アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進撃の巨人 第8話「心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦4――」

「撃てぇぇぇー!!」

ミカサ達の前に突然現れた巨人を襲う巨人ーーー


公式HPより


窮地に陥ったミカサを救った巨人を補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に群がる巨人たちを倒せないか、と提案するアルミン。その提案を受け、コニーの援護のもとミカサは駐屯兵団本部を目指す。一方、ジャンたちは立ち塞がる巨人たちをすんでのところでかわしながら、ミカサたちよりひと足早く本部に辿りついていた。



「やめてくれ!このままじゃ、また僕は友達を死なせてしまう!」

ミカサはアルミンの自害を許さなかった。
共に行こうとするミカサ。
そしてそれは彼女だけじゃなかった。抵抗するアルミンの腕を掴み走り出したコニー。

でも、ロクに残っていないガス欠状態で人一人連れて大勢の巨人がいる所へ行くという事は・・・

その背後には巨人を殺した巨人が遠吠えしているのが聞こえる。
それを見たアルミンは

「聞いてくれ!提案があるんだ」

手を振りほどき2人を止める。

「アイツを上手く補給所に誘導できないかと思って」

なんで巨人を襲うのかわからない。
でも、人間には興味を示さず巨人のみ殺していくアイツをミカサとコニーで誘導できれば!
しかし、見込みだけでそんな事・・・

「でも、上手くいけば本部を襲っている巨人たちを一網打尽に出来るかもしれない!」

可能性だけの方法

「やってみる価値はありそう」

いずれ来る「死」を待つくらいならやってみようとミカサが言いだした。

「巨人と一緒に巨人と戦うって事か?!」

もう、こういう事態だからこそコニーも受け入れたんでしょうね。
失敗したら笑い者と苦笑いしつつ賛同する事に。



一方、自問自答中のジャン。
しかし、ふと、今犠牲となった仲間の方に巨人たちが集中している今がチャンスと思い直す。

「今だ!今のうちに本部に突っ込め!!」

ジャンの言葉に走り出した姿にマルコとサシャが続く。
続いてライナー達も。

一方、覚悟を決めたミカサ達も、ミカサが先陣を切って巨人を倒し、コニーがアルミンと共に飛び、そしてアルミンの思惑通り例の巨人も他の巨人と戦い始める。
そしてその巨人が見つめるのは本部の建物。

ジャン達はひたすら飛ぶ。
足を掴まれても手を切り取りその隙に前へと進んだ。
ジャンに追い付いたマルコはおかげで逃げられたと礼を言う。
そして指揮役に向いてる!と顔を輝かせる。

でも、目の前には数えきれない程の巨人たち。
その間を縫うように進んでいく。
でも、もちろん、そんな中巨人に捕えられてしまう仲間もいて。
そんな犠牲の中、やっとジャンは本部内へと辿り着く。
続いてマルコやライナー達も。

「何人、辿り着いた?」

仲間の犠牲によってここまでたどり着いたけど・・・何人死んだ?
そんなジャンがふと見ると、机の下に隠れている補給班の2人を発見する。
いきなり拳でぶん殴るジャン。

「コイツらが俺らを見捨てやがったのが!
てめえらのせいで余計に人が死んだんだぞ!」


当たらずにはいられない。
でも、補給班も巨人の侵入で何も出来なかったのだ。

ところが何か音がすると思った次の瞬間、巨人が壁に穴をあける。
穴から2体の巨人が覗きこんでいる。
ここでジャンは一か所に人が集まり過ぎた事に気付く。

途端にパニック状態になる。ミカサは何処へ行ったと口々に叫ぶ。
そしてこれが普通
今まで自分は夢か幻でも見ようとしていたのか?現実を知ってた筈なのに。

「こんなデケェ奴には勝てねえって事くらい・・・」

もう、ダメだと思いかけた次の瞬間・・・!
なにかにより巨人の一体の顔がひしゃげたのだ!

