパッチが取れてしまうと、彼に変化が!
その場に倒れ込んでしまうヨギ。

やっと視力が戻ってきたガレキだったが、その際に飛び込んできたのはヨギを取り囲むように蠢く蔦。


「楽しい事しよ?」

涙を流しながら人が変わったように笑い出すヨギ。その目は真っ赤。

「みんな悲鳴を上げるように笑ってくれたら嬉しいな」

奇声をあげ始める





えええっ?!Σ( ̄ロ ̄lll)
ヨギにいったい何が起こったの??
あのパッチはこれを制御する役割だったの??
それと、ちゃんと元に戻るんですよね?(心配)
しかし、これじゃただの弱っちさんと思ってたらこんな秘密があったとは!

しかし、ウロの部下でありながらナイの事は知らなかったんですね!
これ、ウロに知られたらしばき倒されるに違いない(^^ゞ


それにしても豊永&前野という組み合わせで耳が嬉しい♪
それと、こんな前野キャラは初めてかも!また1つ新しい引き出しが(^^)




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201305/article_30.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 カーニヴァル ドアプレコレクション2 1BOX【予約 06/中 発売予定】

 カーニヴァル マイ箸コレクション 全4種セット【予約 06/中 発売予定】
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9777-42d0e459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
「平門さん 俺たちの事を思ってくれてるの くれてないの?  平門さんが分からない…!」 補足調査の任を受け、氷晶の街リノルへとやってきた與儀達 黒白の部下である夏切と麒春の襲...
2013/05/25(土) 19:32:04 | WONDER TIME
やっぱりヨギはタダものではありませんでしたねv人が良すぎるので何かあるとは思いましたが・・・ それにしても あのキレっぷりは見事。非常に楽しみです。そして 新キャラのカ
2013/05/25(土) 21:44:16 | 薔薇色のつぶやき  別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。