アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちはやふる2 第24話「かくとだに」

「この、ニコニコ眼鏡っ!!」

A級決勝戦。新と詩暢の戦いもいよいよ決着が!



公式HPより


B級個人戦優勝を果たした太一。自分のことのように喜ぶ千早。A級決勝の新とクイーンは僅差で新が勝っていた。多くのギャラリーが見守る中、一進一退の攻防が続く。あそこに座りたかった悔しさと二人の強さに圧倒され、2人のかるたにどんどん引き込まれる千早。果たして、結果は―。



個人的にはやっと新堪能回らしい回がきたな!と。
見た目に反したドSっぷりもイイんですが、やはり眼鏡男子は結構好みなのと、今まで「聞いたー!」と思えるほどこの作品において細やんの声を堪能出来ていなかった身としては「やっとこういう回が来てくれた」という気持ちでした。
そして詩暢ちゃんだけじゃなく、新の取り方の綺麗さが私は好きなんです(〃∇〃) てれっ☆


太一、おめでとう!
B級優勝。そしてA級に進級を果たした太一に嬉し涙が止まらない千早。
でも、いつまでも喜んではいられない。
早く行こう!と腕を引っ張る太一。

しかし、ここで千早はある事に気付いてしまった。

chihaya11

「太一がA級・・・ライバル」

ぎゃははっ!さっきまでのお祝いムードが消えたよ。

カナちゃん達は机くんの応援に残る事に。
キャプテンとして千早も残ると言いかけるが、太一がさっさと腕を引っ張り連れて行ってしまう。
その様子に悲しそうな表情の菫。

「花野さん、かくとだにはイイ歌ですよね」

突然のカナの言葉に戸惑う菫。

あなたはご存じないのでしょうね。火のように燃え上がる私の思いを

まさに、今の菫の心境そのもの。


ところが、ここで宮内以外全員が忘れていたルーキーが(笑)
まだ、筑波もD級の決勝に残っていたのだ。
それを見て、やっと菫の顔にも笑みが戻ってくる。


浦安の間の前に着いた2人。
しかし、あんなに見たがっていた2人の試合が急に恐くなり、下へ戻ろうとしてしまう千早。しかも、混んでいて入れないと言われてしまって・・・

「これと決めた道で知らない方がイイ事なんて1つも無いわよ」

ちょうど通りかかった桜沢が場所を確保してくれ、戸惑っている千早にそう言う。その言葉にハッとする千早と太一。

しかし、こんな時にも関わらず、エロム君はエロム君でしたね(^^ゞ



扉を開けると、以前久しぶりに新の試合を見た時と同じ錯覚を覚える千早。
水の中のわけがないのに。
とても息苦しくて・・・
しかし、我に返った時、11枚対5枚と詩暢が負けている事に驚く千早。
いや、会場全体が驚きを隠せないでいた。


「教えたいのに・・・2人の今までのかるたを」

ara-shino

千早達と違い、最初から見ていた肉まん君はビデオを録っていなかった事を後悔する。
千早達にこの2人の最初の配置や、新は渡り手が効く配置。決まり時より先に払っていく様は手が付けられない。
一方、詩暢も慌てず狙い札を明確にして確実にいつもの綺麗な取りを続けていた。
しかし、読まれる札が詩暢が狙っていない札で、それを確実に取っていく新の流れとなって今に至っていたのだ。

「なんでそんなに呼び込める?」

送り札は嫌な札を送ってきて・・・

「アイツ、須藤さん並みのドSじゃねえか!」

肉まん君も絶句する新のドSっぷり(笑)
しかし、感心するくらい綺麗な渡り手。細かい駆け引き。

「それだけじゃない!」


一方、詩暢はまだぜんぜん諦めていなかった。

「でも、なんでこんなに悪い流れになったんや?」

ハタと気付く。序盤で拾う札と捨てる札を分けてしまった事を。

「差別した・・・そっぽ向かれたんや みんなに」

詩暢は今更だけど全部取ると札たちに誓う。
ここから詩暢の猛烈な反撃が始まる。
6枚差があったのがどんどん縮まっていく。
でも、その取りは詩暢のかるたにありえないものだった。
一度に何枚払ったのか?いつだって音がしないのに、音がしたのだ。

