アニメのレビューを中心に大好きな声優さんの話題やBL作品を書いてます!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
八犬伝-東方八犬異聞- 第15話「廻縁」


「これでは信乃が思い出すのも無理はない」


公式HPより


大角の家の周りに結界が張られ、時が止まっている――異変に気づいた信乃たちの前に現れたのは、
四獣神家のひとり、緋ノ塚那智とその獣神・楓だった。ほどなく、結界は大角が飼っていた猫によるものだとわかるが、
結界の支柱となり、花を咲かせ続けた桜が枯れてしまう。猫が「結界がとけたらあいつが来る」とおびえるなか、
何かが大角の家に近づいてくる。そのころ、大角は、義父の儀清が実は死んでいること、自分の身に起きたことを思い出していた。




shike

OPの四家集合がカッコイイですよねー!!



多分、今回の話を2回で終わらせたかったんだろうと思います。
ただ、あまりにシーンをカットしたり設定を変えたりで・・・
正直、アニメしかご覧になってらっしゃらない方には場面の飛び方他わかりずらい話になってしまったんじゃないかと思います。




shino3

緋ノ塚那智は四獣四家の1人だった。
なんで彼がここにいるのか?

「信乃ぉー!桜!桜!!」

村雨の言葉に改めてこの桜や山は結界だと指摘する信乃。
そしてそれは大角の家の周りだけ。だが、それは那智の仕業ではなかった。

ところが、例の猫は逃走。信乃は慌てて追いかける。




「いったい、何があったんだ?」

一方、記憶を取り戻しかけている大角。
しかし、何故か肝心な部分がハッキリしない。



「どうしたんだよ?ずっと咲いてくれなきゃ困るよ!!」

桜の枝に腰掛け、そう縋るニャンコ。
しかし、その傍から枝が朽ちて折れてしまう。

「いったい何のために?」

結界はこの子が張ったもの。
しかし、相変わらず理由は語らず大角に近付くなとだけ。

「おまえ、大角の飼っていた猫だろ?」

大事にしたいのはわかる。しかし、なぜそこまでして?

「大角は名をくれたんだ!」

本人はもうその名を忘れてしまったというのに・・・
それでも確かに名を貰った・・・それだけで十分だと。


桜の幹が既に腐っているのを確認すると、信乃は村雨を出し結界を全て解いてしまった。
そこに立っているのは寿命をとうに閉じた朽ちた木ばかり。

「どうしよう・・・結界が解けたらまたアイツが来る」

少年が恐れるアイツとは?


「アイツに大角は逆らえない  大角が危ない!」

急ぎ、大角の方に駆けていく少年。



「ダイカク・・ムスコ・・・」

少年が言うように大角に向かっていく者が。


「思い出した!どうして忘れていた?」

結界が解けた事に関係するのか?完全に記憶を取り戻した大角

「雛衣、親父殿は行方不明なんかじゃない!死んだんだ」


儀清が死んでから大角の目の前に現れた大角の実父。
目の上のタンコブが消えたとばかりに大角と一緒に住み、大角を利用しようとする。
しかし、その件も人形の件も断固断った大角は、実父の手によって背中を刺されてしまったのだ。
その上、儀清の人形を貰っていくと出ていく実父。

「俺は死ぬのか?」

それを物陰から見ていた雛衣は持病の喘息が出てしまう。
苦しそうにしている妹に薬も与えてやれない。実父から人形も守れない動かない身体。

そこに消えた筈のあの猫が現れ大角の手を舐めた。
妹を助けるため薬をやってくれという事と、人形を守ってくれと願うと、動き出す猫。

「俺はこんな風にいろんなモノを残して死にたくは・・ない」

そう強く願った時、猫が玉を咥えて持ってきた。
「礼」の字が刻まれた小さな玉。
そしてそれが輝き始め・・・

本当なら、あの時死んだ筈の自分。
だが、生きていただけでなく気付けば怪我も治っていた。
その代わり、実父が死んでいた。

「なぜあの男は死んだ?」


すると家がギシッと音を立て、「アイツ」が家のすぐ傍まで来ていた。

現八が招かれざる来客が来ている事を告げると(ってか、現八はいつ戻ってきたんだ?)、

「息子の俺が行くべきだろう」

雛衣を現八に頼み外へ出ていく。
外にはあの猫の姿も。

少年を追いかけて戻ってきた信乃は村雨を出そうとするが、那智に止められる。

「なんで止めるんだよ?化け物だろ」
「大角にとってはそうじゃないのよ」

楓の言葉通り、家の前までやってきた化け物はこの世に未練を残した儀清だった。
義父に実父のしてきた事を謝る大角。
そして改めて人形は取り戻すと約束する。

しかし、儀清の未練は断ち切れない。

「ワタシハ マダ シニタクナイ
ニンギョウハ ダレニモ ワタサナイ」

この言葉で、儀清が何に未練を残しているのか悟った大角は、襲いかかってくる父の下で目を瞑った。

このままでは取り込まれてしまう!
駆けつけようとした信乃だったが、いち早く動いたのが猫だった。
化け猫へと変化し儀清の首に噛みついたのだ。
そしてそのまま、儀清と猫の姿は消えた。

その場には確かにいた証として首輪が残っていた。

そして信乃もこれで猫が誰から大角を守りたかったのかを知ったーーー

「飼い猫ってのは意外に情が厚いもんだ」


「野驢・・・」

その瞬間、猫の名を思い出したのだった。



「おまえ、あの化け物に死にたくないって言われた時、一瞬、代わってやってもイイと思ったろ?」

親父殿の人形に対する執着を自分は誰より知っているから・・・代わってやってもイイと思った。
そんな大角にあれは父ではなく思念の固まりだし、なんとしても大角を守りたかった猫の事を考えてやれと説く。



