アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇宙戦艦ヤマト2199 第13話「異次元の狼」


「狩りを始めよう」

今回は、この方の一声で萌え・・た(腐っ)

ヴォルフ・フラーケン(@中田譲治さん)

この方も、今回フル・ネームが。いかにもなお名前です。


自由浮遊惑星・バラン

いよいよ、ここまで到達しましたね。

バラン鎮守府に降り立ったのは、デスラーの命を受けたドメル将軍。
ゲールはドメルの指揮下に入る事となった。
困惑顔のゲール。

「狼は羊と踊った」

フラーケンからの入電だった。
何の事やらわからないゲールにドメルは言う。

「猟犬が獲物を見つけたらしい」



一方ヤマトは、次元潜航艦 UX-01からの攻撃に苦しめられていた。
なんとか大量に浮遊している物質の1つに隠れているおかげでその後の攻撃からは逃れられているものの、根競べにも限界が訪れようとしていた。
しかも、何度となく攻撃を仕掛けて来る敵の船は未だ発見出来ず。


「釣られてこねえなぁ」

居場所特定出来ずイラついているのは実は敵も同じだった。

「利口な鼠だ この戦争、楽しめそうだぞ」

相手が賢いほど楽しめるとニヤリとするのはフラーケン。



真田は、微弱な次元振動を感知し、ある仮説を立てる。
ところが、艦長の方を見ると心臓の辺りを押さえて、その場に倒れてしまったのだ。


「手術。すぐ準備にかかってくれ」

いや、だから佐渡先生は獣医なのに(笑)

そしてそれを通路から隠れて聞いているのは伊東。


沖田艦長の代理として真田が指揮を取る事となった。

『異次元を潜る船・・・』



今、フラーケン達が乗っている船こそ、本来、総統直轄のモノ。
これこそ、ドメルがガル・ディッツに頼み込んでいた船だった。

「私のモットーは臨機応変だ」

ゲールの的外れな問いを笑うバーガー達。

domel2

「覚えておきたまえ、ゲール」


「艦長、必ず助けますぞ」

手術が始まった。



相変わらずヤマトが引っかかって来ない事に焦れたゴル・ハイニにフラーケンは言う。

「奴らは待っているのさ。俺たちが先に動くのをな」

実際、ヤマト艦内は焦れていた。

加藤しイラつき、藪は最悪を考え。

tokugawa3

「心配するな、藪。あの人は死なん 絶対に死なん!わかったか!!」

藪の後ろに立っていたのは徳川はそう語気を強める。



「肩に力が入っとるぞ」

操舵室にやってきた徳川は、心配そうにしている古代に声をかける。

「待つのは辛いな」


フラーケン側は、完全にゴルは痺れを切らしていた。

「そうだな。そろそろかくれんぼにも飽きてきたところだ。
カマをかけてみるか」



「艦長のご病気はなんなんですか?」

心配でしかたない古代は真田に訊ねる。
しかし、答えを聞く前に敵艦が動いたと雪から連絡が。
レーダーを見る限りは敵艦は離れて行っているように見える。
しかし、古代はまだそう判断するのは早いと意見する。

「直感です」

新見に問われそう答える。

「血は争えないわね」

その意見には同感だと答えた新見は、ワープ機関のサブシステムを亜空間トランスデューサーに転用しては?と提案する。
しかし、古代はそのやり方だと自分達の位置を相手に知らせる可能性が出て来ると反対。
シーガルによる対戦哨戒を提案する。

この敵の前にシーガルを飛ばすのは自殺行為と新見は大反対。
敵にはヤマトの所在を知られずにすむ。しかし危険が大き過ぎる。

「自分が行きます!」

しかし、それには真田も反対。
真田は新見案に決めてしまう。

するとそこに、沖田艦長の手術が無事終わり成功したという佐渡からの連絡が入った。
そこで徳川はここから誰か1人、艦長の様子を見に行かせたらと提案。古代が行く事に。

眠っている沖田を見ながら、沖田の部屋で言われた言葉を思い出していた古代。

間違っていると思ったら立ち止まり、自分を貫く勇気も必要だ

その言葉に決心をしたのか?佐渡に艦長を頼みますと言い一礼して出て行く。


戻ると、新見の立てた作戦が準備万端整っていた。



古代は自分が先ほど提案した方法で探るべく出ようとしていた。

「常に一手先を読めってね」

声をかけてきたのは榎本だった。
しかも、古代の気持ちをわかってなのか?遠山達に確認済と嘘をつく。
それだけでなく、榎本以下3名も同乗し古代の手伝いをすると言い出した。



「ピンガー撃て!」

それを待っていたゴルは大はしゃぎ。


flahken

「狩りを始めよう」


次元境界面から浮上してくる船ありという雪の報告に顔色を変える新見。
トレースされてしまってる事がわかった真田は即座に碇を上げさせ攻撃を避ける準備に入る。

「見つけたぞ」

フラーケンの合図で攻撃に入るUX-01


その直前に4人が乗り込んだシーガルがヤマトから発進していく。


敵艦から魚雷が発射される。
なんとかギリギリのところでかわすヤマト。
それでも損傷が。

古代達もヤマトのピンチに気付く。


「ピンガーが仇になったか・・・」

南部の言葉に俯いてしまう新見。
すると、そこにシーガルの古代から連絡が入る。

「亜空間ソノブイを投下する」

魚雷出現予想点を送るので、それに従い迎撃してくれと。
その言葉を聞いて命を出す真田の顔が「やったな!」という笑顔に。


早速ヒット。
ヤマトにデータを送る。
それにより、相手の魚雷を撃ち落とすヤマト。



「次元境界面から突出する物体を感知!!」

岩田の言葉にシーガルで近付く古代。
そして双眼鏡で見ていた榎本がその突出した物体を肉眼で確認する。
即座にヤマトに連絡。
だが、シーガルもまたフラーケンに見つかっていた。