「一音で動いている。リスクを取ったわね」


「ごめん、みんな。迎えに行く!残り、全部取る!!」

クィーンの本気の表情。速さでは彼女の方が上。
周りは新をテクニック自慢と考える。
しかし、肉まん君と、江室くんという新と直接対決した2人にはわかっていた。
本当の新の強さは

いち早く動いた筈の詩暢より一歩早く札を払った新。
その札はまっすぐ千早に飛んでくる。太一が庇ったが、千早は2人の動きに集中していて何も気付いていない。


arata15

「ゴメン」

千早にぶつかりそうになったのに気付いた新が謝る。
その笑顔にハッとする千早。ギャラリーも詩暢より新が早く取った事に驚く。
音への反応は完全に詩暢の方が早かった。なのにとったのは新。

超加速

だが、肉まん君にとってもっと恐ろしい事があった。

「アイツのリラックスが恐い!」


ボーゼンと新を見ていた千早の脳裏にはカナちゃんの言葉が蘇っていた。

「止まっているように見えながら、どこにも偏りなく力が集中している。
神のかかる枕詞・・・ちはやぶる」



ここまでの展開に、新の両親は真っ青(笑)
間下も想像以上の強さに目を見張る。


でも、そんな新も最初からこんなに早かったわけじゃない。
村尾は振り返る。
なかなか村尾に勝てず悔しそうな新。

新が目指すスタイルは祖父の取り。
しかし、なかなか上手くいかない。そんな悔しさをベッドに寝ている祖父に話すと、

「ほんな恐い顔してかるた取ってるんか?」

自分の身体が一番軽く動けるのはどんな時か?かるたが一番楽しかったのはいつなのか?と質問する。
脳裏に浮かぶのは千早たちとかるたをした時。

「具体的には素振り300回やな」


新が上り調子になってきた頃に綿谷名人が亡くなり、その後1年半のブランク。
でも、その間に身長が20cm伸びた事とこの1年間、毎日素振りを500回欠かさなかった事を村尾走っていた。

「身体が出来てきた」

イメージ(=綿谷名人)に追い付いてきたのだ。


そして間下他役員達は、本当に周防に引導を渡してくれる選手になるかもしれないと期待する。


今の状況に当然ギャラリーはざわめく。
それが雑音として詩暢をイラつかせる。
汗を拭えばまたざわざわとする。
千早や恵夢など楽な試合ばかりではなかった。

「手加減の必要のない一日」

空札が続いた後の取りは、一瞬新が取ったように見えて、詩暢の手が一瞬早く滑り込んだ。
そして次は、札が全然違う二方向へ飛んだ。

詩暢の自陣には「なげき」と「なにわえ」があった。
新は一気に払うつもりで手を出したが、詩暢は的確に読まれた「なげき」のみを払って見せたのだ。
それを見えていた千早は、改めて、どうしたら詩暢のように的確かつ早く払えるようになるのだろうと・・・なんとその場で素振りを始めたのだ。
その手を太一はすぐ止めたが、千早の視線は目の前の2人に釘づけになったまま動かない。


「みんなと一番強く繋がっとんのはうちや!」

心の中でそう叫びガンつける詩暢に対し、ニコって笑い返す新にまたまた詩暢は調子を狂わされる。

「この、ニコニコ眼鏡っ!!」

改めて集中と自分に言い聞かせる詩暢。

「まだ私は強くなれる!もっと深く札と繋がれる!!」

4枚対7枚と差を縮めてきた詩暢が攻めて来る。

もっと もっと もっと

そして、次の札。
確実に早く音を聞いた詩暢の手が動く。
しかし、札に触る一歩手前で・・・新の囲い手

新の優勝だった。

すぐにニッコリと微笑んで見せた詩暢だったが、連勝していたクィーンが負けた事は、その場の人間たち全てを動揺させる。
そんな中、詩暢のおでこに手をやった新。

実は詩暢は前の日にずぶ濡れになった事で熱を出していたのだ。
首の変なスカーフは保冷グッズだったのだ。それに気付いていた新は、「すごいな」と詩暢の凄さを讃えた。


戦ってみたかった うちに手を上げて向かってくる人がいる。

shinobu4

「当然や うちはクイーンやから」




さぁ!新のご両親が一番恐れていた結果に(笑)