その頃、まだフェネガンは莉芳邸に居座っていた(笑)


kaname-o4

「そろそろ、迎えに行った方がいいんじゃないの?」

だいたい、フェネガンはどうして信乃達に人形を取りに行かせたのか?
那智が戻って来ないだけとは思えない。

「莉芳にとってしーちゃんが特別な存在だって気付いてるんじゃないの?」

大塚村に関わっただけで後見人を引き受けた事にしても。
それに対して義務だと思ったと答えた莉芳。

「それじゃ、まるでしーちゃんが莉芳の身内みたいな・・・」

当然返ってくると思った否定の言葉が無い。

「・・・・・ああ、そういうこと」

ええーっ?!そういう事なの?Σ( ̄ロ ̄lll)
今まで、それらしきエピも無かったのに・・・唐突な



「フェネガンのおっさんの依頼でここに来たんだ」

しかも、ここを気に入ってしまった楓が帰りたがらなかったためにここに居続けていると那智から説明があった。
そしてこの楓さん、どうやら他の狐や犬や大蛇が苦手のようで(^^ゞ

だが、次の瞬間、突然身体を固くする楓。
しかし、時すでに遅し(笑)
八房がドーン!(爆)って、信乃まで巻き添え食ってるし(あははっ〉


それを見て、荘介は滞在者がもう1人増える事を告げる。




地図を見ながら歩いている莉芳は、迎えに来た信乃と合流する。

「見て貰いたいものがある」

信乃は例の人形の前に莉芳を連れていく。
これを見た途端、大塚村を全滅させた女を思い出したと。
悔しそうにしている信乃に、なぜか莉芳は信乃を気絶させる。

気絶した信乃を姫抱っこし、人形を厳しい目つきで睨み上げる莉芳。


莉芳の背中で目を覚ました信乃。
ハッキリしない頭で必死に思い出そうとするが・・・

「信乃、それはもう忘れていい」


ボンヤリとした頭の中に浮かんできたある光景。
秋の夕暮れ、幼い信乃が誰かと四白と共に歩いている。
信乃が歌っている歌は「旅愁」

って、これはどう見ても莉芳だよね~
身内っていったいどのくらい近い身内なんだろうか?( ̄~ ̄;) ウーン

背中で寝ぼけながらこの旅愁を歌っている信乃とそれを黙って聞いている莉芳。



やっと大角の家に到着した2人。

「すまないが、あと一日だけ待ってくれ」

ところが、莉芳の顔を見た途端、大角にムクムクと制作意欲を掻き立てられる何かがあったみたいで、すぐさま部屋に籠ってしまった。

後は頼むと言った兄の表情を見て嬉しそうな顔になる雛衣



rioh-shino2

莉芳が信乃を見つめる表情を思い出しながら顔を彫っている大角。
その傍らには礼の玉が。




「これでは信乃が思い出すのも無理はない」

例の人形の前に立つ莉芳と那智。
彼女は、里見家伝説の姫・伏姫だった。

「その姫が今や厄災の象徴だ」

それ故に、莉芳は信乃の記憶を消した。



翌日、約束通り作り終え莉芳に人形を渡す大角。
これでお役目も終わり。
見送った大角は、居を帝都に移そうと思うので、古那屋の女将に協力を願いたいと言う。
仕事と、雛衣に学校に通わせてやりたいという理由だった。
快く請け負う現八。


そんな時、チリンという鈴の音を聞いた気がして顔を上げた信乃が見つけたのは、大角の肩の上に乗っている野驢の姿だった。

「それでも傍にいたい・・・か」

それを見て微笑む信乃だったーーー



doll3

信乃を行かせた事も出来栄えも大満足のフェネガン。




いろいろ駆け足で2話にまとめた今回の話。
本当はいろいろ言いたいトコも満載。
しかし、今回丸っとカットした部分は何も言いますまい。
でも、どうしてカットしたのかな~?

そして莉芳と信乃の身内関係が発覚。
髪の色とか違うのは、莉芳と信乃ではどっちの家計を色濃く受け継いだかにもよると思うのでイイのですが、信乃の回想からするとかなり可愛がってたみたいですよね。後見人をする程度には。
兄?いとこ?年の近い叔父と甥?
荘介が昔の記憶を取り戻すと莉芳の記憶も蘇るのかしら?

しかし、そうなると両親を殺したのが伏姫という事?
そもそも、この両親は信乃の本当の両親??なんてところまで疑問になりますよね~。


とりあえず、また1人、八犬士と知らずに出会いました。
残り1人・・・何処に?
次回出て来る影の存在も気になりますよね!






ミラーブログURL http://84446692.at.webry.info/201307/article_22.html



にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

↑よろしければ1クリックお願いします


 八犬伝 -東方八犬異聞- キャラポスコレクション 1BOX【予約 08/未定 発売予定】

 八犬伝 -東方八犬異聞- マイクロファイバーハンドタオル 全5種セット【予約 07/未定 発売予定】
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/tb.php/9849-a6e8d738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
八犬伝-東方八犬異聞-(第2期)  第14話 ~ 第15話 廻縁 FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ
2013/07/15(月) 19:55:41 | 動画共有アニメニュース
いや~~やっぱり美麗だわ。。ヽ(*´∀`)ノ見惚れるww ストーリーそっちのけで 一々停止させてはガン見wwwwしかもOPからwwwwこれだけ私の好みの顔した人達がたくさん出て
2013/07/16(火) 23:18:47 | 薔薇色のつぶやき  別館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。