「なに?」

ジャンの声と同時に2体の巨人が吹っ飛ぶ。
ミカサ達に誘導された例の巨人だった。

titan5

「ありゃ、なんだ?」

そこに飛び込んでくるミカサとコニーとアルミン。

「やったぞアルミン!おまえの考えた作戦は成功だ!!
あの巨人は巨人を殺す奇行種だ!!」



「巨人に助けて貰う・・・だと?」

そう言われてもピンとこない。
しかし、ミカサは奇行種だろうとなんだろうとここで長く暴れて貰う。それが私たちの助かる最善策と話す。


「おまえら、あの巨人についてどこまで知ってるんだ?」

突然、そんな事を聞いてきたライナー。
でも、今わかっているのは先ほど話した事で全部。

「助かってからでいいだろ?」

そう言うと、それで引いてくれるライナー。


とにかく、例の奇行種が外で暴れている間はこの建物は崩されない。
あとは、保管庫にいる3m級の巨人から必要な物を奪い取る事。
アルミンは、巨人を殺す力はないとしても、無いよりはある方がイイと銃を用意させる。
そしてリフトを下ろし巨人の顔に一斉射撃。
(これがOPのあのシーンですね!)

視覚を奪ったところで天上に隠れていた7人が一斉に巨人の急所を狙う。
これが成功するか否かで成功するかが決まる。

やり直しのきかない1回限りの命を賭けた戦い。

104-2

この7人が巨人7体に斬りかかるのだ!
能力的に一番成功率の高い7人だった。しかし、全員の命を背負わせてしまったと謝るアルミンに問題ないと微笑むライナー達。

「大丈夫、自信を持って!
アルミンは正解を導き出す力を持っている」


それで自分もエレンも助けられた事があったと言うミカサの言葉に驚くアルミン。
でも、今はそれに答えている暇はない。
リフトの準備は整った。


巨人をし止めるために所定の位置へと向かう7人。
しかし、立体起動無しで倒せるのか?
その辺は大丈夫とニヤリとするコニー以外のみんな。

しかし、ケツにぶちこむって・・・ふおぉぉぉぉぉ(←)>ライナー
しかも、それが最後の言葉になるかもって・・・ライナー攻めるな(*/∇\*) キャ


リフトがするすると下りていく。巨人の数は変わっていなかった。

「作戦を続行する」

マルコの言葉で射撃の構えを取る。
それでも、巨人がこっちを向けば身体が震える。それをマルコが落ち着かせ引き付けるよう指示を出す。

「撃てぇぇぇー!!」

一斉射撃が始まった。
目を潰される巨人たち。

上では、みんなを助けたいならこの一撃で片を付けると心に誓った7人が!
銃声を合図に飛び出していく。
次々に致命傷を与えていく。

しかし、1体だけサシャとコニーの方へと歩いて来る。

「うしろから・・・大変失礼・・・しました」

いや、サシャ謝ればイイってもんじゃ(プルプル)

そしてサシャの方へと倒れこんでくる巨人。
だが、サシャがかわしたところでミカサとアニの援護が!!
無事、残ったその1体も倒す事に成功する。

腰を抜かしている暇もない。急ぎガスの補給に移る。
でも、自分達の手で巨人を倒したとみんなの顔には笑顔が。
ただ一人、巨人に屈服してしまったと涙を流すサシャ以外は(^^ゞ

「あとでタップリ軽蔑してやる!」

いや、それってどーなの(笑)>コニー


マルコと共にガスの補給をしているジャンは、指揮者に向いてないと口を開いた。
それに対し、マルコはジャンは決して強い人じゃない。だけど現状を正しく判断する力に長けていると話す。
ジャンの指示は正しかった。だから自分は今飛べたし生きていると。
その言葉にハッとするジャン。



ガスの補給を済ませた全員が一斉に飛び出していく。
しかし、その中にミカサがいない。屋根の上で呆然と突っ立っていた。
見ると、奇行種が他の巨人に食われているところだった。