それにしても、あのニコニコ攻撃の裏に綿谷名人の言葉があったとは。
そして新の影で行っていたたゆまぬ努力。一気に実を結びましたね。
でも、この新をかるたの世界に引き戻したのが千早と太一だという事を当の3人以外誰も知らないんですよね。
間下さんは千早たちに感謝して欲しいですわ(笑)

しかし、体調不十分で新と2枚差。
これが万全だったら?興味は尽きないですね。
でも、これで周防名人の対抗馬は現れたという事で(笑)

そして太一と肉まん君が誰よりも見せたかった千早は影響ありまくり。桜沢の言葉通り、知らないでイイ事なんて無いんですね。
この大きな衝撃をバネに次回を狙って欲しいモノです。力をつけて欲しいモノです。




ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201306/article_30.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 9月予約ちはやふる2アクリル根付ストラップ全8種
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9817-ef292a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
『B級個人戦優勝を果たした太一。自分のことのように喜ぶ千早。A級決勝の新とクイーンは僅差で新が勝っていた。多くのギャラリーが見守る中、一進一退の攻防が続く。あそこに座りた
2013/06/23(日) 03:41:43 | Spare Time
ちはやふる2 (第2期) 第1話~ 第24話 かくとだに 小学校編から4年後、小学校卒業を期に3人はそれぞれの道を歩み始めた。たとえ離れていても、かるたへの情熱は変わらないと信じ...
2013/06/23(日) 03:59:45 | 動画共有アニメニュース
新の過去と新の今。そして、A級決勝の結果……。
2013/06/23(日) 05:24:55 | 所詮、すべては戯言なんだよ
 ホンマ 調子狂うわ この ニコニコメガネ
2013/06/23(日) 07:54:27 | つれづれ
強さの秘密はニコニコ眼鏡。綿谷新の実力が凄いのは視聴者を除けばごく一部にしか知られていない。多少知っている人物でも「名人の孫だから凄かろう」程度だった。しかしクイーンを...
2013/06/23(日) 11:07:56 | こいさんの放送中アニメの感想
第24話「かくとだに」 太一のA級昇格を喜ぶ千早。 ああ、ソレもういいから早よ新とクイーンの試合見せてって感じ(薄情者です) 机くんの試合は自分たちが応援するからと背中...
2013/06/23(日) 12:00:05 | いま、お茶いれますね
すげぇ~!! A級決勝も大詰め。 優勝するのは果たしてどちらか!?
2013/06/23(日) 15:58:28 | 気ままに歩く〜Free Life〜
筑波くん、D級決勝進出! …いや、なんか最初に書いとかなきゃいけない気がして^^; マジでA級以外は全階級制覇かも。 これは来年瑞沢めちゃめちゃマークされますね~ A級おめでと
2013/06/23(日) 16:37:31 | のらりんすけっち
やった やった 太一 おめでとう嬉しくて涙が止まらない千早そんな千早の涙を「じっとしてろ」って自分のTシャツで拭いてやる太一お~~原作とは 珍しく台詞が違いましたね。 原...
2013/06/23(日) 17:11:17 | 薔薇色のつぶやき  別館
「ほんま調子狂うわ このニコニコ眼鏡!」 新vsクイーン! A級決勝戦、勝ったのは――…    【第24話 あらすじ】 B級個人戦優勝を果たした太一。自分のことのように喜ぶ千早
2013/06/23(日) 19:26:09 | WONDER TIME
太一がB級での優勝を決め、自分のことの様に喜ぶ千早。 涙まで流して喜んでくれたのなら、男なら少しは自分への思いがあるのでは、 と期待してしまうところですね。 しかし、すぐ...
2013/06/24(月) 23:09:07 | お茶でも飲みながらアニメ鑑賞
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。