「これを叩けば、敵の目を潰せます」

「無鉄砲なトコもソックリ」

なんか新見さん、嬉しそう。


そして、UX-01が攻撃するより早く、潜望鏡の破壊に成功したヤマト。
シーガルを収容すると全速力で離脱し、その後ワープした。

完全にヤマトを取り逃したフラーケンだったが。

「今は泳がせておこう。
よい猟犬は深追いしないものさ」




「ヤマトは?」
「なんとか切り抜けましたよ」

意識が戻った沖田に、徳川は古代の頑張りで切り抜けたと報告する。
照れる古代君が可愛いです(〃∇〃) てれっ☆

ただ、本来ならお咎めがあったところを、真田の裁量でお咎めなしとなった。


その真田・・・

「先生は彼を死なせたくなかったんですね?」

古代の提示した案が最良とわかっていながらも、古代を危険な目に遭わせたくないための反対だったようだ。

「アイツならどうしたと思う?」

多分彼と同じ事をしたでしょうと遠い目をする新見。


「そうだな」




今回よかったな~と感じたのは。

この2199の良さというのは何回か言いましたが、
今回のフラーケン、昭和ヤマトだと「ヤマトIII」に登場する人物でした。
昭和ヤマトは次々続編が出来たわけですが、練り方の関係なのか?どうしても矛盾点というのが出来てしまってました。
それを念頭に入れての練り直しがされている為、時間軸がきちんと整理され、出すべき人は出し、カット出来る人はカット。それはシーンも同様。
そのおかげで、時間軸がわかりやすくなりスッキリしたと思います。

それと、ここのところ人と人の繋がりに重点を置いていたため、今回久しぶりのドンパチは見ていてワクワク&スッキリという方多々だったんではないでしょうか?

ヤマトは決して戦いを望んではいませんが、敵がいる以上戦いは避けられないわけで。
その辺を今回一気に双方撃ちまくってくれたおかげで、ガミラス人にとってのテランは。地球人にとってのガミラスはどういう存在であったかをもう一度思い出せたと思いますし、ヤマトのもう一つの醍醐味も堪能できた回だったんじゃないかと思いました。

ただ、↑でスッキリと書きましたけど、要らない部分を整理してという点では評価していますが、以前にも書いたように昭和ヤマトでは入って来なかったシーンも追加されてるわけですから、急ぎ過ぎ感は否めません。
匙加減はスタッフさんも大変じゃなかろうかと思いますが、最後まで宜しくお願いしたいものです。



ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201307/article_6.html


にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 「宇宙戦艦ヤマト2199」オリジナル・サウンドトラック Part.2
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9833-5fda1c1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
今回 戦艦とか作画が綺麗でしたね~惚れ惚れしながら見てしまいました。今回の敵は フラーケン@中田さん操る次元潜航艦。 なんかハ―ロックみたいな人キマシタww それにして
2013/07/04(木) 02:46:29 | 薔薇色のつぶやき  別館
宇宙戦艦ヤマト2199 第1話  ~  第13話  異次元の狼 西暦2199年、地球は滅亡の危機に瀕していた。それから遡ること8年前の2191年、地球人類は歴史上初めて地球外知的生命体と接触し
2013/07/04(木) 04:19:06 | 動画共有アニメニュース
或いはサー・カウラー。ネットでは艦長フラーケン役の声優:中田譲治が「超新星フラッシュマン」で演じていたサー・カウラーにも似ているとも言われています。因みに船はUボート風
2013/07/04(木) 06:25:44 | こいさんの放送中アニメの感想
これでようやく、1クール終了ということでしょうか。 遅いよドメル将軍。ようやくバランに到着ですか。 ま、9月いっぱいあるしね。。 ヤマトでは、沖田艦長が倒れ。 病名は明らかに
2013/07/04(木) 07:40:13 | 四十路男の失敗日記
「やりますか?、やりますねぇ?!」ガミラスの特務艦、次元潜航艦が異次元からヤマト
2013/07/04(木) 18:27:49 | くまっこの部屋
宇宙戦艦ヤマト2199 4 [DVD](2013/02/22)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 次元潜水艦の攻撃に翻弄される宇宙戦艦ヤマト。 こんな時に沖田艦長は倒れ、佐渡先生と原田真琴の
2013/07/04(木) 20:50:34 | 北十字星
 ドメラーズ三世(ドメル将軍の乗る旗艦)の登場シーンからスタートした第十三話。  このBGM~艦体集結~は、いつどのような時に聴いても、実にワクワクしますね。子ども時代の
2013/07/06(土) 13:55:26 | Old Dancer's BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。