ミカサは、あの巨人の謎を解明すればこの事態を打破できると考えていたのだ。

「同感だ」

声をかけたのはライナーだった。
あのまま食いつくされては何もわからないまま。

「あの巨人が味方につく可能性があるなら・・・」

ライナーが奇行種を助けようという言葉をジャンはさっさと逃げようと言うが、アニもライナーに同意見のようで・・・

そこにもう1体。それはトーマスを喰った奴だった。
すると、奇行種は両腕を食いちぎられた状態で、トーマスを喰った巨人に噛みついたのだ!
そのまま地面に叩きつけただけでなく、他の巨人も吹っ飛ばしてしまった。

titan6

「おい!何を助けるって?」

だが、そこまで戦った奇行種は吼えたかと思うとその場に倒れてしまった。


それを見てズラかろうと言うジャン。しかし、誰一人動かない。
なんと・・・奇行種の中から出てきたのは

ellen8

エレン

思わず飛び出していくミカサ。
そして彼を抱きしめる。

ドックンドックン・・・
慌てて胸に耳をあてると、確かにエレンの心臓の鼓動が聞こえてきた。
そしてミカサはまるで少女のように声をあげて泣いたーーー



確かにミカサの胸の中でエレンは生きている。
しかし、アルミンは素直に喜べない。いや、驚く事ばかり。
確かに巨人に切断された左足の膝から下と腕がちゃんと生えているのだ。
そして確かに自分の目の前で飲み込まれた。
そのエレンが・・・

「いったい・・・なにが・・・?」

ここでようやくアルミンはエレンの手を取り涙を流す。
そしてジャン達は改めてエレンがここに倒れている巨人たちを倒したのだと周りを見回した。





キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー エレンが生きてた!!と騒ぎたいトコですが。。。
個人的には心は既に来週に!!(笑)

次週、いよいよ兵長が本格参戦?
前回は一言だけでしたものね~わーい\(^o^)/

しかし、予想はしていたモノのこの巨人がエレンだなんて・・・
どうやって?
どうして手足があるの??
もう、今回の事実はハテナマーク飛び捲りです。

でも、この戦いで腹が据わったと言うかみんなで倒す事が出来ましたね!
そしてアルミンにはこんな素質があったなんて。
調査兵団に行くとアルミンが言った時にエレンが言ってたのはこの力の事だったんですね。
そしてジャンの性格・・・
マルコはややジャン信者な部分はありますが、これもジャンの自信に繋がるといいなぁ。
それとTL上でチラリと目にしたんですが、諫山先生がジャンを是非谷山さんに演じて欲しかったんだとか?
だから今回これだけジャン推しだったんでしょうか?メチャカッコ良かったですよね!



ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201305/article_35.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 進撃の巨人 ぷにぷにうで枕 リヴァイ《06月予約》
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9782-b7ba83d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
『窮地に陥ったミカサを救った巨人を補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に群がる巨人たちを倒せないか、と提案するアルミン。その提案を受け、コニーの援護のもとミカサは駐屯兵団本...
2013/05/27(月) 02:49:55 | Spare Time
さぁ 巨人を殺す巨人の正体が判明しましたね。 ちょっと前に別番組でネタばれされてましたがww原作既読組は周知のことですが、アニメから入った人にとっては衝撃ですよね!?
2013/05/27(月) 03:09:10 | 薔薇色のつぶやき  別館
進撃の巨人 第1話   ~ 第8話 心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④―― 突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕する。生き残った人間
2013/05/27(月) 04:29:53 | 動画共有アニメニュース
 進撃の巨人  第08話 『心臓の鼓動が聞こえる ――トロスト区攻防戦④――』 感想  次のページへ
2013/05/27(月) 04:58:48 | 荒野の出来事
さんざん言われてきた「評価が割れる展開」って今回の事ですよね。個人的には物凄く面白かったですけど、皆はどう思ったのかな
2013/05/27(月) 06:31:48 | 日常のぼやき
第8話「心臓の鼓動が聞こえる―トロスト区攻防戦④―」 アルミンを一人置いていくつもりはない・・・ ミカサもコニーも3人で助かることを選択。しかしそれを引き止めたアルミン
2013/05/27(月) 07:31:02 | いま、お茶いれますね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。